呪術廻戦

呪術廻戦135話ネタバレ感想!虎杖と脹相の関係発覚で出生の秘密が明らかに!?

呪術廻戦135話ネタバレ最新確定!虎杖と脹相の関係発覚で出生の秘密が明らかに!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話135話のネタバレと感想、展開考察です!

 

真人を自らの呪霊として取り込んだ偽夏油の前に駆けつけたのは京都校の呪術師達

皆の力で猛攻を仕掛けるも偽夏油には通じず、逆に術式の奥義とも言える極ノ番によって窮地に追い込まれてしまうことに

そんな場面にやってきた脹相は偽夏油の正体が自らを生み出した加茂憲倫だと気付き、現れた裏梅に対して怒りのまま自分は虎杖のお兄ちゃんだと叫ぶのでした。

脹相と虎杖の関係とは!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話135話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦135話ネタバレ

呪術廻戦最新話135話ネタバレ

 

『呪術廻戦』135話

「渋谷事変52」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦135話ネタバレ:虎杖悠仁のお兄ちゃんを遂行する!!!

虎杖の事を何故か自らの弟だと呼んだ脹相。

彼は自らの術式の影響によって虎杖の事を弟だと認識していました。

 

血を操る術式の影響により、血の繋がった弟達の異変はどんなに遠くにいても感じ取れるという脹相。

そして異変の最たるものと言えるのが死であり、脹相は虎杖にトドメを刺す直前に死が発する異変を強烈に感じ取ってしまっていました。

その異変を感じた以上、虎杖悠仁も自分と血が繋がった弟なのだと脹相は考えるのでした

 

自らの親とも言える加茂憲倫が体を転々として生き続けているのであれば、そういう可能性もあり得ないとは言い切れない。

そう考えた脹相は自らのやるべき事をハッキリとさせていました。

自分がやるべき事は、全力でお兄ちゃんを遂行する事なのだと。

 

そんな弟への強い想いを持った脹相が裏梅を相手に放ったのは赤血操術の「穿血」

繰り出された技の威力は同じ赤血操術の使い手である加茂からしても圧倒的。

音速をも超えるという穿血は防ごうとした裏梅の手を貫く程

 

脹相は穿血で裏梅の手を貫くとそのまま偽夏油へと矛先を変えていきます。

血の勢いそのままに地面を抉り、更にそこから接近戦へと持ち込む脹相

しかし接近戦においてはやはり偽夏油の方が一枚上手

 

既に脹相が消耗しきっている事を指摘する偽夏油でしたが、脹相は力強く言い切ります。

疲れているのは弟の前で命を張らない理由にはならないのだと。

 

 

前回の時点でかなりバグっている感じだった脹相お兄ちゃんですが、今回は更に悪化していた感じでしたね。

お兄ちゃんを遂行する・・って初めて聞く言い回しすぎて笑ってしまいました

しかしそれでも弟だという虎杖の為には全力で戦っていたりと、なんだか可愛くて熱いという変なキャラクターになった気がします。

 

呪術廻戦135話ネタバレ:五条悟の奪還と裏梅の氷の術式

突如現れた脹相が虎杖の兄であると叫んだ事で、流石に少しだけ動揺していたパンダ。

とはいえ虎杖からすれば、脹相は兄どころか一回殺されかけたような相手

それだけにパンダは、東堂の事と言い何かしら虎杖からヤバいフェロモンでも出ているんじゃないかと心配する事に。

 

とはいえ脹相の登場によって場が乱れ、このチャンスを活かそうと加茂が動き出します。

まだパンダも核が2つ残っている状態という事で、パンダが前に出て全員で偽夏油に挑もうとします

なんとしてでも獄門疆を奪い取るぞ・・と

 

ゴリラモードでの得意技である「激震掌(ドラミングビート)」を放とうとするパンダ。

しかしその瞬間仲間達全員を裏梅の放つ術式が襲います

 

裏梅の氷凝呪法の「霜凪」は虎杖、パンダ、加茂、脹相、少し離れた場所にいた日下部までをも一瞬で凍らせてしまうほどの威力

下手に動こうとすれば体が割れてしまうだけに完全に無力化されてしまっていました。

 

そんな圧倒的な力を見せる裏梅に対して、伝達役が必要だから殺すなと指示する偽夏油。

しかし裏梅はそれが全員を生かす理由にはならないと怒りの表情を浮かべます。

 

それでいて脹相の穿血によって貫かれた手を反転術式で治してしまう裏梅

あまりにも呪術のスケールが段違い過ぎると、行動不能中の日下部もレベルの違いを感じる事に。

 

