呪術廻戦

呪術廻戦130話ネタバレ感想!東堂やられる!真人が変形し虎杖との1対1に!?

呪術廻戦130話ネタバレ最新確定!東堂離脱で最後は虎杖と真人の1対1に!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話130話のネタバレと感想、展開考察です!

真人との激闘を続けていた虎杖と東堂。

強力な改造人間を作り出した真人は東堂を分断して虎杖に猛攻を仕掛けるも、東堂は即座に改造人間を処理して虎杖に合流します。

東堂の術式が厄介だと考えた真人は、五条悟がやったのと同じように0.2秒の領域展開を発動する事で勝負に出るのでした。

因縁の戦いの結末とは!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話130話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦130話ネタバレ

呪術廻戦最新話130話ネタバレ

 

『呪術廻戦』130話

「渋谷事変㊼」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ:覚醒した真人の0.2秒の領域展開!!!

五条悟に食らった0.2秒の領域展開を模倣して使う事になった真人。

東堂にとって真人の領域展開はまともに食らったら即死という危険過ぎるもの。

それだけに東堂は領域から身を守るべく、九十九由基直伝の簡易領域を展開しようとします。

 

そんな東堂よりも速く無為転変の解放前に真人を祓おうと駆け出していた虎杖。

しかしそんな虎杖よりも更に速く真人は術式を発動してしまっていました

生得領域の具現化と術式の発動という二つの工程を一つにまとめる強引なやり方は、黒閃を経て覚醒状態となったからこそ出来る早業

 

そして発動の刹那、真人が向かい合っていたのは虎杖の中にいた宿儺でした。

宿儺の魂に一瞬触れたものの、何も言ってこない事でセーフだと判断する真人。

 

宿儺としても虎杖との間に何らかの保険を作っているのだろうと真人は考えていました。

しかしそんな事はさせず、宿儺に代わる事などさせずに虎杖を殺すと宣言するのでした。

 

そして一瞬の宿儺との邂逅を終えて、それと同時に晴れていく真人の領域展開。

しかし次の瞬間東堂の左手には無為転変による肉体の変化が起きようとしていました

 

 

真人の領域展開に対して東堂がどう対応するのかと思っていましたが、どうやら師匠ポジの特級術士である九十九から簡易領域を学んでいた様子

使われる事はありませんでしたが、領域対策をしていたというのは良かったですね。

その一方で真人に触れられたのをスルーしたのか、それとも反撃する時間がなかったのか、宿儺がどういう状態だったのかも気になる所です。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ:窮地の東堂を救ったペンダントの中身とは!?

一瞬の領域展開によって東堂が真人に触れられてしまった事に動揺する虎杖。

真人はそんな虎杖をなぎ倒して東堂へと接近していきます

 

対する東堂は躊躇せずに変化が始まった左手を自ら切り落とし、それと同時に切り離された左手は破裂してしまう事に。

そんな左手を犠牲に無為転変の被害は抑えられたものの、完全に真人に接近されてしまった東堂。

領域展開直後には術式が使えないという事で、真人は東堂に呪力を込めた一撃を叩き込むも、その拳は再びの黒閃!

 

最高の一撃がクリーンヒットしてしまい万事休すかと思われた東堂。

しかし東堂は山勘で真人の攻撃が腹に来るだろうと予測し、全呪力を集中させる事でダメージを最小限に抑えていました。

 

とはいえそのダメージは凄まじいものであり、東堂としても立っているのが精一杯な状態

対する真人は術式も使える状態に回復していて、片手を失った東堂には位置替えの術式も使えないだろうと、無為転変で勝負を決めにきます。

 

しかしその瞬間東堂のつけていたペンダントが落下してしまいます。

そのペンダントの中には2枚の写真が収められていて、1枚は東堂が愛する高田ちゃんの写真だったものの、もう1枚はまさかの笑顔の虎杖のもの

そんな写真により、ほんの僅か真人の意識はそちらへ向かい、東堂はその隙を見逃しませんでした。

 

