呪術廻戦

呪術廻戦122話ネタバレ感想!虎杖と戦う真人は分裂!野薔薇に襲い掛かる!

呪術廻戦122話ネタバレ最新確定!虎杖の黒閃炸裂と宿儺の術式の目覚め!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話122話のネタバレと感想、展開考察です!

 

七海を殺され怒りのままで真人に戦いを挑むものの、人の命を玩びながら戦う真人に苦戦を強いられる虎杖

虎杖の精神を揺さぶる真人に怒りを感じながらも、虎杖は七海の言葉を力に変えて冷静に立ち向かいます

両者が接近する中で心理戦となるも、虎杖は冷静に格闘技の蹴り技を炸裂させ戦いは五分五分のまま第2ラウンドへと移っていくのでした

二人の因縁の戦いの結末とは!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話122話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ化も最新情報が入りましたね!制作がMAPPAとはアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦122話ネタバレ

呪術廻戦最新話122話ネタバレ

 

『呪術廻戦』122話

「渋谷事変㊵」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレ:虎杖の魂を打ち砕くダメ押しのカード

23時19分、渋谷駅道玄坂改札付近で激闘を繰り広げる虎杖と真人

お互いが立体的な駅の中を縦横無尽に駆け抜けながらの戦いとなっていました。

 

その中でも真人の主力となっていたのは改造人間を使っての攻撃

弾丸としての攻撃方法はもちろん、その人間を時間差で変形させて攻撃するなど、その方法は多種多様。

しかし虎杖もそんな複雑な真人の攻撃に冷静に対応すると、巨大化させて攻撃してきた真人の足をキャッチ。

 

それに攻撃を叩き込もうとした虎杖でしたが、真人は自らの肉体を切り離す事でなんとか回避。

その肉体を再び自分に取り込む事で対応しきった真人でしたが、彼としても肉体を変形させての攻撃はリスクが高すぎると感じていました。

失敗すれば真人であってもあっさりとやられる可能性があるだけに、しばらくは改造人間での攻めに専念しようと

 

しかし当然ながら改造人間を中心に戦う事は、真人にとってリスクヘッジが目的だけではありません

真人は素早く虎杖から距離を取り、虎杖もすぐに追いかける事になるも、その方向にいたのはまだ無事だった二人の青年。

学生の虎杖を心配してくれる彼らをよそに、虎杖は真人が彼らの奥にあった階段で上へと向かったのだと判断します。

 

虎杖は彼らに一声かけて真人を追おうとしますが、そこで一人の青年に異変が。

真人は既に一人の青年の肉体の中に入り込んでいて、その中から巨大化させたパンチを虎杖に炸裂させます

そしてその間に当然のようにもう一人の青年の魂の形を作り変えて剣のような武器を作り出す真人

 

罪のない人間を次々と巻き込む真人に激怒してやめるようにと叫ぶ虎杖でしたが、当然ながらそんな言葉は真人には響きません。

真人は虎杖の魂を折る為には、改造人間で攻めた方が効果的だと考えていました。

そしてその上で、自分達はもう一枚ダメ押しのカードを手に入れるのだと。

 

 

どこまでもひたすらに虎杖を怒らせる真人のやり方がエグいです。

本当に一般人を巻き込みまくる上に効果的な使い方をしてきますし、宿儺とはまた違った邪悪な存在だよなぁと感じます。

悪役としては魅力的ですが、読者には嫌われるタイプの悪役だよなぁと思ったり。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレ:分裂したもう一人の真人が出会った相手は!?

