呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ145話あらすじ!偽夏油の本名が判明!五条悟の封印解除方法は?!

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話確定速報

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話145話のネタバレと感想、展開考察です!

 

呪術廻戦145話では、天元との会話により、偽夏油の本名が「羂索(けんじゃく)」と判明します!

またその羂索の目的、五条悟を獄門彊からの封印から解除する方法についても、明らかになっていきます!!

天元は虎杖たちに何を語ったのか?!

多くの事実が明らかになる呪術廻戦145話、要チェックです!

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話145話のネタバレ・ネタバレ・考察など、是非読んでみてください!

Contents

呪術廻戦145話ネタバレあらすじ

 

 

『呪術廻戦』145話

「裏」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦145話ネタバレ:偽夏油の本当の名前とその目的

突如として現れた天元の姿に驚く一行。

その一方で九十九だけは自分に挨拶がない事に不満気ながら、どうやら二人は初対面ではないとの事

 

何故薨星宮を閉じたのかという九十九からの問いかけに対して、羂索が九十九に同調している事を警戒したのだと語る天元。

羂索というのはかつて加茂憲倫の肉体に宿り、今は夏油傑の肉体に宿っている術師の本当の名前なのだそう。

 

そんな会話の中で空気を読まない虎杖は天元が何故呪霊のような見た目をしているのかを普通に質問します。

不死であっても不老ではない為、500年も老いればこうなるのだと笑みを浮かべる天元。

11年前の星漿体との同化には失敗していて、老化は加速して天元の個としての自我は消えていき、天地そのものが天元の自我となっていたのでした。

 

あの時もう一人星漿体がいたのだと考えていた九十九は、どうりで声が増えない訳だと意味深な発言をする事に。

しかし伏黒が天元に聞きたいのは羂索の目的と獄門疆の解き方の部分

 

天元はその質問に答えようとするも、その前に一つの条件を出してきます。

乙骨憂太、九十九由基、脹相の3人の内、二人がここに残って自分の護衛をしてもらうと。

 

護衛とは言っても、そもそも天元は不死の存在であり護衛する理由がわからない乙骨。

肝心な部分を説明しろという九十九に対して、天元は改めて羂索について語りだします

 

羂索の目的は日本全土を対象とした人類への進化の強制。

とはいえ渋谷事変での「無為転変」によるやり方では日本の人間全てを術師にする事は呪力不足で不可能

それだけに羂索が進化手段として選んだのは、人類を天元自身と同化させる事でした。

 

 

本作において最重要人物間違いなしの天元様ですが、思ったよりも一気に色々と説明してくれましたね。

ようやく偽夏油の中の人の名前も判明し、これからはちゃんと名前で呼んであげられそうです。

思い切り人間離れした姿の天元ですが、意外に表情豊かなお爺ちゃんみたいな感じでもありましたね。

 

呪術廻戦145話ネタバレ:天元と呪霊操術との関係

天元との同化という話が出てきたものの、そもそも天元と同化出来るのは星漿体だけのはず

しかし天元は11年前から進化を始めてしまっていて、今の天元は星漿体以外との同化も出来なくはない状態になっていました。

とはいえ脹相からすれば天元は一人しかいない訳で、どうやって複数の人間と同化するのかが謎な部分。

 

天元はそれに対して、皆の目の前にいる自分でさえも自分ではないのだと語ります。

進化した自分の魂は至る所にあり、天地そのものが天元の自我なのだと

 

そんな天元と同化した人間は術師という壁すら超えてしまい、そこにいてそこにいない新しい存在となるのだそう。

天元は結界術があったから進化しても形と理性を保てているものの、人類が進化して一人でも暴走してしまえば世界は終わりとの事。

 

進化して新たな存在となってしまうと個としての境界がなくなり、そうなれば悪意の伝播も一瞬。

一億人分の穢れが世界に流れてしまえば、渋谷事変で東京に起こった事が世界規模で再現されてしまうのだそう。

 

しかしそもそも天元が同化を拒否すればそんな事は起こり得ないだろうと真希は考えるも、天元はそこが大きな問題なのだと語ります。

進化してしまった事で組成としては人間よりも呪霊に近くなっていて、今の自分は呪霊操術の術式対象なのだと

 

天元すらも羂索に取り込まれる可能性があるという事で驚く一行。

羂索の実力を考えれば接触しただけで取り込まれる可能性があり、だからこそ天元の本体は薨星宮で全てを拒絶している状態

しかし羂索は天元に次ぐほどの結界術の使い手であり、薨星宮の封印も解かれる可能性があるからこそ護衛を必要としていました

 

 

ここへ来て呪霊操術が更に重要過ぎる術式になってくるのが恐ろしいですね。

羂索からすれば夏油の肉体と術式をゲット出来てしまった事は物凄くラッキーだったのでしょう。

それだけにやっぱり夏油には普通に呪術師として生きていて欲しかったと思ってしまいます

 

呪術廻戦145話ネタバレ:運命を破壊した存在と死滅回游の狙い

星漿体との同化を阻止し、それによって天元を進化させて呪霊操術で取り込み操る。

色々な事が繋がってしまっている状況に、九十九は何故今なのかと問いかけます

宿儺とも関わりがあるであろう羂索は1000年以上術師をやっているというのに何故今なのかと

 

それに対して天元は、自分と星漿体、そして六眼は全て因果で繋がっているのだと語ります。

羂索は過去に二度も六眼の術師に敗れていて、二度目は星漿体も六眼も全て生後一月以内に殺すという徹底的なやり方をするほど。

しかしそれでも同化当日に六眼と星漿体は現れてしまい、そこで羂索は六眼を抹殺するのではなく封印する方向へと切り替えて獄門疆の捜索を開始したのだそう。

 

そんな中で起こってしまったのが11年前の事件。

天与呪縛によるフィジカルギフテッドを持ち、完全に呪力から脱却した禪院甚爾が介入してきた事で予期せぬ事態に

呪縛の力で因果の外へと出た禪院甚爾が天元達の運命さえも破壊し、そしてその戦いに参加し大きな影響を受けたのが呪霊操術を持つ少年夏油傑

 

羂索からすれば意図しない形で獄門疆以外のピースが全て揃った状態に

そして最後のピースとなる獄門疆も6年前に羂索の手へ。

 

着々と目的へ向けて進んでいる羂索なだけに、何故死滅回游というゲームが行われるのかと問いかける伏黒。

天元によれば星漿体以外との同化は不可能ではないものの、現時点ではまだ不完全なものになってしまう可能性が高いのだそう。

死滅回游は参加者の呪力と結界を結んだ境界を使ってこの国の人間を彼岸に渡す儀式であり、それを慣らしとして天元との同化を始めるつもりだったのだと天元は考えていました。

 

とはいえこれだけ大がかりな儀式を成立させる為には羂索自身も縛りを負っているはず。

その縛りの一つとして羂索は死滅回游の管理者ではないようでしたが、それは虎杖や伏黒にとってはむしろ不利に働く事。

何故なら羂索を殺したとしても死滅回游は終わりはしないから

 

参加者が何らかの形で全員死ぬ以外では死滅回游は終わりはしない。

そう考えた伏黒と乙骨が頭に思い浮かべたのは、100得点を消費する事でルールを追加出来るという項目の部分

自分たちも死滅回游に参加し、津美紀やゲームに消極的なメンバーが抜けられるルールを追加するしか方法はないのだと乙骨は考えるのでした

 

 

話はどんどん核心の部分へと迫ってきていますが、進めば進むほどに11年前の過去編が大きな意味を持っていた事がわかりますよね

過去編のボスキャラだった伏黒パパは本当に迷惑なキャラだったというか、色々な運命さえもぶち壊してしまっていたんですね。

現時点では何も知らない伏黒ですが、自分の父親がとんでもない事をやらかしたと知ったら更に精神がやられてしまいそうです・・。

 

呪術廻戦145話ネタバレ:裏の獄門疆と術式を消滅させる存在

死滅回游への参加と平行し、五条の解放も平行して行おうと考える伏黒。

五条がいれば一人で全て片がつくだけに解放する方法を天元に問いかけるも、天元はまず誰が残るのかを決めてもらう事に。

 

そこで立候補してきたのは九十九と脹相。

脹相は羂索と因縁があり、奴の命を断つ事こそが弟達の救済だと考えていました。

一方の九十九はまだ天元と話し足りないのだと乙骨にそれでいいかを確認するも、乙骨としても皆と離れたくないのであっさり了解する事に。

 

