チェンソーマン

チェンソーマン最終回97話ネタバレと感想!公安編第一部で完!第二部はジャンプラでアニメ化も決定!

チェンソーマン97話最終回第一部ネタバレ最新話確定

週刊少年ジャンプの人気漫画『チェンソーマン』最新話であり第一部最終回97話のネタバレと感想、展開考察です!

 

マキマさんを食べる事で一つになろうとしたデンジ

愛の力で勝利したと言いながらも、マキマさんが最後まで自分を見てくれてはいなかったのだと気付いてショックを受けていました。

そんなデンジに岸部は一人の少女を預けていき、デンジはその少女と一緒に暮らす事になるのでした。

デンジの公安での戦いの結末とは!?

 

それでは、気になる『チェンソーマン』最終回最新話97話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『チェンソーマン』単行本をお得に読む情報もまとめましたので是非活用してください!

2020年11月に『チェンソーマン』9巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

 

チェンソーマン第一部最終回97話ネタバレ確定速報

チェンソーマン最新話97話ネタバレ

 

『チェンソーマン』97話

「愛・ラブ・チェンソー」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

チェンソーマン97話ネタバレ:戦いの終わりとマキマさんが見ていたもの

マキマさんを食べるというまさかの解決法に辿り着いたデンジ。

彼女と一つになるべく様々な料理法でその肉を食べていきます。

ハンバーグやステーキ、刺身や鍋、ヤバいジュースや髪の毛に至るまで全てを口にしていく事に。

 

そしてそんな日々を乗り越えたデンジは、マキマさんが飼っていた犬達を連れて公園へとやってきていました。

そこにいたのはネコを連れていた岸部。

子供達が犬に興味を示す中で、デンジは岸部にマキマさんの事を全部食べたのだと報告します

 

マキマさんを食べたデンジの腹からはもちろん、便所からも復活しなかった事に疑問を感じていた岸部。

攻撃が通じないマキマさんをどうして殺す事が出来たのか?

そんな疑問に対してデンジは自分なりの答えを出していました。

 

自分はマキマさんを傷つけるつもりなんてなかったのだと。

マキマさんを食べる事は自分と一つになる為であり、それは攻撃ではなく愛なのだと

そんなデンジの意見に岸部は、契約内容か認識の問題をたまたま上手くつけたのだろうと現実的な解釈をするのでした。

 

しかし岸部にとってはそれ以上に気になっていたのが、デンジがマキマさんに気づかれずにどうして攻撃出来たのかという事。

デンジはその点についても答えを出した上で最後の戦いに臨んでいました。

 

今までの会話や敵の情報などから、マキマさんは匂いで自分達を見ているのだと気付いたデンジ。

それだけに彼女は一人一人の顔なんて覚えておらず、気になるヤツの匂いだけしか覚えていないのだと

 

マキマさんは出会った時からずっとデンジではなく、デンジの中のチェンソーマンしか見ていなかった

自分の事など最初から一度も見てくれてなかったのだと寂しげにつぶやくデンジ。

しかしそれだからこそデンジはマキマさんを油断させる作戦に賭ける事が出来ていたのでした。

 

 

マキマさんを食べてしまうという驚きの決着となりましたが、デンジの言う通り愛の力での勝利だと考えれば非常にスッキリでもありますよね。

契約は絶対のものながら、認識の違いの問題によって上手く行ったという現実的な考えも面白い所ですけどね。

マキマさんが匂いで人を見ているというのも以前から描かれていた事ですが、彼女がデンジを全く見ていなかったからこそ最後の作戦が上手くいったというのは切なくもありますね

 

スポンサードリンク

チェンソーマン97話ネタバレ:マキマさんの生まれ変わりの少女ナユタ

シリアスなデンジと岸部の話が一段落となり、子供達も去っていく中で何故か一人だけ残っていた黒髪の少女。

デンジはその子を追い払おうとしますが、何故かその少女に思い切り指を噛まれてしまう事に

 

しかしその瞬間、デンジは少女の噛む力で何かを思い出してしまいます

それはいつか覚えていてと言われたマキマさんの噛む力そのもの。

それだけに目の前の少女がマキマさんなのかと驚かされるデンジ

 