時刻は少し遡り、21時30分の事。

虎杖を殺そうと動き出した呪霊達は渋谷駅地下4階の人々を蹂躙していました。

真人が自らの改造人間のストックをゲットし、その他の人間達は陀艮の力で全て飲み込み、地下4階は誰もいないまっさらな状態に。

 

そこで改めて虎杖を殺すゲームを再開させようとした真人。

漏瑚はその考えに反対していましたが、そんな彼をあざ笑うかのように真人は自分の肉体を二つに分けてしまいます

 

二つに分かれた真人は、それぞれが地下と地上で役割分担して行動を開始

追いかけてくる漏瑚を改造人間で壁を作って妨害し、真人に逃げられた漏瑚は真人への怒りを爆発させるのでした。

 

そして時間は進み、23時16分の道玄坂小路。

もう一人の真人は地上で行動を続けていました。

先程の隕石や宿儺の術式の事をペラペラと楽しげに語っていた相手は釘崎野薔薇

 

ツギハギ顔という特徴で、虎杖が戦った呪霊なのだと気づいた釘崎。

顔が知られている事で笑う真人でしたが、釘崎から尻尾巻いて逃げたのだと煽られるとその笑いも引っ込むのでした。

 

 

肉体を作り変えたり巨大化させたりというのは当然のようにやっていた真人でしたが、遂には自分自身を分ける事まで出来るようになってしまっていました。

単純に考えると戦闘力は半分以下にはなっていると思いますが、術式さえ使えれば真人は充分過ぎるくらいに脅威ですからね。

しかし人を煽るのが得意な真人と、口の悪さには定評がある釘崎が遭遇するという流れは驚きでした。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレ:掴んだ呪力の核心と真人の狙い

珍しく自分が煽られる事になり、釘崎の生きの良さにテンションが上がる真人

一方の釘崎もここまでまともな活躍が出来ていなかった事もあり、どうにか真人を祓おうとと考えていました。

 

真人の術式については虎杖から聞いていたのか、その手に触れる事は許されないと知っていた釘崎。

釘を飛ばして攻撃しようとする中で、釘崎が思い出そうとしていたのは黒閃を繰り出した瞬間の事

呪力の核心に迫ったあの一瞬を思い出しながら、釘崎は真人に呪力を込めた釘を飛ばします。

 

しかしその一撃は鋭かったものの、真人には当たりません。

が、その釘の本当の狙いは真人の上にあった看板を落とす事

 

釘崎は落下した看板越しに真人へ蹴りを炸裂させると、そこで打ち込んだ釘に呪力を流します。

得意な術式の一つである「簪」によって真人の頭部からは出血が

真人は釘崎の意外な力に驚きながらも、それでも普通の攻撃は通用しないと笑います

 

そして真人は内心で釘崎が虎杖と親しい存在なのだと確信。

釘崎の死体を晒す事によって、虎杖の魂を折ろうと画策するのでした。

 

 

近接戦闘もかなり強い真人には相性が悪いのかと思われた釘崎。

しかし意外にも先制をとったのは釘崎の方でしたね

自分でも言っていましたが渋谷での戦いでは全く活躍出来ていませんし、釘崎にはなんとか頑張ってもらいたい所です!

 

―――次回123話に続く!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレの感想考察

呪術廻戦122話ネタバレ

 

虎杖VS真人の流れと平行して、もう一人の真人と釘崎の戦いが描かれた今回

真人の狙いが着々と進んでいるようにも思えますが、それを打ち破れるかという所が重要になってきましたね!

 

激戦となっていた虎杖と真人の戦いですが、やはりなんだかんだ真人の方が余裕を持っている状態に見えます。

以前よりも能力の幅が広がっている上、改造人間を使っての戦いは虎杖の精神にもダメージが入りますし、肉体を分けた状態でこれなんだから実際はもっと余裕でしょうからね。

正直虎杖には決め技がありませんし、だんだん追い詰められてしまいそうな気もします。

 

もう一つの戦いとなっていたのが、真人2号と釘崎の戦い。

正直釘崎も無事なのかどうか心配だった事もあり、とりあえず元気そうにしていた事にまずホッとしました

 

しかも煽り力の高い真人を煽りで圧倒する辺り、流石釘崎だよなぁと何故か感心してしちゃいましたね。

虎杖がメンタルを削られている状態で、釘崎のメンタルの強さはやっぱり頼りになりますし、ここは意外にも活躍が期待出来そうです。

既に虎杖も伏黒も色々とヤバい状態になっていますから、ここで釘崎が活躍してくれる流れは嬉しいですしね。

 

しかしながら真人からすれば、今の釘崎は虎杖をぶっ壊す為の丁度よい餌でもあります

最悪の展開も考えられるだけに油断できませんが、釘崎にはなんとか頑張ってもらいたいですね!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレ展開考察

呪術廻戦122話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話122話、そして123話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレ展開考察:必殺の黒閃を当てられるか!?

