五等分の花嫁

五等分の花嫁100ネタバレ!竹林が上杉と五つ子翻弄!最終的に出す答えは

週刊少年マガジンの人気漫画『五等分の花嫁』最新話100話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

学園祭初日、上杉は5つ子に15時に教室に来るようメールしました。

教室に集まった5つ子に上杉は5人が好きだ、「だが答えを出さなければいけない」と話し、最終日に結論を出すことを宣言しました。

しかし学園祭初日は無事に終わりません。

 

学園祭初日に起こった出来事とは何でしょうか?

 

それでは、気になる『五等分の花嫁』最新話100話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

五等分の花嫁100話ネタバレ:前回99話感想考察

五等分の花嫁100話ネタバレ

 

学園祭が始まりました。

まさか二乃がステージで踊るなんて意外でした。

しかもファンにレッドと呼ばれていたし、立ち位置はセンター

 

五月は食堂で勉強していましたが、その席は上杉がいつも座っている席ではないでしょうか。

 

そして上杉のいきなりの告白にも驚きました。

5人が好きだということを学園祭初日に伝えるところ、上杉らしいです。

ただ言われたほうはドキドキしっぱなしの3日間になるので辛いですよね。

 

乾杯のときにおそらく三玖が「抹茶ソーダ」と言っていて面白かったです。

現在公開中の五等分の花嫁展でも販売しているそうですよ。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁100話ネタバレ

五等分の花嫁100話ネタバレ

 

『五等分の花嫁』100話「日の出祭 二日目」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

二日目

放送部の椿がレポーターとなり、日の出祭の様子を中継しています。

道行く人たちにインタビューも行います。

その中の一人の女子に何をしにきたのかと尋ねると、彼女は「幼なじみに会いに」と答えました。

 

彼女は上杉を見つけて声を掛けます。

上杉が誰なのかわからず頭を抱えていると、彼女は小学校の時の話を始めます。

上杉は「お前・・・」と言います。

 

スポンサードリンク

それぞれの受け止め方

仕事で来ていない一花以外の姉妹たちは、それぞれ日の出祭を慌ただしく過ごしながらも昨日聞いた上杉の告白を気にしています。

 

五月は他人事のように、誰を選ぶんでしょうと言うと、二乃は「あんたの可能性だってあるのよ」と返します。

しかし五月が困ると言ったところ、二乃も困惑している、上杉に何て声を掛けたらいいかわからないと言いました。

 

係の仕事をしている四葉に、上杉を見ていないかと三玖が声を掛けます。

四葉が見ていない、何か用事があるのと尋ねると、三玖は「ただ一緒に回りたかっただけ・・・」と答え、四葉は「最後に思い出作り 私もしておいた方がいいかもね」と言いました。

そこで上杉の声がしたので、二人はそっちのほうに向かいます。

 

声の先では上杉が、先ほど声をかけてきた女子と射的を楽しんでいました。

上杉は彼女を「竹林」と呼びます。

彼女は小学校の同級生で、上杉は小学生だったころ、彼女に勉強を教わっていました。

 

スポンサードリンク

深さでは負けません

竹林が上杉の手を引いて歩き出したので、三玖と四葉は二人をこっそり追いかけます。

そこで五月と二乃に遭遇します。

 

竹林が「いつもうちの風太郎がお世話になってます」と言うと、「うちの」という単語に二乃が反応し「どちら様ですかー?」と怒りを抑えた笑顔で尋ねます。

竹林が小学校の同級生だと言うと、二乃は同級生以上の関係だと強調します。

 

竹林がより親密な関係だとアピールすると、陰でこっそり聞いていた四葉が飛び出し「私の方が上杉さんのこと・・・」と言いかけます。

しかしそれを遮るかのように五月が関係の「深さでは負けるつもりはありません」と言いました。

そこで上杉が止めに入り、竹林にからかうな、5つ子は自分の友人だ、「全員が特別に決まっている」と言いました。

 

竹林は小学生時代の上杉が、一つでも誇れる何かが欲しいと言っていたことを思い出し、「本当に大きくなったね」と言います。

四葉は「仕事の続きしないと」と言って走り去り、二乃は上杉に「私の気持ちはずっと変わらないから」と言いました。

 

スポンサードリンク

タイムアップ

二日目が終わり、竹林は真田と合流します。

真田にどうだったと聞かれた竹林は、元気そうだったと言い、「頑張りなよ風太郎」とエールを送りました。

 

そして最終日、上杉は自分の決断について考えています。

この選択、そして選択をすることは正しかったのか、その答えは出ません。

タイムアップを知らせるように、校内に学園祭が終わったというアナウンスが流れました。

 

上杉は教室の扉を開け、「よぉ待たせたな」と言いました。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁100話ネタバレ展開予想

五等分の花嫁100話ネタバレ

 

ここからは、『五等分の花嫁』最新話100話、そして101話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

見どころは3つ!

今後の見どころを3つ予想します。

学園祭初日後半、上杉が選ぶ答え、五月の抱える難問です。

具体的にどういった展開になるのか考えてみました。

 

スポンサードリンク

学園祭初日後半

初日が無事に終わらなかったということは、何かトラブルがあった、もしくは大きな出来事があったことを指すのでしょう。

もし初日にトラブルが起きても、その日に対処できれば残りの2日間は滞りなく進められるでしょう。

しかし重大な感じだったし、記念すべき100話目なため、残り2日間に響くような大きなトラブル、もしくは出来事だと推察します。

 

ただ記念すべき100話、しかも巻頭カラー、さらにカラーページ20ページもあるのに、主役級の登場人物がケガしたり急病になったりする展開をもってくるでしょうか。

そのためケガや急病以外の大きな出来事があると予想します。

 

スポンサードリンク

上杉の選ぶ答え

上杉は「俺も俺で整理しきれていないからな」と話していました。

5人が好きだということはわかっていても、特定の誰かを本当に恋愛として好きかがわからないということでしょうか。

もしそうなら学園祭が終わっても「誰も選べない」という答えもありえます。

 

もちろん結婚することになるのですから、いずれは選ぶことになります。

ただ高校生活の中での大きなイベントはこれが最後です。

 

高校生活の中で選べないとなると、卒業後一番近くにいた子が有利になります。

そうなると女優になった一花や専門学校に進学予定の三玖が少し不利になるでしょう。

 

スポンサードリンク

五月が抱える難問

難問を解いた上杉を羨ましいと言った五月。

これは五月も気持ちの上での難問を抱えているという意味だと考えます。

 

五月だけは上杉に対して明確な恋愛感情を持っている感じがしません。

そのため五月は別の誰かに片思いしている、もしくは上杉を好きかどうか自分でも決めかねていると予想します。

五月の周りの上杉以外の男性といえば、義理の父マルオです。

 

初めは母親になりきるために始めた母親の口真似が、母を愛した義理の父の気を引くためになっていた、という予想は・・・飛躍しすぎかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

五等分の花嫁100話ネタバレまとめ

五等分の花嫁100話ネタバレ

 

学園祭初日は5つ子と上杉が大活躍し、盛況のうちに幕を閉じるかと思われました。

しかし上杉が5つ子を教室に呼び出し、五人が好きだと告白して、最終日のあとにはもっとはっきりさせることを明言しました。

 

今後は学園祭初日後半に大きな出来事が起こり、最終日のあとには上杉の答え五月の抱える難問について明かされると予想します。

 

次回の『五等分の花嫁』第101話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2019年10月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。