呪術廻戦

呪術廻戦134話ネタバレ感想!新たな世界の始まりで虎杖逃亡編開始!?

呪術廻戦134話ネタバレ最新確定!新たな世界の始まりで虎杖逃亡編開始!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話134話のネタバレと感想、展開考察です!

 

封印された五条悟も回収されてしまい、隕石から生き残った日下部は宿儺の脅威を受けパンダに対して自分は虎杖の死刑に賛成だと告げる事に

一方で生き残った冥冥は日本から逃れ、存在しない記憶に苦しむ脹相は虎杖が何者で自分が何者なのかを確かめようとしていました。

虎杖は五条を取り戻すべく偽夏油に挑むも呪霊操術の前に太刀打ちできず、真人を呪霊として取り込んだ偽夏油は虎杖に対してこれからの世界の話を始めるのでした。

黒幕が語る世界の話とは!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話134話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦134話ネタバレ

呪術廻戦最新話134話ネタバレ

 

『呪術廻戦』134話

「渋谷事変51」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦134話ネタバレ:術式の奥義「極ノ番」と呪霊操術の真価

真人を自らの呪霊として手中に収めた偽夏油。

そんな偽夏油は虎杖に対して「極ノ番」を知っているかと語りかけます。

 

「極ノ番」とは「領域」を除いたそれぞれの術式にとっての奥義のような存在。

そして自らが持つ術式である呪霊操術の極ノ番が「うずまき」

それは取り込んだ呪霊を一つにまとめ、高密度になった呪力を相手にぶつけるという技。

 

そんな話を笑いながら続ける偽夏油に対して、ボロボロになった虎杖は何かの気配を感じて動かずにそれを待つことに

偽夏油はそれを感じながらも話を続けます。

 

「うずまき」は強力ではあるものの、呪霊操術の強みである手数の多さを捨てる事にもなるというデメリットも。

所詮はただの低級呪霊の再利用でしかないと考え、始めはあまり唆られなかったのだと語る偽夏油。

しかしその真価に気付いた事でそれが間違っていたのだと考えを改めます

 

この力の真価とは准1級以上の呪霊を「うずまき」に使用した時に起こる術式の抽出なのだと。

そう語ると、黒い塊に変化させた真人を一気に飲み込んでしまうのでした。

 

 

今後の未来の事を語ってくれるのかと思っていた偽夏油でしたが、いきなり極ノ番について説明をしてくれました。

やっぱり術式の奥義的な立ち位置の技のようで、領域展開よりも使いやすい大技という感じでしたね。

しかし術式の抽出というワードが出てきましたし、いかにも復活しそうな真人ですがそう簡単には復活出来なさそうですよね。

 

呪術廻戦134話ネタバレ:京都校メンバーの猛攻と全てを込めた三輪の一撃

真人を飲み込むと、改めて虎杖に対して馬鹿だとつぶやく偽夏油。

虎杖が感じた気配に自分が気づかないはずがないのだと空を見上げると、そこにはほうきに乗って空を飛ぶ京都校の西宮の姿が

 

偽夏油を発見して合図を出した西宮によって、ターゲットの位置を把握して動き出した加茂。

遠くから矢を撃って攻撃するも、偽夏油はそれを難なく回避

しかしそんな偽夏油に今度は狙撃銃による実弾が飛んできます

 

真依が撃った狙撃銃による弾丸は自らの呪霊でガードさせて防ぎ切る偽夏油。

相手が術師であるのならば通常兵器も積極的に取り入れるべきだと余裕を持って語ります。

しかしその隙をついて偽夏油の背後に回り込んでいたのは三輪でした。

 

ミニバスでキャプテンをやっていた頃の母との思い出や、中学で師範と出会い呪術師になる事を選んだ事

その上で母の負担になりたくなかったからと、ひたすら刀を振り続けたこれまで。

それらの想いを全て三輪は自らの術式であるシン・陰流に乗せていました

 

