呪術廻戦

呪術廻戦あらすじ139話!虎杖の父親は加茂憲倫?!直哉・乙骨との対峙!

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話139話のネタバレと感想、展開考察です!

前話では、東京が魔境と化す中で、当主である直毘人の死によって次の当主が決められようとしていた禪院家

直毘人の遺言状によって息子である直哉が当主に決まったかと思いきや、とある条件によって伏黒恵が当主に決まってしまい、激昂した直哉は虎杖と共に伏黒を殺してしまおうと考える事に

 

139話「狩人」では、虎杖と脹相が東京で呪霊を狩るシーンから始まります!

順調に呪霊を祓う二人でしたが、そこへ虎杖を狙う直哉と乙骨が姿を現し、場面は一気に緊迫のボルテージが増加!

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話139話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

 

呪術廻戦139話あらすじ

では、『呪術廻戦』最新話139話のあらすじです!

 

呪術廻戦139話あらすじ:タイトルは「狩人」

139話のタイトルは「狩人」です!!

 

139話の内容を踏まえると、「狩人」とは4名のことを指していると思われます。

138話の最終ページでもクローズアップされた虎杖、脹相、禪院直哉、乙骨の4人です。

ただし、狩る対象は全員が同じという訳ではありません。

 

虎杖と脹相は東京に蔓延る呪霊を狩る「狩人」という意味でしょう。

そして直哉は虎杖と伏黒が標的であり、乙骨は呪術総監部の指令をもしそのまま受け取っているとするならば、狩りの対象は虎杖です。

 

各々の標的を狙った緊迫の狩りが開始します・・・!!

 

呪術廻戦139話あらすじ:虎杖と脹相がコンビで呪霊狩り!

138話で虎杖が言っていた通り、二人は魔境と化した東京で呪霊狩りを続けます。

橋と川がある東京のどこか。橋の上で虎杖が手を叩くと、呪霊が現れます。

その呪霊は虎杖に襲い掛かりますが、撃退することなく遁走します。その先には脹相が待ち受け、「穿血」で呪霊たちを串刺しに!

 

逃れた呪霊を虎杖が祓い、その戦いっぷりを脹相ほめちぎります。

以前のパワフルさに、繊細さが加わっている、スムーズな呪力操作に高い膂力、まさに鬼神!!流石俺の弟だ、と。

虎杖は、まだ言ってんの?と返します。

更に脹相は、(兄弟ということを)何度でもいうさ。思い出せあっただろう、お前の父親の額にも縫い目が、と言います。

 

呪術廻戦139話あらすじ:禪院直哉が虎杖と相対!!

前話で虎杖を始末すると言っていた禪院家の当主候補、直哉が早速現れます。

直哉は、伏黒や他の術師がまだ来ていないことを訝しく思いつつ、「君ら何してん、目立ちすぎやで。逃げる気ないん?」と語りかけます。

呪術総監部の通達のことはやはり知らないのでしょう、虎杖は「逃げる?」と言い、直哉が言っていることを理解できない様子。

直哉が五条悟がいなくなり、虎杖が再び死刑となっていることを説明します。

 

直哉は、伏黒さえ始末できれば虎杖はどうでも良いと言い、伏黒には一筆書いて死んでもらう、と言い放ちます。

その言葉を聞いた虎杖が、直哉を睨みます。

 

呪術廻戦139話あらすじ:虎杖vs直哉!そして乙骨登場!!

直哉と虎杖の戦いが始まります!

直哉の速い攻撃に、反応が間に合わず、虎杖は顔面にパンチを食らいます。

直哉は脹相の攻撃をかわし、素早い動きで2人から距離を取ります。

 

虎杖と脹相が感じる違和感。速いのは速いが何かがおかしい、術式が絡んでいるだろう、と戦いながら推察します。

直哉は思ったよりも対応してくる虎杖に対して、更にスピードを上げようとします。

 

その時でした。「不気味な」空気があたりを包みます。不気味さの中に五条悟にも似た気配を感じ、虎杖はその気配の方を振り返ります。

そこには、呪術総監部に虎杖の死刑を命じられている乙骨の姿が!!

 

―――次回140話に続く!