岸部によればその少女は支配の悪魔の生まれ変わり。

中国で発見された所を岸部が盗んできたとの事で、まさかの事態に驚きを隠せないデンジ。

 

とはいえマキマさんは既に死んでいて、今の支配の悪魔たるその少女には記憶も何も残されていないのだそう。

しかしこのまま国に任せてしまえば、再びマキマさんのような存在になってしまうかもしれないと危惧する岸部。

 

そう考えた岸部は少女をデンジに託してしまいます。

自分はこれから忙しくなるからデンジに任せるのがベストなのだと

 

当然少女を任せられても困るだけにデンジは断ろうとするも、既に消えてしまっていた岸部。

仕方なく犬に懐いていた少女にその名を尋ねると、少女は自分の名を「ナユタ」だと答えるのでした

 

 

死んだと思ったら速攻で復活していたマキマさんもとい支配の悪魔。

ラスボスが生まれ変わって人畜無害な感じになるという結末はなんだかちょっとほっこりした気分になりますよね

しかもナユタという名前は作者である藤本タツキ先生の読み切り作品に登場したキャラの名前であり、スターシステムという感じでしょうか。

 

スポンサードリンク

チェンソーマン97話ネタバレ:ポチタの夢と支配の悪魔の夢

少女の名前を確認したデンジはため息をつきながらも少女を預かる覚悟を決める事に

その上で何か食べたいものがないかと尋ねるデンジに、食パンだと即答するナユタ。

随分安上がりな悪魔だと笑みを浮かべるデンジに、ナユタは何故かデンジがよくやるVサインで応えるのでした。

 

デンジはそんなナユタを背負って犬と共に帰宅し、一緒に食パンを食べて犬と共に眠りにつきます。

布団をナユタに譲り、犬を抱き寄せる形で眠っていたデンジ。

眠りの中でデンジの隣にいた犬はポチタへと姿を変え、デンジの姿も子供の頃の姿へと変わっていました

 

デンジに優しく抱きしめられて幸せそうなポチタ。

そんなポチタは、自分の夢が誰かに抱きしめてもらう事だったのだと語ります

簡単そうな事ではあるものの、チェンソーマンであるポチタには強すぎるが故にそれはとても難しい事だったのだと。

 

そんな夢を叶えてくれたデンジに、ポチタは支配の悪魔の夢も叶えてあげて欲しいのだとお願いします

他者との対等な関係を築きたかったのだという支配の悪魔。

恐怖の力でしか関係を築けない彼女はずっと家族のようなものに憧れていたのだと。

 

だからこそ間違った方法でそういう世界を作ろうとしていた支配の悪魔。

ポチタはそんな支配の悪魔の代わりにデンジがそういう世界を作ってあげて欲しいのだと語ります。

 

当然そんな方法がわからないデンジに、ポチタは満面の笑みを浮かべて言い切ります。

沢山抱きしめてあげれば良いのだと

そんな言葉が届いたのか、デンジは隣で眠るナユタを抱きしめながら眠るのでした

 

 

ここへ来てポチタの夢が誰かに抱きしめてもらう事だったと明かされたのも良いですね

強すぎるからこそ抱きしめてもらえなかったポチタと、支配の力を持つが故に他者と対等な関係を築けなかったマキマさん。

家族に憧れを持っていたマキマさんが早川家で家族ごっこをさせていたのも、今となれば違う感じに受け止められそうですよね。

 

スポンサードリンク

チェンソーマン97話ネタバレ:チェンソーマンは高校生!!!

しばらく時間は経ったものの、世間では未だに悪魔が大暴れ中。

巨大な化け物に人々は逃げ惑いますが、そんな彼らの間ではチェンソーマンの話題で持ちきりとなっていました

 

また悪魔を倒したというチェンソーマン。

趣味で悪魔を殺しているらしいとか女の子しか助けないとか

そもそもチェンソーマンは人間なのか?

 

様々な噂が飛び交う中でまた一つ新たな噂が飛び出します。

それはチェンソーマンが今は高校生だという噂

 

人々が逃げ惑い走る中で、一人悪魔の方向を見ていたのはデンジ。

その姿は噂通りに高校の学生服姿

デンジはそんな学生服から飛び出たチェンソーのスターターを引っ張り、辺りにはチェンソーの駆動音が響き渡るのでした。

 

 

色々とわからない事や謎は残されまくっていますが、これにて『チェンソーマン』の第一部となる公安編が完結となりました!

