キングダム

キングダム623話ネタバレ!龐煖と李牧の過去判明!カイネ達は涙を流す

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話623話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

尾平達が後方から駆け寄り、去亥の亡骸を見て涙を流します。

羌瘣を尾平に預けた信は、龐煖の前に立ちはだかります

 

龐煖のことを尋ねるカイネに、龐煖とは人の代表だと李牧が答えます。

怒りに狂う信と、王騎の仇である因縁の武神龐煖の戦いの行方は?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話623話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

『キングダム』最新刊をお得に読む情報もまとめましたので是非活用してください!

 

 

キングダム623話ネタバレ!

キングダム最新話623話ネタバレ

 

それでは『キングダム』最新話623話

「模を示す」のネタバレです!

龐煖と李牧の過去が判明!

 

スポンサードリンク

カイネの問い

前回でもカイネが問いを発した、龐煖とはいったい何者なのか、「人の代表」とはどういうことなのか、について。

カイネは李牧の行っていることが全く意味不明で、再び聞き返す。

 

ど・・・どういう意味ですか李牧様・・・?

あの龐煖・・・様が・・・“人”の代表とは・・・!?

 

スポンサードリンク

李牧の答え

前回にも増して勢いをつけながら信に矛をぶつけている龐煖。

ふたりの戦いを見ながら李牧が答える。

龐煖について語るなら・・・龐煖との出会いのところからあなたたちに話さなければなりません、と。

 

この「人の代表」という言葉はカイネにとって全く意味不明であることも無理もない。

これまでの戦いでも急に現れて味方も敵も関係なく場をかき回して去っていくことばかりが目立っている龐煖。

なのに、立場としては「趙軍の三大天」であるという事実。

 

そんな龐煖が、すべての人の代表的な存在??

このカイネの率直な疑問に対し、李牧が出す答えとは…。

 

スポンサードリンク

李牧の過去へ・・・

龐煖という存在に李牧が出会ったところから李牧は語り出す。

それは今から19年も前のこと。

 

ただ、カイネだけはすでに当時の李牧がどういう人物だったかを知っていたようで、苦しい顔つきになる・・・。

 

李牧はカイネや気心知れた人物以外には話していないであろう真実を話していく。

その時の自分は、戦というものに溺れてしまったただの愚かな男、と考えていて、愚かであったがゆえに多くのものを失い続け急落しているときだったという李牧。

 

スポンサードリンク

龐煖と李牧の過去

ある戦の時に李牧はついに大敗を喫し、重い傷を受けながら敵に追われている最中、深い山の中へと逃げていった。

そこで彷徨い倒れこむ李牧はすでに意気も消沈している。

 

涙や汗も枯れはて、この世の終わり、すべてを悟ったように虚ろ気になる李牧。

そしてこの山の中で自分の人生は終わるのかと思っていたその時、ふと、目だけで何かがいる方向を見た李牧が目の前を通り過ぎるすさまじい気配に驚愕する。

運命的に出会った人物こそが、龐煖だった。

 

樹海に現れた、“武”の化身――。

 

スポンサードリンク

龐煖と李牧の出会い

その時の龐煖は、虎の頭を持ちながら悠々闊歩しているという異常な状況…。

さすがにそんな龐煖を見たとき、李牧は自身が朦朧ともしていたため、目の前にいる人物が同じ「人」だとは思わなかった、いや、思えなかった。

 

李牧自身の人生が終わる最後に神が見せてくれた、この自然の山に生きる「人」以外の何かが降りてきたと思っていた。

 

そんなことを考えている李牧に気づいた龐煖。

ギョロっと龐煖が李牧をにらみつける。

 

龐煖が李牧に斬りかかる!

李牧は横たわっていたが意識があるとも感じたのか、龐煖は虎の頭を李牧のもとへと投げ捨てる!

我が道を阻む者は、余さず屠り、土に還す!!

 

それでも何の反応を見せなかった李牧に対し、龐煖は持っていた矛で李牧の首を斬ろうとする!

首元に刃が今にも突き刺さりそうなその手前!