そこまで話が進んだ事で、天元が五条の解放の為に必要だと取り出してきたのが獄門疆「裏」

文字通り獄門疆の裏門のようなこのアイテムの中にも五条は封印されていて、これを開ければ五条を解放出来るというもの。

 

しかし開門の権限は表の所有者である羂索であり、強引にこじ開けようとすれば二つのアイテムのどちらかが必要。

一つはあらゆる術式を強制解除する「天逆鉾」で、もう一つがあらゆる術式効果を乱して相殺する「黒縄」

 

しかし「天逆鉾」は11年前に五条が海外に封印もしくは破壊しており、「黒縄」の方は去年の百鬼夜行の戦いで五条が全て消してしまったとの事。

それだけに虎杖も伏黒も五条に何やってんだよとツッコむ事に。

乙骨はミゲルと共に「黒縄」を探すのが目的でアフリカへと行っていたものの、結局は見つからずに無駄足になっていたのでした。

 

そんな状況でそれでも手はあるのだろうと語りかける九十九に対し、天元はその方法を語りだします。

死滅回游に参加している泳者の中には「天使」を名乗る千年前の術師がいるのだそう。

来栖華という彼女の術式はあらゆる術式を消滅させるというものでした

 

 

今回は本当にこれまで描かれていたものと繋がっている事ばかりで、「天逆鉾」や「黒縄」なんかの登場には驚かされました

特に「黒縄」なんかは0巻で描かれていたアイテムであり、それがここへ来て再登場してくるのが凄い展開ですよね。

ラストで語られた天使が敵となるのか味方になるのか注目です

 

―――次回146話に続く!

 

呪術廻戦145話ネタバレの感想考察

 

 

怒涛の解説回となった今回。

しかし天元が語った説明の全てがこれまでの事件と繋がってきていて、正に色々な事が「廻っている」感覚でしたね

とにかく膨大な量の事実が明らかになり、一度読んだくらいでは理解出来ないくらいに難しめの内容となっていました

 

ようやく偽夏油の名前が判明

とりあえず良かったのが偽夏油の中の人の名前が羂索だと判明した事でしょう。

これまでは加茂憲倫と呼んでみたり偽夏油と呼んだりするしかありませんでしたからね。

 

羂索というのは不動明王や千手観音が持っている縄状のアイテムの事だそうです。

人間を救済する象徴みたいな意味もあるようで結構意味深な感じの名前ですよね。

 

星漿体の問題

今回かなりサラッと語られていたのが、天元が11年前に星漿体と同化出来ていなかったという部分

それによって天元は進化してしまい、それによって羂索の狙い通りの展開になってしまったようです。

 

九十九はかつて夏油との会話の中で、天元が安定しているから天内の代わりの星漿体がいたのか、既に新しい星漿体が生まれた・・みたいな事を言っていました

その言葉は夏油自身のメンタルに結構なダメージを与えていたように見えましたし、やっぱり九十九は夏油の闇堕ちに大きく影響を与えていた気がするんですよね。

天内が死んでしまった事も自分たちも守れなかった事も無駄だと言われたようでもありますし。

 

それだけに実は九十九の言葉が間違っていたというのはちょっと辛いものがあります。

意図した訳ではないのでしょうが、九十九の罪は結構重いんじゃないかなぁと思ってしまいました。

 

天元と星漿体と六眼の繋がり

今回非常に重要だと示されていた天元と星漿体、そして六眼の関係。

天元が星漿体と同化するのを守る存在が六眼というイメージでしょうか。

 

羂索は過去に二度六眼に敗れているようで、天元の星漿体との同化が500年に一度と考えると1000年前からずっと色々と暗躍しているんですよね。

しかしそんな暗躍の中で計算をぶっ壊してきたのが禪院甚爾の存在。

彼の存在によって天元が同化に失敗して五条や夏油の運命も大きく変わってしまい、羂索としてはまさかの形で準備が進む事に。

 

しかしこんな風に考えていくと、呪霊操術を持つ夏油傑の存在って非常に重要過ぎますよね

とっくの昔に死んでしまった夏油ですが、彼の力が世界を終わらせる可能性すらある訳ですし。

 

超重要アイテムを壊した五条

五条を救うためのアイテムとして登場してきたのが獄門疆「裏」

それを強引にこじ開ける為のアイテムがまさかの「天逆鉾」と「黒縄」の二つ

 

「天逆鉾」は過去編の戦いで五条が伏黒パパに痛い目に合わされた驚異の武器

「黒縄」は百鬼夜行の戦いでミゲルに時間を稼がれた厄介な武器

 

どちらも五条にとっては手強いアイテムだった訳ですが、その存在こそが五条を救う可能性があったというのが面白い所

そしてそのアイテムのどちらも五条自身が消し去ったというのがまた面白いんですが。

乙骨がアフリカへと行っていた目的も「黒縄」だったとの事で、色々と話が繋がってきました

 

とはいえ「天逆鉾」の方は破壊されたと決まっている訳ではありませんし、何らかの形で登場しそうな気はします。

海外に封印されている「天逆鉾」を誰かが持ってきてくれたりするというのもあり得るかもしれませんね。

 

ラストでは天使を名乗る危なそうな奴が登場してきました。

当然この人物が簡単に味方をしてくれるはずもないでしょうし、とりあえずは厄介な敵になりそうな気がしますね。

 

 

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察

ここからは、『呪術廻戦』最新話145話、そして145話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

ネタバレ情報が入り次第、アップデートしていきますので楽しみにお待ちください!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:現に干渉しない天元は助言を与えるのか?

ついにその姿を現した天元ですが、「現に干渉しない」というスタンスからすると本当に虎杖たちにとって役立つ助言を与えてくれるのか不透明な気もします。

しかし結論として助言を与えてくれる可能性が高いと思います。そう考える理由はいくつかあります。

 

まず一つ目に、そもそも天元が(本体かはわかりませんが)姿を現しているということ。

九十九由基の「天元との接触は可能だと踏んだ」という発言から、もし天元が望まなければ来訪者に会わないで済ませられると考えられます。

更に、全知で何でも知っているということであれば、虎杖一行の訪問の目的も知っているはずです。その上で姿を現していますので、何らか話をする気は有りそうです。 

二つ目に、天元が現れる際に発した「帰るのか?」という言葉。

少し深読みすると「せっかく話すことがあったのに、帰ってしまうのか」というニュアンスが含まれているように感じられます。

 

全てではないにしろ、 今回天元から聞きたい五条悟の封印解除方法や加茂憲倫の目的、今後の出方の一端が明らかにされる可能性が高いですね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:真っ白の部屋に顕現した天元は本体なのか?

ついにその姿を現した呪術界の象徴とも言える天元ですが、今回現れた四ツ目の姿は本体ではないかもしれませんね。

その根拠になるのが、九十九によると今回の部屋は天元が居る本殿ではないということ、現れた天元の姿が異形であることです。

 

虎杖たちが天元と接触している部屋は真っ白い何もない空間で、九十九によれば天元は一行又は九十九との接触を拒否しているとのこと。

本体は本殿に居るとすると今回接触してきたのは天元の能力で具現化された式神など別物ではないかと考えられます!

 

また天元は11年前の事件で、器としての星漿体・天内理子と同化すると言われていましたが、「器」というワードから本物は人間の姿形をしている可能性があります。

宿儺の「器」である虎杖が、人間の姿形をしていますよね。本来の姿は、同化した人間の姿がベースになっていると思われます。

 

まだ情報が少ない段階ではありますが、「現に干渉しない」とされている天元が本体ではなく仮の四ツ目の姿を通して虎杖たちに語りかけている可能性は十分にあり得ますね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:天元と九十九は過去に因縁あり?

長い間、特級術師として活動しておりまだまだ謎が多い九十九由基。

関わっていないはずの11年前の五条や夏油が天内を守ろうとした戦いの事も知っているようで、彼女がどういう立ち位置なのかも気になってきますよね。

 

しかし今回一番気になったのは彼女と天元との関係です。

部屋に到着した直後、天元が現れなかった時、九十九は「私達」ではなく「私」がいるせいだと感じていました。

それが正しいとすると、九十九が天元に接触を避けられている、ということになります少なくとも九十九に避けられる心当たりがあるのは間違いありません。

 

天元は登場と同時にこの場へやって来たメンバー達を名前ではない肩書のようなもので呼んでいました。

禪院の子は真希と伏黒、道真の血は乙骨、呪胎九相図はもちろん脹相で宿儺の器は虎杖

 

九十九の出生の部分はよくわかっていませんが、九十九だけが呼ばれていない感じなのは意味深です。

それだけに天元と九十九の間には過去に因縁がある可能性が高いかもしれませんね。

 

▼関連記事▼

呪術廻戦九十九由基とは?謎の特級術師の目的や年齢を徹底考察!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:釘崎はまだ生きている可能性あり

生きている事を期待したい釘崎について、伏黒と虎杖の会話がありましたが、生きているとの明言はなし。

しかしまだ死んだと断言された訳でもなく、伏黒が何かを隠していた可能性も考えられるでしょう。

虎杖が会話をあっさりと終わらせてしまい、虎杖が勝手に納得した形になってしまいました。

 

しかし、もしかすると釘崎は実は生きていて、それを伏黒に内緒にしてもらったという線は十分にありえます。

釘崎は伏黒と共に虎杖の死を隠され騙されていた事があったから。そのお返しをする、というのはいかにも釘崎が考えそうなことです。

主要キャラの一人であった釘崎が死んでしまうのは寂しい思いもあるので、何とか生き延びているシナリオを希望します!

