ブラッククローバー

ブラッククローバー232話ネタバレ!チャーミーとユノ登場!ハージからの連絡が?

週刊少年ジャンプの人気漫画『ブラッククローバー』最新話232話の確定ネタバレです!

 

敵を倒したアスタの元に、パワーアップしたノエルやミモザ達が駆けつけるのでした。

その一方、スペード王国の端の拠点をラックとレオポルドが片付けました。

 

そしてスペード王国を支配する漆黒の三極性が動き出そうとしているのです。

果たして、迫りくるスペードの影にアスタ達は打ち勝つことができるのでしょうか。

 

それでは、気になる『ブラッククローバー』最新話232話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

『ブラッククローバー』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

ブラッククローバー232話ネタバレ

ブラッククローバー最新話232話ネタバレ

 

では、『ブラッククローバー』最新話232話

「静かな湖と森の影」のネタバレです!

 

スポンサードリンク

ロロペチカのもとに集うアスタたち

ロロペチカ「お見事です、皆さん」

ロロペチカのもとに並ぶアスタ達(レオが一番大きい)

ロロペチカ「皆さんのお陰でスペード王国の拠点の一つ、トロンの町を占拠できました」

「ウンディーネの複製体をノエルさんの水魔法経由で送ることで、ハート王国の周囲にあるのと同じような障壁をトロンの周りに構築することができました」

描写されているのはトロンにいるウンディーネの複製体

 

「悪魔の呪いがあるから私は悪魔のマナを一瞬で感じることができます…!」

「この調子で攻め続け領土を拡大し、悪魔をスペード王国から追い出すのです…!」

アスタ達「はい!!」

 

ノエル(“領土の拡大”決して簡単な事じゃない、でもこの人は簡単にそれを言ってくれるわ…

でも…ロロペチカの力があれば可能かもしれないわ…!この尋常じゃない王女なら…!)

 

スポンサードリンク

ガジャ大人気

ロロペチカ「今日はここまでにしましょう!明日またお会いできるのを楽しみにしています!」

ラック「僕はまだヤりたいな~、ガジャさん僕とヤろうよ!」

レオポルド「俺は炎の精霊守のフロッガーさんと訓練した、あの人の本当の力を知りたいが…ガジャさん、貴殿の強さも知りたい!俺とも戦ってくれますか!?」

アスタ「ウオオオオオ!次は俺だ!次は俺だ!」

 

ガジャ「…あなた達は戦いから戻ったばかりです…暫く体を休ませなさい」

アスタ「大っっっ丈夫です!心配ありません!」

ラック「アハハハ!じゃあ僕達が血塗れになって倒れるまでヤろうよ!」

レオ「ワハハハ!燃えてきたぞ!」

ガジャ「……」

 

スポンサードリンク

興奮するフィンラル

ロロペチカ「おお楽しそうですね!私も!」

ウンディーネ「何を言ってるのロロペチカ!?明らかに大丈夫じゃないわ!」

ノエル「ロロペチカ!強魔地帯にいる間にだいぶ汚れたわ…入浴しましょ」

ミモザ「いいですね!私もご一緒しますノエルさん」

ウンディーネ「ロロペチカも来るのよ!血塗れの戦いより入浴してるほうが王女らしいわ!」

ロロペチカ「は~い!」

 

フィンラル(入浴!?クローバー王国の美しい王族達とハート王国の美しい王女が…!?ダメだフィンラル!落ち着け!どんな女の子にも興奮するな!フィーネスさんが!)

ノエル「フィンラル、変な妄想してたら殺すわよ」

フィンラル「ノエルちゃああん!頑張って我慢してるから!」

 

スポンサードリンク

チャーミー出現

太ったおばさん「大変です!」

アスタ「!」

太ったおばさん「ポルンフロームの森に!チャーミーさんが!」

ノエル「……」

 

フィンラル「また?うう…行くしかないか」

アスタ「俺たちが捕まえた奴等を全員運んで疲れてるんじゃないっすか?休んでてくださいフィンラル先輩!」

フィンラル「ああ、だけどまた動きまくることになるよアスタ君」

 

アスタ「俺は魔法使えないんで全然大丈夫です!」

フィンラル「体力のことを言ったんだよ…」

 

アスタ「断魔!」

断魔を取り出し空中で断魔に乗るアスタ

アスタ(反魔力をコントロールして…飛ぶ!)

飛んでいくアスタ

 

フィンラル「魔力がなくて箒で飛ぶこともできなかったのに…今じゃとんでもない奴になったもんだよ」

 

スポンサードリンク

ノエルたち入浴へ

ハート王国エルモラ湖で入浴を楽しむノエル、ミモザ、ロロペチカ。

ロロペチカ「クローバー王国の人々はいい人達ばかりでとても嬉しいです」

ノエル「ええ私もそう思うわ。でも今はバカばっかよ」

 

ロロペチカ「最初は本当に心配でした。あなた達が怖い人達だった場合、どうすればいいのかわかりませんでした。

自覚がないかもしれませんが私はハート王国の王女です…

だから私は国民の前で自分の役割を適切に果たすために最善を尽くさなければなりません。」

 

ロロペチカ「でも、だから友達になれたことをとても嬉しく思います。お互いの事をよく知ることができて本当に嬉しいです」

ウンディーネ「ロロペチカ…」

ノエル「まあ私達は王族だし仲良くなるのは当然よ!」

ミモザ「うふふ、そうですわね」

ロロ「ふへへ、あ!」

すべるロロペチカ

「キャアアア!!」

 

スポンサードリンク

チャーミー登場

ハート王国のポルンフロームの森に向かって飛んでいくアスタ

アスタ「ううん…そこですかチャーミー先輩!」

森の果物を食いまくり太っているチャーミー

チャーミー「やあアスタ君、アスタ君も食べるかい?」

 

アスタ「どんだけ食べてるんですか!?(めっちゃ太ってる!)もう食べちゃダメですよチャーミー先輩~!」

チャーミー「なんで?私のせいじゃない、この果物達がとても美味しく実ったからだ!」

アスタ「どんだけ食ってるかわかってるんすか!?」

チャーミー「うるさい!私から食を取ったらどうなるかしっているだろう!」

(食べること以外に何が…ユノ君~…何をしているんだろう)

 

なんとチャーミーは最高に横に太りまくっていた!!

 

スポンサードリンク

ユノ登場

金色の夜明け団本部

金色団員「副団長、お時間よろしいでしょうか?」

ユノ「任務に向かうところだ、急ぎか?」

団員「ええ…ハージという恵外界の小さな村の教会からです」

ユノ「直ぐに話せ」

 

ユノが副団長になっていた!?

 

 

―――次回【233話】に続く!

 

スポンサードリンク

ブラッククローバー232話ネタバレまとめ

ブラッククローバー最新話232話ネタバレ

 

アスタ達が町のみんなを助ける中、悪魔の力を持つ漆黒の三極性が動き出すのです。

三極性はメギキュラの力と大きく関係するのでしょうか。

パワーアップしたアスタ達は悪魔メギキュラを倒すことができるのでしょうか。

 

次回の『ブラッククローバー』第233話を楽しみに待ちましょう!

>>>次回【233話】へ!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。