ワンピース

ワンピース952ネタバレ!日和河松再会!ゾロと牛鬼丸再戦とお玉能力にクイーン焦る…

待ちに待った『ワンピース』最新話952話の確定ネタバレ速報です!!!

どこよりも早くご紹介していますので、待っていた方、必見ですよ!!

※ネタバレを含みますので、誤って記事をご覧になられた方はここでお戻りください!

大変申し訳ございませんが、前回の振り返りや細かい考察はこの記事では一切省いています。「952話のネタバレ内容を知りたい」という方向けに、不要な情報は載せていません!必要な方はそれぞれリンク先の別の記事をご覧ください。ここではとにかく、「952話を知りたい!」というファン向けの記事となっていますので予めご了承ください!

 

今回952話はゾロと牛鬼丸の一騎打ちから始まり、そこになんと河松の乱入で日和との再会が!

そして前回『ワンピース』951話で特に読者を魅了したのは四皇、カイドウとビッグ・マムの一騎打ち!!

この二人の戦いにはあの「ロックス」も関係しているということもほぼ確定的で、気になることばかりですよね!

さらにルフィたち兎丼での動き、錦えもんたちについても新情報が入ってきます!

 

では早速『ワンピース』最新話952話確定ネタバレ速報を紹介していきます!!

952話のネタバレ情報をいち早く読みたい方は最初から、考察も読まれたい方は最後までお読みいただくことをお勧めします!

最新話ではルフィやゾロ、ローなどの動きは果たしてどうなっているのか?

ネタバレが苦手な方、コミックス派の方はお気を付けくださいね!

 

前回の話はこちら!

 

また、最新刊93巻をはじめ、『ワンピース』を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

※この記事は超更新型の記事です!秒単位で最新情報を更新し、追加していきます。慌ただしく情報が入っていきますが頑張って更新していきますので随時チェックされることをお勧めします!!

 

Contents

ワンピース952話のネタバレ確定速報

ワンピース952ネタバレ最新話確定速報

 

では!お待ちかねの『ワンピース』最新話952話の確定ネタバレ速報です!

遂に全貌が確定です!!

 

スポンサードリンク

ワンピース952話のタイトル

ワンピース最新話952話のタイトルは、『日和と河松』。

遂に、離れ離れになっていたこの二人が再会!

 

河松と逸れてしまったという日和。

また河松に会えるのを心から楽しみにしていたが、会ってしまったらどうなるのか…。

ついに再会できることになるのか。

 

一方、河松も兎丼から一時離脱し、行くべき場所がある、会うべき人がいるとしていた。

はっきりと日和の名前は出していなかったが、やはりこれは日和のことだったのか??

二人の動向は気になるところ!

詳しくはこの後!

 

スポンサードリンク

ワンピース952話扉絵はベッジ

扉絵は、短期集中連載として引き続き登場、カポネ・“ギャング”・ベッジ!

第24弾となった短期集中表紙連載は「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」、そのVol.3「妻の願いはおれの願い」

ローラに会いに行こうと妻シフォンの願いを受け止めた男の中の漢、ベッジ!

そんなベッジの勇姿を見て、シフォンは大好き!とばかりにベッジにハグとキス!

 

カポネ・ベッジは現在公開中の映画『ワンピース スタンピード』でも久々に揃った「最悪の世代」の一人として活躍していた。

沢山の兵士を武器として攻めていたし、大頭目(ビッグ・ファーザー)の迫力は凄かった!!

ここからの扉絵ではどんな活躍を?

 

おそらくは今回の扉絵連載、ベッジ以外にもWCI編で活躍したキャラをピックアップしていくのかもしれない。

※「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」というタイトルだけど…。

そうなると気になるのはジンベエの行方。

公式のビブルカードではすでに麦わらの一味の仲間入りをしているが、果たして現在の状況は…。

 

スポンサードリンク

ゾロと日和が鈴後へ

『ワンピース』952話では時間が経過し、翌日のこととなる。

決戦までは残り7日。

 

日和に案内してもらって、ゾロが再び雪の降る鈴後のおいはぎ橋へ。

待っていた牛鬼丸と再度対決を!