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り

『呪術廻戦』138話「禪院家」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り:禪院家3人の特別1級術師達

東京が魔境となり揺れ動く日本。

そんな中で当主が瀕死の重傷を負った禪院家でも動きが

 

当主であり父である直毘人が死にかけているというのに、何故か真希が死んだのかを気にしていたのは特別1級術師の禪院直哉

彼は真希が死にかけているというのに真依と名前を間違えていたりと、現在の状況に全く危機感を感じていない様子

 

べっぴんさんではあるものの、男を立てられない真希の事はどうでもいいと直哉は考えていました。

三歩後ろを歩けないような女は背中を刺されて死んだらいいのだと

その一方で妹である真依は、真希と同じ顔でありながら自分が女だと理解しているから立派なのだと評価していました。

 

そんな軽口を叩きながらやってきた部屋には同じ禪院家の二人の人物が。

特別1級術師の禪院扇と禪院甚壱。

実の父親が峠を彷徨っている時に何をしていたのだと叱りつける扇でしたが、それを全く気にした様子もない直哉。

 

彼は自分が来ても来なくても、次の禪院家の当主は自分なのだと確信していていました。

自分の兄達は皆ポンコツで叔父である扇もパッとせずその娘である真希と真依は論外

甚壱の事は実力はさておき、顔が良くないと喧嘩を売るのでした。

 

直哉の調子に乗った言葉にキレて殴りかかる甚壱

しかし直哉はそれをあっさりと回避し、扇からも刃を向けられるも全く動じないのでした。

 

 

ここで場面が真希や真依の実家である禪院家へと移ってきましたね。

しかしここで登場した禪院直哉ですが、登場するなり最高に嫌な奴として描かれております。

芥見先生はあっという間にヘイトを溜めまくるキャラを描くのが上手いですよね。

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り:禪院直毘人の遺言状と直哉の怒りの矛先

乱闘寸前となった3人の元にやって来たのはこじんまりとした眼鏡の男。

フルダテと名乗る彼が直毘人が亡くなった事を告げると、直哉は実の息子であるというのに何故か笑みを浮かべます。

そんな中でフルダテからは直毘人の遺言状が発表される事に

 

遺言状に記されていたのは、禪院家27代目の当主を禪院直哉にするという事。

そしてもう一つが、高専や禪院家に保管されている全財産を直哉が相続し、扇や甚壱の承認を受けて運用する事

条件付きであるせいか完全には納得していない様子の直哉でしたが、フルダテからは遺言状の続きが語られる事に

 

何らかの理由で五条悟が死亡または意思能力を喪失した場合、伏黒甚爾との誓約状を履行し伏黒恵を禪院家に迎える事。

そして同人を禪院家の当主として全財産を譲るものにする・・・という信じられない内容に直哉は激昂するのでした。

 

驚くべき遺言状の内容に納得がいかない直哉は、扇と甚壱の事をタマなしだと罵ります。

よく知りもしないガキが当主になったとしても、直哉がなるよりはマシだと考えた彼らは何もする気がないのだろうと。

 

突如として当主の候補として名前が出てきた伏黒がどこにいるのかを気にする直哉。

直哉の付き人も詳しくはわかっていないものの、現在伏黒は東京で虎杖悠仁捜索の任に当たっているのだそう。

しかしそもそも直哉は宿儺の器である虎杖の事さえも知らなかった様子

 

そこで直哉は、自分が宿儺の器を殺してやると上に伝えるよう指示します

伏黒が宿儺の器の所にいるのであれば、自分が二人まとめて殺してやるのだと。

 

今の東京は魔境であり人がいつどう死んでも関係がない

殺してしまえば後はどうとでもなるだろうと、直哉は禪院家当主の座を自らのものにするべく動き出すのでした。

 

 

いやいや、マジで直哉は腐りきってますよね

東京が地獄になっているのに我関せずというスタンスだったみたいですし、世界がどうなろうと大切なのは自分が当主になる事だけという感じです。

こんなヤバイ奴がいる禪院家が呪術界の御三家の一つを担っていた訳ですし、そりゃあ五条も変えていこうと考えますよね。

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り:戻れない虎杖の狩人としての戦い

偽夏油の思惑に対してここまで事態が進んでしまった以上、一度泳がせて様子を見るべきなのではないかと考えていた九十九。

そんな彼女は虎杖に対して、自分が味方という訳ではないのだと言い放ちます

自分はただ世界から呪霊をなくしたいだけのしがない美女なのだと

 

