ダイヤのA act2

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ!指2本分の結果と4番チャンス!

週刊少年マガジンの人気漫画『ダイヤのA actⅡ』最新話178話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

新球で轟を三振に抑えた天久を見て、もっと曲がりが小さく一見ストレートに見えるボールを求めていたと三高の監督が過去を振り返ります。

曲がり切らないスライダーだから、”スライ”と天久は呼んでいる!と説明します。

 

勢いづかせたくない薬師の監督は真田をマウンドに上げ、期待に応えるように1球で真田が千丸を打ち取ります!

真田に対して、指2本分バットを短く持つ三高打線は、真田を打ち崩すことができるのか?

 

それでは、気になる『ダイヤのA actⅡ』最新話178話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ:前回177話感想考察

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ

 

天久の新球には、轟だけでなく薬師の監督を含め、薬師高校の選手全員が驚いていましたね。

それぐらい、轟があんな簡単に三振するところを見たことがなかったということでしょう。

 

轟も面食らった表情を見せていましたが、すぐに早く打席に立ちたい!とやる気満々になっていました(笑)。

見ている側としても、第三ラウンドの対決がどうなるかは非常に楽しみです!

 

また、三高に流れを持っていかせたくない薬師の監督は、まだ3回にもかかわらず、エース真田への交代を決断しましたね。

天久のあの投球を見せられたら、1点ビハインドの薬師としては、交代を決断するしかなかったといった感じでした。

 

ただ、この早い決断がいろんな意味で、この試合の勝敗を大きく左右する気がしています!

天久のおかげで勢いに乗っている三高は、薬師のエース真田に対して、どんな攻撃を見せられるのか楽しみですね!

 

ダイヤのAactⅡ最新話178話ネタバレ

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ

 

『ダイヤのA actⅡ』178話

「サーモグラフィー」のネタバレが下記となります!

 

永遠のチャレンジャー

真田のシュートを捉え、三遊間にヒット性の当たりが飛びます!

その打球に、サードの轟が飛びつきキャッチ。

すぐさま一塁に送球し、アウトにします!

 

轟のファインプレーに、盛り上がる薬師ナインとスタンド。

これでツーアウトとなります。

 

真田に笑顔で声をかける轟。

それを見て真田が考えます。

 

三高のクリーンナップを見つめ気合いを入れる真田。

自分達に借りを返すために、秋から鍛えてきただろうと考えます。

 

指2本分、バットを短く持つ宮川を見て、クリーンナップまでバットを短く持つのかとキャッチャーの秋葉が考えます。

強豪に謙虚になられるのが、1番怖い!と真田が思います。

 

宮川に対し、初球からインハイを攻める真田。

体に当たりそうなボールを、少しのけ反って見送る宮川。

 

荒っぽいのはわかってるが、エリート校に噛みつき続ける俺達は、永遠のチャレンジャーだ!と真田が宮川に対して投球します。

2球ファールの後、外の球で三振に打ち取られる宮川。

空振り三振となり実況が叫びます。

 

勝たなきゃ意味がない

そんな真田を見て、監督の狙いや願望を体現してくれるエースが他にいるか?と薬師の監督が思います。

真田に声をかける薬師ナイン。

ベンチでは、楽しそうな展開に天久が嬉しそうです。

 

打席に入る真田。

センバツに出ようが、ベスト4に入ろうが今は関係ない!と考えます。

今日勝たなきゃ意味がないのです。

 

天久の初球を捉え、センター前ヒットを放ちます。

そんな真田に呟く薬師の監督。

 

新球のスライで空振りを奪う天久。

薬師のベンチの温度が変わったと感じます。

 

三振とセカンドゴロでツーアウトを奪う三高。

最後の打者は、スライで空振り三振に打ち取り、スリーアウト!

しっかりスイングした打者に意地の声を、薬師の監督が上げます。

 

このまま終わるかよ

守備に付く薬師ナイン。

 

4番の星田が真田の球をしっかり捉えます!

打球を見つめる轟達。

 

星田の打球は伸びず、ライトフライに打ち取られます。

ベンチに戻る星田。

 

真田に声をかける轟。

すると、このままウチの雷市が終わるかよ!と真田の心の声が!

 

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ展開予想

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ

 

ここからは、『ダイヤのA actⅡ』最新話178話、そして179話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

指2本分の結果

真田がマウンドに上がり、シュートとカットボールを警戒する三高は、監督の指示で指2本分バットを短く持っています。

ただ、先頭打者の千丸は、真田の初球のシュートにセカンドゴロに倒れます。

それでも三高の監督は、続く森にも指2本分を指示します!

 

ここまで描くということは、あっさり三高の攻撃が終わるとは考えにくいです。

そのため、続く森は詰まりながらもヒットを放つのではないかと予想しています。

監督の指示の指2本分バットを短く持つというのが、早速結果として現れると考えています!

 

チャンスで4番

森が真田からヒットを放ち出塁すれば、追加点をあげたい三高の監督は、手堅くバントで得点圏にランナーを進めると考えています。

そして、このチャンスの場面で、先制点を叩き出した4番の星田を迎えると予想しています!

 

三高の監督としては、今日の天久の出来なら、完封もしくは最少失点で抑えられると考え、4番の星田で追加点を狙いたい!という考えだと思います。

ただ、これ以上失点は許されないという状況で、マウンドを託された真田は、4番の星田を打ち取り、追加点はあげさせないと予想しています。

森にヒットを打たれたことで、真田も1つギアを上げて星田を打ち取りに行くと思います!

 

天久VS薬師クリーンナップ

天久の新球に、轟が三振したことで、否が応でも薬師は天久の新球を意識するでしょう。

薬師としては、轟は打ち取られたものの、4回は3番の真田から始まるクリーンナップです!

 

この回で、天久からチャンスを作れないようなら、薬師は厳しくなっていきます。

そのため、天久の新球は捨てて、他の球種に狙い球を絞ると予想しています!

 

真田はそういった感覚的なバッティングには長けているので、先頭打者の真田がヒットで出塁するのではないかと考えています。

そして、ポイントとなるのは、クリーンナップの5番を任されている友部になるのではないかと予想しています!

 

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレまとめ

ダイヤのAactⅡ178話ネタバレ

 

轟を三振に抑えた天久を見て、もっと曲がりが小さく一見ストレートに見えるボールを求めていた!と過去を振り返る三高の監督。

新球を曲がり切らないスライダーだから、”スライ”と天久は呼んでいる!と説明します。

勢いづかせたくない薬師の監督は真田をマウンドに上げると、それに応えるように1球で真田が千丸をセカンドゴロに打ち取ります!

真田に対して、指2本分バットを短く持つ三高打線は、真田を捉えることができるのか?

 

次回の『ダイヤのA actⅡ』第179話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与の600ポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年12月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。