脹相はどうにか自己ドーピング技である「赤燐躍動」によって氷から逃れようとするも、目の前には裏梅が迫っている状態

そんな大ピンチを今度は氷を破った虎杖が救うのでした

 

 

やはり裏梅は宿儺の時代から生きている感じなだけに術式も圧倒的すぎましたね

一瞬で主力全員を凍らせたり、1級術師の日下部が格の違いを感じている辺り、少なくとも特級術師レベルである事は間違いなさそうです。

しかし偽夏油の部下という感じではないようですし、あくまでも裏梅は宿儺の復活の為だけに動いている感じでしたね。

 

呪術廻戦135話ネタバレ:絶対絶命のピンチに登場したのは特級術師の九十九由基!!!

助けた脹相に対してとりあえず味方で良いのかと確認する虎杖。

しかし脹相はそれを否定し、虎杖のお兄ちゃんなのだと謎のアピールをする事に

 

そんな中で空を飛んでいた事で氷の術式を喰らわなかったのが西宮

付喪操術の「鎌異断」による風の刃で偽夏油と裏梅を狙うも、裏梅はいとも簡単に素手で払い除けてしまう事に。

レベルの違いに少し凹みながらも、虎杖に対して歌姫先生の準備が出来るまで時間を稼ごうと声をかけます。

 

しかしそんな時間稼ぎを許してはくれないのが裏梅。

伝達役は虎杖悠仁一人で事足りるだろうと、今度は氷凝呪法の「直瀑」を放ちます

 

その術式は再び一行をまとめて行動不能にし、頭上からは巨大な氷の塊が降り注いでくるというもの。

レベルの違いすぎる攻撃に流石に死を感じる虎杖

しかしその攻撃から一行を救ったのは一人の女性でした

 

その女性は目の前の夏油の姿をした存在に対して、あの時の答えを聞かせてもらおうと問いかけます。

どんな女が好みなのかと

突如現れたその女性、特級術師の九十九由基に偽夏油も少しだけ驚きの表情を見せるのでした。

 

 

ちょっと脹相お兄ちゃんが面白すぎるのですが、西宮の術式も明らかになったりと何気に情報が盛り沢山でしたね。

伝達役として死刑の可能性が高い虎杖を選んでいるのも気になる所ですし。

しかしまさかここで特級術師であり東堂の師匠である九十九由基が登場するとは全く予想していなかったので驚きでしたね!

 

―――次回136話に続く!

 

呪術廻戦135話ネタバレの感想考察

呪術廻戦135話ネタバレ

 

脹相の参戦で事態が更に混沌としてきましたね。

一瞬で全員が全滅するかもしれないという危険な状態ながら、脹相の存在によって不思議と笑える感じになっていたのも流石でした。

 

脹相の術式の影響と存在しない記憶の問題

今回の冒頭で語られたのが脹相の術式による影響について。

血の術式という事もあってか、弟達に異変が起こるとそれを感じ取れてしまうという事のようです。

それによって目の前の虎杖の死を感じ取ってしまった事で混乱した・・・というのは一応筋が通ってはいる気がしますね

 

とはいえ、何故あの状況で虎杖や弟達と仲良くランチをしている記憶が浮かんできたのかは謎のままです。

結局あれを引き起こしたのが虎杖なのか脹相自らの原因なのかもわかりませんし、この状態で虎杖を完全に弟認定しているのもちょっとヤバいですね。

全力でお兄ちゃんを遂行する・・という謎のヤバい発言もしていますし。

 

しかしやっぱりこの問題を語る上で邪魔になっているのが東堂なんですよね。

あいつが感じた存在しない記憶って結局なんだったんだろうか??

あれがなければ今回の脹相の術式の問題でで全部片がつくんですが・・・

 

裏梅が強すぎる!!!

