Dr.STONE

ドクターストーン147話ネタバレ!アメリカに着くための大航海!

週刊少年ジャンプの人気漫画『Dr.STONE-ドクターストーン-』最新話147話のネタバレと感想、展開考察です!

 

バーフランソワに、今度はビールが登場です。

そんな中、松風が頭首との過去の話を語ります。

 

さらに盛り上がる船上で、氷月、モズ、ほむらが次々と復活しました。

心強い仲間も増え、いよいよ北米に到着でしょうか!?

 

それでは、気になる『Dr.STONE-ドクターストーン-』最新話147話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

ドクターストーン147話ネタバレ展開考察

ドクターストーン最新話147話ネタバレ

 

ここからは、『Dr.STONE-ドクターストーン-』最新話147話、そして148話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます!

 

ドクターストーン147話ネタバレ展開考察:松風の今後

今回、松風の過去が語られました。

松風は最後まで頭首を思いやり、自分もまた後の世の者のために印を残して石化したのです。

この松風は今後も裏切ることなく、戦力として頼もしい存在となりそうですね。

 

そんな松風の気持ちを受け、司も氷月たちを起こす判断をしました。

氷月はきちんと武道を学んだ者です。

指南役にはもってこいですね。

 

強者たちとの稽古により、大陸に着く頃には松風もさらにレベルアップしていることだと思います。

その活躍を早く見てみたいですね!

 

ドクターストーン147話ネタバレ展開考察:大陸でバトル展開はあるのか!?

指南役として氷月、モズ、ほむらまでもが復活しました。

これで科学王国の戦力がぐっと高くなったことになります。

これは今後のバトル展開の可能性を表しているのでしょうか!?

 

大陸にはどんな強敵がいるのでしょうか。

野生の動物はもちろん、復活させる人の中にも危険な人物がいるかもしれません。

 

大体の人なら司を見ただけで、戦おうという気持ちは持たないと思います。

しかし、かなりの強敵であれば話は別。

仕方なく戦うこともあるでしょう。

 

そこで鍛錬で強くなったバトルチームの出番ですね!

金狼銀狼、兄弟の活躍の場もあると嬉しいです。

 

ドクターストーン147話ネタバレ展開考察:北米へ到達!?

次回予告によると、いよいよ北米へ到着するようです。

しかしすんなりコーンを手に入れることはできない予感がしますね。

 

千空たちは最短距離でアメリカ大陸へ向かう航路を行きました。

時期的にはギリギリセーフというところです。

 

そしてコーンですが、あたり一面に畑が広がっているか、それが見当たらないもののどこかに残っているの二択だと思われます。

次回の最後には、無事手に入れることができていることでしょう!

 

ドクターストーン147話への読者の声

ドクターストーン最新話147話ネタバレ

 

『ドクターストーン』最新話147話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

ドクターストーン147話ネタバレ

ドクターストーン最新話147話ネタバレ

 

では、『Dr.STONE-ドクターストーン-』の最新話147話

「SCIENCE JOURNEY」のネタバレが下記となります!

 

ドクターストーン147話ネタバレ:アメリカへ向けて

中世の初めに北の海を支配した、最強の海賊ヴァイキング。

彼らはその驚くべき航海技術でコロンブスより500年も前にアメリカ大陸に到達していたと言われています。

そのことから、ヴァイキングはいつでも太陽の場所がわかる『太陽の石』を使っているに違いないと考えられていました。

 

そんな伝説が生まれるくらい、外洋で位置方角を知る術とは、極めて難しいものだったのです。

しかし今はGPSで現在位置がわかります。

 

その時、日本の石神村からルリたちが定時連絡が入ります。

日時計と砂時計で出来る限り正確な日本の時刻を船に知らせるのが目的です。

 

船ではちょうど太陽が一番高い位置。

つまりジャスト12時です。

 

東京との時差から横の位置、太陽の高さで縦の位置を計算することができるのです。

この方法は太陽さえ見えていれば使用可能でした。

 

このまま晴天が続けばアメリカ行きも順風満帆と千空が宣言した途端。

空は真っ暗な曇天へ。

すぐに大雨が降り出しました。

こういった時の千空の運のなさは相変わらずだったのです。

 

仕方なく龍水の船乗りのカンで進むことになりました。

これが何日も続けば相当なロスが出てしまいそうです。

 

 

うまくいくと思いきや、やはり千空の運のなさが発動してしまいましたね。

海で迷子になっちゃう、とスイカも不安そう。

この状況を打破する方法はあるのでしょうか!?