普通だったら学生編を終えて公安編が始まるはずで、順番が逆で公安編を終えて学生服姿になるというのが面白い所ですよね。

必要最低限の情報だけはしっかりと明かしてくれていて、それでいて非常に気持ちよく終われる素晴らしい最終回でした!

 

スポンサードリンク

チェンソーマン第一部最終回97話ネタバレの感想考察

チェンソーマン最終回97話ネタバレ

 

衝撃的な前回の内容からは考えられないくらいに綺麗な決着を迎えた今回の最終回

やっぱり非常に映画的というか、物語の構成がめちゃめちゃ上手いよなぁと感じさせられるような素晴らしい最終回でしたね!

 

スポンサードリンク

マキマさんとの決着について

驚きの結末となったマキマさんとの戦い。

そこで気になっていた事について今回は詳しく語られる事となりましたね

 

攻撃が通用しないはずのマキマさんを殺す事が出来たのは、デンジがマキマさんを食べる事が攻撃ではなく愛だったから

現実的に考えれば岸部の言う通り契約内容や認識の問題を上手いことすり抜けたという感じなのでしょうが、愛の力で勝利したと言った方が『チェンソーマン』らしい気もしますね。

 

もう一つの疑問はマキマさんに気づかれずに攻撃出来た事。

確かにちょっとマキマさんが油断しただけで間抜けな感じにも思えていましたし、ここにもしっかりと理由があったのは流石でしたね。

 

物語の初期の頃から、マキマさんは匂いに強いという事は描かれていました。

しかし匂いで人を見ていて顔さえも覚えていなかったというのは面白い所でしたね。

どうでもいいヤツの顔なんて覚えてもなくて、もちろんマキマさんはデンジの顔なんて覚えていなかった

 

デンジとしてはそれは悲しすぎる話でしたが、それによって勝利を掴めたというのがまた切なくもあるんですよね。

やっぱりデンジは最後までマキマさんの事を好きだったというのが伝わりましたしね

 

支配の悪魔ナユタ

ようやく死んだのだと思いきや、速攻で復活してきた支配の悪魔。

マキマさんがかつてデンジの指を噛んだ伏線はいつか回収されるはずだと思っていましたが、まさかこのタイミングで使われる事になるとは驚きでしたね!

中国で発見されたというのを盗んできたと堂々と語る岸部も流石でした。

 

再びマキマさんが生まれてしまうという可能性を気にしながらも、デンジに預ける事にした岸部。

この辺りはデンジのマキマさんへの思いを気にしていたからなのかなぁとも思いました。

最初から最後まで岸部はずっと活躍してくれましたし、最後まで死ななかったのも良かったです

 

二代目の支配の悪魔とも呼べる少女の名前はナユタ。

藤本タツキ先生の読み切り作品で『予言のナユタ』という作品があり、その作品の主役の名前がナユタなんですよね。

兄弟愛を描いた作品でしたが、キャラクター性もちょっと似ている感じがしましたね。

 

『予言のナユタ』では世界を滅ぼせてしまうくらいの力を持っていたナユタ

本作でも支配の悪魔という事で世界を滅ぼせてしまいそうな訳ですが、デンジが彼女の手綱を持った事でどうなっていくのか楽しみでもありますね。

 

スポンサードリンク

公安編が完結!!!

デンジの夢の中で、ポチタは誰かに抱きしめてもらう事が夢だったのだと判明しました。

強すぎるせいで誰にも抱きしめてもらえなかったからこそそういう夢を持ったというのが面白いですね。

ポチタが弱った所で出会えたのがデンジだった事は運命的だったんでしょう

 

そんなポチタと同じく、自分の持つ力のせいで夢が叶わなかったのが支配の悪魔であるマキマさん

支配するという事は他者よりも上の立場にいる訳で、そんな力を持っていたら他者と対等の関係になるはずもないんですよね。

 

マキマさんが家族のようなものに憧れていたのだとすれば、デンジと一緒に観た映画で泣いていたのもわかる気がしてしまいます

デンジも家族に憧れを持っていたはずですが、デンジには早川家という家族が出来たと言えるんですよね。

求めるものが手に入らないからこそ暴挙に走る訳で、結局はマキマさんも悲しい存在だったのかなぁと言わざるを得ません

 

デンジがナユタというマキマさんの生まれ変わりの存在を抱きしめてあげる事で、どんな世界が生まれていくのか?