ギキィン!!

鳴り響く刀の音。

隙あらば攻撃を仕掛けてくるずる賢い牛鬼丸。

しかし今度はゾロも本気モード!前回は人斬り鎌ぞうという邪魔が入ったものの、今回こそはただでは引き下がらない!

 

スポンサードリンク

ゾロが牛鬼丸に勝利

そんな二人の二度目の対決は、ゾロの勝利!

 

お前はだいたい何なんだ!!と牛鬼丸はそもそも何者なのかと正体を問いながら攻めるゾロ!

牛鬼丸は仰向けになり、ゾロが牛鬼丸の身体の上に乗って刀を首元に。

 

激しい戦いの末、牛鬼丸を圧倒したゾロ。

秋水を返却するよう牛鬼丸に迫る。

 

スポンサードリンク

牛鬼丸の想い

しかし牛鬼丸は反発!

地面に仰向けでゾロに乗られた牛鬼丸、降参したかに見えていたものの最期の力を振り絞って起き上がり、ゾロに一太刀浴びせようとする!

 

牛鬼丸は息切れも激しい状態も、ワノ国の宝である秋水を盗まれたために刀神様の怒りを買って国を支配される結果となったのだから、あの刀だけは絶対に返すわけにはいかないと粘る。

 

秋水を失ったことが不幸の始まりで、どのような戦いにも各郷は連敗に喫した。

そのあげくにカイドウとオロチの支配!

そう考えている牛鬼丸にとって、秋水が戻ってきた意味は大きかったのだろう。

 

この話が聞こえてきた日和。

木の陰に隠れていたが、「秋水」という言葉に反応して驚く!

 

しかしそんなことはゾロには関係が無いため一蹴するゾロだった。

 

リューマの伝説

ここで牛鬼丸から刀神リューマについて更なる言及が!

以前、ゾロと牛鬼丸が戦った時に改めて触れられた、ワノ国の大剣豪リューマ。

 

ゾロとリューマは直接会ったわけではないものの、スリラーバークにてブルックの影がリューマの遺体に入り込んだ形でゾロと対決。

そこでリューマを討ち取り、ゾロはリューマが持っていた刀「秋水」を手にする。

 

そしてワノ国編に入り、ゾロが牛鬼丸と戦った際に話されたリューマという人物について。

 

  • 数百年も前に死んだ侍
  • いかなる手合いも一閃の内に斬り伏せたという生涯無敗の大剣豪
  • かつてワノ国が「黄金の国」と世界に認識されていた頃、この黄金に目がくらんだ海賊や貴族たちがこぞって奪いに来ていたが、そのすべてに歴々たる強さを見せつけ「ワノ国に侍あり」と世界に言わしめた男
  • 都の空に現れた竜をも斬り捨てたという伝説
  • 死後はワノ国の「刀神様」として、名刀「秋水」と共に祀られていた、ワノ国の宝

 

これだけの伝説がある侍について、更に詳しく!

 

スポンサードリンク

河松がゾロと牛鬼丸の元に

そこへやってきたのはなんと河童の河松…??

背後からゾロに愛刀の外無双を遠距離にも関わらず投げつける!!

カッ!!

 

しかしゾロは背を向けたまま、自分の刀でコントロールよく受け止めて弾き返し、再び河松の手に外無双がキャッチ。

ほう、と河松は少々感心した様子。

 

河松は、侍と坊主がともに殺意もなく争ってるのは滑稽だと諭す。

 

そんな河松の姿に、木の影から戦況を見ていた日和は驚く!

 

河松も女性がいることに気づくも、何故拙者の名前を知っているのだ…?と不審がる。

 

ゾロもいぶかしむ。

そして河松を見た牛鬼丸は驚愕の表情…!

 

河松と牛鬼丸の関係とは??

何故ここに河松が現れたのかはここでは謎ですが、ついに日和と河松がここで再会します!

河松と牛鬼丸の関係が分かるのは952話後半でしょうか?