その上で自分が味方になれないお詫びとして、あの場にいた仲間達は責任を持って送り届けると約束してくれた九十九

自分もいい加減に天元と向き合わないといけないと考えていた彼女は、虎杖に対してもどうするのかと問いかけるのでした。

 

そしてそれからしばらく時間が経ち、一人で座り込んでいた虎杖。

そんな虎杖に怪我の具合を心配して声をかけたのは、自らをお兄ちゃんだと言い張っていた脹相

今の虎杖は大量の指を取り込んだ事もあり、宿儺の力の影響で傷の治りも早くなっていました。

 

落ち込んだ様子の虎杖に対して、自分に気を使わずに高専に戻っても良いのだと呼びかける脹相。

九相図の弟である燃相達の亡骸を回収したいからと脹相は考えていましたが、虎杖はその呼びかけに対して気を使ってなどいないのだと返します。

自分が戻りたいかどうかの問題ではなくなってしまったのだと

 

宿儺が伏黒を使って何かを企んでいる事にも気づいてしまった虎杖

しかしそれ以上に、宿儺の意思とはいえ自分が大量の人を殺してしまった事が重くのしかかっていました。

だからこそ自分はもう皆と一緒にはいられないと

 

そんな虎杖にとっては、脹相の方こそ自分と一緒でいいのかと問いかけます。

自分が脹相の弟を殺したのだからと

 

しかし脹相はアレは事故だったとした上で、弟である壊相や血塗も自分の立場なら同じ様に協力したのだと語ります。

赦すや赦さないの問題ではなく、兄弟とはそういうものなのだと

そんな脹相と共に、今出来る事は呪霊を減らす事だと動き出す虎杖でしたが、そんな虎杖を狩ろうと乙骨や直哉も動き出していたのでした。

 

 

虎杖の味方となってくれているのが脹相だけというのが辛すぎますよね。

自分が助けた人間が将来人を殺したらどうする・・・という伏黒の言葉が、虎杖にも伏黒にもめちゃめちゃ響いているのがあまりにも悲しいですし。

脹相が虎杖にとって精神的な支えになっているのが唯一の救いですが、乙骨に加えて直哉まで迫ってくるだけに地獄のような展開はまだまだ続きそうですね。

 

 

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返りの感想考察

 

呪術界にとって非常に大きな存在となる禪院家の様子が描かれた今回。

しかし予想以上に禪院家は腐っていて、これは真希も家を出たくなるだろうなぁと思わざるを得ませんね。

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り:登場と同時に嫌われる直哉

今まで誰かの話の中でばかり語られていた禪院家。

御三家の一つという事もあってヤバイ家である事は判りきっていた事なのですが、そんな予想を遥かに上回るヤバさでしたね。

 

そのヤバさの大元となった人物こそが、今回登場してきた禪院直哉

登場した瞬間に真希と真依の事を間違えていたり、男を立てられない真希を死んだほうが良いとまで考えていたりと、そのクズっぷりは凄まじいものがあります

 

しかも割とイケメンタイプという事もあってか、甚壱の顔をディスってきたりとやりたい放題でした。

直毘人と同じく特別1級術師という事もあってそれなりに実力も高そうなのが更にムカつく所です。

 

それだけ実力がありながらも地獄となった東京の様子には全く興味を示さず、興味があるのは自分が当主となる事だけ

虎杖が宿儺の器であることさえもあんまり把握しておらず、彼にとっては東京がどうなろうと関係ないのでしょうね。

五条はかつて上層部の事を保身馬鹿だとか世襲馬鹿だとか言ってましたが、それが本当に正しかった事が証明された形となったのが非常に辛いです。

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り:巻き込まれて苦しい立場の伏黒

直毘人が死亡となり次の当主は直哉になるかと思いきや、遺言状に突如として出てきたのが伏黒の名前

伏黒パパと直毘人の間での誓約があったという事なのでしょうが、正直これも伏黒にとってはありがたくないですよね。

 

五条悟が死亡したり封印されたりするという事は、それはすなわち世界が大きく変わってしまうという事。

そういう事態に備えた伏黒パパが、なんだかんだ息子の事を少しでも考えての行動を取ったと考えればちょっと良い感じの話にも思えます

しかし結局は伏黒を当主にするという遺言状の内容によって直哉から狙われてしまう事に

 