▼関連記事▼

呪術廻戦釘崎野薔薇は死亡は確定!?生死の行方を考察!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:脹相は呪胎九相図の弟たちと再会を果たせるか?!

今回天元の所に辿り着く為に活躍した脹相。

彼の目的の一つは、高専の忌庫に保管されている弟達の亡骸を回収する事でしたが、それでも虎杖のために天元の所についてきてくれるんだから良い奴ですよね。

わざわざ忌庫の前を通った所で、弟達に後で迎えにくると語りかけています。全くブレずに弟思いですね。

 

しかしここでわざわざ後で迎えに来ると語りかけるシーンが挟まれていたのが少し気になってしまいました。

あえてこんな演出を入れるという事は、脹相が弟達と再会出来ないというフラグのようでもあったんですよね

 

流石にこの場所に再会を邪魔するような存在がやってくるとは思えませんが、そもそも天元が何を考えているのかはわからない状態

それだけにいきなり別の場所に飛ばされたりして、再会が後回しにされるような可能性はあるのかもしれませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:再び虎杖の回想で両親のことが明らかになる?

呪術回戦143話でかなり断片的にではありますが虎杖の両親について明らかになりました。

第1話で登場していた虎杖の祖父と父親である仁そして額に縫い目があり加茂憲倫に乗っ取られていると考えられる母親が、赤ん坊の悠仁とともに登場しています!

 

虎杖が目を覚ますシーンが直後に挟まれていたことから、虎杖の記憶の一部として回想されていると考えられます。

虎杖の父親である仁も意味ありげに「赤ん坊の頃の記憶は残っているものだ」と発言していましたしね。

今回のこの回想は、乙骨・直哉と遭遇する直前の脹相の発言がトリガーになっていると考えられます!

脹相は、自分の弟だと思い込んでいる虎杖に対して、お前にも額に縫い目があった親がいたはずだと話しています。

今後、イタドリの両親に関する回想は、他人からの記憶の刺激がトリガーになって始まる可能性が高いですね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:東京で死滅回游がついに始まる?!

呪術廻戦143話でルールが明らかになった、加茂憲倫によって仕組まれた死滅回游。その死滅回游がすぐに開始される可能性は捨てきれません。

プレイヤーが参加を宣誓する「結界」というのもまだ具体的にどこなのかは不明ですが、これまでの経緯からおそらく舞台は東京でしょう。

 

ざっくりとしたルールのみが説明されている中、現時点で想定される死滅回游の参加者は、加茂憲倫がマーキングしているという1000の非術師や呪物です。

マーキングされた中には、伏黒が言った通り津美紀も含まれています

更に、正規の参加者とは別に、渋谷に放たれているはずの呪霊や、伏黒・虎杖をはじめとする呪術師が入り乱れて参戦すると考えられます!

まだ再登場していない高専メンバーも伏黒・虎杖と行動を共にする可能性が高いですね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:全員直哉も死滅回游に参加する?!

死滅回遊には、渋谷事変後に登場した禪院家の当主候補である禪院直哉も参加する可能性があります!

直哉は、禪院家の当主となるために伏黒恵を殺すことを目的としています。

その目的を鑑みると死滅回游に伏黒が参戦する場合は、間接的に直哉も死滅回游に参加する流れとなるかもしれません!

 

直哉は禪院家の当主候補になるだけあって(?)倫理観や道徳観が、術師や術師としての能力を最優先したり、古風なジェンダー論をかざすなど思想が偏っている節があります。

死滅回游に参加した際には巻き込まれる非術師やプレイヤーの安全はそっちのけで、伏黒をつけ狙う可能性もありますね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察高専メンバーと虎杖が行動を共にする?

虎杖はまだ自分(宿儺)による虐殺が受け入れられず、高専メンバーと一緒に行動することを拒否しているように見えます。

しかし、乙骨や伏黒の発言からすると、以前仲間だった高専メンバーは、虎杖に渋谷事変での人間虐殺の責があるとは思っていないようです。

 

乙骨の、自身が大切にしている人が虎杖を大切にしている、という発言から既に乙骨・伏黒を始めとする高専メンバーは渋谷事変後も虎杖を受け入れる考えがあることがわかります!

東京で死滅回游や呪霊の脅威に晒される人たちを助けるためという名目で、嫌がる虎杖も高専メンバーと行動を共にする可能性が高いですね!

 

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:死滅回游でついに秤が登場?!

呪術回戦の143話で、伏黒が死滅回游について説明し、自身の姉である津美紀が巻き込まれてしまっていることを明言しています。

その時に、弁護士バッチをつけた人物が、津美木の他にも描かれていました。

 

ネットや SNS では、この弁護士バッジをつけた人物は、呪術高専3年でまだ未登場の秤ではないかとの憶測が立っています!

根拠としては、天秤が象られている弁護士バッジをつけており、「秤」という苗字がマッチするから、というものが多いです。

 

秤は、五条悟によって何度か「優秀・実力がある生徒」として乙骨と並んで言及されている、呪術高専3年生です。

公式ファンブックによると、秤は呪術界の保守派と揉めて停学中であり、術式はギャンブルに関わるものとされています。

また一方で、同じく公式ファンブックによると、秤は「座学」が得意ではないとされています。

高校生でもあり座学があまり得意ではない秤が現実世界では最難関の弁護士資格を取っているとは考えにくいですが、何らかの理由で弁護士バッチをつけている可能性は否定できませんね。

最近は展開が早い呪術廻戦ですから、秤が出てくるのか、弁護士バッチをつけた人物が誰なのかは早晩明らかになりそうです!

 

▼関連記事▼

呪術廻戦秤金次とは?謎に包まれた秤の強さや術式とは!?

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:虎杖は自身を許すことができるのか?!

渋谷事変で宿儺にカラダを奪われてしまい、間接的に大量の人間を殺してしまったと考えている虎杖はまだ自分を許すことができていません!

呪術回戦143話では、乙骨や伏黒が虎杖の責任ではないと入っているものの、まだその考えを受け入れられずにいます。

 

「人を助けたい」という思いや責任感が非常に強い虎杖。今後、渋谷事変での出来事を受け入れ消化するときがくるのでしょうか?

乙骨も「最後まで虎杖の戦いのボルテージが上がらなかった」と述べており、自分を責めている虎杖が実力を発揮しきれない懸念も出ています

 

とにかく今は、死滅回遊で多くの人が危機に瀕していると考えられるので、自身の行動原理にのっとって、虎杖がその助けに向かうことは間違いなさそうです!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:虎杖の両親に関して語られる?!

呪術廻戦143話では、これまで謎に包まれていた虎杖の両親に関する描写がありました。

虎杖の両親については、第1話で祖父が語ろうとし、それを悠仁が制して以来の言及となります。

悠仁の祖父に加えて、父親と、額に縫い目があり、加茂憲倫がのっとっていると思われる悠仁の母親らしき女性が登場しました。

 

しかしながら、少ない描写でまだ全てが詳になっているわけではありません。

祖父が言う「香織」という女性に何があったのか、脹相に弟と呼ばれる悠仁がどのように誕生したのか、その後どのように育ったのか、両親はどうなったのかなど、むしろ謎が多く残されています。

 

現状では、額に縫い目がある母親らしき女性が、祖父によると死んでしまったと言う「香り」なのかそうでないのかも判然としません。

普通に読めば、死んでしまったという香織と額に縫い目がある「あの女」は別だと読み取れますよね。

しかし一度は死んでしまった香織という女性の体を加茂憲倫がのっとっている可能性があり、それを香織とは区別して「あの女」と形容している可能性があります。

 

今後、早期に虎杖の両親についての秘密が明らかになっていってほしいですね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:死滅回游は「呪力の最適化」の為の壮大な実験?