まさかの躰道の蹴り技を炸裂させた虎杖。

しかし基本的に真人はしぶといタイプですし、虎杖だと黒閃を当てなければ決定打には至らない気がしますよね。

 

意識的に放つのは難しい黒閃ですが、今の虎杖はメンタルがボロボロではあったものの七海の言葉もあって非常に落ち着いてはいます

戦いに集中すれば自然と黒閃を放てる可能性は充分にありそうですね。

 

とはいえ相手は『呪術廻戦』の中で圧倒的に性格が悪い真人です。

心理的な揺さぶりは当然のようにやってくるはずですし、宿儺がやらかした問題を掘り起こされたりしたら虎杖も流石に気持ちが揺らいでしまうのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレ展開考察:宿儺の術式の目覚めの時!?

今の所虎杖にとっての切り札と言えるのは、発動確率が非常に低い黒閃しかありません

使おうとして使えない技というのはちょっと微妙ですし、そろそろ何か新技なんかを習得しても良いでしょう。

 

とはいえ術式を持たない虎杖にとっては、新たな技と言えば虎杖の中の宿儺に頼るしかありません

いずれ虎杖にも宿儺の術式が刻まれていくと言われていましたし、そろそろ虎杖が宿儺の術式を使えるようになってくるのかもしれませんね。

 

とはいえ、虎杖は宿儺のおかげでメンタルが完全にやられている状態。

例え宿儺の術式が使えるようになったとしても、沢山の人を殺した宿儺の術式を使おうとは思えないかもしれません

その辺りで虎杖の葛藤が描かれたりするのではないでしょうか。

 

呪術廻戦122話ネタバレ展開考察:渋谷での戦いの終わりは近い!?

隕石が落ちてきたり、辺り一帯が真っ平らになってしまったりと、本当に地獄のような状態になっている渋谷

敵味方共にほとんど残っていませんし、虎杖と真人の戦いが終われば渋谷事変も終わりを告げる感じになりそうですね。

 

現状では一応、偽夏油と冥冥が戦っているはずですが、ここまで来ると戦いが細かく描かれる可能性はなさそうな気がします。

結果として冥冥が敗北したりという描写はあるでしょうけれど。

 

問題は五条悟を封印した獄門疆が持ち運び出来る状態になったかどうかという所です。

結構時間も経ちましたし、冥冥との戦いを終えた偽夏油に普通に回収される展開もありそうですね。

もしくは呪術師側に増援がやってきて、結局回収できずに戦いを終えるみたいな感じで戦いが終わっていく可能性もあるかもしれません

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話への読者の声

呪術廻戦最新話122話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話122話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

呪術廻戦122話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話122話ネタバレ

 

虎杖と真人の格闘戦がしっかりと描かれた今回。

しばらく術式を使った戦いが続いていただけに、シンプルな格闘戦は久しぶりでしたがやっぱりこれはこれで面白いですよね。

動きがわかりやすいというか、動きの流れが自然だというのが強みだなぁと思ったり。

 

心配していた虎杖のメンタルの部分もなんとか無事でしたね。

七海の言葉が悪い意味での呪いにはならずに、呪術師として戦う強い気持ちに繋がっていたのは胸アツな展開でした

とはいえ真人は強敵ですし、更に精神を抉られるような展開にならないかどうかが心配ですね。

 

次回の『呪術廻戦』第123話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。