 

スポンサードリンク

ビッグマムとカイドウの戦闘

一方鬼ヶ島。

『ワンピース』952話でもビッグ・マムとカイドウは引き続き喧嘩の真っ最中。

 

雄叫びをあげながら激突するカイドウとビッグ・マム!

顔がお互いに怖すぎるが、両者一歩も譲らず…。

ドゴォン!!

 

覇気をぶつけ合い、空気が蠢き合い、一瞬一瞬に衝撃が!!

しかしビッグ・マムもカイドウもなんだか楽しそうだ!

さすが、自分の力を思う存分出せるのは四皇同士しかないとわかっているのだろうか。

 

ドゴォン!!

ドゴォ…ン!!

 

屋敷中が軋み、唸っていく!

 

スポンサードリンク

ビッグマムとカイドウの戦いの決着は?

しかしあまりにお互いが強すぎて、なかなか決着がつかない!

既に夜通し戦い続けている…。

 

ビッグ・マムとカイドウの強烈な一撃同士は、二人にとっては挨拶代わりのようなもの。

かつてシャンクスと白ひげが覇気同士を衝突させたときのように、今回のビッグ・マムとカイドウの激突も、久しぶりに顔を見た以上はやるしかない!というほどすさまじいものになっていた。

 

逃げようとするクイーン笑

もう島が持たないと手下が恐怖し、本土へ避難しようと提案。

 

しかしその提案はクイーンが一蹴する。

一見カッコイイことを言っているが、少しそわそわして落ち着きのないクイーン…。

 

何やらそわそわしながら兎丼からの連絡について聞くクイーン。

 

さっきまでの言葉とは裏腹に、管轄の兎丼から連絡が来ないことをいいことに、我先に脱出しようとするクイーン笑

 

やはりクイーン、内心ビビっていた…。

 

スポンサードリンク

クイーン、ババヌキにフラれる

そんなクイーンのスマシへ、タイミングよく連絡が入る。

カッコ良く鬼ヶ島を出たがってるクイーンに部下たちからツッコミ!!

 

次に連絡してきたのはババヌキだった。

部下たちは、この展開にもビックリ。

 

クイーンは安堵するも悔しそう。

 

ババヌキがスマシを切ろうとするとぼそっと、クイーンが言った言葉に更に部下たちから総ツッコミが。

確認という名目で鬼ヶ島からの脱出を画策していたクイーンは不満タラタラだった…。

 

ズズゥーン…!!

カイドウとビッグマムの戦闘音が鬼ヶ島に木霊する!

一体どんな決着となるのか…カイドウとビッグ・マムの戦いの行方は次回以降へ持ち越し!

 

お玉の能力発動

クイーンが安心している兎丼の情勢。

しかし、実際の状況はお玉がきびだんごを作ってババヌキをはじめクイーンの部下をどんどん手懐けていた!

先ほどのババヌキの説明の理由がここで判明。

「きびだんご」によるお玉の能力が全開稼働していたのだ!

 

ここでカリブーが通信遮断を止め、お玉が部下たちに、クイーンに兎丼では何も起きていないと報告をさせたのだ。

雷ぞうは喜びのあまりカリブーに感謝の気持ちを伝えるも、カリブーはやはり性格上何やら悪だくみか…?

 

しかし、完全に偽の報告…!

お玉はSMILE保持者にとって完全に上位の関係だ。

お玉…最強じゃん??

 

スポンサードリンク

お玉に驚く雷ぞう

ババヌキは全身包帯巻いてボロボロではあるものの、お玉のことを「ご主人様」と呼びとても幸せそうで満面の笑顔笑

胸のゾウもへタレた顔でお玉に懐いている。

 

お玉も満足そうだ。

 

雷ぞうはお玉の芸当に驚きが止まらない!

なんて驚きの妖術!!きびだんごで敵を味方にしてしまうとは…!

 

お菊は感心!

動物にも効くし、動物の妖術者にも効くみたいなんです、素晴らしい!

 

チョッパー若干引く

一方、麦わらの一味の船医チョッパーの活躍で、疫災弾の被害に遭っていたルフィや囚人のウイルスは解毒済み。

元気になった囚人たちは、涙を流しながらチョパえもんにお礼を言う。

チョッパーは若干引き気味。

サムライの「ご恩」は重いから、と。

 

そしてこのときをもって、命に代えても恩を返すと感激する3,500名の囚人たちが、ルフィの味方となった!

