鬼滅の刃

鬼滅の刃176話ネタバレ!玄弥と無一郎死亡!縁壱に成りたい黒死牟も散る

週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』最新話176話のネタバレと感想考察、展開予想です。

 

黒死牟は全身から刀を出して全方位に攻撃しました。

しかし時透の刀と玄弥の弾丸により、黒死牟の動きを止めることに成功します。

 

悲鳴嶼と実弥の攻撃により、ついに黒死牟の頸が落とされました。

4人は今後どうするのでしょうか!?

 

それでは、気になる『鬼滅の刃』最新話176話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

『鬼滅の刃』アニメ版が
U-NEXTなら見放題で31日間無料!

鬼滅の刃最新話175話ネタバレ

U-NEXTなら『鬼滅の刃』アニメ版が今だけ全話見放題に!

登録後31日間は無料で見れるので、アニメの美麗な『鬼滅の刃』を思う存分堪能しましょう!

U-NEXTで今すぐ視聴!

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2019年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

 

鬼滅の刃176話ネタバレ:前回175話感想考察

 

ついに黒死牟の頸を落とす方が出来ました!

ここまでとても長かったように思います。

 

時透、玄弥、悲鳴嶼、実弥の全員の力があってこその勝利ですね。

誰一人欠けても勝つことは不可能でした。

 

黒死牟はかつて縁壱が語った通り、後に育った子どもたちの手により負けました。

縁壱はこうなることが分かっていたのですね。

 

生き永らえるために鬼となった黒死牟が、死を受け入れた縁壱の意思を継ぐ子どもたちの手によって負ける。

何とも皮肉な結末ですね。

 

そしてこの戦いが終わった後にも、まだ無惨が残っています。

一息つく暇もないでしょう。

 

時透と玄弥がどんな状態なのかとても気になります。

時透はかなり酷い状態なので、覚悟をしておいた方がいいのでしょうか。

次回の展開も気になりますね。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

鬼滅の刃176話ネタバレ

鬼滅の刃最新話175話ネタバレ

 

では、『鬼滅の刃』最新話176話

「侍」のネタバレです!

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

鬼滅の刃176ネタバレ:縁壱を憎む黒死牟

黒死牟の目に今浮かぶのはかつて横で見ていた縁壱の微笑む横顔。

(縁壱、お前が笑うときいつも俺は気分が悪くなり耐えられなかった。)

一体何がおかしい…

 

(胴体を切り離しても刀から手を離さず、

人間が血鬼術を使い、斬られても斬られても出血死せず、

鬼に匹敵するほどの成長スピードで限界を超える動きを駆使し、

太陽の呼吸の使い手でもない者が刀を紅く染める、

そんな未来を想像するのなんか、なにが面白いのだ。)

 

既に息絶えていると見える玄弥と無一郎の姿を見ながら、黒死牟は自らを奮い立たせていく…。

 

鬼滅の刃176ネタバレ:復活する黒死牟

黒死牟は目の前にいる自身捕らえようとする者たちの姿を一人ずつ見つめながら、古い記憶の中で縁壱に問いただしていた。

 

負けるわけにはいかない

 

何度も自分に言い聞かせたこの言葉の感情を思い出すと、首が落とされたはずの黒死牟の体は立ち上がった!

 

行冥(出血が止まった…?!)

行冥「不死川!攻撃を止めるな!畳み掛けろ!時透と玄弥の死を無駄にするな!」

実弥「当たり前だ!うああああ!粉々に見えなくなるまで切り裂いてやらあ!」

すでに二人とも傷だらけで戦える状態ではないが、目は充血し理性を失う寸前のように怒りに満ちた表情で必死に立ち向かっている。

 

鬼滅の刃176ネタバレ:玄弥と無一郎の死

次々に攻撃を繰り返す行冥と実弥だが、致命傷には至らない。

黒死牟(まだ体は壊れていない。この状況さえ抜ければまだ蘇生できる。負けてはいない。

あいつら(玄弥と時透)は死んだし、刀の力も血鬼術も薄れてくるはず。

そして首を切断された死を克服する…!)

 

そこでちょうど行冥が鉄球で黒死牟を狙う!!

 

しかし…

 

行冥・実弥(…!?)

フッと黒死牟は鉄球を避けた……!

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

鬼滅の刃176ネタバレ:獣と化す黒死牟

鉄球を避けた黒死牟を振り返ると、そこに立っていたのは、獣のように口からは牙が生え、その間からヨダレを垂らし荒い息を吐いている。

身体中からは黒くて硬い棘を生やし、その姿は鬼でもない、ただの獣であった。

 

実弥「頭部を再生しやがったあの野郎!くそやろうがあああ!!」

行冥「攻撃を続けるんだ!まだ頸を切られて間もないから力は弱いはずだ!頸を狙え!」

 

黒死牟(死を克服した。もうこれ以上どんな攻撃も無意味だ。

太陽の光以外は。もうこれで誰にも負けることは…)

 

そう思った瞬間、刀を持ってこちらに向かってくる実弥の姿。

その手にある刀に反射する姿で初めて黒死牟は今の自身の姿を目の当たりにした。

 

黒死牟(なんだこの…醜悪な姿は…)

 

鬼滅の刃176ネタバレ:縁壱との会話

そして思い返される縁壱との会話。

縁壱「兄上の夢は、この国で一番強い侍になることですか。

僕も兄上のようになりたいです。

僕もこの国で2番目に強い侍になりたいです。」

 

黒死牟(これは侍の姿なのだろうか。

これは望んでいた姿だろうか。)

 

