ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレ!3人のチョコ作りの結果は

週刊少年ジャンプの人気漫画『ぼくたちは勉強ができない』最新話137話のネタバレです。

 

周りは恋愛の話で盛り上がっていました。

文乃はつい成幸を意識してしまいます。

そしてついに、自分の恋心に気付いてしまったのです。

 

次回はバレンタインのチョコ作りのようです。

それぞれどんなチョコを作るのでしょうか!?

 

それでは、気になる『ぼくたちは勉強ができない』最新話137話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレ

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレ

 

『ぼくたちは勉強ができない』137話

「乙女の甘い想いは時に[X]に連なるものである」のネタバレが下記となります!

 

気持ちを込めて

いつもの勉強会の中で、うるかは成幸にどんなチョコレートが好きかと尋ねました。

すると成幸は甘いものが大好きなことを話します。

それを聞き、うるかはやる気に燃えていました。

 

そして2月13日。

うるかの家に理珠や文乃が集まり、3人でチョコレート作りが始まりました。

 

実はうるかは、この5年間一度も成幸にチョコレートを渡したことがありませんでした。

どうしても恥ずかしくて、ごまかしてしまうのです。

 

そうしているうちに、うるかのチョコレートケーキが出来あがりました。

料理が得意なうるからしく、まるで売り物のような見事な出来です。

しかしまた懲り始めようとしては、本命感が出てしまうことを悩むうるかでした。

 

その時、両側からヘルプの声が上がりました。

うどんに見立ててチョコを茹でて溶かしてしまった理珠に、刻んだチョコを片っ端から食べてしまう文乃。

2人の惨事に、うるかは冷静さを取り戻しました。

 

みんなで仲良く

うるかは手際良くチョコレートの作り方を実演しました。

しかし教え方が下手すぎて、2人に全く伝わりません。

 

ふと、理珠は2人が誰にあげるつもりなのか探ります。

慌てて友チョコだとごまかした2人に、理珠はあっさり発言します。

あまりの直球に真っ赤になる2人でしたが、理由を聞くと慌てて自分たちもあげると言い出しました。

 

するとうるかは、せっかく来たのだからとあるものを理珠や文乃に見せました。

それは、中学の卒業アルバムです。

そこには学ラン姿の成幸が写っていました。

 

女子トークで盛り上がる中、うるかはみんなで卒業旅行へ行くことを提案します。

成幸も誘おうと理珠も言いました。

 

成幸はこんな美女3人にチョコがもらえるなんて幸せ者だと3人は顔を見合わせて微笑みます。

そして再び気合を入れてチョコレート作りに向かったのです。

 

当日

バレンタイン当日の朝。

男子たちはみんな浮き足立っています。

 

そんな中、負けじとうるかも浮き足立っていました。

うるかは朝イチでチョコレートを渡そうと緊張していたのです。

 

うるかは成幸を見つけ、話しかけました。

すると成幸は既に大量のチョコレートを手にしていたのです。

 

両手の袋だけでは足りず、背中のバッグにも大量のチョコレートが詰め込まれています。

思わずうるかは崩れ落ちたのでした。

 

 

―――次回【138話】に続く!

 

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレの感想考察

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレ

 

ついにこの日がやってきました。

全国の恋する乙女たちが勝負をかける、バレンタインです!

 

もちろん、本作のヒロインたちも気合十分に参戦するようですね。

前日にうるかの家で一緒にチョコレートを作っている姿は、とても微笑ましかったです。

ただ、全員が仲間であり、ライバルでもあるのですが。

 

そしてうるかですが、5年間もチョコレートを渡すことが出来ていなかったのですね。

考えすぎて渡せないのは、いかにもうるからしいです。

今年は無事渡せるといいですね。

 

今回最後に、うるかは朝イチでチョコレートを渡そうと成幸に話しかけました。

しかしその時には既に、成幸は大量のチョコレートを手にしていたのです!

 

成幸の持っているチョコレートは、誰にもらったものなのでしょうか!?

そしてうるかたちは、成幸にどうやってチョコレートを渡すのでしょうか!?

次回のバレンタイン後編を楽しみに待ちましょう!

 

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレまとめ

ぼくたちは勉強ができない137話ネタバレ

 

ある日のこと。

周りの女の子たちの恋話が耳に入り、文乃はつい成幸のことを意識してしまいます。

 

そんな文乃の様子に気づいた成幸は、2人きりで話をしました。

そこで文乃は、成幸のことが好きなのだとやっと気づいたのです。

 

気づいてはいけなかった恋心。

溢れる涙を見られないよう、成幸の背を押して歩く文乃なのでした。

 

次回はチョコ作りのお話のようです!

それぞれどんなチョコを作るのでしょうか!?

 

次回の『ぼくたちは勉強ができない』第138話を楽しみに待ちましょう!

>>>次回【138話】へ!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。