Dr.STONE

ドクターストーン132話ネタバレ!氷月が千空から最強の武器を受け取ってモズ撃破!

週刊少年ジャンプの人気漫画『Dr.STONE-ドクターストーン-』最新話132話のネタバレです。

 

イバラのやり方に疑問を持ったキリサメを、イバラは石化させてしまいます。

するとラスト一発の銃弾で、陽がイバラの手を撃ち抜きました。

イバラは手にしていた石化装置を海へ落としてしまったのです。

 

石化装置を失ったイバラは、どんな行動に出るのでしょうか!?

 

それでは、気になる『Dr.STONE-ドクターストーン-』最新話132話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

ドクターストーン132話ネタバレあらすじ

ドクターストーン132話ネタバレ

 

『Dr.STONE-ドクターストーン-』132話

「最強の武器は」のネタバレが下記となります!

 

苦戦

陽の放った弾丸で手を撃ち抜かれたイバラは、手にしていた石化装置を海へ落としてしまいました。

それを陽が拾い上げます。

ついに石化装置、メデューサが科学王国の手に渡ったのでした。

 

石化装置を手にした陽は、まずモズを石化させようとしました。

今モズは氷月と、甲板で激しい戦いをしている最中なのです。

しかし石化光線を出そうとするも、使い方が分からず何も起こりませんでした。

 

そんな陽の目の前で、氷月はモズの攻撃に耐えるも辛そうです。

モズは氷月の強さを、練習を頑張って身につけたものだと見下しました。

 

生まれた時から最強なのだとモズは構え、攻撃しました。

 

すると氷月は自ら海へ飛び込みました。

 

信じられる仲間

水中へ退避した氷月を、モズは追撃します。

攻撃を受け流しながら泳ぎ、氷月はすぐに島へたどり着きました。

 

氷月には分かっていました。

千空は尻尾を巻いて逃げるような男ではないのです。

ならば、彼らが島へ急いだ目的とは。

 

その頃千空は、ニッキーに竹を切断させていました。

その形を見たゲンは、すぐにピンときました。

 

それは武力のジョーカーである氷月の最強の武器。

氷月はそれを必ず作ってくれるのだと信じ、島へ向かったのです。

 

ここで氷月は、自分が千空たちを信じているという事実に驚きました。

そしてふと、柔らかく微笑んだのです。

 

最強の武器

金狼が槍の太さに近い竹の筒を選び、そこへ潤滑油を塗って滑りを良くします。

それをマグマが氷月の方へ投げました。

 

その筒を氷月は槍で受け取ります。

感謝の言葉を述べ、氷月は構えました。

 

500年の歴史を受け継ぐ、尾張貫流槍術。

初めて見る丸い槍先の動きにモズは驚きます。

それはまるで、太陽のようでした。

 

次の瞬間、モズの装備が全て破壊されます。

あまりの疾さにこれは槍の動きではない、妖術の武器だとモズは動揺しました。

 

その言葉を聞いた氷月は、ヒトにとっての最強の武器について尋ねます。

それは世代を超え、幾千年と楔を打ち続ける地味な研鑽なのです

1人の天才では勝つことが出来ない、とモズの首元に槍を突き付けます。

 

その頃。

石化装置を持つ陽の元へ、イバラが落下してきました。

そしてイバラが何か呟くと、石化装置が光を放ち始めたのです。

 

 

―――133話に続く!

 

ドクターストーン132話ネタバレの感想考察

ドクターストーン132話ネタバレ

 

氷月VSモズの決着がつきましたね!

仲間を信じたモズの勝利でした。

 

あの時モズが千空たちを信じず、船上で戦い続けていれば勝機はなかったでしょう。

そんな中で千空が逃げるわけないと考え、その目的もすぐさま察知、島へ向かう流れは熱いものがありましたね。

 

そこまで信頼できるようになったのも、かつて千空を敵に回したことがあるからでしょう。

千空という人物をよく知っているからこそ、ですね。

 

氷月が勝利し、ホッとしたのも束の間。

イバラが次の行動に出ていました。

 

落下したイバラが石化装置に何か囁いた瞬間、装置が作動したのです!

石化装置がどう動くのか、次回もとても気になりますね。

 

そして今回の扉絵ですが、千空とコハクがシティーハンターのパロディをしていて楽しかったですね。

コハクにはあのハンマーがよく似合っていました!

 

ドクターストーン132話ネタバレまとめ

ドクターストーン132話ネタバレ

 

頭首の石像をかかげ、大樹の大声で船までその事実を届けました。

それを聞いたキリサメはイバラに詰め寄ろうとしました。

その時、イバラは石化装置でキリサメを石化してしまったのです。

 

しかし次の瞬間、イバラの手を銃弾が撃ち抜きました。

最後の一発を陽が当てたのです。

 

そしてイバラが手にしていた石化装置は、海へ落下していきました。

石化装置を手放してしまったイバラは、どんな行動に出るのでしょうか!?

 

次回の『Dr.STONE-ドクターストーン-』第133話を楽しみに待ちましょう!

>>>次回【133話】へ!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。