ダイヤのA act2

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ!天久のリベンジと友部の好投

週刊少年マガジンの人気漫画『ダイヤのAactⅡ』最新話174話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

秋葉や轟に打たれて、ピンチを招いた天久。

しかし、好打者である真田を三振に抑えました。

勢いに乗って4番の三島、5番の友部を連続三振で抑えて、ピンチを切り抜けました。

 

果たして、天久は初回を抑えた勢いに乗って、薬師打線を抑えきる事が出来るのか・・・!?

 

それでは、気になる『ダイヤのAactⅡ』最新話174話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ:前回173話感想考察

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ

 

今回は、天久の完璧な投球に痺れました!

 

一流のピッチャーは、ピンチの時にギアを上げて抑えきって勢いをつけるものです。

立ち上がりが不安定ながらも、ギアを上げて抑えきった天久はナイスだと思いました!

 

立ち上がりさえ難なく抑えれば、勢いに乗っていけるのではないでしょうか。

秋大の際に打たれてしまった轟、真田にがっちり借りを返してほしいなと思いました。

とはいえ、薬師打線は何時爆発するか分からないので、油断だけはしないでほしいですね!

 

スポンサードリンク

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ

 

『ダイヤのA actⅡ』174話

「薬師の弱点」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

先頭打者の千丸

一回裏の三高の攻撃。

先頭打者の千丸は、背番号が二桁でデータがあまりありません

 

春大ではベンチだった選手だと、スタンドで話す青道偵察陣。

投手で入学したけど、野手に専念したようだった。

 

今大会で大抜擢ということは、よほど調子がいいのかもしれません。

薬師の投手起用の目的は読めないが、三高の先発が天久となると、1年生の先発がどう転ぶのか・・・。

 

1年で夏大会から先発。

図太い神経をしているのは間違いありません。

気合いを入れなおしてボールを投げる友部。

 

すると、友部の初球を千丸が強振します!

千丸が捉えた打球は、センターの頭上を越え、いきなりのツーベースヒット!

 

千丸のツーベースヒットに、三高のスタンドは大盛り上がりを見せます。

投手としての才能は開花させられなかった監督ですが、今のポジションは彼が努力で掴んだものだったのです。

 

スポンサードリンク

薬師の守備

続く2番の森は、いきなりバントの構えを見せます。

友部が投球すると同時に、バットを構え直しヒッティング!

 

打球は一、二塁間を抜けるかと思いましたが、セカンドの増田のファインプレーでセカンドゴロに抑えます。

その間に、セカンドランナーの千丸は三塁へ進みます。

 

観客達も盛り上がります。

そして、クリーンナップで三高が先制となるか?と。

3番の宮川、4番の星田、5番の佐々木を見て点が入ることを確信したような天久。

 

しかし、試合前のノックから薬師の守備は一味違いました。

守備の方もかなり鍛え上げてきていたのです。

これでは相手のエラーやミスは期待することができません。

 

3点勝負と踏んでいたが、天久のピッチングを見たら、1点でも少なく抑えたい!と薬師の監督が考えます。

薬師の内野陣は騒がしさに負けじと大きな声で投手に声をかけます。

この騒がしさにも慣れてきたと静かに感じる友部。

 

声をかけ合う薬師の選手達。

塁は2つ空いてる。

ここは大胆にいけばいい場面です。

 

スポンサードリンク

激戦で学んだもの

初球を宮川が強振するも、打球は三塁線にファールとなります。

宮川の打ち方を見て、かなり引きつけるなと友部が感じます。

 

続く2球目は、インコースに投げ宮川が差し込まれます。

逃げない宮川に対して薬師バッテリーを観客達が褒めます。

 

友部のインコースに、思っていたよりも伸びてくる!と感じる宮川。

追い込まれても、ここからしぶといのが宮川です。

 

守備に走塁、準備思考や基本となるスローイングと、弱点が多いほど相手につけ込まれる。

守備が足を引っ張っているとは言わせたくないのです。

 

友部の3球目のスライダーをすくい上げる宮川。

宮川の打球はセンターに飛ぶんでいきます。

 

センターはそんなに肩のある選手じゃないから、いける!と考える三塁ランナーの千丸。

すると、スタートを切ろうとする千丸を、コーチャーが止めます!

 

ワンバウンドでストライクの返球が、秋葉の元に返ってきます。

センターからのストライク返球に、観客達は盛り上がり。

 

止めたコーチャーに、グッジョブ!とサインを送る三高の監督。

そして4番の星田を見つめる友部…。

 

スポンサードリンク

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ展開予想

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ

 

ここからは、『ダイヤのAactⅡ』最新話174話、そして175話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

天久、更に借りを返す!

天久は初回、真田を空振り三振に抑えました。

 

天久はこれでまず借りを1個返したと呟きました。

その理由は、秋大での試合がきっかけです。

 

その試合で天久は、真田に勝ち越しタイムリーヒットを打たれて敗戦していました。

なのでその時の借りをまず返したと言ったのでしょう。

 

勿論、天久は全三振で抑えてチャラにしようとしているので、真田の時だけ更にギアを上げて三振で抑えるのではないでしょうか。

それに轟にも借りがあると思いますので、彼も次の打席から抑えていくのだと思います。

 

スポンサードリンク

打線の援護!

天久はピンチを招きながらも、連続三振で抑えて無失点で切り抜けました。

ここから勢いに乗って、無失点で抑えていくのではないでしょうか。

加えて、天久の投球の勢いに乗じて、打線も点を取ってくれるのではないかと期待します。

 

市大打線も、薬師打線に引けを取らない程の破壊力を秘めています。

天久がテンポの良いピッチングをすれば、そのテンポに乗って打線が火を噴いて、点を取ってくれると思います。

そうすれば、勝利により近づいていきますね!

 

友部の好投!

今日の薬師の先発は真田ではなく、1年生の友部が務めます。

真田の休息も兼ねて、調子のいい彼を先発にしたのだと思います。

そして友部は、意外にも市大打線をきりきり舞いにしていくのではないでしょうか。

 

天久は気分よくマウンドにあげさせないように、友部を三振にしました。

しかし、見た感じ友部はそれで怖気づくような選手ではないので、飄々と投げていくのではないかと思います。

そんな彼のピッチングに、市大打線はてこずるかもしれませんね…。

 

スポンサードリンク

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレまとめ

ダイヤのAactⅡ174話ネタバレ

 

今回は、天久の圧倒的な投球が見れた話になりました。

 

課題の立ち上がりを、無失点で切り抜けた事がとても大きいと感じました。

この勢いに乗って天久はナイスピッチングを繰り広げ、市大打線は1年生の友部を打ち崩していくのではないでしょうか。

 

ただ、2度に渡って市大を打ち破っている薬師がこのまま終わるはずがありません。

次回は薬師の友部が市大打線に立ち向かう話になっていきそうですね!

 

次回の『ダイヤのAactⅡ』第175話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与の600ポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年12月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。