キングダム

キングダムネタバレ675話あらすじ!死地・影丘へ投入された王賁と玉鳳隊

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話675話のネタバレと感想、展開考察です!

 

キングダム674話では、羌礼が嫌な夢や胸騒ぎを語るも、羌瘣は昨晩の李信との要領を得ない対話の感想を語るのみで、更に自身の前髪を切って本陣に現われ、李信は皆に冷やかされつつ軍議に入ります。

今回の戦で秦軍は左に楊端和、中央に王翦、右に桓騎の布陣で邯鄲の手前の武城と平陽を攻め、飛信隊はどの軍の配下となるか未定でした。

 

そんな中、蒙恬が李信の元を訪れて桓騎軍の無茶な侵攻と王賁の第一子誕生を告げ、李信を悔しがらせます。

王賁と玉鳳隊は桓騎の命令で影丘方面の援軍に向かった模様であり、非常な苦戦を強いられるのではないでしょうか?

 

 

それでは、気になる『キングダム』最新話675話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

キングダム675話ネタバレあらすじ

『キングダム』675話「前へ」のネタバレが下記となります!

 

キングダム675話ネタバレ:玉鳳軍らと麻論の対立

対趙国への侵攻で、不利な地形故に苦戦中の影丘の地に到着した王賁と玉鳳軍!

その状況に亜華錦を除く番陽・関常らの重臣達は、影丘攻めは無謀だとしてそれを命じた桓騎に直訴すべきだと憤っていました。

 

しかしそこに桓騎軍の参謀・麻論が現われて再度影丘攻めを指示しますが、関常はあくまで反対を主張して譲りません!

議論を不要とする態度の麻論が命令だと言い切る中、王賁は影丘を抜く事は勝利に繋がると見ますが、兵力の不足を看破して玉鳳軍に桓騎軍兵直々の援軍を要請しました。

 

これは影丘攻めには寄せ集め部隊ばかりが投入されている事への批判であり、王賁はこれを差別だと非難します。

しかし麻論はこれが王翦の命令ならば即座に従うはずだと反論し、逆に王賁らの命令への不服従を指摘、影丘攻めを強要しました。

 

キングダム675話ネタバレ:麻論の本音と桓騎の判断

その頃、李信ら飛信隊は未だ王翦軍と桓騎軍との中間にあり、皆がやきもきする中で河了貂は王翦からの命令はこの場での待機だと説明します?!

戦いに逸る李信が無念さを噛みしめていると、玉鳳軍の動きについて伝令兵が報告をもたらしました。

 

それによって玉鳳軍は苦戦中の桓騎軍左翼に組み込まれ、危険な影丘攻めに投入された状況にあるのだと知ります。

玉鳳軍では関常が一度攻め始めれば後には退けなくなると主張していましたが、王賁自らがやむを得ず攻撃命令を下知しました!

 

桓騎軍本陣ではこの様子を麻論が桓騎に報告し、如何に玉鳳軍であっても影丘の地を抜く事は叶わないとの自身の見立てを披露します。

本心では麻論も左翼の玉鳳軍が壊滅してしまえば、自分たち桓騎軍本体も窮地に陥ると見ており、その旨を桓騎に進言しました。

 

しかし桓騎の指示は麻論の進言など無視したもので、右翼軍も中央軍も更に前進させろと言う強引な命令が下されます!

 

キングダム675話ネタバレ:動き出した趙国総大将・扈輒軍

一方で趙国の総大将たる扈輒将軍の本陣では、桓騎軍全体の前進を見て本体15万の兵でこれを迎撃に出ることが決まります!

扈輒隷下の本隊には龍白公・岳白公・虎白公の3将軍が面を連ねており、扈輒将軍が正にここでの秦軍への反撃タイミングを計っていたのだと呟いていました。

 

扈輒将軍の狙いは桓騎軍であり、この動きを見た桓騎軍本陣の麻論は扈輒軍本隊の15万が狙いを定めている事を極めて不味い状況だと言い募ります!?

