僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア237話ネタバレ!死柄木弔覚醒しデストロへ挑む!

週刊少年ジャンプの人気漫画『僕のヒーローアカデミア』最新話237話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

望まない形で転弧の個性は発現し、もんちゃんや華ちゃんが崩れていきました。

そして最愛の母親さえも自分の手であやめることになった…。

 

お父さんに気付かれ、やめろ転弧!と言われますが、途方もない快感を持ちながら殺意を持って父を殺して「崩壊」の始まりを迎えました。

果たして、すべてを破壊した幼少期の死柄木はどうなっていくのでしょうか。

 

それでは、気になる『僕のヒーローアカデミア』最新話237話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

前回の『僕のヒーローアカデミア』はこちら!

 

 

僕のヒーローアカデミア237話ネタバレ:前回236話感想考察

僕のヒーローアカデミア最新話237話ネタバレ

 

転弧は自分自身の辛い思いから、個性を覚醒させることになりましたね。

そのせいかおかげで、家族をすべて失ってしまいました。

 

転弧は自分自身をどのように見つめ直し、幼少期を過ごしていくのでしょうか。

そして現在の思いを持つまでに起こる出来事は何かあるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

僕のヒーローアカデミア237話ネタバレ

僕のヒーローアカデミア最新話237話ネタバレ

 

『僕のヒーローアカデミア』の最新話237話

「死柄木弔:オリジン」のネタバレです!

 

スポンサードリンク

自暴自棄の転弧

嘆きと不安が止まらない転弧。

 

転弧は、一人手を抱えて白昼の街中を歩いていた。

忙しく行き交う人々は、俯いて歩く小汚い転弧を見つけてもよそよそしく、誰一人として声を掛けようもしない。

 

転弧と目が合ったあるおばあさん。

転弧を心配して声をかけるも、完全に正気を失い不気味な笑みを浮かべる転弧がいて、その顔を見たおばあさんは怯えてしまう。

 

その結果、おばあちゃんはその場を去ってしまった…。

 

スポンサードリンク

転弧への罰なのか

転弧は気づく。

 

人口密度が高い場所であるほど、少なからず多からずトラブルは発生するのが普通だ。

自分が起こした出来事は、迷子なんかより緊急性の高いトラブル。

 

それにもかかわらず、ヒーローで溢れるこの社会なのにもかかわらず、誰も来てくれなかったのは家族を殺した罰なのか?

 

そんな転弧の目の前に手を伸ばしてくれたのは、オール・フォー・ワン

 

ここまでが思い出せなかった記憶。

 

スポンサードリンク

転弧、お前はどうしたい?

オール・フォー・ワンは転弧に語り掛ける。

転弧自身にもコントロールできないほどの破壊衝動を持っていること。

それが溢れだして身体に知らせているということを。

 

そして、オール・フォー・ワンから話を聞いてからのある日。

転弧は二人の不良に絡まれる。

 

オール・フォー・ワンから言われたことを思い出した転弧は、個性を使って二人を仕留めようとするが、まだ人を殺るのに戸惑いを感じ、やめてしまう。

そんな転弧に声を掛けるオール・フォー・ワン

 

激しい痒みに襲われ床に転がっている転弧を見て、オール・フォー・ワンは言い続けた。

 

スポンサードリンク

見出していく転弧

床に這いつくばって首元を掻きながら、転弧は答えた。

 

ある雨の日、転弧はあの二人の前に姿を現した。

その転弧の身体には以前にはなかった、様々な「手」が身体についていた。

 

転弧は自分の個性で彼らを始末した。

 

遠くからオール・フォー・ワンはその様子を全て観察していた。

 

閉じ込めてるだけでまだ彼の中には残されている。

記憶を閉じ込めた結果、感情だけが浮いているような不安定な状態だ。

 

転弧にオール・フォー・ワンは伝える。

 

そして自分が殺した家族を思い出しながら考えるのだった。

 

スポンサードリンク

転弧生まれ変わる

オール・フォー・ワンが転弧を祝福する。

 

オール・フォー・ワンは転弧が殺した不良の手をプレゼントする。

そしてさらに転弧に与えたのは、「死柄木弔」という名前だった。

 

 

転弧が、「死柄木」について尋ねると…

 

自分の名字であることを告げる。

 

全部要らない

回想が終わり、すべてを思い出した死柄木。

デストロとの戦いで、過去のすべての捉え方を再構築していく。

 

その頃、ギガントマキアは死柄木を目指し始めて進撃していた。

デストロと対峙している死柄木にギガントマキアまで合流してしまったら死柄木はかなり苦しい状況に陥る。

敵連合それぞれが死柄木の名を呼ぶ。

 

しかし、死柄木はその状況で笑みを浮かべながらすべてを捨てる。

 

 

スポンサードリンク

僕のヒーローアカデミア237話ネタバレ展開予想

僕のヒーローアカデミア最新話237話ネタバレ

 

ここからは、『僕のヒーローアカデミア』最新話237話、そして238話以降で起こりうる展開を予想をしたものを載せています!

 

スポンサードリンク

志村転弧:オリジン③!

転弧は家族を失ってから、どこにいくわけでもなく彷徨っていました。

 

その時に出会った人は誰だったか全く覚えていませんでした。

気にくわないものがいれば、片っ端から敵を崩壊していきます。

 

そしてそんな廃れた生活をしている中、出会ったのがオール・フォー・ワンだった…。

初めて自分を受け入れてくれて、これが本当の家族のようにも感じられました。

こんな人になりたい!と思い、そして今の自分があると転弧は確信します。

 

スポンサードリンク

ギガントマキアの信頼!

死柄木はギガントマキアを何とかして仲間に引き込もうと考えていました。

そのためにはオール・フォー・ワンのような信頼される力が必要であることは明白です。

自分にはその力がある!と死柄木は確信しており、そしてその個性を発揮しました。

 

すると四ッ橋の巨大な体にダメージを与えるだけにとどまらず、ギガントマキアにも影響を及ぼします。

この圧倒的な力はオール・フォー・ワンの時に感じたそのものだ!とギガントマキアは思います。

 

そしてギガントマキアは死柄木に屈服するようになり、死柄木の下につきました。

その影響もあって、敵連合は一つとなり、異能解放軍を滅ぼしていく…。

 

スポンサードリンク

敵連合の底力!

死柄木が四ッ橋相手に苦戦している中、他の仲間も苦戦していました。

ギガントマキアにも手こずる中、自分達が思い描くようにうまくいきません。

 

このままではやられてしまう…とスピナーが思いますが、その時に死柄木のことを考えます。

他の仲間達も死柄木のことを考え、この時に敵連合としての仲間意識を感じました。

 

みんなが協力すればなんとでもなる!と死柄木の元へ全員集合します。

そして仲間との連携プレーで敵の大将である四ッ橋を追い詰めていきました…!

 

スポンサードリンク

僕のヒーローアカデミア237話ネタバレまとめ

僕のヒーローアカデミア最新話237話ネタバレ

 

転弧は自分自身の個性によって家族を全て失いました。

このまま転弧はどのような幼少期を過ごしていくのでしょうか。

そして今の死柄木になるまでにどう成長していくのか気になります。

 

次回の『僕のヒーローアカデミア』第238話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。