あえて自分から真人の掌に自分の右手を合わせた東堂

その瞬間真人の目の前にいた東堂の姿は、拳を振り抜こうとしていた虎杖と入れ替わってしまっていました。

まさかの形で位置替えの術式を使ってきた事に動揺する真人に対して、虎杖は渾身の黒閃を叩き込み返すのでした

 

 

無為転変を食らった左手を躊躇せずに切り落としたり、山勘で真人の攻撃を読み切っていたりととにかく格好良すぎるくらいの東堂

しかしペンダントの中に高田ちゃんだけではなく虎杖を入れていた事が最高に気持ち悪いですよね(笑)

絶体絶命の状態だというのに笑ってしまいましたし、真人の手と自分の手によって位置替えを成立させるというのも流石すぎました!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ:遂に掴んだ魂の本質で真人も真の姿へ!!!

自ら真人に触れたものの東堂の右手は何とか無事。

そんな状況を見届けた虎杖は、改めて東堂に感謝しながらも真人に立ち向かっていきます

 

一方で虎杖渾身の黒閃を食らった真人は、再度攻撃的な改造人間である「幾魂異性体」を生み出して虎杖の相手をさせる事に。

流石にこのタイミングで黒閃を食らうとは思っていなかっただけに、東堂に対して怒りを見せていた真人

しかしその中で真人は、遂に自らの魂の本質、魂の本当の形を掴んでいました

 

「幾魂異性体」の相手をしていた虎杖でしたが、その背後には強力なプレッシャーが生まれていきます。

自らに無為転変をかけて「遍殺即霊体」という真の姿へと変身した真人

新たな存在として再誕した真人に対して虎杖も立ち向かっていくのでした。

 

 

東堂の活躍によって何とか真人をここまで追い込む事が出来ました。

しかし追い込んだ事もあって遂に本当の形を見つけてしまった真人

人間の呪霊であった真人が化け物めいた姿になるというのは皮肉な感じがして面白いですね。

 

―――次回131話に続く!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレの感想考察

呪術廻戦130話ネタバレ

 

真人との戦いが本当に最終局面を迎えた感があった今回。

色々とショッキングなイベントもありながらも、それでも笑えてしまうのが東堂というキャラクターの凄い所なんだろうなぁと思ったり。

 

スポンサードリンク

東堂の領域対策と意味深な宿儺

真人が0.2秒の領域展開を発動したという事で、無為転変されてしまうのではないかと非常に心配だった東堂。

しかしどうやら九十九由基直伝の簡易領域をマスターしていたようで、ちゃんと領域展開への対策は準備出来ていたんですね。

 

やはり特級と戦うレベルともなれば領域展開を使えないとしても、対策はしっかり持っている必要がありそうです。

しかし九十九由基という過去の姿しか描かれていないキャラクターを師匠に持つ東堂も謎が多いよなぁとも思ったり。

 

一方で超速で領域展開を発動したせいもあったのか、宿儺からのお咎めが一切なかった真人

しかし0.2秒とはいえ宿儺が反応出来なかったとは思いづらい所で、何かしら宿儺も狙いがあって静観している可能性が高い気がしますよね。

宿儺としても指15本も取り込んだ虎杖を死なす訳にはいかないはずですが、最悪死なせてしまっても復活させる事も出来そうなだけに、何を狙っているのかは難しい所ですね。

 

スポンサードリンク

東堂が最高にキモカッコ良すぎる!!!

今回真人の領域展開によって大ピンチに陥る事になってしまった東堂。

変化してしまった左手を即座に切り落としたり、黒閃に対して山勘で腹部に呪力を集中させて守ったりと、戦い慣れしすぎている感じがめちゃめちゃ格好良かったですよね!

 

しかしそんな東堂であっても完全に追い込まれてしまい、そこで東堂を救ったのが彼がつけていたペンダント。

間違いなく高田ちゃんの写真が入っているだろうなぁとは思っていましたが、まさか虎杖の写真まで入れていた事には驚かされました

ってか真人もそれで驚いたんじゃないだろうか??