 

なぜか龐煖は李牧を斬るのをためらう・・・。

 

スポンサードリンク

李牧の申し出

どうした・・・?と李牧がか細い声で龐煖に聞く。

俺はお前の道を阻むほどの存在ではない・・・だが何か憎い思いがあるなら、目障りな気持ちにさせているなら、殺せばいい・・・。

俺にはもう何もないのだ・・・親も兄弟も自分の隊ももうすべてを失ったのだ・・・。

 

俺が死なせてしまった・・・もう俺には何も・・・

 

次の瞬間、龐煖は李牧の首元から矛を離したのだった…。

 

スポンサードリンク

地の声が聞こえる龐煖

龐煖が言う。

何を言う、お前の役目はまだ何も果たされていないではないか、と。

そして龐煖が言うには、李牧や他の人には聞き取ることのできない“地”の声が聞こえると。

その“地”の声が今目の前にいる李牧と龐煖自身を引き合わせたのだと。

 

暗い眼をしながら、李牧を見下ろす龐煖が言う。

李牧こそが、龐煖が長年求めていた「答え」に導く者なのだと。

 

スポンサードリンク

いずれ分かること

ただ、当時の李牧は戦に溺れてしまった愚かな男として、自分の命を尽きさせようとしている最中。

生憎だがお前が求めるような人物ではない、人違いだ、と伝える李牧。

 

しかし龐煖がそのとき李牧に近づき、その大きな掌をいっぱいに広げ、李牧の眼前に近づけていく・・・。

 

そして思いもよらない言葉を発する。

いずれ分かることだ、李牧、と。

 

初対面なはずなのに、なぜ李牧の名前を龐煖は知っていたのか…。

 

求道者の龐煖

龐煖は続いて自らを名乗る。

“求道者”の龐煖であると。

そして龐煖は結局李牧には何もせずに去っていった…。

 

次に李牧が目を覚ますと、何故か歩けるくらいまでに体の疲れも傷も回復していた。

ふらつきながらも何とか歩み出す。

すると、李牧を追ってきた敵の死体の山があるのだった…。

 

これは龐煖がやったのだろうか?

李牧を求めている龐煖とは一体…。

 

スポンサードリンク

人の代表とは人の救済を求める者

回想が終わり、求道者・・・!?とカイネが言葉を発する。

龐煖が自身のことで発した“求道者”について李牧が語る。

“求道者”とは、文字通り「道を求める者」のことであり、そして龐煖にとっては“人の救済”を求める者のことなのだと。

 

李牧は龐煖と出会い、深山を降りた後、しばらくの間軍を離れ、龐煖が何者だったのかと“求道者”とは何かを知りたくて各地を放浪する旅に出ていた。

戦に疲れたのもあったが、と補足する李牧。

 

求道者の始まり

その旅の中で、龐煖のような求道者は、この500年続く戦乱の世よりもはるか昔、争乱期から存在していたと知ることができた李牧。

争いを繰り返す人の世の苦しさや愚かさを憂い、どうにかしてこの世を救えないかと真剣に考えた賢者たちの集団こそが、求道者の始まりだった。

 

人々の、平和な世になるようにという願いとは裏腹に拡大する争乱の時代。

求道者たちは、「そのやり方が間違っている」と結論を出した。

この争いの中で“道”をどれだけ求めようとしても、その先に求める答えは無いと断定したのだ、と。

 

李牧が言うその理由とは、偏愛がある限り争いは生まれ続けるものだからだと。

人の心の中に生まれ続ける“情”こそが、苦しみの世にし続ける理由だからだと。

 

スポンサードリンク

カイネが再び問う

情があるからこそ人は人らしくいられるのでは?とカイネが李牧の話をさえぎって問いただす。

カイネの問いに、李牧は賛成をする。

しかしだからこそ人はその矛盾を解くために、人を超えた存在を求めるとも付け加える。

 

さらに、求道者はその“人を超えた存在”に自らが成ろうとする者なのだとも。

 

そのために求道者たちは人の世から姿を消し、深山に隠れ住んだ。

ただひたすらにその道を探し続けた。

まずは自分たちが、人を超える存在になるべく、その“模”を示す必要があるのだと。

 

龐煖の道

戦いの場を荒らし続ける龐煖という人物こそ、武をもってすべての人を超えようとしているのだと気づかされる一同。

 

カイネは身震いする。

龐煖様は、ただ自分が最強であることを誇示するためだけにあの暴威をふるっているのですか!?