これで火祭りの夜、決戦の日の人手不足は完全に解消!

 

チョッパーいわく、ウイルスの解毒は「わりと簡単」だったよう…。

ミイラになるほどの威力だったのに…。

クイーンの立場が!

 

スポンサードリンク

ルフィのウイルスと人気回復!

そして、ルフィもすっかり元気と人気を取り戻していた!

 

このルフィの掛け声に囚人たちも叫びあげる!!

ウオオオ~~~~~!!!

 

この姿を見ていたヒョウ五郎は、モモの助の存在に感心していた。

モモの助が連れてきた、という背景が伝わっただけで、あれだけ海賊を嫌っていた囚人たちに、海賊であるルフィの信頼が回復したのだ。

やはり、おでんの血を引き継いでいるモモの助がいることで、相当な求心力だ!!

 

親分たちがルフィの味方に

そして別の採掘場にいた各郷の4人の親分たちも合流!

非常に心強く、それぞれかなり個性的な風貌!!

 

兎丼:猫のような髭が生えているもガタイの良い「血文字の大マサ」

白舞:ルフィがビッグ・マムに追われている時にも「あ」と言って出会っていた、「破れ笠(やぶれがさ)綱ゴロー」

鈴後:髪型とかんざしでまるで蝶のような雰囲気のある「夕顔(ゆうがお)のお蝶」

希美:飲んだくれのように頬が赤くいかにもゴロツキといった感じの「蛇(じゃ)の目の弥太っぺ」

 

尾田栄一郎先生の個性が爆発しているような、どれも厄介そうな雰囲気!

ただのモブ兵にはならないはず…!

ルフィたちに更に力強い味方が!!

 

スポンサードリンク

ヒョウ五郎と親分たちの信頼

ヒョウ五郎に礼を尽くす親分衆。

 

この4人の親分たちを迎えるヒョウ五郎の背中も勇ましい!!

つい最近までの弱弱しい姿が嘘のようだ!

 

大マサが強烈な感謝の仕方…。

だがお互いの信頼関係が手に取るようにわかる。

 

早速お蝶が言ったかと思うと、綱ゴローがその言葉に続く!

何と頼もしい言葉だろうか!!

 

ルフィ、親分たちに怒られる

ただ、ヒョウ五郎をジジー呼ばわりしたルフィ。

ニコニコしているも、ギロリと親分たちに睨まれ…

 

ルフィ、めちゃめちゃ怒られていた…!!

 

大マサには首を絞められ、弥太っぺとお蝶はルフィの足を掴み、綱ゴローはルフィの腕を斬り落とそうと…。

 

スポンサードリンク

焦るヒョウ五郎

慌ててヒョウ五郎が親分たちを止める!

 

何とかヒョウ五郎が止めたおかげで命拾いしたルフィ…。

しかし親分たちの怒りは止まらず、ゴゴゴゴ…と怒りのオーラを発しながら捨てゼリフをはく。

まぁこれも、いい関係が築けている証拠か?

 

こうしてにぎわっている最中、雷ぞうがつぶやいていた。

 

アシュラ童子の手柄

場面は九里の廃港、伊達港(いたちみなと)へ。

 

前回アシュラ童子が見せた数多くの船の他に、錦えもんには絶対に見せておくべきものがあった。

それが「鬼ヶ島のカイドウの屋敷図」

やはり、カイドウの屋敷図を奪ったのはアシュラ童子だった!

 

人から人に伝わり、フランキーが都中を駆けずり回っても手に入れることができなかったあのカイドウの屋敷図。

この屋敷図さえあれば、火祭りの夜の襲撃もより現実味を帯びてくる。

 

屋敷図をついに手に入れたことで錦えもんは喜び、がぜん張り切る!

 

いじられるアシュラ童子

錦えもんはいよいよ自信にみなぎっていた!