渋谷事変の終局で語ったように偽夏油の最終的な目的は「呪力の最適化」にあります。

「呪力の最適化」とは、九十九の解釈に則ると、非術師に呪力を分け与え呪術師化する計画と想定されます。

今回の死滅回游は、非術師に呪力・術式を与えて呪術師化し、戦わせるという方式ですので「呪力の最適化」と関連する可能性が非常に高いですね。

 

主な死滅回游のルールを、呪力の最適化の文脈で考えてみると、

 

「術式覚醒後に任意の結界で宣誓する必要がある」

→術師になる意思があるものを選別する

 

「プレイヤーは他プレイヤーの生命を絶つことでポイントを得る」

→術師として覚醒したプレイヤーの中でより戦闘能力・生存能力が高いプレイヤーを選別する

 

「プレイヤーは、19日間ポイントの変動がない場合は術式を剥奪」

→術師として生き残ろうとする意志がないものは非術師化して排除する(呪霊が蔓延る中では死亡する可能性が高い)

 

といったところでしょうか。

こうして考えてみると、「呪力の最適化」という目標を達成するために、偽夏油は人間を選別しようとしており、今回の死滅回游はその実験だと考えられます。

偽夏油が仕掛けた死滅回游、その真意が語られる日は近いでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:死滅回游で加茂憲倫が達成したい目的は!?

加茂憲倫こと偽夏油が仕組んだ死滅回游ですが、最終的に呪力の最適化につながる実験である可能性がありますが他に考えられることはあるのでしょうか?

ヒントになるのは渋谷事変の最後の加茂憲倫の発言です。

加茂憲倫は非術師・術師・呪霊の可能性はまだまだこんなものではないはず、そしてその可能性は自分の手を離れた混沌の中で生まれる、と話しました。

加茂自身の手で生まれたものは、加茂の可能性の域を出ない、とも。

 

加茂が触れたこの「混沌」が今回の死滅回游でしょう。

つまり1000名の元非術師に術式を与え、殺し合いをさせて先に、加茂すらも想像できなかった「何か」が生まれることを期待している、と解釈できます。

加茂が更に具体的に何を欲しているかは現段階では不明ですが、今後徐々に明らかになっていくでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:津美紀を守る戦いに!?

偽夏油の仕組んだ今回の死滅回游。重要なのは、参加者はまず宣誓をしなければならないという事

違反すれば術式を剥奪されるという事で、剥奪が何を意味しているのかも怖い所です。

 

つまり参加したくなくても参加しなければ何が起こるかわからないという事で、伏黒としては仕方なく津美紀の事も参加させなければならない状況だと言えます。

もちろん津美紀に殺し合いをさせる訳にはいかず、とはいえ得点が変動しないとやはり剥奪の恐怖が待っている状態。

なので伏黒としては津美紀を守りながら戦い、19日以内に死滅回游というシステム自体をぶっ壊さなければならない非常に厳しい戦いになっていくのかもしれませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:ルールの追加が意味するものとは!?

一気に説明された死滅回游のルールですが、中でも気になるのは100点消費する事でルールを1つ追加出来るという部分

100点集めたからゲームをクリアとなる訳ではなく、ルールを追加出来るというのが非常に気になる所です。

100点はあくまでも最初の目的であり、別にそこがゴールではないという事なんですよね。

 

とはいえこのゲームから逃れようと考える参加者にとっては、やはりこのルールの追加こそが目的となるのでしょう。

とはいえルールを追加出来るとはいえ、死滅回游というゲームをぶっ壊すようなルールは追加出来ない様子

それだけにどんなルールを追加するかによって死滅回游はどんどん変わっていく可能性があり、進めば進む程ヤバイものになっていきそうです。

 

とはいえゲームである以上はきっと攻略法のようなものが用意されているはず。

色々な条件によって縛りを生み出しているはずで、ルールの追加によって攻略出来る可能性はきっと残されているのでしょうね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:敗れた直哉の役割とは

格好つけて禪院家からやって来た割にあっさりと敗北してしまった直哉

流石にこれで終わるのは格好悪すぎますし、まだ直哉には何らかの役割があるはず

 

とりあえず彼としてはなんとしてでも伏黒の事を消しておきたい所

それだけにしばらくはチャンスを待つ流れとなるでしょう。

 

脹相に敗れた今、単純に乙骨に利用されるという可能性もありそうですが、性格が悪い直哉の事ですしそれだけでも終わらない気がします。

自分の気に入らない展開は許せないというスタンスでしょうし、伏黒を巻き込んで状況を更に悪化させていくような動きをしそうですね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:虎杖の中の宿儺の狙いが明らかに!?

虎杖が乙骨に敗れた際、何かの気配でも感じ取ったのか少しだけ笑みを浮かべていた宿儺。

彼にとってもこの機会が何らかのチャンスだったと考えられそうです。

 

やはり考えられるのは、宿儺が必要としている伏黒が近づいているパターン

未だに宿儺が何の目的で伏黒を必要としているのか定かではありませんが、伏黒が来たらそれも明らかになりそうです。

 

その一方で宿儺自身が自らの復活のタイミングを見計らっているパターンもありそうな気がします。

乙骨というヤバイレベルの術師がいるからこその宿儺の狙いがあるという感じでも面白いのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:宿儺が気づいたのは伏黒の接近!?

虎杖が乙骨に敗れた事で不服そうな表情を浮かべていた宿儺。

しかし何かに気づいたようでその表情は笑顔へと変わっていました。

それだけに宿儺にとって何か都合の良い事態になっているという事なのだと思われます。

 

今の展開を考えると、やはり虎杖の元に伏黒がやって来たという可能性が一番高いでしょうか。

宿儺は伏黒の事がお気に入りでしたし、宿儺が伏黒を使って何かしようとしているのだと虎杖も気づいていました。

なので伏黒がやって来たとすれば宿儺にとってのチャンスかもしれませんし、このタイミングで何か行動に出るような可能性が高い気がしますね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:乙骨の本当の狙いは宿儺の命!?

なんだかんだ結構強めの殺意を持って虎杖と戦っていた乙骨。

リカちゃんのフォローもあって虎杖にトドメを刺した形となりましたが、決して虎杖への憎しみで戦っていたという訳ではなさそうですね。

 

腐りきっている上層部から死刑執行人を任された乙骨。

しかし彼であれば上層部が言っている事がおかしいと疑問に感じていてもおかしくありません

なんだかんだ上層部に従っているフリをして、その裏で実は何かを狙っているパターンというのを期待したくもあります。

 

乙骨は親友である狗巻を傷つけられた事を気にしていましたが、そもそもそれが本当かわかりませんし、実際にそうだとしてもやったのは虎杖ではなく宿儺

虎杖の中には宿儺がいる訳で、宿儺が色々やれば虎杖を簡単に殺す事も難しいはず。

それだけに実は乙骨は虎杖の中の宿儺を仕留めようと考えているなんて事もあるのかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:なぜ直哉と乙骨は早くも虎杖を発見できた?

虎杖と直哉、乙骨が早くも遭遇し、早い展開を見せる呪術廻戦!

直哉と乙骨はなぜここまで早く虎杖を見つけることができたのでしょうか?

 

直哉の発言から、直哉は関西方面からまっすぐ東京へ来て、虎杖を探していたと思われます。

恐らく、乙骨も呪術総監部との会話のあと、早々に虎杖を捜索していたのでしょう。

そして、直哉いわく虎杖は目立ちすぎ、とのことです。

 

これらから類推するに、2人とも術式や呪具を利用したわけでは無く、シンプルに虎杖や脹相の呪力を感じ取って虎杖の元に来たと考えられます。

虎杖が、もし呪術界の上層部による死刑宣告を知っており目立つ行動を避けていた場合には、直哉や乙骨が探す時間はもっとかかっていたかも知れませんね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話の展開考察:乙骨はどこまで事実を知っている!?

待望の登場だったというのに、まさかの死刑執行役となってしまっていた乙骨

こんな登場の仕方だけは求めていなかったと悲鳴が上がりそうな展開なのですが、それにしても乙骨がどれだけ今回の事件を知らされているのかは気になる所です。

親友である狗巻が酷い目にあった事で怒り心頭となっていて、少しだけ冷静さを失っているようにも見えましたからね。

 

本来の乙骨は心優しい好青年でしたが、しばらく高専を離れている間に何かあったという事もあるでしょう。

そういう意味でも本人の考え自体が変わったという可能性もあるのですが、それにしてもちょっと感情的になりすぎている気がします。

 

乙骨であれば高専上層部がクズ揃いである事はわかっているはずでしょうし、彼らの言う事を鵜呑みにしているというのも不自然な気もします。

それだけに乙骨としても実は上層部の言葉を信じておらず、自らの目で何が渋谷事変で起こったのかを確かめる為に虎杖を追いかける選択をしたのかもしれませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:乙骨の術式は?「リカ」とは何者か?

