呪術廻戦

呪術廻戦119話ネタバレ感想!宿儺が魔虚羅に勝利で虎杖も目覚めの時が!?

呪術廻戦119話ネタバレ最新確定!宿儺の勝利で虎杖も目覚めの時!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話119話のネタバレと感想、展開考察です!

 

伏黒が呼び出した最強の式神魔虚羅と戦う事になった宿儺

圧倒的な攻撃力で猛攻を仕掛けるものの魔虚羅は即座にダメージを回復して宿儺の攻撃にも対応してしまいます

あらゆる事象へと即座に適応していく能力を持つ魔虚羅に対して、宿儺は領域展開の「伏魔御厨子」を発動して勝負に出るのでした。

最強対決の行方はどうなる!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話119話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ化も最新情報が入りましたね!制作がMAPPAとはアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦119話ネタバレ

呪術廻戦最新話119話ネタバレ

 

『呪術廻戦』119話

「渋谷事変㊲」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ:伏魔御厨子の能力と効果範囲

宿儺が使う斬撃は2種類あり、その一つが通常の斬撃である「解」

もう一つが対象との呪力差や強度に応じて一太刀で対象を卸す「捌」

 

宿儺の領域展開である「伏魔御厨子」は他の者が使う領域とは違い、結界で空間を分断しないという特殊なもの。

しかし結界を閉じずに生得領域を具現化するという事は、キャンパスを用いずに空に絵を描くような正に神業

 

それに加えて、結界がない事によって相手に逃げ道を与える事が縛りとなり必中効果範囲も底上げされる

その範囲は最大で半径200メートルにも及ぶ程。

今回宿儺は伏黒恵に届かないようにと調節し、効果範囲を半径140メートルの地上のみに絞って発動していました。

 

そしてその頃、どこかの建物の中では渋谷から脱出出来ずに集まった人達の姿が。

2人の少女が携帯を使って連絡を取ろうにも相変わらず圏外のまま

絶望的な気分になりつつも、少女達は自分達を助けてくれたメガホンの人物がいた事で、どこか少しだけ安心した気持ちにもなっていました。

 

その瞬間に襲ってきたのは宿儺の伏魔御厨子。

少女達の体は「捌」の能力によって一瞬で粉々に卸されてしまうのでした。

 

 

領域を結界で閉じないという事は、逃げることが可能な領域展開であるという事。

しかし逃げることが可能である事によって縛りが生まれ、効果範囲も高まるというのが非常に面白い所

狗巻の活躍で助けられた人達もあっさりと殺されてしまったようですし、宿儺がヒーローなんかじゃない事を思い出してしまいましたね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ:唯一の魔虚羅の破り方

必中効果範囲内の呪力を帯びたモノに浴びせられるのが「捌」

無生物に対しては「解」が「伏魔御厨子」が消えるまで絶え間なく浴びせられ続ける

 

宿儺の前でそんな無限のような斬撃の嵐をひたすら食らい続けていた魔虚羅。

辺り一帯の建物は無数の斬撃によって真っ平らにされようとしていました

 

魔虚羅の唯一の破り方は、初見の技にて適応前に屠る・・というもの。

宿儺の斬撃である「捌」はその条件を満たしていたものの、魔虚羅は「解」に適応したのではなく斬撃そのものに適応していました。

 

伏魔御厨子が終了し、ボロボロにはなっていたもののすぐに再生を終えようとまでしていた魔虚羅。

その瞬間、宿儺が続けざまに発動したのは漏瑚を仕留めた「開(フーガ)」

放たれた強烈な炎の矢は、起き上がろうとした魔虚羅の体を貫き凄まじい火力で辺り一帯を焼き尽くすのでした。

 

 

どんな攻撃にもすぐに耐性をつけてしまう魔虚羅を倒すのには、初見の技で一気に仕留めるのが正解

しかし「伏魔御厨子」によって延々と続く「捌」の攻撃でさえ仕留める事は出来なかったというのはちょっと強すぎますよね。

下手すれば五条でさえ単独では倒せるか心配になる強さな気がします。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ:重面春太の奇跡の終わりと虎杖の絶望