今までの全てとこれからの未来。

もう二度と刀を振るえなくなっても構わないという強い覚悟で抜刀を繰り出す三輪。

しかしそんな決意の一撃でさえも偽夏油は片手で受け止めると、その刀を折った上で真人の力を込めた「うずまき」を発動させるのでした。

 

 

京都校のメンバーがこの戦いに参戦出来たのは素直に嬉しいのですが、それだけ死の危険性があるというのが怖い所

相手が呪霊でなければ通常兵器も有効だというのは面白い所で、しっかりと準備さえ出来れば倒しようはありそうなんですよね。

メカ丸を失って全てを懸けて戦う三輪の姿にはグッと来てしまいましたが、それでもまるで通用しない残酷さこそが『呪術廻戦』って感じでした

 

呪術廻戦134話ネタバレ:偽夏油の正体は脹相の憎むべき存在の加茂憲倫!?

強大な呪力が込められた「うずまき」によって地面には大きな穴が。

しかしそんな凶悪な攻撃から三輪を守ったのは同じシン・陰流の使い手である日下部でした。

 

一方でボロボロの虎杖の元にはパンダと加茂も合流。

五条悟を獄門疆で封印した偽夏油の中身が何者なのかと気にする二人。

 

そんな中で自らの中に生まれた存在しない記憶に苦しんでいた脹相もこの場にやって来ます。

何事もないかのように脹相にやぁと声をかける偽夏油によって、脹相の鼓動は自然と高まっていくことに。

 

自分には3人の親がいるという脹相。

母と母を孕ませた呪霊

そしてその間に血を混ぜ、母を弄んだ憎むべき存在こそが加茂憲倫

 

記憶の中にあったその男の頭部には目の前の偽夏油と同じように縫合の痕が

脹相が気付いたのだと理解した偽夏油に対して、脹相は怒りの表情を浮かべながら加茂憲倫の名を叫ぶのでした。

 

 

遂に偽夏油の中の黒幕が誰なのかという事が判明となりましたね!

最悪の術師と呼ばれる加茂憲倫だというのは予想の中の一つでしたし、脹相との関わりを考えると納得な感じでもありました。

戦力も集結していて、虎杖の死刑に賛成派の日下部が助けに来てくれたのはちょっと嬉しい所ですね。

 

呪術廻戦134話ネタバレ:お兄ちゃんの怒りと深まる謎

脹相の口から出た名前に驚く一行。

特に同じ名前である京都校の加茂の驚きは相当なもの

 

状況がよく分からないながらも、加茂家の汚点であり史上最悪の術師なのだと説明する歌姫。

本当なら偽夏油の中身は150歳を超えていることになるということに驚きます。

その一方でレベルの違う結界術や呪具の所持、肉体を乗り換える術式を持っているという事で黒幕としては妥当だと納得する日下部

 

しかし正体が明らかにされた当の偽夏油は全く動揺さえしません。

加茂憲倫も数ある名前の一つに過ぎないから好きに呼べと余裕を見せます。

 

そんな偽夏油に対して怒りが爆発していたのが脹相。

よくも自分に弟である虎杖を殺させようとしたなと偽夏油へと向かっていきます。

 

しかしそこで偽夏油の傍らに現れたのは裏梅。

これ以上自分を待たせるなと構えるも、脹相は混乱しながらも自分がお兄ちゃんなのだと叫びながら裏梅と向かい合うのでした

 

 

物凄くシリアスな場面なのに、京都校の加茂憲紀が自分の名前を呼ばれた事で驚いたりとちょっと笑ってしまいました

しかも脹相は完全に虎杖を弟だと認めていたりと、実際には何が真実なのかもよくわからなくなってきましたね。

裏梅が何を狙っているのかもわかりませんし、謎が判明しつつもより深まっている感じでした。

 

―――次回135話に続く!