海外から日本へ帰ってきた乙骨が登場したものの、その能力はまだ謎に包まれています。

東京の街で呪霊を倒した時、刀を使っていますが、術式やどのような能力なのかはまだ分かりません!

 

0巻では、特級呪霊・折本里香の呪力によって、狗巻の呪言を使えたり、身体能力を高めたりと、変幻自在の底なし呪力を駆使した乙骨ですが、折本里香は既に解呪されています。

折本里香の呪力を刀に少しずつ込めていましたが、その刀も0巻の夏油との戦いで、急に呪力を込め過ぎた反動に耐えられず、折れています!

しかし日本三大呪霊・超大物呪術師と作中で言われる菅原道真の子孫(五条悟の遠縁)で、折本里香を強大な呪霊にした乙骨。

 

五条悟も言っていますが、折本里香なしでも相当なポテンシャルを秘めていることは間違いありません。事実、折本里香なしの今でも数少ない「特級術師」になっています!

また東京で呪霊を倒した際には、「やりすぎはだめだよリカちゃん」と発言して、呪霊が跡形もなく消されていることから、この「リカちゃん」が乙骨の術式に関係しているのはほぼ間違いないでしょう。

 

加えて、呪霊を跡形も消す時に、乙骨の刀が手元から消えている描写があるため、乙骨が持っていて普段は背中にかけている刀が「リカちゃん」である可能性があります。

「リカちゃん」は折本里香を想起させますが、表記がわざわざカタカナに変わっていることから、既に解呪した折本里香とは別の何かだと想定されますね!

乙骨の術式や能力、「リカちゃん」の秘密が明らかになるのが待ち遠しいです!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:高専メンバー達の想い!東京での戦い!

今回は虎杖サイドの様子が描かれていて、高専のメンバー達がどうなったのかはまだ不明なまま。

なのでそろそろ高専メンバーの様子や、高専がどういうスタンスで動いているのかという部分も描かれて欲しいですよね。

 

呪術界の上層部は完全に五条悟がいなくなったこの機に乗じてやりたい放題というスタンス。

東京がどうなろうと知ったこっちゃないというイカれた考えとなっていますが、流石にその考えに従うような高専のメンバー達でもないでしょう。

 

虎杖についてどう考えているかはそれぞれ違うかもしれませんが、少なくとも五条悟の封印を解く事すら赦さないという部分には疑問を感じているはず

伏黒が虎杖の捜索をしているくらいですし、他のメンバー達も魔境となった東京で戦い続けているのかもしれませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察ついに脹相が触れた虎杖の父親!

呪術廻戦139話では、脹相が虎杖の父親について「父親の額につぎはぎがあっただろう」と言及しています!

脹相は、加茂憲倫が生み出した「呪胎九相図」の一人であり、脹相の父親は加茂憲倫、又は加茂憲倫をのっとった何者か、です。

過去の呪胎九相図にまつわるエピソードでは、加茂憲倫の額にもつぎはぎがあることが確認されています!

従って、自分が兄だと本能的に信じている脹相は、虎杖の父親が自分と同じである、ということを悟っているのでしょう!それゆえの発言です。

 

また以前に、「加茂憲倫をのっとった何者か」の現在の依り代になっている偽夏油が、虎杖のことを「我ながらさすがというかタフだな」と言っています。

このことから、虎杖がこの加茂憲倫、又は加茂憲倫をのっとった何者か、に何らかのかたちで生み出されたことは間違い無さそうです。

 

虎杖は、初期に「父親のことは少しだけ覚えている」という旨の発言をしています。

今後、脹相との会話がかみ合えば、虎杖の父親の正体が明らかになるかも知れませんね!

 

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察虎杖が死刑宣告を知る!しかし納得する可能性大

139話では、直哉との会話で、自身の死刑執行猶予が解除され、抹殺の対象となっている事実を虎杖は知りました。

 

宿儺がやったこととは言え、虎杖は多くの人間を殺めてしまったことに自責の念があるため、この死刑執行に対して納得してしまうのではないでしょうか?

138話で、虎杖は多くの人間を殺してしまったことに苛まれています。

 

ただ少なくとも、手をこまねいて死刑を受け入れる気はないでしょう。

虎杖の思考パターンを踏まえると、まだ自身にやれることがある、と考え前向きに行動するでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:高専メンバーの現在!

渋谷事変後、乙骨を除く高専メンバーはまだ登場していませんが、そろそろ高専メンバーの出番が来るはずです。

言及されているのは、禪院真希が瀕死であること、狗巻棘の腕が切断された、九十九が渋谷事変後に「(高専に?)送り届ける」ように取り計らったということ。

また禪院家での会話から、伏黒恵が虎杖の捜索に当たっていることが分かっています。

加えて、渋谷事変後の東京では呪霊が跋扈する魔境と化しており、術師が一般人の避難や呪霊狩りをしていることが想定されます。

 

この状況から、高専メンバーは、①虎杖の捜索に当たっている、②魔境と化した東京で呪霊狩り・一般人の避難対応、③渋谷事変のダメージを療養中のいずれかと考えられます。

次話では、禪院家との因縁が図らずも発生してしまった伏黒や、乙骨と近い2年メンバー、重傷者の状況が語られる可能性が高いでしょう。

全てを語りはしない傾向が強い呪術廻戦、そこが大きな魅力なのですが気になることが多すぎますね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:高専メンバー達が動き出す!?

渋谷事変の物語の最後の戦いに参加していた高専のメンバー達。

少なくとも彼らには虎杖を敵だとみなす理由もないはずで、彼らからすれば上層部の判断は明らかにおかしいと感じるもの

それだけに彼らは彼らで何かしらの形で動き出すのかもしれませんね。

 

とはいえパンダなんかも最後の戦いには参戦していて、彼が普通に戻っていたら乙骨と会話出来るチャンスなんかもあったかもしれません。

会話さえ出来ていれば乙骨があんなに激しく怒るというのもおかしい気がしますし、もしかすると彼らは別に隔離されていたりする可能もあるのかもしれませんね。

とはいえ伏黒が虎杖捜索を許されている訳ですし、その辺りは色々と上層部がコントロールしているとも考えられます。

 

それぞれの立場があり、特に御三家の加茂なんかは立ち位置が難しいでしょう。

しかし交流会を共に戦った京都校のメンバー達には、なんとか虎杖の味方をしてくれる展開を望みたいですね

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:狗巻棘の腕を切断したのは宿儺の領域展開が原因!

渋谷事変の後、乙骨が「虎杖が狗巻の腕を切り落とした」と言っています。

呪術廻戦の本編では、明確な描写はされておらず、多くの読者にクエスチョンマークが浮かんだのでは無いかと思います。

これは、宿儺(つまり虎杖)が八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)との闘いの巻き添えになった、と考えられます。

 

宿儺は自身を中心に140mに領域を展開し、自身の術式である目に見えない強力な斬撃「解(かい)」で魔虚羅をメッタ斬りにして倒しています。

140m以内にいる相手が対象となるので、その時に巻き添えになった可能性が高いです。

その証左として、「狗巻に助けられた」と言っていた一般人が、「解(かい)」によって斬られるシーンが参考になります。

 

確かに、宿儺が領域を展開した近辺で、狗巻が呪言で一般人を逃がそうとするシーンは以前描かれています。

つまり、その一般人の近辺に狗巻がいたことが示唆されており、宿儺の領域に狗巻も巻き込まれていた、という可能性が高いです。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:「禪院家」の次は「加茂家」!?

呪術廻戦138話では、「禪院家」というタイトルで直毘人の死やその遺言の読み上げ、次期当主となるはずだった直哉の挙動が描かれています。

次回は同じ御三家の「加茂家」の模様が描かれる可能性もゼロではない、と考えています。

 

偽夏油の正体は加茂家の「加茂憲倫」とされており、そのことは恐らく加茂家にも伝わっているはずです。

加茂憲倫を巡る話題が繰り広げられても不自然ではありません。

そこには、嫡男であり、加茂家の主要な登場人物である加茂憲紀も登場するでしょう。

 

一方で、もう一つの御三家である「五条家」は話の舞台にはならない可能性があります。

五条家は「五条悟のワンマンチーム」とされており、他の登場人物も今のところは存在しないためです。

五条悟が封印されたので、悟を継ぐ人物の話にもなりえますが、大した呪術師がいないのだとすると、話の中心になりにくそうです。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:伏黒恵が当主に選ばれる理由・・・!