 

笑顔でアシュラ童子の肩をばしばしと叩く錦えもん。

その後ろでイヌアラシがぼそぼそつぶやく。

 

アシュラ童子はいじられていることに不服だ。。

 

雷ぞうからのサプライズ

錦えもんの元に雷ぞうから連絡が入る。

ここまでずっと連絡のなかった雷ぞう。

まず一番気になる事を聞く錦えもん。

 

すると雷ぞうの答えは皆の予想をはるかに裏切るものだった!

 

今までの話を全て伝える雷ぞう。

ルフィの救出はもちろん、兎丼で囚人の大量解放が行われ、3,500人の味方が付いたこと!

河松まで発見し解放したこと!

さらに採掘場を占拠したこと!

 

流れが上出来すぎて、顎が外れそうなほど驚く錦えもんたち!

 

さすがのアシュラ童子もビビる。

イヌアラシも事の成り行きが全然理解できていなかった。

 

反乱軍の現状の問題

味方の数は十分すぎるほど増えてきた。

しかし、ここで現状の問題は、侍が反乱で使う「刀」の数が必要数に全く足りていないこと。

 

雷ぞうによれば、武器工場はワノ国中にいくつもあれど、武器工場で作っているのは「海外輸出用の兵器類」だった。

侍が扱えるのは兵器ではなく、「刀」や「槍」であるため、武器工場では揃えることができないのだ。

更に現在のワノ国ではオロチが武器の所持を禁じているために入手が困難とのこと…。

 

刀が必要、と知った錦えもんは、ひとまずは戦力の最終確認を行うことに。

錦えもんは火を纏う狛鶏(こまとり)と共に編笠村へ向かうことに!

 

そして雷ぞうは次の任務にあたる…。

 

編笠村と言えば、お玉が住んでいた場所であり、刀関係と言えば天狗山飛徹?

ルフィが実質奪い取ってしまった(笑)二代鬼徹の他に何か武具はあるのだろうか?

 

日和と河松がついに再会!

そして『ワンピース』952話ラストでは、ゾロと共に行動していた日和が、ついに河松と再会を果たす!

河松と再会して声を上げて泣く日和。

 

河松は日和を優しく抱き寄せる…。

 

ゾロは日和と河松が親しそうにしているのを見て、ゾロは日和が親が死んだ後にカッパに育てられたって言ってたことを思い出していた。

 

スポンサードリンク

日和の心を受け止める河松の優しさ

ここで、日和が何故河松からはぐれてしまったのかという理由が判明する。

 

河松が日々わずかな食糧を日和に与え続けたため自らは食を我慢し、年々やつれていく河松の姿を見て、逃げ出した理由を詫びる日和。

つまり、日和は河松とはぐれたのではなく、自ら河松の側を離れてしまったのだった。

 

しかし河松はこの上なく優しい笑顔を見せる。

日和様を必ずお守りすると光月トキに誓った河松だったが、日和が逃げてしまったことで今日までそれは叶わなかった。

通常であれば、約束を守れなかったことを詫びたり、責めたりするのは河松自身の方かもしれない。

 

ただ、河松の心は深かったため感銘を受けてる様子。

 

自分も相手も、誰も責めない、100点満点の答えを伝える河松だった!

 

やはり、河松の会いたい人、行くべき場所があると話していたのは、日和のことだった…。

 

牛鬼丸が襲われる

この一連のやり取りをおいはぎ橋の上で見守っていた牛鬼丸。

やはり何かに驚いているのか、体が震えている。

 

そんなところにカイドウの手下たちが現れる!

橋の上で身構えていた牛鬼丸をマグナムで銃撃!

 

牛鬼丸は猛獣用の弾丸で怪我をしてしまう…!

 

ゾロと河松の共闘

河松が日和に指示を出す。

 

この乱入者たちに対し、ゾロと河松が互いに意識を感じ取りながら、カイドウの手下たちに飛び掛かって一蹴!

ザンッ!!

 

しかし手負いの牛鬼丸は突如走ってその場を離れる。

ダダッ!!

 

ゾロが叫ぶも、河松は振り返らずに一心不乱に逃げ続ける!

牛鬼丸の顔には、涙が浮かんでいた。

べんっ!!

