呪術廻戦

呪術廻戦123話ネタバレ感想!釘崎の共鳴りで真人を狙い虎杖との間接的共闘!

呪術廻戦123話ネタバレ最新確定!釘崎の共鳴りで虎杖との間接的共闘展開に!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話123話のネタバレと感想、展開考察です!

真人との激闘が続く虎杖でしたが、真人の改造人間を使った攻めに大苦戦

一方で真人は自らの身体を二つに分けていて、もう一人の真人は虎杖の魂をへし折る為のカードを手に入れようとしていました。

そんなもう一人の真人が出会ったのは釘崎で、虎杖と関係の深い彼女を使って魂を折ろうと目論むのでした。

二人の真人との戦いはどうなる!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話123話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ化も最新情報が入りましたね!制作がMAPPAとはアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦123話ネタバレ

呪術廻戦最新話123話ネタバレ

 

『呪術廻戦』123話

「渋谷事変㊶」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレ:釘崎の決意と苦戦する虎杖

真人に遭遇するより少し前、釘崎は新田に止められながらも帳の中へと戻ろうとしていました。

釘崎には家入さんがやってきている事も伏せられていたようで、それはもちろん彼女がいる事によって学生達が無茶をするのを防ぐ為。

 

それだけに新田としては釘崎に無茶はさせられないという思いでしたが、それでも釘崎はとまりませんでした

虎杖や伏黒が命を懸けて戦っている中で、一人だけ逃げるなんて自分には出来ないのだと

 

そして現在、渋谷駅構内で真人と激戦を続けていた虎杖

真人はまだ生き残っていた人間を自らの武器として使う事で、虎杖から優位を取っていました。

 

自分に向けて投げつけられた人間達を心配する虎杖でしたが、それらの人間は既に真人によって改造済み。

彼らは急激に膨らみ始めると、そのまま大量の血を撒き散らして破裂してしまいます

 

それによって完全に目くらましを喰らってしまう虎杖。

そんな彼の背後には自らの手を変形させた真人が迫っていました

 

 

1年の3人の中では一番メンタルが安定している釘崎ですが、流石にこの場面では冷静ではいられない様子でした。

虎杖や伏黒とはなんだかんだ既に絆が生まれていますし、二人の為に危険な戦場へと戻る辺りが釘崎の格好良い所だよなぁと思ったり

一方で虎杖は真人の汚い戦い方に大苦戦中で、能力的な相性は良くても性格的な相性は最悪なんだと思わされました。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレ:やらなきゃならない時がある!!!

虎杖が激闘を続ける中で、もう一人の分身した真人と戦っていた釘崎

真人の術式を聞かされていたからか両手に警戒していたものの、真人はそれを無駄だと感じていました。

何故なら分身体の真人には自分の形は変えられても、改造人間をイジったり他者の魂に干渉するような力はなかったから

 

それなのに勝手に釘崎が警戒してくれている状況で、真人からすればむしろ楽な展開になっていました。

しかも釘崎の攻撃は自分には通用しないだけに、自分の形も変え放題

そこまで接近戦が得意ではない釘崎を相手に、腕を伸ばしたり巨大化させたりと、変形によるパワーで完全に圧倒します

 

釘崎は相打ち気味になんとか僅かに真人に傷をつけるも、真人には普通のダメージは入りません。

それだけにどれだけやっても無駄だと真人は煽ってくるも、釘崎も強く言い返します。

それがわかっていてもやらなければならない事があるのだと

 

そんな釘崎の考えをアホくさいと一蹴する真人でしたが、釘崎は遠距離からの釘での攻撃を囮として建物の上へと駆け上がります。

そしてそこから釘をばら撒くと、真人の足元の釘に対して「簪」を炸裂させる事に

 

その一撃は真人に当たる訳でもなんでもなく、それだけに狙いがよく把握出来ない真人。

しかし釘崎はそのままもう一発「簪」を放つと、最初の一発目で方向を変えていた無数の釘が真人へと向かっていたおかげで、その一撃は完全に真人の足元を捉えるのでした。

 

足元に「簪」による攻撃を受けた事で釘崎に完全にマウントを取られる事になった真人

とはいえ当然ダメージは入らないだけに、釘崎の攻撃がなんであろうと問題ないというスタンス。

しかしそんな真人に対して釘崎は、真人の術式を聞いた時から自分の技であれば効くのではないかと考えていました

 

 

通常攻撃をほとんど無効化出来てしまうというのが反則気味な真人でしたが、分身体は他人の魂をイジる事は出来ないとの事。

それだけに1級レベルの実力があれば分身体の相手は問題なく出来そうな気がしますね。

とはいえもちろんダメージが通らないのは変わりませんし、簡易領域などの攻撃手段はどっちにしても必要になってきますが

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレ:真人にとってのもう一人の天敵!!!

あえて何も策がないかのように振る舞ってチャンスを作り出した釘崎。

マウントを取った状態で真人の脳天に繰り出したのはもう一つの必殺技と言える「共鳴り」

 

その一撃はそのまま虎杖と戦っていた真人本体へとダメージを与え、窮地に陥っていた虎杖を救います

目の前の真人が突如内部からダメージを受けた事で、虎杖も釘崎の力なのだと気づく事に

 

釘崎は当然目の前の相手が分身体だとは思っておらず、単純に「共鳴り」であれば肉体を通して魂を打ち抜けるだろうと考えていました。

しかし結果として「共鳴り」は分身を通して本体の魂を捉え、それによる本体のダメージは再び分身体へと返ってきていたのです。

 

まさかの一撃によって大きなダメージと共に流石に少し動揺する真人。

自分にとっての天敵が虎杖悠仁だけではなかった事に驚かされていました

 

その一方で釘崎も、自らの呪力が離れた所で爆ぜていた事をおかしいと感じていました。

それでいて目の前の真人は呪力の圧も半端で、何よりも触れるチャンスがあっても触れてこなかった

 

そこまで情報を得た釘崎は、目の前の真人が分身か何かで術式を使えないのだと断定します

チャンスと見て強気になる釘崎に対して、真人は脳天に突き刺さった釘を抜きながらも正解だと不敵に笑うのでした

 

 

釘崎にチャンスがあるならやっぱり「共鳴り」だと思っていましたが、予想通りクリティカルヒットしてくれましたね!