その通り、それが龐煖の道なのです、と李牧。

 

求道者は、彼らの中の一人でも、すべての人を超えた神に近しい領域に立つとき、我々“人”は今とは違う上の存在に変わり、争いがなくなり苦しみの世から完全に解放されると、本気で信じているのだと・・・。

 

スポンサードリンク

涙を流すカイネ達

何を言ってるんですか・・・そんなこと、起こるわけがない・・・!と現実を見て思うカイネ。

しかし何故か、カイネの左目からは涙が流れ落ちていた。

そして涙を流す者はカイネだけではなく、龐煖がいるという事実や龐煖が生きる目的を知った趙軍兵士の誰もが、左目から涙を流しているという、ある意味奇跡が起こっていた。

 

カイネは再び言う。

そのやり方は常軌を逸していると。

 

龐煖の攻めに信は防御するので精一杯。

血を流し、疲れが蓄積していく・・・。

 

武神として生きることが人の救済

李牧はその気持ちに同意しながらも、それでも、龐煖は龐煖自身の在り方で、求道者にはこのやり方しかないということも知っていた。

 

求道者たちの目的は人の救済。

そのために彼らはそれぞれの道から人より高い、天ともいうべき存在をを目指している。

ある者は土くれになるまで瞑想し、ある者は宙を舞うために谷に身を投げるという笑い話がある。

 

そして龐煖は、人の救済をするために全てを懸けて武神になるべくして生きてきた。

自我を捨て、人の未来のために。

李牧はその龐煖の生きざまを理解している。

そしてこれからも武神として生き続けるだろうということも。

 

“武”に己のすべてを捧げた男、龐煖に信は勝てるのか!?

 

 

スポンサードリンク

キングダム623話ネタバレの感想考察

 

今回で、初めて李牧と龐煖との出会いや関係性が語られました。

龐煖の存在自体は、前々から異質ではあると思っていましたが、求道者として人の救済を求めていたとは予想もしなかったですね。

なぜなら、意図も簡単に何事もなく人を斬りつけていくのですから(笑)。

 

正直、龐煖の姿を見て、龐煖が人を救済しようとしているとは誰も想像がつかないでしょう!

求道者達の存在が宗教のようで、ちょっと怖くなりましたね(笑)。

 

ただ、今回で龐煖が何を求めて戦地を彷徨っているのかがわかりました。

人の存在を超えるために、龐煖は最強の武神にならなければいけないと考えているのでしょう。

そして、その答えを信が持っていると李牧も龐煖も考えています!

 

そうなると、李牧と龐煖は信がそれだけ力を持った存在だと認めているということですよね~。

そんな龐煖と信の戦いが、どんな形で決着がつくのか楽しみですね!

 

スポンサードリンク

キングダム623話ネタバレまとめ

キングダム最新話623話ネタバレ

 

“人の代表”の意味が判明しましたね!

龐煖は、龐煖自身の生き様を「武」を用いることで、求道者としてこの世界を変えようとしていたのですね。

ただ、だからといって戦いはマズいと言いながら自分が一番人を殺していては全く伝わらないと思うのですが…。

 

常人では全く理解し得ない形で人の世を変えようとしている龐煖。

そしてそんな龐煖に挑む信。

信と龐煖の戦いの行方は、一体どうなるのでしょうか?

 

>>>王騎が死亡!その泣ける最後とは

>>>龐煖の死亡と最後はどうなる?!

>>>龐煖が嫌いな理由とは??

>>>信のこれまでの武功まとめ!

>>>龐煖には既に死亡フラグが!?

>>>羌瘣の相棒緑穂の強さとは!

>>>羌瘣に実在モデルがいる!?

 

次回の『キングダム』第624話を楽しみに待ちましょう!

 

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。