五条悟が意思能力をなくした時、という条件付きで伏黒が禪院家の当主に指定されています。しかし、その理由は明確には語られていません。

禪院(伏黒)甚璽との契約は、伏黒恵を禪院家に迎える代わりに、多額の金を父である禪院甚璽へ渡す、というものに留まり、当主を確約するものではありません。

伏黒本人にとっても、禪院家の人々にとっても寝耳に水でしょう。事実、直哉は伏黒のことを「良く知らないガキ」と吐き捨てています。

 

当主に指名された理由について、少ないヒントを手掛かりに何とか考察してみると、考えられるものが3つあります。

一つ目は、伏黒の術式・呪力が直哉よりも禪院家当主に相応しいということ。

禪院家は「術師としての力・有能さが全て」という家系です。

伏黒は2級術師(1級術師の推薦は受けている)ですが、「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」という禪院家相伝の術式をつかいます。

この術式が大きく評価されている可能性は高いです。これは五条悟や宿儺の言動からも分かります。

その昔、同じ術式を持つ禪院家当主が、六眼持ち+無下限術式(=五条悟と同じ)を持つ五条家当主とのご全試合で、双方死亡に持ち込むほどの実力者であったことが、五条悟の話で明らかになっています。

また宿儺は伏黒の術式を利用して何かを企んでおり、またこの術式を使いこなせていなかった伏黒を見て「宝の持ち腐れ」とつぶやいています。

 

二つ目は、五条悟がいない危機的な状況で、伏黒の能力が有効である、ということ。

「五条悟が死亡または意思決定できない状態」という条件は、作中で何度も語られている通り、日本の終わりや呪霊全盛の時代を迎えるということを意味します。

現代最強の呪術師・五条悟が行動不能になることで呪霊や呪詛師の抑制が効かない、正に今、日本・東京が陥っている状況が当てはまるでしょう。

わざわざ条件を付与しているので、特定の、危機的な状況を想定していると考えられます。

その状況において、人間あるいは禪院家の存亡には、直哉よりも伏黒が適任、と考えた可能性が高いです。

 

三つ目は、禪院家が保有する呪具を有効・適切に扱えるから、という点です。

直哉が当主となった場合は、呪具の運用には、他の二人(扇と甚一)のいずれかの承諾を得る必要がある、とされています。

しかし伏黒が当主となった場合は、そのような条件はなく、「全財産を譲渡する」としています。

これは着目すべき違いです。伏黒が忌庫の呪具を直哉より有効・適切に運用できるから、と言えるでしょう。

まだ呪具の内容も良くわかりませんが、五条悟がいない危機的な状況下で伏黒の術式と相まって、救世主となりうると想定したのではないでしょうか。

 

次話では、直毘人がなぜ伏黒を選んだのか、という点についても回想で語られるかも知れません!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:仲間達の生死が明らかに!?

虎杖がどうなったのかはもちろん気になるのですが、それと同じくらいに気になっているのが仲間達の生死

今回はしばらく描かれていなかった狗巻棘が片腕を失っていたという事も判明していたりと、描かれていなかった部分でも悲惨な状況になっている気がします。

 

きっと生きていてくれるはずだと信じたい釘崎

死んでいる可能性もあるものの生きていて欲しい真希や直毘人

片腕を失った東堂や瀕死だった伏黒など、彼らがどうなったのかも気になります。

 

生きていたとすれば、彼らがこの地獄のような状況で何を思っているのか

その辺りが描かれて欲しいですが、それはそれでめちゃめちゃメンタルがやられそうな気がしますね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:高専の仲間は通達をどう捉えるのか?

呪術総監部から通達された5つの事項、高専の仲間たちはいったいどのように捉えるのでしょうか?

狗巻棘が、特になにも描写なく片腕を失っていたりと、高専メンバーの安否は不明です。

 

しかし、もし無事であれば、近い立場にいた釘崎・伏黒やパンダ・真希は素直に通達に従わない可能性が高そうです。

京都は学長が上層部側ですし、加茂憲紀は東京校vs京都校で真っ先に虎杖抹殺に賛成した人物ですので、通達にも従ってしまうかも知れません。

 

夏油に対する処罰はともかく、五条悟の封印解除禁止や夜蛾学長の死罪、虎杖の死刑執行猶予取り消しには、素直に従わないものが多いのでは無いでしょうか。

仲間たちの生死や安否が明らかになるにつれて、彼らの通達に対するスタンスや、壊滅した東京で何を思い、どんな行動をしているか、判明してきそうです。

 

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:死罪認定された夜蛾学長は何をしている?

呪術総監部によって、夏油傑、虎杖悠仁と共に死罪に認定されてしまった夜蛾学長ですが、渋谷事変の後は誰とともに行動しているのでしょうか。

死罪に認定されてしまっている以上、表には出てこられないはずなので、東京で避難活動にあたっている術師ではなく、一部の夜蛾学長を慕う人間、親しい人間と考えるのが自然です。

 

高専で教え子だった家入硝子、また同じく死刑執行とされている虎杖と一緒にいる可能性がありますね。

またなぜ夜蛾学長が、呪術総監部からわざわざ死罪認定されているのか、も非常に気になる点です。ストレートに考えると、夜蛾学長が上層部にとって邪魔な存在であるためなのですが、そのあたりも今後明るみに出るのでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:「呪力からの脱却」と「呪力の最適化」の真の意味とは?

渋谷事変で語られた、九十九由基が目指す「呪力からの脱却」と偽夏油が目指す「呪力の最適化」。

 

「呪力からの脱却」は、以前九十九が語っている「全人類から呪力をなくす」か「全人類に呪力をコントロールさせる」ことで呪霊を発生させないプラン。

但し、1つ目については呪力なしで無類の強さを誇った伏黒甚爾がいなくなり研究が不可能になったため、諦めざるを得ない方法とされています。

 

一方で、「呪力の最適化」は、九十九の解釈に則ると、非術師に呪力を分け与え呪術師化する計画と想定されますが、偽夏油は呪霊のいない世界は望んでいない、とも言っています。

九十九と偽夏油が語る二つの方法は、目的からして違うようですが、今後、その真の意味が語られる日も近いでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:五条悟の復活はいつ誰が成し遂げる?

呪術廻戦の中でまぎれもなく最強キャラの一人である五条悟は、偽夏油に獄門彊に封印されたまま渋谷事変が終了したものと思われます。

偽夏油と裏梅が無事に渋谷から退散してしまったことから、誰も五条悟の封印を解除できていないことは明白です。

 

では誰が五条悟のいつ誰がどうやって封印を解くのか。

可能性としては、伏黒甚爾が五条悟と戦った時につかっていた発動中の術式を強制終了させる力をもつ特級呪具「天逆鉾」を使って、呪具の扱いに長けた真希が使って封印を解く、なんていう展開を期待したいです。

 

ただ本当に「天逆鉾」が獄門彊の封印を解けるのか、どうやって解けるのかは全くの不明ですが…!!

はたまた読者の予想を超えていく呪術廻戦ですので、封印が現代では解かれない(獄門彊の効果は100~1000年とされています)という可能性もありますが、個人的にも五条悟は大好きなキャラクターなので、早めに復活して欲しいと思います!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:乙骨は呪術総監部に潜入しているだけで実は味方?

乙骨は、虎杖の味方である可能性もあります。

というのも、乙骨が久々に登場し、呪術総監部の上層部とのやりとりで「虎杖は自分が殺す」と宣言したその回のタイトルが「堅白」なんです。

 

「堅白」は中国の故事「堅白異同」から来ていると思われます。

堅白異同とは

①堅く白い石は二であって一ではない。なぜなら、目で見たときは白いことは分かるが堅いことは分からない。手で触れたときは堅いことが分かるだけで色のことは分からない。ゆえに堅と白とは二であって、同一のものではない、という考え方の違いを論じるもの

②詭弁をもてあそぶ議論のこと

出典:デジタル大辞泉

噛み砕いて解釈すると、「1つの堅くて白い石は実は2つ。なぜなら「白い」のは目で見ればわかるが「堅い」の手で触らないと分からない。だから2つ」

という詭弁=論理が通っていないめちゃくちゃな主張のことを指します。

抜き出されている「堅白」の意味を、この故事から類推すると、恐らく「1つのものに2つの性質が同居している」でしょう。

これはこの回の主役である乙骨のことを指しているのではないでしょうか。つまり、「呪術総監部に従って虎杖を殺そうとする乙骨」と「虎杖の味方の乙骨」です。

 

また「堅白」の回のセンタカラー表紙煽りは「白刃、何を映す」となっており、ここでも「白」が使われています。

「白刃」は、「白刃」を背中から抜いている乙骨が同じ表紙に描かれていることから、乙骨の刀を差すことは明白です。とすると「堅」は乙骨自身のことを指すのではないでしょうか。

つまり「堅白」の「白」が乙骨の刀=「相手(虎杖)を攻撃するもの」、「堅」=「虎杖を実は適していない乙骨自身」ということを表しているのでは!?