虎杖だけでなく釘崎も真人の天敵だったというのが非常に熱いです!!

分身であるという事まで把握しましたし、離れた場所にいながらも虎杖と共に戦っている感じになったのも面白い所です。

 

―――次回124話に続く!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレの感想考察

呪術廻戦123話ネタバレ

 

釘崎の能力が炸裂しまくった今回。

今の釘崎では厳しい相手かと思っていましたが、相性の良さの部分をしっかりと見せつけてくれました

 

虎杖のように近接戦闘が強いという訳ではない釘崎。

中距離で戦うタイプという事もあり、普通に近接戦闘も強い真人とはむしろ相性が悪いと思われていました

しかしその相性の悪さの部分を把握した上で、自分に有利な状況を作っていく辺りは戦い慣れしているという感じでしたね。

 

釘に呪力を流し込む「簪」の新たな使い方も見せてくれましたし、何気に色んな応用が効くように感じました。

虎杖や伏黒なんかとはまた違ったタイプの戦い方で、これはこれでやっぱり面白いです。

 

しかしなんと言っても今回は釘崎の「共鳴り」でしたね!

真人が分身した事で、これは「共鳴り」が有効なんじゃと思っていましたが、思っていた以上にクリティカルヒットしてくれました。

「共鳴り」によるダメージの入り方は欠損部位の希少価値によって変化するはずで、分身に叩き込めばその効果は絶大なのでしょう

 

真人の分身体が術式を使えない事も把握出来ましたし、これによって一気に釘崎はもちろん虎杖も有利になった感じですよね。

離れているのに戦っている相手は同じであり、間接的に共闘出来ているというのが非常に熱い展開だと言えるでしょう。

とはいえ相手は真人ですので、あまり油断は出来ない訳なんですけどね・・。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話123話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話123話、そして124話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレ展開考察:釘崎の能力は真人と相性が良い!?

厄介な能力はもちろん、近接戦闘も相当強い真人。

肉体を半分に分けているとはいえ、あまり接近戦向けの能力ではない釘崎には厳しい相手だと思います。

真人には通常の攻撃ではほとんどダメージを与える事さえ出来ませんし、釘先には火力の高い技もありません。

 

ここまで考えただけでもかなり厳しいと思ってしまいますが、特定の条件を作れれば釘崎にもチャンスがない訳ではないとも思います。

釘崎が使う術式の一つである「共鳴り」は対象の一部をゲットする必要はあるものの、対象の内部にダメージを与える技。

この技であればもしかすれば真人の魂にまでダメージを響かせる事が出来るかもしれませんし、真人としても食らった事のないダメージなのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレ展開考察:釘崎の力で虎杖にもチャンスが!?

奇しくも虎杖と釘崎の二人は同じ真人と戦っている状況。

真人が二人いると考えると正直気が滅入りそうな所ですが、半分の強さの真人を倒すチャンスだと考える事も出来るでしょう。

何よりせっかく二人が同じ真人と戦う事になった以上、それには何かしらの意味があるはず。

 

そこで注目したいのはやはり釘崎の術式の一つである「共鳴り」

対象との繋がりを辿り対象本体にダメージを与えるという技ですが、この技であれば釘崎が戦う真人への攻撃がそのまま虎杖が戦う真人へと届く可能性があるのではないでしょうか。

だとすれば丁度よいタイミングで釘崎が攻撃した事によって、自然と釘崎が虎杖を間接的にフォローするという展開になるかもしれませんね。

 

呪術廻戦123話ネタバレ展開考察:偽夏油と冥冥の戦いの結末は!?

渋谷での戦いも佳境を迎えていますが、相変わらず全く描かれないのが偽夏油と冥冥の戦い

当然ながら冥冥が勝てるはずもない相手なのですが、これだけ描かれないと何かしら予想外の展開になっているという可能性もありそうです。

 

偽夏油は今回の渋谷事変を引き起こした黒幕とも言える存在。

夏油の肉体を扱っているのが誰なのかという謎もそのままですし、当然こんな所でやられるはずもありません。

 

問題は勝てるはずもない冥冥が普通に殺されてしまったのか、それともそれ以外の展開になったのかという部分でしょう。

冥冥も中々魅力的なキャラクターですし、今後は更に1級術士が必要になってくるはずであり、どうにか生き残ってもらいたい所ですね!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話への読者の声

呪術廻戦最新話123話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話123話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

呪術廻戦123話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話123話ネタバレ

 

虎杖と真人の戦いに加えて、釘崎と真人の戦いも始まった今回。

どちらも真人が相手というまさかの展開には驚かされましたね。

 

渋谷での戦いでは全く見せ場がなかった釘崎ですが、まだ見せ場が残されていたのは嬉しい所。

しかし相手が相手なだけに、なんだかんだヤバい展開になってきそうで怖くもあるんですよね・・。

 

とはいえこの戦いを凌げば辛かった渋谷での戦いもそろそろ終わりが近いはず

渋谷事変がどういう結末を迎えていくのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第124話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。