アクタージュ act-age

アクタージュact-age102話ネタバレ!千世子圧倒的進化!サイド乙の舞台開幕!

週刊少年ジャンプの人気漫画『アクタージュact-age』最新話102話のネタバレと感想、展開考察です!

 

夜凪は山野上を自分の家に呼び、彼女が一人だったことに気づけなかったことを謝ります。

さらに夜凪は次回からどうやって羅刹女を演じればいいのか、と悩んでいるようです。

 

そしていよいよサイド乙の舞台初日を迎えようとしていました。

千世子はどんな羅刹女を演じるのでしょうか!?

 

それでは、気になる『アクタージュact-age』最新話102話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

アクタージュact-age102話ネタバレ展開考察

アクタージュact-age最新話102話ネタバレ

 

ここからは、『アクタージュact-age』最新話102話、そして103話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ展開考察:夜凪は今後どうやって演じていくのか!?

夜凪は怒りを浄化させたことで、自分を取り戻しました。

しかしそのことにより、羅刹女としての怒りが分からなくなってしまったのです。

 

舞台はまだ今後もあります。

初回だけ乗り切ればいい、というようなものではありません。

 

このままだと2回目以降の公演で、夜凪の羅刹女は迫力がないままとなってしまいます。

それでは夜凪や共演者たちの評判も落としかねません。

 

では、どうすればいいのでしょうか!?

重要なのはやはり山野上が変わることでしょう。

今回わざわざ黒山が山野上と接触したのも意味があるはずです。

 

山野上が変化することで、舞台羅刹女も変化するのではないでしょうか。

夜凪もまた違う怒りの姿を見せてくれるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ展開考察:千世子はどんな羅刹女を演じるのか!?

前回までの千世子は、完全に自信を失っていました。

しかし今回登場した千世子には、どこか吹っ切れたような、清々しさを感じました。

映画の後の十数時間で、何が起こったのでしょうか!?

 

注目すべきは、アリサと手塚の存在です。

この二人も稽古に参加したということは、やはり千世子を天使として最高に美しく魅せる方向となったということでしょうか。

 

実際、今回の千世子はかなり美しくなっていました。

天使を捨てるのではなく、天使として羅刹女になる。

そんな演技をしていくのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ展開考察:人気投票の結果は!?

今回の話で2周年を迎えました。

人気投票も行われるようですね!

 

今回の投票は、QRコードを読み取ってWebでキャラクターを選択する方式です。

先週の『鬼滅の刃』は応募券がついており、ハガキで投票するようでした。

このやり方の違いに、作品の方向性が現れているような気がしますね!

羅刹女もWeb投票で勝敗が決まることにも関係しているのでしょう。

 

では、今回の投票では誰が一位になるのでしょうか!?

やはり主役の夜凪でしょう。

二位は千世子の可能性が高いと思います。

 

その下に阿良也、アキラ、王賀美、武光、黒山辺りがきそうですね。

ただ、これからサイド乙のターンとなるため、その共演者も入ってくる可能性も考えられます。

結果発表が楽しみですね!

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ展開考察:序盤から全く違う演出が待っている!?

千世子の羅刹女姿が描かれた今回。

ビジュアルはもちろん笑顔のせいもあってか、夜凪が演じた羅刹女とはまるで違う人物のようにも見えますよね。

怒りの表情からスタートするとは思いますが、その印象は全く違うものになりそうです。

 

とはいえ見た目が違うだけで同じ様な展開が描かれるとは思いづらいですよね?

なので作中の観客や読者には、最初から夜凪サイドとは全く違う印象をもたせる展開になるのではないでしょうか。

怒ってはいても、その中に千世子らしい要素を残したような芝居のプランに切り替えたという可能性もありそうな気がします。

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ展開考察:舞台の結末は2日目の夜凪の芝居まで持ち越しか!?

一応夜凪の芝居も終わり、千世子の舞台がメインの展開にはなってきました。

しかし今回の夜凪と花子の関係の部分を含めて、まだまだ解決出来ていない問題がいくつも残っています。

 

単純に花子が抱えている問題をどうにかしないといけません。

そして怒りを失った夜凪の2日目以降の芝居もどうにかしないとなりません。

その2つの問題点を解決するためには、花子が新たに演出を考えて実行する必要がありそうです。

 

天知も夜凪サイドの芝居は2日目のものを使うという反則的な事を言っていました。

なので勝負に使われる映像の為に、千世子の芝居の後にもう一度夜凪の芝居が描かれたりするのかもしれませんね。

勝敗の行方は定かでなくとも、そこで色々な問題を解決させるのだと思います。

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話への読者の声

アクタージュact-age最新話102話ネタバレ

 

『アクタージュact-age』最新話102話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ

アクタージュact-age最新話102話ネタバレ

 

では、『アクタージュact-age』の最新話102話

「狙い」のネタバレが下記となります!

 

アクタージュact-age102話ネタバレ:王賀美の覚悟とその結果は!?