伏魔御厨子の範囲の少し外でただただ戦いの終わりを待っていたのがサイドテール呪詛師。

そんな彼の元に、宿儺は魔虚羅の法陣を勝利した証とばかりに持ってきていました。

そしてサイドテールに言い放ったのは、冷たい一言だけ

 

宿儺に怯えながらも、また生き延びたと自分の運の良さを感じていたサイドテール。

呪詛師である彼、重面春太の術式は奇跡を貯めるというもの

日常の小さな奇跡を貯えて、その奇跡は重面の命に関わる局面で放出され彼を守る

 

奇跡が貯まっているかどうかは重面の目元の紋様で識別出来るものの、重面本人は自覚していない様子。

今日も生き延びたと思わずテンションがあがり叫ぶ重面。

 

が、そこで彼の体は全面と背面で真っ二つにスライスされてしまいます

重面の奇跡は既に七海との戦いで使い果たしていて、彼は結局何が起きたのかも分からずに死んでいくのでした。

そしてそのタイミングで宿儺が体を使える時間に限界が迫っているのを感じます

 

最後に宿儺がやったのは、夜蛾学長と家入さんの所へ伏黒を連れて行く事

夜蛾学長には僅かに見えた虎杖の姿が、虎杖なのかそれとも宿儺だったのかも判断出来ませんでした。

 

一方で宿儺から体の主導権を取り返していた虎杖

しかしその表情は渋谷での惨劇を目撃してしまったせいか、完全に曇りきって辛そうな表情となっていました。

 

 

ゴミ扱いされていたサイドテールの名前がようやく明らかになりましたが、それと同時に死なせてくる辺りがエグいですね。

もちろん読者としてはちょっとだけスッキリする展開な訳ですが。

その一方で戻った虎杖が辛そうな表情になっていて、自分が宿儺に体を明け渡してしまった事で大変な事が起こってしまったのだと実感させられているのかもしれませんね。

 

―――次回120話に続く!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレの感想考察

呪術廻戦119話ネタバレ

 

最強式神である魔虚羅を撃破という展開だったものの、状況はむしろ最悪の方向へと向かってしまった感じとなりました。

なんだかんだ宿儺としては余裕がありそうでしたし、どこまで計算して行動しているのかという所も気になりますね。

 

スポンサードリンク

一般人への被害がヤバい

宿儺の領域展開である「伏魔御厨子」はまさかの結界内に閉じ込めないタイプのもの。

それ故に術式の必中効果範囲は最大で200メートルという物凄く迷惑過ぎるものとなっていました。

 

結界に閉じ込めるタイプであれば、魔虚羅を倒してそれで終わりとなる所。

しかしそうではない為、今回は地上にいる半径140メートル内の全てが斬り刻まれる事になってしまいました

どうやらせっかく狗巻に助けられた人達も犠牲になってしまったようで、あまりにも残酷すぎますよね。

 

漏瑚に優しい言葉をかけていたり、伏黒を助けていた事で忘れてましたが、なんだかんだ宿儺は呪いの王

人間がどうなろうと興味はない訳であり、何人死のうとどうでも良いんですよね。

まるでヒーローのようでもあった宿儺が、やはりはた迷惑な存在なのだと改めて思わされました。

 

スポンサードリンク

虎杖のメンタルが心配

多少苦戦はしたものの、なんだかんだ魔虚羅に圧勝した宿儺

遂に名前が判明したサイドテールを仕留めてくれたり、伏黒を夜蛾学長の所に届けてくれたりとアフターケアも万全でしたね。

 

しかし問題なのは今回のラストシーンとなる辛そうな虎杖の表情でしょう。

宿儺が行動している間、虎杖の意識がどうなっているのかという部分はあまりはっきりしていません。

意識を共有している形で、宿儺が何をやらかしていたのか分かっていたとしたら、自分の体で沢山の人を殺してしまったのだと改めて実感していたのかもしれませんね。

 