非常に気になる所でしたが、物語は一旦ここで幕を下ろす事になりました

 

何者でもなかったデンジが公安に入り、最後は高校生となって公安編が終わる

普通は逆だと思ってしまいますが、それこそが『チェンソーマン』という感じでした。

あくまでも第一部が幕を下ろしただけなので、第二部ではこれまでわからなかった内容について描かれていくのを期待したいですね!

 

スポンサードリンク

チェンソーマン第二部の展開考察

チェンソーマン最新話97話ネタバレ

 

ここからは、『チェンソーマン』第二部で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

チェンソーマン第二部ネタバレ展開考察:第二部は高校生編!?

色々な伏線が残されたままで終わる事になった第一部。

とりあえずデンジは高校生デビルハンターとして活躍出来ている感じでしたね。

デンジはきっと今後も自分らしく真っ当な人生を目指して戦い続けていくはず。

 

しかしせっかく高校生になったのだから、これまでとは違った感じになって欲しい気もします。

高校生のキャラと言えば有能なデビルハンターの吉田なんかがいましたし、第一部ではあまり接触のなかった二人が仲良くなったりして欲しいですよね。

生死不明のレゼも高校生になってくれたら嬉しいですし、多少は平和的な日常なんかも期待したいです。

 

スポンサードリンク

チェンソーマン第二部ネタバレ展開考察:マキマさんのいなくなった世界で新たな敵が現る!?

余程方向性を変えない限りは、第二部もハードなバトルアクション作品になってくれるはず。

しかしそうなるとやはり必要になってくるのは巨大な敵の存在でしょうか。

 

マキマさんというあまりにも強大な敵がいた事により、ある意味では対マキマさんという感じになっていた第一部の終盤戦。

しかしそんなマキマさんもいなくなった以上、世界ではまた勢力争いが始まってしまいそうな気がします。

 

銃の悪魔が結局どうなったのかもイマイチよく分かっていませんし、地獄にはまだまだ凶悪な超越者級の悪魔達が存在している状態

サンタクロースのように地獄にいる彼らの力を利用しようとする者達も現れそうですし、世界中で悪魔の力を利用した戦いが始まってしまったりするのかもしれません。

デンジは支配の悪魔だったマキマさんが思い描いた世界を正しい形で作り上げるために戦う事になるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

チェンソーマン第一部最終回97話への読者の声

チェンソーマン最新話97話ネタバレ

 

『チェンソーマン』最新話97話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

チェンソーマン第一部最終回97話ネタバレまとめ

チェンソーマン最終回最新話97話ネタバレ

 

劇的過ぎる展開から一気に迎える事になった最終回。

しかし驚くほど綺麗にまとまった素晴らしい第一部の完結となりましたね

 

公安編という形で第一部が終わりとなりましたが、デンジとマキマさんが出会い決着をつけるまでの物語だったと言えるでしょう。

ある意味ではちょっとしたすれ違いというか、出会うタイミングが違ったらもっと違う結末になったんじゃないかと思えるラストもお見事でした。

 

いきなり公安のデビルハンターという世界に放り込まれたデンジが最終的には高校生になる。

新たな物語の始まりを予感させる最終回だっただけに、第二部がどういう物語になっていくのか非常に楽しみですね!

 

『チェンソーマン』の第二部の展開が楽しみですね!

それまでは単行本で楽しみましょう!

『チェンソーマン』最新刊は
U-NEXTで31日間無料!

 ↑【無料】チェンソーマンを楽しむ!↑

U-NEXTなら『チェンソーマン』最新刊が初回登録時なら無料で読めます!

銃の悪魔の真実とは…!!?

U-NEXTで無料で今すぐ読む!

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2020年12月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与の600ポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年12月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。