脹相の穿血を避けきれなかった事で、そこまで強い訳ではないのかなぁと思ってしまった裏梅。

しかし宿儺を知っているような存在が弱いはずもありませんでしたね

 

氷の術式の使い手という事でしたが、1級以上のレベルの呪術師達を一瞬で行動不能に追い込めるのはちょっと強すぎました。

しかも虎杖にだけは弱めにしていたりと、まだまだ本気を出しているという感じでもありません。

 

そもそも裏梅が呪霊なのか受肉した呪いなのか、それとももっと別の存在なのかも不明です。

それだけに反転術式まで使えるというのは、日下部の言う通りスケールが段違いという感じでしたね。

 

まさかの九十九由基の参戦

あまりにも圧倒的な裏梅の力から皆を救ってくれたのはまさかの九十九由基でした

ここでこれ以上の増援があるとすれば、どちらかと言えば乙骨だったりするのかなぁと思っていて、それだけに九十九だったのには驚きでしたね。

まだまだ彼女がどういう人物なのかは明らかになっていませんが、登場するなり東堂の師匠だよなぁと思わせてくれたのは流石でした。

 

特級術師なだけに裏梅の攻撃から皆を救う事も容易いという感じだった九十九。

しかし偽夏油の事を本物の夏油だと思っているような口ぶりでしたし、今の渋谷での状況を詳しく把握しているという事でもないのかも。

いずれにしても流石にこれが最後の増援でしょうし、最強レベルの九十九の登場で渋谷事変がどういう形で終わりを迎えるのか楽しみですね!

 

呪術廻戦135話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話135話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話135話、そして136話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

呪術廻戦135話ネタバレ展開考察:脹相の言葉に虎杖は何を想う!?

京都校のメンバーも合流し、そこに更に脹相までやってきた事で大混乱となってしまった今回。

しかし脹相は相変わらず記憶がぐちゃぐちゃのようで、結構な問題発言を堂々と口にしていました。

 

虎杖からすれば、さっき自分を半殺しにした相手が自分の事を弟だと言い始めている訳ですから結構怖いですよね。

しかも脹相の弟は虎杖が殺している訳ですし。

とはいえそう考えてしまったのもおそらくは虎杖の何らかの力のはずですからお互い様な感じでもあるのですが。

 

いずれにしても虎杖からすれば脹相の言葉の意味は全く理解できないでしょう。

この場にいる味方メンバーで二人の関係に気づける人物もいないでしょうし、ここで脹相が死んでしまったりすると真相が遠のいてしまいそうですね。

 

呪術廻戦135話ネタバレ展開考察:裏梅の狙いとは!?

まるで偽夏油を守るかのように現れた裏梅。

以前から偽夏油の一派として暗躍していた訳ですが、本当はどういう立場なのかはまだまだ謎のキャラクターとなっています。

 

やはり重要そうなのは宿儺が裏梅の事を知っていた事で、裏梅は間違いなく宿儺の復活を望んでいるのでしょう。

しかし一方で偽夏油の方は宿儺の復活を望んでいるとまでは言えない気がするんですよね。

 

今回最後の台詞は、これ以上自分を待たせるなというものでした。

何を待っているのかと言えばそれはやはり宿儺の復活という事になるでしょう。

だとすれば裏梅は、偽夏油の力でこそ宿儺を復活させられると感じているのかもしれませんね。

 

呪術廻戦135話ネタバレ展開考察:虎杖の謎と脹相との関係も明らかに!?

今回物凄く悪い方向に暴走していた感じの脹相。

虎杖からすれば訳のわからない事を叫んでいた感じだったと思いますが、しかし脹相の発言はどれも別に間違っているという訳でもなさそうなんですよね。

 

偽夏油の中身が加茂憲倫の体も利用していたとすれば、偽夏油は九相図を生み出した人物で間違いないでしょう。

そして偽夏油は虎杖の事を語る際に「我ながら」という言葉を使っていて、その発言はまるで自分が虎杖を作ったのだとも聞こえてしまいます。

 

虎杖の出生に関してはかなりふわふわしていて、もしかしたら虎杖も九相図をベースに宿儺の器となるべく作られた存在だったという可能性は十分にあるでしょう。

虎杖が本当に脹相の弟だったという可能性も高いですし、その辺りの部分が今後判明していくのかもしれませんね。

 

呪術廻戦135話への読者の声

呪術廻戦最新話135話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話135話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦135話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話135話ネタバレ

 

京都校メンバーの集結や偽夏油の中身が一応判明したりと盛り沢山だった今回

仲間達が集結しているというのは良かったのですが、一向に偽夏油の余裕を崩せないというのが辛い所ですけどね。

 

とりあえず脹相を生み出したのが偽夏油の中の人なのは確定でしょう。

しかし中の人である加茂憲倫にも縫合の痕が残されている事から、中の人はもっともっと古い時代から生き続けている可能性の方が高そうです。

そうなってくるとますますラスボスになり得る存在という気もしますね

 

そんな偽夏油や脹相を通じて、段々と虎杖の秘密にも近づいてきているようでもあります。

ラストになって混沌としてきましたが、この渋谷事変がどういう形で終わりを迎えていくのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第136話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。