麻論はこの動きで得をするのは王翦であり、自分たち桓騎軍が敵を引き付けることで、本来の攻略目標である平陽・武城への王翦軍の進路が拓けたのだと看破しました。

 

しかし桓騎はこの麻論の指摘も微動だにせず、更なる自軍の前進を命じ・・・?

 

 

―――次回【676話】に続く!

 

キングダム675話ネタバレの感想考察

今回のエピソードでは、桓騎軍の配下にされた王賁ら玉鳳軍が、桓騎の命令だとして麻論から影丘攻めを強要される事になりました!

こうした最前線の動きに対し、待機を命じられている李信ら飛信隊は何も出来ませんでしたね。

但し王賁ら玉鳳軍に無謀な命令を伝えた麻論も実は桓騎の真意は見抜けておらず、苦戦が予想される中でも桓騎はひたすら前進を指示しました!?

趙国の扈輒将軍もここを好機と見て本隊の15万の兵を一気に投入してきましたが、初描写の3将軍らと共に、どのような戦ぶりになるのかが注目ですね!

 

キングダム675話 ネタバレ確定速報をより楽しむために…無料で既刊が読める【U-NEXT】

『キングダム』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介します!

単行本も60巻を数え、アメトークでも「キングダム芸人」として取り上げられていますが、その人気から不朽の名作の域に入っています。

そんなキングダムを、もしまだちゃんと読んだことが無い、という人は、31日の無料トライアルで読めるU-NEXTの利用をおすすめします!

キングダム668話ネタバレ最新確定速報

U-NEXTなら、キングダムは勿論、ジャンプ作品を始めとした漫画最新刊を無料で読むことが可能です!31日間の無料期間中に解約すれば、月額料金はかかりません。

まだ登録していない人は利用しないと損!ですので、この機会に下記のボタンからぜひ登録しておきましょう!!登録は数分で完了します。

31日間無料&初回600ポイントでお得に

【U-NEXT】キングダムを今すぐ読む!

期間内に解約すれば無料!

ワンピース最新刊96巻の発売日と表紙に収録話は?あらすじも調査

 

 

キングダムネタバレ675話 前回振り返り

『キングダム』674話「険地への誘い」のあらすじが下記となります!

 

キングダムネタバレ675話 前回振り返り:ショートカットになる羌瘣

羌瘣の天幕の中で、朝になり目を覚ました羌礼!

ふと横に目をやると虚ろな目をした羌瘣が横たわっており、羌礼はその異様な様に一瞬たじろぎました。

 

それでも羌礼は嫌な夢や胸騒ぎを感じている事を語り、羌瘣もそれに最初は賛同したように思えます。

しかし羌瘣の話は、照れながら昨晩の李信との微妙なすれ違いを語ったのもので要領を得ず、結局二人は連れだって朝食に行くことにしました。

 

天幕を出た羌瘣は直後に自身の顔に絡みついた髪の毛に気付き、周りで見ていた羌礼や他の飛信隊員らがあっけにとられる中、徐ろに愛剣・緑穂で自身の髪の毛を切り始めます!

そして羌瘣はそのまま河了貂らの待つ本陣に現われ、その短くなったた髪に皆が驚嘆の声を漏らしました?!

 

崇原がそんな羌瘣の髪型を気合いが入って良いと評する中、李信は顔を真っ赤にしており、皆から冷やかされながら軍議に入ります。

 

キングダムネタバレ675話 前回振り返り:王賁の結婚と第一子

今回の対趙国戦では、その首都・邯鄲の喉元にあたる武城と平陽と言う2城を陥落せしめようと秦軍は兵を進めていました

布陣は左に楊端和軍、中央に王翦軍、右に桓騎軍となっており、飛信隊はちょうど王翦軍と桓騎軍の中間に位置しています。

 

河了貂曰く、飛信隊が王翦軍と桓騎軍のどちらの配下となるのかはまだ未定であり、尾平ら隊員らの間には桓騎軍の配下に置かれるのは避けたいとの声が上がっていました。

そんな中で蒙恬率いる楽華軍も同様に北上しており、蒙恬が李信らに近づいて来ます。

 

蒙恬は自分たち楽華軍は王翦軍の配下に入るよう伝令が来たと言い、羨ましそうな李信に対して桓騎軍は今回無茶な侵攻をしていると仄めかしました?!