伏黒は渋谷事変において、魔虚羅を呼び出した事が原因となって宿儺の大量殺人を許してしまっています。

そもそも虎杖を生かすという選択をしたのが伏黒な訳ですし、伏黒が大量の人々を殺すきっかけを作ったとさえ言えてしまう状況

 

自分が助けた人間が将来人を殺したらどうする・・・というのは伏黒が虎杖に投げかけた言葉です。

しかし今はそれが完全に自分に返ってきてしまっているのがあまりにも辛すぎます

そもそも伏黒は津美紀も敵となる可能性すらある訳で、正直精神が崩壊していてもおかしくないレベル

 

そうだというのに更に直哉という面倒な存在が関わってくるのだからヤバイですよね。

とりあえず今の伏黒がどういう状態なのかが気になります

 

呪術廻戦139話あらすじ前回振り返り:虎杖は脹相と共に呪霊ハンターに

渋谷事変を終えた虎杖がどうなっているのか気になっていましたが、今回はその部分も少しだけ描かれる事となりました。

特級術師である九十九が味方についてくれる流れかと思っていたのですが、そう甘い展開ではありませんでしたね

 

虎杖が死刑対象となっている事もあり、やはり高専メンバーも仲間にはならない状況

それだけに今虎杖が頼れるのは脹相だけなんですよね。

 

弟である壊相や血塗を殺した件については、脹相は事故だったと考えていました。

赦すとか赦さないとかではなく兄弟とはそういうものなのだと語ってくれていて、これは頼れるお兄ちゃんだなぁとも感じましたね

 

とはいえ脹相はなんだかんだ呪霊側の存在な訳で、一緒にいるというのも微妙です。

乙骨や直哉という状況をよく知らないメンバーに襲われる展開になると、呪霊サイドの脹相と一緒にいると本当の敵みたいに思われてしまいそうですし。

地獄のような渋谷事変の物語が終わってもまだまだ地獄のような展開は続きそうですね。

 

呪術廻戦139話への読者の声

 

『呪術廻戦』最新話139話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦 ネタバレを楽しむために…呪術廻戦を無料で読む方法【U-NEXT】

『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介します!

人気急上昇中の呪術廻戦、個人的には大好きな作品で、鬼滅の刃の次に大ブレイクする漫画では無いかと思っています。

そんなめちゃくちゃ面白い呪術廻戦を、もしまだちゃんと読んだことが無い、という人は、31日の無料トライアルで読めるU-NEXTの利用をおすすめします!

呪術廻戦最新話138話ネタバレ

2021年1月に『呪術廻戦』待望の14巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで無料で今すぐ読む

↑無料で読める!↑

U-NEXTなら、呪術廻戦は勿論、ジャンプ作品を始めとした漫画最新刊を無料で読むことが可能です!31日間の無料期間中に解約すれば、月額料金はかかりません。

まだ登録していない人は利用しないと損!ですので、この機会に下記のボタンからぜひ登録しておきましょう!!登録は数分で完了します。

31日間無料&初回特典600ポイント!

【U-NEXT】無料で呪術廻戦を今すぐ読む

期間内で完全無料!

ワンピース最新刊96巻の発売日と表紙に収録話は?あらすじも調査

 

呪術廻戦139話あらすじまとめ

 

 

御三家の一つである禪院家の次の当主問題が描かれた今回。

予想していた事ではありますが、その予想を遥かに上回るヤバさを禪院家からは感じましたね。

 

元々五条は呪術界の上層部を腐りきっていると語っていましたが、東京が壊滅状態であるというのに自分が当主になる事しか考えていない直哉を見ると、それが本当にその通りだったんだなぁと納得してしまいます。

そんなヤバイ直哉が虎杖と伏黒を狙ってくるという事で、しばらくは人間同士での争いが中心となってしまいそうですね。

 

呪術界の闇が見えてしまった事で、しばらくは戦いの元凶とも言える偽夏油との戦いにはならない感じでしょうか。

人間同士で争う展開は下手すればこれまで以上の地獄展開かもしれませんし、今後も覚悟して読み進めたい所ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第140話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与の600ポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年12月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。