 

河松と牛鬼丸の関係とは!?強い関係性と見て間違いないが…。

そしてワノ国編、ついに核心に迫っていく!!

 

『ワンピース』最新話952話はまだまだ続きます!

また情報が入り次第すぐに更新していきますのでまた是非お越しください!

 

スポンサードリンク

ワンピース952話ネタバレの最新話感想と考察

ワンピース952ネタバレ最新話確定速報

 

『ワンピース』最新話952話確定ネタバレ速報からの感想考察です!

今回はかなり話が進んだ印象ですね!!

※考察や予想は変化していくかもしれませんが、そこはあまり目くじら立てずにあたたかい目で見守っていただけると幸いです。

 

ゾロと牛鬼丸の戦いの行方

奪われたゾロの刀「秋水」を探すため、「おいはぎ橋」へ行くと以前から話していたゾロ。

いきなりの牛鬼丸との戦闘シーンでしたね。

ゾロの技は特に目立ったものは出ず、牛鬼丸を圧倒します。

 

最終的に今回も持ち越しとなってしまいましたが…二度目の対決はほぼゾロに軍配が上がっていましたね。

しかし、秋水が奪われた理由は、やはり刀神リューマが深く関係していました。

この秋水が無くなって以降、ワノ国自体の流れがどんどん悪い方向へ進んでいると感じていた牛鬼丸だったからこそ、どうしても取り戻したいと思っていたのでしょう。

 

元々あまり悪い奴には見えませんでしたし、牛鬼丸なりの正義がしっかりとあったのですね。

ただ、最終的にはまだゾロとの決着をつけるのを後回しにしていた牛鬼丸。

いつかこの決着はつくのでしょうか?

 

懐のおさまりが悪いと嘆いていたゾロなので、火祭りの夜の決戦前には何とか…。

ってもうあと決戦までは1週間か!

 

河松と日和の再会!

今回952話のメインだったのは、13年前に逸れてしまった日和と河松、二人の再会でした!

やはりここは涙無くしては…。

20年前、光月家が襲撃されて以来、何も分からないまま逃げることになった日和と、支える立場となった河松。

 

光月トキからは、モモの助、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊(菊の丞)が20年後の未来に先に行き、必ずワノ国を取り戻す、ということは確実に聞いていた。

しかし、激動の20年をそのまま過ごすことになってしまった日和と河松にとっては、必ずしも良いことばかりではなかったのは明白。

 

特に河松にとっては絶対に守り抜かなければならない日和の命。

自分への食べ物を抜いても日和を優先し、とにかく笑わせることに努めてきた河松は本当に日和にとっては神でしかないと思う…。

両親、特にトキに対しては、城が火に包まれたときも最後まで側に寄り添っていた日和。

母に甘えたくて仕方なかっただろうし、絶対に心細かったはず。

 

そんな重責を担った河松。

はぐれてしまった時の想いといったら、どれだけ辛かったことだろう。

 

しかし、今回の再会では日和を責めなかった。

全ては自分の過ちとして感じていたのだろうし、これからの未来だけを見据えていたのだろう。

必ず日和様の元に戻る。必ずワノ国を取り戻すと。

 

そして日和も、河松を想って自らはぐれたからこそ、強く生きると誓ってここまで生き抜いてきた。

花魁という存在にはなったものの、オロチのすぐそばまで近づくこともできたし、様々な情報も自ら呼び込めるほどまでの地位も確立できた。

今となってはそれらは失ったが、自分の意思を尊重し、20年前の母の言葉を信じたからこそここまで来れた。

 

今回、ゾロと牛鬼丸の戦いが白熱してきた時に突然登場した河童の河松。

それを見守る日和の表情が感動的だった。

本当に優しい日和、そして河松もそれを分かる優しさを持ち合わせていたようだ。

出て行った日和を責めることなく受け入れたことも涙を誘う。

 

日和と河松、二人の、互いを想う心に熱くなる!!

 

カイドウとビッグマムの戦いの行方は?