そして王賁の玉鳳隊は既に先行しており、飛信隊のちょうど前方にいると述べ、ついでに思い出したかのように王賁に第一子が産まれたと漏らします。

 

第一子どころか王賁が結婚していた事すら知らなかった李信は悪口雑言を吐きますが、蒙恬は王賁の妻・彩華は許嫁で非の打ち所のない美女だと告げました。

羨ましそうにする李信に蒙恬は自分にも許嫁がいると嘘をついてからかいつつ、王翦軍への合流を目指し去って行きます。

 

キングダムネタバレ675話 前回振り返り:桓騎に呼ばれた王賁と玉鳳隊

蒙恬の言葉通りに右に展開していた桓騎軍は、従来にない勢いで攻めを行っており、敵だけで無く味方の犠牲も相当数に上っていました!

そんな渦中の桓騎軍の左翼に、影丘と呼ばれる非常に攻める側に困難な地形が出現します?!

 

河了貂は馬上で地図を見ながら、その影丘が攻めに向かない難所であることをすぐに見抜き、膨大な犠牲が出ていると予期しました。

奇しくも河了貂のこの予期は現実のものとなっており、進軍を続けていた李信らは前方に王賁と玉鳳隊の痕跡を見つけます!

 

しかしそこには王賁と玉鳳隊の姿は無く、既に桓騎の命令で彼等は影丘に向かった事が判明し・・・?

 

キングダムネタバレ675話 前回振り返りの感想考察

今回のエピソードでは、昨晩の李信との対話内容を咀嚼しきれていない羌礼が、突如として自身の前髪を切ると言う奇行に出ました!

概ね飛信隊の皆にも好評な羌礼のショートカットではありましたが、彼女を意識しすぎている李信は冷やかされる一方でしたね。

 

そうした緩い飛信隊の雰囲気とは裏腹に、蒙恬からは秦軍の右翼を務める桓騎軍はかなり無謀な攻めを繰り返しているとの情報が寄せられました。

同時にここで蒙恬から王賁の結婚とその第一子誕生を聞かされた李信は、うらやましさのあまり悪口雑言を口走っていましたね?!

 

そんな私生活は順調だった筈の王賁と玉鳳隊は、苦戦する桓騎軍左翼の支援に攻めにくい地形の戦場に駆り出された模様です。

史実ではまだまだ活躍する王賁なので、落命の危機では無いとは思いますが、窮地に立たされる事は間違いないようですね!

 

キングダムネタバレ675話 最新話確定速報まとめ

目を覚ました羌礼は羌瘣に嫌な夢や胸騒ぎを語るも、羌瘣は昨晩の李信との要領を得ない対話の感想を語るのみです。

羌瘣は羌礼らがあっけにとられる中、徐ろに自身の前髪を切り、河了貂らの待つ本陣に現われて皆を驚かし、李信は顔を真っ赤にしながら皆に冷やかされつつ軍議に入りました。

 

今回の戦で邯鄲の喉元の武城と平陽を秦軍攻め、左に楊端和、中央に王翦、右に桓騎、飛信隊は王翦と桓騎の中間にありどの軍の配下となるか未定です。

尾平らが桓騎軍の配下は避けたいと呟く中、蒙恬が李信らに近づき桓騎軍の無茶な侵攻を指摘、同時に王賁に第一子が産まれたと告げます。

これをうらやむ李信は悪口雑言を吐き、渦中の桓騎軍は影丘と呼ばれる難所で膨大な犠牲を発生させており、奇しくも王賁と玉鳳隊は桓騎の命令でそこへ向かい・・・?

 

王賁と玉鳳隊は何か桓騎には思惑があるにせよ、無謀な影丘攻略に挑むことを強いられるのではないでしょうか

 

次回の『キングダム』第676話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。