そう自身の姿と意思を疑った瞬間。

心臓がドクン!と音を立てたと同時に、時透が攻撃した箇所からだんだん体が崩れていった…。

 

鬼滅の刃176ネタバレ:崩壊

黒死牟(血鬼術を…使えない…

まだだ。

まだ再生できるはずだ。

まだ負けてはいない。

まだ。)

 

––––––––––––––––お労しや、兄上。

 

最後に浮かぶのは老いた縁壱の泣きながらに放ったあの言葉であった。

首を斬られ体が朽ちてもなお敗北を認めない醜悪さ。

生きるのが羞恥だ。

 

こんなもののために私は何百年も生きたのだろうか。

負けたくなかっただろうか。

 

醜悪な鬼になりながら強くなりたかったのだろうか。

人を喰らいすらしながらまで、生きたかったのだろうか。

 

こんな惨めな生き物に成り下がってまで…

 

いいや違う。

 

私はただ––––––––––––––––。

 

縁壱、

 

お前になりたかっただけなのだ。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

鬼滅の刃176話ネタバレ展開予想

 

ここからは、『鬼滅の刃』最新話176話、そして177話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

時透の状態

今回の黒死牟からの攻撃により、時透は胴から真っ二つにされてしまいました。

普通なら即死でしょうが、時透はその状態でもなお、この後の無惨との戦いのことを考えていました。

そして悲鳴嶼と実弥の二人を死なせまいと必死で抗います。

 

その結果、時透の刀は赤く染まっていきました。

黒死牟によると、それは縁壱と同じ色だそうですね。

 

そしてその刀の影響で、黒死牟は激痛で動けなくなりました。

時透のこの攻撃がなければ、黒死牟に勝つことは出来なかったでしょう。

 

しかし時透は、黒死牟に向かっていった時点で既に自分が死ぬことはわかっていました。

失血が酷すぎるのです。

さらに腕や脚も失い、もし命を繋ぎとめても、鬼と戦うことは不可能でしょう。

 

元々それほどの状態でした。

時透もとっくに死ぬことを受け入れていました。

 

それでも、と読者としては思ってしまいますよね。

そんな微かな希望も、今回の攻撃によって切り裂かれてしまったように思います。

 

もし時透が、玄弥のように鬼の一部を取り込むことで回復できれば、と思ってもみました。

しかしあれは玄弥だから出来ることなのです。

次回、時透がどうなるのか怖いですね。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

玄弥の状態は

玄弥も今回の攻撃で上半身を半分にされてしまいました。

こちらも普通なら即死です。

 

しかし玄弥は、胴を半分にされても生きているのです。

鬼の一部さえ取り込むことが出来れば、今のこの傷もどうにかなるかもしれません。

それでも頸にまで傷が届いている分、今までよりもきつそうですね。

 

玄弥もまた、時透と同じく黒死牟を足止めしました。

炭治郎の言っていた通り、風向きを帰ることに成功していたのです。

 

しかし本人も今回の鬼化で、自分の異変に不安を感じていました。

これ以上黒死牟を取り込めばどうなってしまうのでしょうか!?

 

前回までに起こっていた変化は、身体能力の向上に加え、無惨の声が聞こえるというもの。

これは鬼化の時限定なのでしょうか?

 

もし人間に戻った時にも無惨の声が聞こえ続けるようなら、それは完全に人間に戻れなくなっていることを表します。

声が聞こえることで無惨の現状を知ることもできると思いますが、それでも自分が人間から離れていくというのは恐ろしいものでしょう。

 

次回、玄弥はさらに鬼化を進めるのでしょうか!?

その時の実弥の反応も気になりますね。

 

無惨との戦いは

ついに黒死牟を倒すことが出来ました。

いよいよ次は無惨でしょうか。

 

今無惨の元に向かっているのは、炭治郎や義勇たちです。

まだ戦うことのできる、悲鳴嶼や実弥もすぐに向かうでしょう。

 

今回の黒死牟との戦いの中で、縁壱は自分たちの意思を継ぐ者たちが産まれて育つ、と言っていたことがわかりました。

黒死牟はまさにその子どもたちに負けたわけですね。

 

では、無惨を倒すのは誰でしょうか。

それは今の柱のさらに次の世代、炭治郎、伊之助、善逸、玄弥、カナヲたちでしょう。

 

もちろん途中までは悲鳴嶼たちが戦うと思います。

しかしとどめを刺すのは新しい世代の子供たちでしょうね。

 

おそらく無惨はほとんど回復していることでしょう。

そんな無惨と戦うからには、さらなる犠牲者が出る可能性が高いですね。

 

鬼殺隊のみんなも、ここまでの戦いで疲弊しきっています。

どのような戦いになるのか、今後の展開にも注目ですね!

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

鬼滅の刃176話ネタバレまとめ

 

身動きの取れない黒死牟は、全身から刀を出して攻撃しました。

これにより、時透と玄弥が負傷します。

 

死ぬ前に何とかせねばと時透は力を込めました。

すると時透の刀は赤く染まっていき、黒死牟は激痛を感じて動けなくなります。

さらに体内に残ったままの玄弥の弾丸は、黒死牟の血を大量に吸い上げ成長し、技を出せなくしました。

 

黒死牟は再び何もすることが出来なくなります。

そして悲鳴嶼の鉄球と斧、さらに実弥の追加の攻撃により、ついに黒死牟の頸が落ちました。

 

これで4人は黒死牟に完全に勝つことが出来たのでしょうか!?

そして瀕死の時透と玄弥の状態は!?

 

次回の『鬼滅の刃』第177話を楽しみに待ちましょう!

 

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。