ナポレオンと棍棒がぶつかり合って天が割れるほどの衝撃となった、カイドウとビッグ・マムの戦い。

四皇同士とあって、さすがにその迫力は他の戦いの群を抜いてヤバいものがありました…。

 

脱出しろ――!!とモブ兵士が騒ぎ立てていましたが、さすがにすぐ逃げ出すということはないでしょう。

大看板も揃っていますし、いざとなれば隠れ蓑はある。

むしろこの戦いを側で見ずしてどうするという展開もあり得ます。

 

そう簡単には四皇同士の戦いは終わらないとは思いますが、決着がつくことにもならなさそうです。

とにかく今回お互いに共通の敵として存在しているのはルフィのこと。

カイドウとビッグ・マム、お互いの考えを共有し、共闘となるのが可能性が高いのではと思うのですが…??

 

もしもビッグ・マムとカイドウが手を組むことになってしまえば、錦えもんの作戦は完全に終わることにはなります。

まさかのビッグ・マムですからね。。

しかし、作戦の細かい内容は聞かずに突進していくルフィですから、錦えもんがどれだけ考えていようとも常に今自分がやるべきことを考えて最善を動いていくことになるでしょう。

 

四皇の内二人、そして五皇ともいうべき存在にまでなっているルフィ率いる同盟。

ルフィと戦う前に決着がつくのか、それとも別の方向へ向かうのか。

カイドウがやられてしまうことも、ビッグ・マムが負けてしまうことも、どちらも想像がつきにくいのですが、決着が長引けば、カイドウが何か取引を持ち出してくることも考えられそうですね。

この勝負の行方、ワクワクしっぱなしですね!!

 

スポンサードリンク

伝説の剣豪リューマ

いよいよ「刀神様」としてのリューマがどういった人物だったのかが描かれていきます。

リューマについては「MONSTERS」との絡みもあるので、どこまで設定がつながっているのか、どこからが『ワンピース』としてのリューマなのかも個人的には気になっていますが、本編でのしっかりとした情報がまだないキャラクターなので、非常に楽しみです!

 

今回、結果的に詳しくは語られませんでしたが、牛鬼丸曰く、剣豪リューマの死後、「刀神様」として名刀「秋水」と共に祀られていた「国の宝」の詳細、それが遂に語られる時が近づいてきたように思えます。

 

リューマが竜を斬ったというのは本当の出来事なのか。

ワノ国が「黄金の国」と呼ばれていた頃のリューマの活躍は果たしてどれほどのものだったのか。

 

今のルフィたちの強さに近いのか、それともまだまだ強い存在なのかも、気になるところですね!

 

スポンサードリンク

ワンピース952話ネタバレ:次回953話の展開予想

ワンピース952ネタバレ最新話確定速報

 

それではここからは、次回『ワンピース』953話がどうなるかの予想、です!

 

ローとホーキンスの取引とは

やはり気になるのはローとホーキンスが交わしたという取引がらみの問題でしょう。

どこまでドレークが絡んでいるのかも気になるところですが、それ以上にベポたちがキャプテンを助けるために独自行動起こそうとしているのも非常にマズいのでは…と考えてしまいます!

ローはベポ、シャチ、ペンギンを助けるという目的もあって敢えてホーキンスの元へ行ったのに、その三人がまたも命の危険が及ぶ行動をしてしまってはローの目論見が。。。

 

ロー、ホーキンス、ドレーク、彼らが本当にこのワノ国で行いたいこと、成し遂げたいことは何なのか?

 

錦えもんが向かう編笠村

味方が一気に増えたものの、武器が足りないということで編笠村に向かうことにした金えもん。

編笠村には、天狗山飛徹がいます。

 

ただ、飛徹自身、待ち人がいると言っていましたが、錦えもんのことではないはず。

ルフィが来る前から錦えもんはワノ国に入っていたわけで、飛徹とも面識があるでしょうから、今更何かをすることはないのでは…。

 

しかし飛徹の職業はこけしコレクターであると同時に刀鍛冶でもあるので、刀を幾本か持っているのでは?という錦えもんの推測なのではないでしょうか。

 

