破壊神マグちゃん

破壊神マグちゃん8話ネタバレ感想!暑い夏には冷たいアイス!

破壊神マグちゃん8話ネタバレ最新確定!暑い夏には冷たいアイス!

週刊少年ジャンプの人気漫画『破壊神マグちゃん』最新話8話のネタバレと感想、展開考察です!

 

マグちゃん達の目の前には聖騎士団の末裔イズマが現れました。

イズマの攻撃によってナプタークはやられ、マグちゃんにも襲いかかります。

 

しかしそこに警官が現れて、イズマは警察署に連行されてしまいました。

これから聖騎士団と邪神の闘いはどうなっていくのでしょうか。

 

それでは、気になる『破壊神マグちゃん』最新話8話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

破壊神マグちゃん8話ネタバレ

破壊神マグちゃん最新話8話ネタバレ

 

『破壊神マグちゃん』8話

「焦熱の決闘」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレ:暑さという敵

どこかののどかな田舎町では、流々が団扇を仰いでいました。

マグちゃんは上位存在なため、何も感じていませんでした。

流々はマグちゃんを持って涼を取ろうとします。

 

するとマグちゃんはとろーりとグロく溶けるのです。

流々はマグちゃんを冷やすためにカキ氷機を出しました。

かき氷機を知らないマグちゃんにかき氷機の説明をします。

 

説明を聞き、マグちゃんはグロい発想をするのです。

流々はいちごシロップをかけてカキ氷を作りました。

流々がカキ氷を食べると、マグちゃんもカキ氷を見つめます。

 

そしてカキ氷を食べるとマグちゃんは愕然としました。

マグちゃんに酷評され、流々は本気を出します。

 

流々はトッピングを買うため、家を飛び出します。

その様子をハトが見ていて、飛び立ちました。

引き続きカキ氷を食べるマグちゃんの元に現れたのは聖騎士団の末裔イズマ・キサラギでした。

 

 

確かにマグちゃんの言う通りカキ氷は水ですね。

冷静な感想が面白く、マグちゃんのファンになりそうです。

そこに現れたイズマがマグちゃんにリベンジするのでしょうか。

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレ:究極のカキ氷

マグちゃんと話すイズマは汗だくです。

イズマの目の前にはカキ氷とその器械がありました。

そしてイズマは恐れるのです。

 

イズマはマグちゃんに流々のことを聞きます。

するとイズマはマグちゃんに飛びかかります。

その頃流々は錬のお姉さんから色々もらったカキ氷のトッピングを持って家路に向かっていました。

 

そして流々が帰ってくると目の前にはマグちゃんとイズマが戦っていたのです。

イズマがマグちゃんを攻撃しようとすると、流々はイズマを蹴り倒しました。

イズマが流々を心配すると、流々はイズマがいることに困惑している様子でした。

 

元気な流々を見て、イズマはその場で倒れました。

流々が焦っていると、マグちゃんはイズマを消そうとします。

汗の量からイズマは熱中症で、流々はマグちゃんにイズマを助ける手伝いをお願いします。

 

マグちゃんはやれやれという様子を見せました。

そしてイズマが目を覚ますと、マグちゃんはカキ氷を作っています。

イズマはマグちゃんがカキ氷機で作る様子を邪教の儀式と思い、生贄か洗脳にする気かと思うのです。

 

しかし抵抗しようにも熱中症の諸症状でふらつきます。

そして流々の究極のカキ氷が完成しました。

 

 

聖騎士団の末裔イズマも暑さには勝てません。

そこに流々の究極のカキ氷が完成しました。

これでイズマもマグちゃんも暑さという敵に勝てるかも知れません。

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレ:似たもの同士

イズマは生唾を飲みます。

マグちゃんは納豆パックを開きます。

そしてカキ氷にトッピングし、マグちゃんはせっかくのカキ氷を気味の悪い物体にしました。

 

マグちゃんがイズマに渡すとはらわれます。

そして団扇を持つのです。

イズマは聖剣を警察に預けてしまっていました。

 

聖剣がないイズマは雪を出しました。

凍結の魔術にマグちゃんは巨大な口を開き、イズマの攻撃を全て吸い込みました。

それを見たイズマは膝をつきます。

 

悔しがるイズマに流々は労いの言葉をかけます。

イズマが家を出ようとすると、流々は服とカキ氷を渡しました。

流々はイズマが出た後、マグちゃんと話します。

 

流々はなんとなくマグちゃんとイズマくんは似た者同士だと思いました。

イズマは流々から貰ったカキ氷を美味しくいただくのです。

 

 

流々の言うようにマグちゃんとイズマは似ているかも知れません。

時代を超えて友達になれればいいのですが。

これからイズマがまたマグちゃんの前に現れるときが楽しみです。

 

次回【9話】へ続く!

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレの感想考察

破壊神マグちゃん8話ネタバレ

 

夏の暑さには流々だけでなく、マグちゃんも溶けそうでしたね。

そんなところに熱い男聖騎士団の末裔イズマが現れます。

流々は二人は似た者同士と言っていましたが、確かにその通りかも知れません。

 

今は敵同士の関係ですが、これから仲良くなれるでしょうか。

分かり合える時が来ることを祈りたいです。

 

そうすれば真の意味で平和な世界となるかも知れません。

そのキューピッド役が流々ということですね。

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレ展開考察

破壊神マグちゃん最新話8話ネタバレ

 

ここからは、『破壊神マグちゃん』最新話8話、そして9話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せています!

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレ展開考察:真夏の暑さ

夏の日差しが暑すぎて、流々は倒れていました。

アイス…アイス…と今にも干からびそうな流々に、マグちゃんが現れます。

マグちゃんも暑すぎて溶けてしまいました。

 

夏といえばアイスだよと流々がマグちゃんにも分けます。

この冷徹で体に染み渡るモノは…とマグちゃんがアイスを取り入れると一気に姿が変わりました。

 

余りの姿に流々も暑さを忘れて驚くのです。

そして流々は変化したマグちゃんを抱き枕に体を冷やしました。

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレ展開考察:新たな闘い方

イズマは警察署から出ると武器を取り上げられました。

この国では違う闘い方が必要だとイズマは旅に出ます。

そしてイズマは様々な人に声をかけて、闘い方を聞くのです。

 

そこで見つけた闘い方こそ、ジャンケンでした。

ジャンケンは老若男女どんな人とでも闘える最終手段です。

 

そしてマグ=メヌエクの前にイズマは現れます。

ジャンケンを挑むもののマグちゃんに手があるのか分からず断念するのでした。

 

破壊神マグちゃん8話ネタバレ展開考察:夏といえば

夏といえば祭り、そして恋!と錬は考えます。

早く流々と仲良くなりたいなと錬が思うと、そばにナプタークがいました。

なるほどなるほどそういうことかとナプタークは笑みを見せます。

 

もし黙って欲しければ残飯をくれ!とナプタークは言いました。

錬はナプタークに協力してくれと頼みます。

 

そして錬は流々をデートに誘うのです。

しかし結局ナプタークはマグちゃんと揉めることとなり、デートは叶いませんでした。

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話への読者の声

破壊神マグちゃん最新話8話ネタバレ

 

『破壊神マグちゃん』最新話8話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

破壊神マグちゃん8話ネタバレまとめ

破壊神マグちゃん最新話8話ネタバレ

 

マグちゃん達の前に聖騎士団末裔イズマが現れますが、銃刀法違反で警官に逮捕されました。

再びマグちゃんの目の前に現れるでしょうか。

そして次こそ邪神を倒そうと挑むのかもしれません。

 

次回の『破壊神マグちゃん』第9話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。