 

呪術廻戦134話ネタバレの感想考察

呪術廻戦134話ネタバレ

 

遂に偽夏油の中身の真実が明らかになった今回。

とはいえそれさえも真実とは言えなさそうですし、脹相の存在しない記憶もあってまだまだ謎が深まるばかりだったと言えそうです。

 

極ノ番の立ち位置と真人の今後

今回は何故か偽夏油による極ノ番の解説からスタートとなりました。

わかりやすく言えばそれぞれの術式の奥義のようなもの・・・との事で、バトル漫画っぽい要素ですよね。

なんだかよくわからないまま0巻では本物の夏油が必殺技っぽく使っていたり、漏瑚が超必殺技のように使っていたりしてたので、ここで語られたのは良かったですね。

 

しかし呪霊操縦術の場合は、ただの攻撃技ではなく術式の抽出というメリットこそが真価との事。

つまりうずまきを使用した呪霊の術式をゲット出来てしまう・・・って事なのでしょうか

ストックは減るものの、自分が強くなれるというシステムなのであれば、やっぱりそれは反則レベルとしか言えませんし、流石に特級術師の術式だよなぁとも思えますね。

 

これにより真人が簡単に復活するというのはなさそうになりました。

なんだかんだ後々で真人は復活して偽夏油に一矢報いる感じかとも思っていましたが、流石にそう簡単ではないでしょう。

呪霊サイドがちゃんと描かれていただけにこれで終わりとは思えませんが、この先どうなっていくのか気になりますね。

 

京都校の合流と三輪の一撃

この戦いに間に合わないのかなぁと思っていた京都校のメンバー達。

しかしギリギリかつ一番良い所での到着となりました

 

空を飛べる西宮の術式は便利ですし、どの距離でも戦える加茂もまあまあ有能。

術式的にはちょっと厳しい真依でしたが、狙撃銃という通常兵器での攻撃を仕掛けてくれました

呪霊には通用しないとはいえ、術師を相手にするのならば効果的というのが面白い所ですよね。

 

そんな感じでそれぞれが多少なりとも活躍していた中での三輪の登場。

呪術師の家系でもないのに呪術師の世界に飛び込んだという三輪のバックボーンが少しだけ語られていて、その上でメカ丸を殺された怒りを全て一撃に乗せてくれていました。

この演出はやっぱりグッと来てしまうのですが、悲しいかなそんなに甘くないのが本作なんですよね

 

相変わらずなまくらな刀のせいか、全てを込めたというのにまるでダメージを与える事さえ出来ませんでした。

こういう弱いやつに容赦ない所が『呪術廻戦』らしい所で、何とか今後は成長して欲しいなぁと思ってしまいました。

 

黒幕判明と更なる謎

ここへ来てまさかのキーパーソンとなったのが九相図兄弟の長男である脹相

彼の口から偽夏油の中身が加茂憲倫である事が明らかにされました。

偽夏油の中身としては納得の展開でしたが、本人の台詞や加茂憲倫のビジュアルからしても、それ以前から生きているのも間違いないのでしょうね。

 

加茂憲倫自体にも縫合の痕が残されていて、そうするともしかすると宿儺の時代から生きている可能性すらあるでしょう。

宿儺と関係がある裏梅との関係も謎ですし、ますます謎が深まってきました。

 

そもそも虎杖の持つ存在しない記憶が何なのかもわかっていませんし、追い打ちをかけるかのように脹相が暴走しているのも混乱させてきます

東堂というイレギュラーな存在がいるせいもありますが、虎杖と脹相の関係は果たしてどういうものなのか?

そろそろ虎杖自身の出生の部分についても語られたりするのかもしれませんね

 

呪術廻戦134話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話134話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話134話、そして135話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

呪術廻戦134話ネタバレ展開考察:偽夏油が語るこれからの世界とは!?