 

よくよく振り返ってみれば、東堂はペンダントにキスしてましたからね

そう考えるとめちゃめちゃ気持ち悪いキャラな訳ですが、悔しい事にそれを帳消しにするくらい格好良かったんですよね。

片手を失った状態で真人とタッチする事で位置替えを成立させるなど、とにかく東堂の魅力が全面に出まくっていた気がします

 

虎杖と真人の戦いが最終局面へ

東堂の位置替えによってようやく真人を追い詰めつつあった今回。

しかし追い込まれた事や、二度目の黒閃を炸裂させた事で、真人は遂に自分の本当の形を見つけてしまう事に

 

呪霊の中では一番人間らしい姿だった真人ですが、完全に呪霊そのものという姿になってしまいました。

なんとなくですが伏黒が呼び出した魔虚羅にも似ている感じで、こういう見た目こそが呪霊の基本スタイルなのかなぁとも思ったり。

いずれにしてもこれが真人の最終形態とも言えるはずで、そろそろ決着が近いのだと思わせてくれましたね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話130話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話130話、そして131話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ展開考察:東堂に無為転変が炸裂してしまう!?

五条が使ったのと同じように瞬間的に領域展開を発動させた真人。

これによって宿儺との接触時間を少なくした事でリスクを減らし、それでいて東堂を仕留められるチャンスを作れるという感じなのでしょう。

真人としてもリスクはあるわけですが、十分に勝機はあるのだと感じていたのだと思われます。

 

現在はなんだかんだ虎杖と東堂の相性が良く、真人が不利の状況とも言えます。

それだけに真人の作戦が成功してしまうという可能性は高い気がしますよね。

そしてそうなった場合、東堂に無為転変が炸裂してしまうという最悪のパターンもあり得てしまいます

 

しかし釘崎が無為転変を食らった事で虎杖には十分すぎるくらいの精神的ダメージが入っていましたし、これ以上最悪の展開はお腹いっぱいという気もしてしまいます

それだけに肉体は変化しないまでも、東堂が一時離脱せざるを得ないくらいのダメージを負う展開はあるのかもしれません。

最後はなんだかんだ虎杖と真人の1対1の方が面白そうですからね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ展開考察:宿儺は領域展開にどう反応する!?

0.2秒の領域展開という事で、やはり気になるのはこれに対する宿儺の反応でしょうか。

普通に考えると、一瞬だとしても宿儺が許してくれるとは思えません

防衛本能として攻撃してしまう可能性も高い気がします。

 

宿儺としても今の虎杖は指を15本くらい取り込んだ状態なので、そんなにぞんざいに扱う訳にもいかないはず。

どういう流れだとしても結果的に虎杖が殺されてしまえば大部分の指を失ってしまう訳ですし

 

なので0.2秒の間に真人に攻撃をする可能性も普通にあるのかもしれませんが、そこで二人の間で色々とやり取りがあるのかもしれません。

宿儺は真人とも虎杖を笑った仲ですし、ここで何らかの会話をしたりという展開はあるような気がしますね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレ展開考察:長い真人との戦いに決着が!?

虎杖と最後の呪い合いをすると宣言している真人。

それだけにどちらかがこの戦いで死ぬ事になるのは間違いないはずで、物語的な事を考えればやはりどういう形であれ真人がこの戦いで離脱する事にはなると思われます。

 

一番理想的なのはやはり虎杖が渾身の一撃で祓うという流れでしょう。

しかし真人は人間の呪いであり、これまでの事も考えればそんなに気持ちよく消えてくれるとも思えません。

最後まで虎杖の心にダメージを与えていきながら消えていくような可能性は高そうですね。

 

とはいえその一方で、呪霊達から想いを託された形の真人がここで終了というのも少し気になる所。

なのでここでは大人しく消えていき、いずれ違う形で復活したりするという可能性も残っている気がします

 

その一方で偽夏油は真人の魂の形を変える力には興味を持っていたはず。

それだけに真人の事も自らの持ち駒として加えたいと思っている可能性もある気がしますね。

祓われそうになったその瞬間に、今回の渋谷事変の大ボスとも言える偽夏油が登場し、真人を自らの呪霊コレクションに加える形で戦いに幕を下ろすという展開もありそうな気がします。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話への読者の声

呪術廻戦最新話130話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話130話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレの前に番外編が掲載

今回は本編がお休みとなりその代わりにスペシャル番外編。

登場するのは虎杖、伏黒、釘崎、五条の4人

 

アニメ放送を記念した番外編とは言いながらも、特にやる事は決まっていないようで、釘崎は普段は見られない私服を公開!