 

今は呪術総監部に従っている風を装っていても、最終的には虎杖・五条サイドの味方であることを暗示しているように見えますね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話展開考察:乙骨は海外で何をしていた?

海外で活動していたとされる乙骨が日本へ帰ってきました。

日本での非常事態にともなって呪術総監部から召集がかかり、急遽日本へ帰ってきた可能性が高いですが、海外では何をしていたのでしょうか?

 

渋谷事変に突如現れた九十九由基によれば、「彼の国」(絵からアメリカを指すと思われます)や中東諸国が、呪術に関して関心がありそうな国として触れられていますが、乙骨はそれらの国で活動していた可能性が高いです。

海外では、日本に比べて呪術師や呪霊の発生が極端に少ないのですが、特級術師である乙骨が派遣されるということは、その中でも海外の術師では対処できない特級クラスの呪霊に対処していたのかも知れません。

 

今後、話が進むにつれて、またはスピンオフで乙骨の海外物語も語られる可能性はありますね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話以降 展開考察

ここからは、呪術廻戦の145話、および145話以降で起こり得る展開を予想・考察しています。

伏線や謎が多い呪術廻戦、今後の展開から目が離せません!

 

呪術廻戦ネタバレ145話以降 展開考察:虎杖の両親は?

虎杖悠仁の両親はまだ登場していません。

虎杖の肉親で登場しているのは、初期に亡くなった祖父のみ。

その祖父が虎杖に両親のことを話そうとしましたが、虎杖は別に知りたくない、といった風で制止しています。

 

当の虎杖は、父親のことはうっすらと記憶がある、と語ったのみで、これまでほとんど虎杖の両親について解説がありません。

呪術廻戦の世界では、呪力や術式は遺伝の要素が強く、血筋はかなり重要な部分を占めます。

虎杖が人間離れした身体能力を誇ることや、宿儺の器たりうる理由も詳述されていませんが、両親や血筋が大いに関係していそうです!

 

また大きなヒントとして、「加茂憲倫をのっとった何者か」の現在の姿である偽夏油が、虎杖と戦う中で虎杖のことを「我ながらさすがというかタフだな」とコメントがあります。

このことから、虎杖が、加茂憲倫をのっとった何者か、に何らかのかたちで生み出された可能性は高そうです!

 

呪術廻戦ネタバレ145話以降 展開考察:虎杖の身体能力は天与呪縛?!

50mを3秒で走るなど、人間離れした身体能力を持つ虎杖悠仁ですが、その根拠はまだ作中で語られていません。

虎杖は呪力を持ち合わせていないことから、甚爾や真希と同様の「天与呪縛」である可能性があります。

 

天与呪縛は、本来術式をもって生まれるはずだった人間が術式を得られずに生まれてきた場合に、身体能力が高まる現象です。

また宿儺の器となれていることにも、根拠が説明されていません。

受胎九相図の受肉について話した時、偽夏油の発言に「宿儺は器を選ぶ」というものがありましたが、虎杖が選ばれたのはなぜなのでしょうか?

 

もしかしたら、乙骨が菅原道真の子孫であったように、過去の大物呪術師の家系だった、ということもあり得ますね。

因みに、今天与呪縛が確認されているのは禪院家の人間(真希と甚璽)だけですよね。虎杖も禪院家に関連してるのでしょうか?

後は、まだ明らかになっていない両親が大きく関係している気がします。

主人公にも関わらず、虎杖は謎が多い人物ですね!今後、少しずつその正体が明らかになっていくでしょう!

 

呪術廻戦ネタバレ145話以降 展開考察:宿儺が伏黒を利用して成し遂げたい目的!

宿儺は伏黒恵を利用して何らかの目的を達成しようとしています。

渋谷事変でも、一撃入れられたら周りの人間を全て殺す、と漏瑚に言いつつ、一人を除いて、としておりこれは間違いなく伏黒恵のことを指しています。

また同じく渋谷事変では、瀕死の伏黒恵を回復させています。

しかしその目的はまだ明らかになっていません。

 

ただ伏黒の術式「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」が関連している可能性は高いでしょう。

過去にこの伏黒と同じ術式を持つ禪院家当主が、五条悟と同等の能力(六眼+無下限術式)を持つ五条家当主と引き分けた、との記録もあります。

それほどポテンシャルが高い術式であり、また渋谷事変で「八握剣異戒神将 魔虚羅」を呼び出したように、使い方もまだまだ未知のものがあるのではないかと思います。

 

宿儺は、力を取り戻した場合には恐らく、現時点で五条悟を凌ぐ圧倒的な最強キャラと考えられるため、純粋な力を求めているわけでは無さそうです。

 

宿儺が伏黒を利用して成し遂げたい目的には、宿儺の過去や野望、夢などが関わっていると考えるのが自然です。今後徐々に明らかになっていくでしょう!

 

呪術廻戦ネタバレ145話以降 展開考察:一級術師推薦の件はどうなった?!

渋谷事変が発生する前、虎杖、伏黒、釘崎、パンダ、真希は東堂と冥々から、一級術師の推薦を受けていました。

五条悟が冥々を1,000万円で買収してまで画策したこの推薦はどうなったのでしょうか?!

 

一級術師になるためには、一級術師と共に任務をこなして準一級になった後、単独で一級術師としての任務を完遂する必要があります。

今の状況を鑑みるに、一級術師への昇格どころではなく、保留になっていると想定されます

虎杖は追われる身ですし、釘崎・真希は瀕死の状態です。伏黒は虎杖捜索、パンダは不明ですが東京で呪霊ハントをしている可能性が高いですね。

 

ただ全てが落ち着いた後、無事に生き延びた面々は一級術師に必要な任務・経験を経て、昇格するという展開もあるかもしれませんね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 最新話:関連する考察

呪術廻戦は、多数の謎や伏線が張り巡らされている奥ゆかしい作品です。

だからこそ面白くて読み応えがありますし、謎や伏線について考えるのは非常に楽しいですよね!

以下の記事では、呪術廻戦で読者目線で気になるポイントを徹底考察していますので、宜しければぜひご覧ください!

【考察記事】

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り

『呪術廻戦』145話「あの場所」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:もしも次に宿儺と代わってしまったら

加茂憲倫が仕組んだ死滅回游には姉である津美紀も巻き込まれている

だからこそ虎杖の力が必要だという伏黒の言葉に、虎杖も覚悟を決めて乙骨に1つお願いをする事に。

 

宿儺が伏黒を利用して何かを企んでいる事に気づいていた虎杖。

渋谷で宿儺に肉体を奪われたのは、一度に指を10本も食わされたから

逆に言えば既に虎杖の中に指は15本存在していて、残り5本をまとめて食わされたとしても肉体を乗っ取られはしないと考えていました。

 

しかし虎杖は自分の覚悟を示す為にも乙骨に対して語りかけます。

もしも次に宿儺と代わってしまったならば迷わずに殺してくれと

乙骨であれば出来ると思うと語る虎杖に対して、乙骨も死力を尽くすと約束するのでした

 

 

前回の乙骨と伏黒の言葉でかなりメンタル的に回復していた感じの虎杖。

しかし自分の罪を自分でも許していないからこそ、いざとなったら自分を殺すようお願いしたんですね。

こういう風に考える辺りに、虎杖が本当に罪の意識を持ち続けながら生きているというのが分かって少し辛くもあります。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:天元様への接触と聞けずにいた釘崎の事

虎杖自身の話を終え、まずこれから何をするべきかを確認する一行。

伏黒によればとりあえず高専に戻って天元様と接触を試みるとの事。

 

死滅回游は未曾有の呪術テロであり、事態を収拾させる為には二つの回答を得る事がマスト。

それが獄門疆の封印の解き方を知る事と加茂憲倫の目的と今後の出方を知る事

 

それらの問いに答えられるのは天元様しかいない

その案を考えたのは九十九で、上層部と関わりたくないという彼女も高専に潜伏しているのだそう。

 

しかしそこで問題になるのが天元様の隠すに特化した結界

シャッフルが繰り返される1000を超える扉の1つだけが天元様のいる薨星宮へと繋がっていて、それを引き当てなければ会う事も出来ない。

 

と、そこまで話が進んだ所で虎杖は自分の気持ちを抑えきれずに伏黒に問いかけます。

釘崎はどうなったのかと

その問いかけに何も言わずに目を伏せた伏黒を見て、虎杖は全てを悟り自分の拳を強く握りしめるのでした。

 

 

未だに謎の存在のままだった天元様に助けを求めるという展開は面白いですよね。

とはいえ元々人間に関わるのを良しとしないイメージもあり、果たして素直に協力してくれるのかは謎ですが。

そしてここで改めて釘崎がどうなったのかについて話がありましたが、伏黒のリアクション的にはやっぱりダメそうでもありますが果たしてどうなんだろうか?