今回の渋谷事変の黒幕として暗躍しまくっていた偽夏油。

今回遂に真人の事も取り込む事になりましたし、彼にとっては狙い通りの展開になったと言えるでしょう

 

そんな偽夏油が語ろうとしていたこれからの世界の話が非常に気になりますよね。

語る以上はその世界を自分が実現出来るのだと考えている可能性も高そうですし。

 

そもそも未だに夏油の肉体を奪った中身が誰なのかという点についてはまだ判明していません。

なんだかんだきっとこれまでに名前が登場しているキャラクターだと考えられそうですが、そうなるとやはり特級術師の九十九や過去に存在した最悪の術師である加茂憲倫なんかが考えられそうです。

 

もしも九十九なのだとすれば、全人類が術師にするかもしくは非術師を皆殺しにするというどちらかを選択しそうです。

真人の力を使えるのであれば人類を術師に変えていく事も可能でしょうし。

 

その一方でもしも加茂憲倫なのだとすれば、もっとシンプルにめちゃくちゃな世界にしてしまう可能性もあります

五条悟という唯一の敵さえいなくなれば好き放題出来そうでもありますし。

いずれにしてもここで偽夏油が語る内容はとんでもない事になっていそうですね。

 

呪術廻戦134話ネタバレ展開考察:虎杖の逃亡編がスタート!?

今回日下部の部分で語られていましたが、この戦いをなんとか無事に終えたとしても虎杖に平穏な時間は戻って来ないでしょう。

五条悟が封印されてしまっただけでもヤバいというのに、虎杖自身が宿儺に自由を許してしまい大きすぎる被害を生み出してしまったのはヤバすぎますからね。

 

元々何もしてない段階でさえ死刑だとされていた虎杖。

肉体の主導権を握れるという保証すら全くなくなった訳ですし、このまま高専に戻る事になったりすれば確実に死刑が待っていそうですよね。

 

それだけにこの戦いが終わり次第、虎杖の逃亡編なんかが始まっていく可能性もありそうです。

今回の描写からすると、意外にも脹相が虎杖を助けてくれるような展開も考えられそうです。

 

呪術廻戦134話ネタバレ展開考察:生死不明のキャラクターのその後は!?

今回とりあえずパンダや日下部、冥冥や憂憂なんかの生存が確認されました。

しかしめちゃめちゃ気になっている釘崎のその後や、漏瑚に焼かれた真希や直毘人がどうなったのかはまだ描かれていませんでした。

そろそろ戦いも終わるでしょうし、彼らがどうなったのかについても描かれてくれるでしょう。

 

釘崎に関してはほぼ死亡状態ではあったものの、新田がなんとかしてくれたはずなのでとりあえずは生き残ってくれるはず

その一方でどちらとも言えそうなのが真希と直毘人なんですよね。

 

既に死んでしまった七海と同じ漏瑚の炎を浴びているはずの二人。

それだけに生きている可能性は結構低いようにも思えてしまいます。

強いて言えば真希には天与呪縛で与えられた肉体の強さがあるので、そこに賭けたい所でしょうか。

 

直毘人にとって真希は娘な訳ですし、なんだかんだ最後の力で娘を助けようとしていた・・・みたいな可能性も少しはあるかもしれません。

まあそういう甘い展開を『呪術廻戦』という厳しい物語が描くとは思いづらい気もしますが

いずれにしても彼らの生死の部分が明らかになる展開を期待したいですね!

 

呪術廻戦134話への読者の声

呪術廻戦最新話134話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話134話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦134話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話134話ネタバレ

 

遂に本格的に偽夏油が動き始めた今回。

虎杖と真人の戦いに決着がついてからの登場という事もあり、本当の黒幕が動き出した感が半端じゃなかったですね!

 

偽夏油の呪霊として取り込まれてしまった真人ですが、最期まであがいたりと真人らしかったと言えるでしょう

しかしそれだけになんだか少し複雑な気分になってしまうのも作者の狙い通りな気がしますね。

 

果たして偽夏油が語るこれからの世界とはどういうものなのか?

本作にとって核心に迫る部分になると思いますし、ここからの展開に期待しかありませんね!

 

次回の『呪術廻戦』第135話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。