更には普段は絶対に出来ない変なコマ割りをしたり、普段は使わないトーンを使ったり。

挙句の果てには全く意味のないただ単に贅沢なだけのページの使い方で原稿料という概念をぶち壊したり

 

あまりに内輪ネタが続く事で伏黒がツッコむものの、作者曰くメタなネタは何も考えずに自虐かまして自分を切り売りしてればいいんだというスタンスなのだそう。

一方で虎杖は、番外編なんだから単行本に入れなければよいというスタンス

 

番外編に対して改めて気合いを入れ直した一行は、ダーツで今回の舞台を決める事に

そして当たったのは描くのが楽そうな海。

海の家だとかビーチパラソルだとか、面倒そうなものは一切なさそうなプライベートビーチが良いだろうと考える五条。

 

しかしそんな状況で遂に本編では描かれそうにない水着回をやるのだと五条が宣言すると、遂にこの時が来たのだとそれに応じる釘崎。

が、実際に描かれたのは見開きでの東堂の水着姿

完全な期待はずれな事をやってる間に、あっさりネタ切れとなってしまいます。

 

仕方なく歌でも歌って間を繋ごうとする一行は、ジャスラックに怒られない程度のインストゥルメンタルな感じで歌を歌う事に

五条がそこで大人しくなり、どうやらアニメが始まった事もあり、声まわりの設定を心配したとの事

とはいえ結局最後は伏黒を除いた3人でインストゥルメンタルな感じで歌うのでした。

 

更に続いて描かれたのは、虎杖の中で普段暇をしている宿儺の様子。

普段は本当に暇をしていたものの、伏黒が活躍する場面が近づくとテンションがあがり、虎杖の活躍の場面になると再び暇モードに戻るのでした。

そして最後は虎杖、伏黒、釘崎の3人が揃ってアニメのエンディングの決めポーズを決めるのでした。

 

呪術廻戦130話前の番外編の感想

本編が最高に気になる状態での番外編という事でしたが、想像以上に無茶苦茶やってくれていましたね

恐ろしい程中身のない内容でしたが、それでもメインの4人が揃って楽しそうにしているのは嬉しく思えてしまいました

 

全く意味のない会話で見開きページを使ったり、誰一人として望んでいない東堂のサービスショットを見せられたり、思い切りメタなネタを聞かされたり。

しかしこういうゆるいギャグな感じも芥見先生の得意分野という感じではあるんですよね。

なのでむしろたまにはこういうゆるいギャグ回があっても良いのかもと思えてしまいました。

 

今のジャンプは基本的には話の密度が濃い作品が多いですし、普段の連載では絶対こんな内容の回は描けないでしょうからね。

今後の本編では中々ないであろう主要メンバー4人が見れた事や、アニメでも実現していない1年3人でのアニメ決めポーズが見れたりと、正直それだけでも十分だったかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦130話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話130話ネタバレ

 

真人との激闘が続いていた今回。

相変わらず真人の嫌な奴っぷりが発揮されていた気がしますね。

 

新たな改造人間なども登場してきて真人の強さや厄介さもしっかりと描かれていました。

その一方で戦いの状況を解説しながら、改造人間達を瞬殺していた東堂も流石でした。

虎杖の心境がほとんど描かれていなかっただけに、余計に東堂の存在がありがたかったですね。

 

真人が遂に禁断の領域展開を発動した事で、戦いも本当に最終局面を迎えたのだと思われます。

どういう形で因縁の戦いに決着がつくのか期待したいですね!

 

次回の『呪術廻戦』第131話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。