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:生きていた真希と脹相の弟達の気配

天元様の隠す結界についてなんとかなるかもしれない。

そんな事を言いだしたのは当たり前のように会話に入ってきた脹相

彼は以前真人が宿儺の指と九相図を盗み出した時と同じやり方を考えていました。

 

長い夜が明けて遂に高専へと戻ってきた虎杖達。

そこで待っていたのは特級術師の九十九由基と大きな火傷を負いながらも生きていた禪院真希でした

 

もう動いていいのかと心配そうに語りかける乙骨。

九十九は真希の火傷は反転術式でも痕が残るのだと語ります。

 

しかしそれでも生き残ったのは真希に天与呪縛のフィジカルギフテッドがあったから

呪いへの耐性ではなく肉体の強度が生死を分ける事になっていました

 

そこで天元様の元へと辿り着く為の方法を語りだした脹相。

天元様の元へと繋がる扉と薨星宮の途中には高専が呪具や呪物を保管している忌庫があり、そこには脹相の弟達の亡骸があるのだそう。

亡骸とはいえ6人も揃えば術式の副次的な効果で気配くらいは辿れると脹相は考えていました。

 

脹相のおかげで天元様の所へ行けそうだとなったものの、そこで真希は気になっていた当然の質問を投げかけます。

天元様の元へと行き方を語っていたコイツは誰なのかと

 

それに対して少しだけ戸惑いながらもとりあえずは自分の兄貴だと説明する虎杖

その言葉で兄であると認めてもらったと思ったのか、脹相は大興奮で悠仁と叫ぶのでした

 

 

大きな火傷を負っていたものの真希が生きていたのは本当に良かったです!

やはり生死を分けたのは真希の天与呪縛のおかげで、シンプルな肉体の強さがあったからこそ呪力がなくても生き残れたというのが皮肉でもあります。

その一方で脹相お兄ちゃんは有能すぎる上に面白すぎて最高のキャラになってきましたね

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:あの場所の先で待っていた天元は何を語る!?

脹相の弟達の気配を辿って進んでいく一行。

扉の奥には樹木に覆われた不思議な空間が広がっていて、九十九によればその奥に薨星宮へと続く昇降機があるのだそう。

その途中で忌庫を発見した脹相は、中にいるはずの弟達に後で迎えに来ると優しく語りかけるのでした

 

昇降機を降りて進んだ所で虎杖が気になったのは、床に大きな血痕らしきものが残されていた事

それに対して11年前の話だと寂しげに語る九十九。

全ての歪みはあの時始まったのかもしれないと語る彼女でしたが、当然この場にいた仲間達は何も知る由もありませんでした。

 

11年前の悲劇の場所を超えてその先の本殿へと進む虎杖達

しかしそこは真っ白で何もない空間が広がっているだけ。

戸惑う仲間達に対して九十九は、自分達を拒絶しているのだと語ります。

 

天元は現に干渉しないものの、六眼が封印された今なら接触出来ると思っていた九十九。

しかしそれと同時に拒絶されているのは自分一人なのかとも考えるのでした。

 

残された時間もそれほどない為、仕方なく帰ろうとする一行。

しかしそんな虎杖達に突如として語りかける者が

 

真っ白な空間に突如として現れたのは、四つの眼を持つ人とは思えない存在

天元様らしきその人物は全てを見通したかのようにそれぞれに語りかけるのでした。

禪院の子、道真の血、呪胎九相図、そして宿儺の器・・・と

 

天元様に会いに行くという事は、かつて天内が殺されたあの場所にやってくるという事でもあったんですよね。

直接あの事件に関係しているメンバーは誰もいませんが、九十九だけはここで何が起きたのかを把握しているのが面白い所であり気になる所でもあります。

ラストには天元様らしき人物が現れましたが、人間というよりは呪霊っぽくて驚きでした。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返りの感想考察

相変わらず情報量が盛り沢山過ぎた今回。

早速死滅回游の戦いに参加していくのかと思いきや予想外の展開になってきましたね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:虎杖の覚悟と乙骨との約束

乙骨と伏黒がどこまでも虎杖を信じていてくれた事で、虎杖自身はかなり救われていました。

しかし例え皆が自分を許してくれたとしても、虎杖は自分自身を許せなかったのだと思われます。

だからこそもしも自分が再び宿儺に代わられてしまった時は、自分を殺して欲しいと乙骨にお願いしたのでしょう。

 

これこそが虎杖の強い覚悟の表れであり、唯一のケジメの付け方なのだと思います。

虎杖は宿儺のヤバさを知っているはずですが、その上で乙骨なら宿儺を殺せると考えているようです。

それだけに虎杖視点では乙骨は宿儺レベルだという事なんでしょうね。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:気になる釘崎の生死

今後の目的が語られていた中で、我慢できずに釘崎の事を聞いた虎杖。

多分聞きたい気持ちと聞きたくない気持ちの両方が虎杖の中にはあったのかなぁと想像出来ます。

生きていると聞ければベストですが、死んだと言われてしまうのはめちゃめちゃ怖いでしょうからね。

 

それだけに伏黒の目線だけで全てを察してしまった虎杖。

これによってより強い覚悟を決めた感じでしたが、実際に釘崎が死んだのかどうかはまだ不明のままなんですよね。

本当は釘崎は生きているけれどあえて伏黒が何も言わなかったのだと思いたい所です。

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:真希生存の理由

釘崎の生死は不明のままでしたが、真希の生存は確認する事が出来ました。

顔中火傷だらけで、しかも髪の毛も短くなってしまったりと非常に痛々しいのですが、それでも生きていた事は素直に嬉しいですよね。

火傷は反転術式でも治らないとの事で、改めて反転術式は万能ではないのだと思い知らされました。

 

しかし同じ漏瑚の炎を食らいながらも、直毘人とは違い生き残っていた真希。

その理由はシンプルで真希の持つ天与呪縛による肉体の強度のおかげ

 

持たざる者として生まれてきた真希ですが、持たなかったからこそ生き残れたというのが皮肉が効いている感じですよね。

呪力を持って生まれてきていたら生き残る事は出来なかったのでしょうし。

生き残った真希の今後の活躍にも期待ですね!

 

呪術廻戦ネタバレ145話 前回振り返り:11年前のあの場所

今回大活躍だった脹相お兄ちゃん。

彼の活躍によって天元の所へやって来れましたが、そこで11年前のあの場所を通る事に

 

この場所では11年前に天内が殺されて夏油も瀕死に追い込まれてしまっていました

虎杖達は当然これを知らない訳ですが、読者は何が起きたのかが分かるという構成が素晴らしいんですよね。

 

しかし気になるのはこの場所にいなかったはずの九十九が、この件についても詳しく知っていそうな所。

天元についても詳しい感じですし、やはり九十九は天元と何か関係があるんでしょうか?

 

ラストではその天元様らしき人物も登場してきましたが、思ったより化け物っぽい見た目でした。

とはいえやはり全てを見通しているのか、この場にいたメンバーが誰なのかも把握していましたね。

『呪術廻戦』においても非常に重要な天元がこの場で何を語るのか注目ですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話145話への読者の声

 

 

『呪術廻戦』最新話145話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦ネタバレ145話まとめ

謎に包まれていた存在である天元が登場となった今回。

人間の代表みたいなイメージをしていましたが、思ったよりも呪霊っぽくて驚かされましたね

 

とりあえず良かったのは瀕死とされていた真希の生存が確認出来て、しかも仲間として共に行動出来ていた事でしょう。

大きな火傷の痕が残ってしまいましたが、それでも全然変わらずにいてくれたのも良かったです。

 

天元の元へやって来たものの、九十九と天元の間には何かしら因縁もありそう

それだけに天元が虎杖達を相手に何を語る事になるのか注目ですよね!

 

次回の『呪術廻戦』第146話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。