 

ドクターストーン147話ネタバレ:太陽の石

太陽の石があれば、とスイカは呟きました。

それを聞いたクロムは船の中へ走ります。

そして鉱石コレクションの中からある石を取り出しました。

 

それは天然宝石箱、スカルン鉱床で手に入れた新作の石でした。

コハクに頼み、綺麗に四角く掘り出します。

 

加工したその石は綺麗には綺麗でしたが、ただの白っぽい石に見えます。

しかしモノを透かせてみると、二重になって見えたのです。

 

なんだって調べるのが科学使いの生き様だとクロムは言いました。

 

クロムは先程の石を二つのマークの穴を開けたものにくっつけ、空へかざします。

太陽の方向へ角度を調節しながら向けていくと、ある地点で二つのマークの濃さがぴったり同じになりました。

 

つまり、その石の示す先に見えないはずの太陽があるのです。

こうして科学王国は『太陽の石』を手に入れました。

 

 

太陽がなくて困っていた時。

クロムの機転で太陽の方向を知ることができました!

これでロスを減らすことができそうですね。

 

ドクターストーン147話ネタバレ:いよいよアメリカ大陸へ!

クロムが見つけた『太陽の石』の正体は、方解石でした。

光を分解して2つに見せる、天然のプリズムです。

その2つが揃うと太陽の光の向きがわかるのでした。

 

海底に沈んでいたヴァイキング船を調査すると、なぜかやたらと方解石が出てきたそうです。

なぜヴァイキングたちはそんなものを運んでいたのか、ずっと謎であったと龍水は語りました。

 

今となっては真相は分かりません。

しかしもしかすると、魔法でも伝説でもなく本当に『太陽の石』はあったのかもしれない、と羽京も言います。

 

こうしてペルセウスは再び太陽の光を手に入れました。

楽しそうに光を探すクロムの姿を、千空は嬉しそうに見守りました。

 

その後、時に激しい嵐の中を進み、鯨の群れと出会い。

多くの冒険に目を輝かせる者、驚きに目を見張る者など様々でした。

そしてついに、アメリカ大陸へ到達したのです!

 

 

ついにアメリカ大陸が見えました!

コーンは無事手に入るのでしょうか!?

 

―――次回148話に続く!

 

ドクターストーン147話ネタバレの感想考察

ドクターストーン147話ネタバレ

 

クロムのお手柄により、無事アメリカ大陸へ到達しましたね!

危険な航路をいくといくことで、その中でのピンチといったエピソードも描かれるのかと思っていました。

しかしそこは数コマでクリア。

このさくさく進む、ストレスのない展開こそがこの作品の魅力だと思います!

 

今回の話の見どころは、やはりクロムですね。

クロムはこれまでにも自分自身だけのひらめきで、発明品を考えてきました。

 

そのほとんどが既に現代に存在したものです。

しかしそんなことは知らないクロムが、独自で閃いたというのが凄いのです。

クロムの科学使いの素質は目を見張るものですね。

 

それを誰よりも感じているのが千空でしょう。

千空の頭には、これまで人類が発展させてきた科学の全てがインプットされています。

だからこそ、ゼロから生み出すクロムがいかに凄いかがわかるのです。

 

その上での、今週のあの表情でしょう。

いつか千空が、この世界の科学をクロムにバトンタッチする日も来るのかもしれませんね。

 

次回はいよいよアメリカ大陸へ上陸する流れとなるでしょう。

コーンは無事発見できるのでしょうか!?

また、現在のアメリカ大陸はどんな様子なのでしょうか。

次回の展開も楽しみですね!

 

ドクターストーン147話ネタバレまとめ

ドクターストーン最新話147話ネタバレ

 

バーフランソワにアルコール解禁です。

酒の席で、松風の過去が語られました。

松風の覚悟を聞いた司は、あることを思いつきます。

 

司の意見もあり、松風の指南役として氷月が復活しました。

さらに氷月は引き受ける代わりにと、モズとほむらも復活させます。

 

仲間も増え、順調に航路を進む千空たち。

いよいよ北米へ到着なるか!?

 

次回の『Dr.STONE-ドクターストーン-』第148話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。