サイド甲の初回公演にて、王賀美が夜凪の芝居を妨害したと報じられました。

あのことのせいで、決まりかけていた映画の話も白紙に戻ってしまったそうです。

 

しかし王賀美は、あれは自分たちの全力だった、謝るべきは観客だけだと言いました。

その言葉を聞いた夜凪は、違う、観客だけではないと千世子を思い浮かべたのです。

 

王賀美の件について、アリサと手塚も会話していました。

どんなに才能があってもアジア人である王賀美は、ハリウッドでの役所の少なさに苦労したそうです。

今回の舞台は念願だった日本復帰のかかった、最初で最後のチャンスでした。

 

王賀美も千世子も救おうなんて願うことが傲慢だったとアリサは振り返ります。

しかし黒山がその傲慢を突き通そうとしている、と手塚は言いました。

 

 

王賀美は舞台での行動を咎められていました。

しかし本人は納得の上だそうです。

どうにか王賀美にも、いい道が用意されていてほしいですね。

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ:黒山の目的としているものとは!?

何故他人の台本の舞台を演出する仕事を受けたのか、と手塚は黒山に尋ねていました。

すると黒山は、無名の役者を超大作の主演にするためにはどうすればいい、と尋ね返します。

日本では無理だ、というのが手塚の回答でした。

 

だからまず夜凪を有名にする必要があったと黒山は語り出します。

例えばその助演に若手トップ女優を使うためにはどうする?

例えば芸能界を追放されたスターを、再びこの国で自分の映画にキャスティングするためには?

 

全て自分の映画に必要なピースである。

そのために不都合なものは全部払い除ける。

 

それにはまず羅刹女の成功が必須でした。

ここで躓くと自分の映画が5年は遅れる、と黒山は言います。

 

そしていよいよ、舞台が始まろうとしていました。

 

 

黒山は自分の映画に、千世子と王賀美を使うつもりでした。

そのためには今回の舞台で勝たねばならないようですね。

ますます結果が楽しみです!

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレ:舞台のはじまり

舞台が始まると同時に、観客席が暗闇に包まれました。

真っ暗闇の中、セリフだけが響きます。

観客席にいた山野上は、羅刹女が音もなく移動していることに驚きました。

 

暗闇の中、観客が恐怖を感じていました。

すると突然明かりが灯り、千世子の羅刹女が姿を表します。

 

しかしその顔は芭蕉扇で隠されており、見ることはできません。

顔を隠すことで、観客たちの「怖い」「見たい」という気持ちを掻き立てる演出でした。

それを聞いた夜凪は、かつて千世子の顔が見えないから会ってみたい、と感じたことを思い出します。

 

千世子は顔を隠したまま、軽やかに観客席を駆け抜けました。

彼女は自分の商品価値を知っているのです。

そしてよく観客を知っていました。

 

だから彼女は「自分の役割」を演じるのです。

それこそが、研鑽された技術と戦略で作り上げられた、スターズの天使である百城千世子なのでした。

 

千世子が腹を立てていたのは、夜凪が最後まで演じきれなかったことでも、王賀美がまた自ら嫌われようとしていることでもありませんでした。

彼女が何より腹を立てたのは、自分の負けを認めてしまったことです。

そして、夜凪が自分を想いながら演じてくれなかったことでした。

 

舞台に登り、千世子はその顔を覗かせました。

その姿はあまりに美しく、妖艶。

天使でもあり、悪魔でもありました。

 

 

千世子は自分を魅せることを選びました。

その表情は、色々と吹っ切れたようなものです。

千世子は一体、どのような羅刹女を演じるのでしょうか!?

 

―――次回103話に続く!

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレの感想考察

アクタージュact-age102話ネタバレ

 

いよいよサイド乙の初回公演が始まりましたね!

観客席から現れるのは、サイド甲と同じでした。

 

しかし今回は観客席が真っ暗な状態です。

そんな暗闇の中を、千世子はセリフ以外の音を立てずに進みました。

 

ライトアップされると、千世子は顔を隠したまま軽やかに駆け抜けます。

千世子らしい、とても美しいシーンでしたね!

 

そして舞台上で覗かせた、美しい顔。

観客たちの視線をばっちり集めました。

 

さすが天使マニア二人を呼んでの秘密特訓でしたね!

成果はばっちりのようです。

 

一方、王賀美は夜凪の芝居を止めたことがバッシングされていました。

それでも動じず受け入れたところに、王賀美の器の大きさが現れていましたね。

 

黒山は王賀美を自分の映画にと考えているようです。

王賀美に大きな追い風が吹くといいですね!

 

スポンサードリンク

アクタージュact-age102話ネタバレまとめ

アクタージュact-age最新話102話ネタバレ

 

舞台を終えた夜凪は、山野上を家に招きました。

そこで山野上を一人だったことに気付けなかったことや、次の舞台に自信がないことなどを謝ります。

 

自分は何をしているのだと落ち込む山野上の前に、黒山が現れます。

黒山は最後までやれないなら、うちの役者に手を出すなと睨みました。

 

そしていよいよ、サイド乙の舞台当日を迎えました。

そこに現れた千世子は、前夜の落ち込んだ表情とは正反対です。

 

これまでの十数時間で何があったのでしょうか!?

また、サイド乙の舞台はどのようなものとなるのでしょうか!?

 

次回の『アクタージュact-age』第103話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。