意識がなかった場合だとすると、宿儺が体を返す前に自分が殺した人達の前に移動していたパターンもありそうですね。

自分が宿儺に体を明け渡してしまったせいでとんでもない被害を出してしまった。

そんな事に気づいてしまえば、人の良い虎杖としては精神が崩壊したっておかしくないレベルでしょう。

 

虎杖はメンタルが強いタイプではあるものの、同時に物凄く優しい人間です。

それだけに今回の件で受けるダメージは半端じゃないでしょうし、今後どうなってしまうのか非常に心配ですね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話119話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話119話、そして120話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

呪術廻戦119話ネタバレ展開考察:伏魔御厨子は魔虚羅に通じるのか!?

凄まじく反則めいた能力を持っている最強式神の魔虚羅。

どんな攻撃を喰らっても即座に対応してくる以上、同じ攻撃では通用しなくなってくるはずですし、ある程度のダメージは即座に回復してしまっています。

これを打ち破るのは本当に大変というか無理ゲーっぽいレベルですよね。

 

しかしそんな状況でありながら楽しげに領域展開を発動させた宿儺。

「伏魔御厨子」であれば魔虚羅に勝利出来るという風に考えているのでしょう。

 

オートで対応してくる魔虚羅に勝つためには、やはりシンプルに一発で撃破する事でしょうか。

魔虚羅であれば領域展開にさえ対応してくる恐れもありますし、宿儺としてもここで決着をつけないとヤバいのかもしれません。

領域展開で一気に魔虚羅を追い込むような怒涛の攻撃を見せつけて勝利するような展開かなぁと思いますね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ展開考察:虎杖の意識がそろそろ戻る!?

虎杖の肉体の主導権を奪ってから好き放題に暴れまわっている宿儺

なんだかんだ強敵とのバトルを続けていますし、時間としても結構経過しているように思えます。

しかも今回領域展開まで発動している訳で、宿儺としても流石に少しくらいは疲れたりするのではないでしょうか。

 

宿儺の力が弱まれば虎杖の目覚めも近づいてくるのかもしれません。

魔虚羅との戦いが終わった段階や、戦いが終わる直前くらいで突然虎杖にチェンジするなんて事もあるのではないでしょうか。

肉体のダメージ自体は消えているはずですし、虎杖に戻った途端に誰か別な強敵とのバトルになったりするかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ展開考察:真人の行方が気になる!!!

ここまで渋谷での戦いが混沌としてきているというのに、全く姿を現す気配のない真人。

これだけ潜伏していると、何かしら狙いを持って潜伏している可能性が高そうな気がしますね。

 

元々は虎杖を宿儺もろとも殺してしまおうという考えだった真人

そんな真人からすれば、現状宿儺が大暴れしている状況は面白くもなさそうですよね。

なんだかんだ漏瑚もやられている訳ですし、もしかしたら宿儺の事も狙っている可能性さえありそうな気もします。

 

とはいえ一番確実なのは宿儺が虎杖に戻ったタイミングでしょうか。

虎杖が戻った所で登場し、そこで速攻で虎杖を殺しにくるという展開はありそうな気がしますね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話への読者の声

呪術廻戦最新話119話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話119話へ向けての感想や考察を集めました!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦119話ネタバレ確定速報まとめ

呪術廻戦最新話119話ネタバレ

 

最強VS最強の戦いが繰り広げられた今回。

伏黒の切り札で最強の式神とは言われていたものの、実際はどうなのかと思っていたら予想以上に化け物でしたね

 

宿儺でさえも簡単に倒せるような相手ではありませんし、ここまで強いと五条でさえ勝てるかわからない程のレベルに感じてしまいます

反則めいた能力持ちのこの化け物をどうやって宿儺が倒すのか気になりますね!

 

しかし物語の主人公が完全に宿儺のようになっている部分もあります。

そろそろ虎杖の目覚めにも期待したい所ですね

 

次回の『呪術廻戦』第120話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。