飛徹が久しぶりに登場するのかどうなのか。

どこか刀が隠されている場所があるのか。

とんでもない名刀がはたまた飛び出すのか、いずれも注目です。

3,500人もの侍がせっかくそろったのですから準備は万全に、鬼ヶ島での決戦に備えていくことでしょう。

 

火祭りの夜の鍵「空船」

結構分かりやすい伏線になってくるのでは?と思われるのが、サンジとしのぶの話題の中で判明していた「空船」です。

現代社会で言えば、ランタン上げとか、灯篭流しが混ざっているようなものなのかなと思います。ディズニー作品の『塔の上のラプンツェル』でも似たようなものがありましたね。

 

ただこれ、何故「船」の形なのか。飛行船ともいうべきでしょうか。

空飛ぶ船といえば、やはり空島でのマクシムが出てきますね。

しかし空島とワノ国は繋がりが乏しいので、そうなると更に昔の船「ノアの箱舟」のことなのか、あるいはプルトンなども関係してくるのか…。

ラフテルへの行き方のヒントも含まれている可能性もありますね。

 

しかし、色々考えますが根本的に何故これがワノ国の伝統なのか。

おでんが処刑された後も当然このイベントは行われたのでしょうが、空船という形でラフテルへの行き方を示したのかもしれませんよね。

 

さらに、天灯(ランタン)の意味を調べると…

 

伝承では、三国時代に諸葛亮(諸葛孔明)が平陽で司馬仲達の軍に包囲された際、紙を貼った大型の籠を製作し外部に救援を要請したのが発祥とされるが、本当のところは定かではない。

歴史学者のジョゼフ・ニーダムは、1241年にモンゴル人がポーランド・レグニツァにおける戦役で、通信手段として龍のような形の熱気球を使用した記録があると述べている。

戦時における通信手段以外に、各地で様々な伝承を生み、台湾では盗賊を避けて山に逃れた村民に安全を知らせるために天灯を放ったという伝承が生まれた。

引用:Wikipediaより

 

上記より、「戦時中の通信手段」「安全を知らせる手段」「救援要請」など、もともとは違った使われ方をしていたようです。

戦時に使われていたことから、戦争中に亡くなった方への追悼で送る、とはつながりますね。

ですので、もしかしたら『ワンピース』の世界でも、太古での大戦争の際に何らかの通信手段とか救援要請を送るための手段として、使われていたものなのかもしれません。

 

牢屋敷の侍たちはどうなる?

一癖も二癖もある侍たちが現在捕まっている羅刹町の牢屋敷。

康イエの働きをもってしても、解放させることはできませんでした。

というよりも、オロチが自分の過ちを認めたくないからこそ、さらに解放できなくなってしまったのでしょう。

 

しのぶとサンジも考えていましたが、どうやって解放させるのでしょうか…。

1000人規模の侍たちが捕まっているので、やはり戦力としては期待してしまいますよね。

 

ひとまず火祭りの夜まで待ってもらって、決戦の火蓋が落とされたと同時に解放、というのは…?

でも食事もないかもしれないから、そこまで全員が持たない可能性もありますね、体力的にも。

 

ここは、雷ぞうが兎丼で行ったように、くの一であるしのぶとステルスができるサンジが組んで、鍵を入手しに行くかもしれませんね!

 

康イエに変えられた判じ絵

康イエによって変更が加えられた判じ絵。

これも、ベポやナミたちは理解できませんでしたが、ワノ国の侍たちはそれが理解できたとのこと。

 

となるとこれもまた狂死郎の手に渡ってしまったらまたバレちゃうんじゃないか…??と心配してしまうのですが、結構あり得そうですね汗

 

変更されたのは、蛇を突き刺すかのように付き足された2本の線。

これを示すのは果たしてどこなのか…。

 

そもそも蛇=ハブが示していたのは「刃武港」でした。

ハブの銅としっぽに突き刺すように入っている線、から察するに…と思いましたが今のところ当てはまる地名ってないんですよね。

ただ、他のワノ国の人間が知っているとのことなので、まだ出てきていない地名か、場所か。

 

もしくは、951話でアシュラ童子が廃船を集めている港に錦えもんとイヌアラシを案内していましたが、廃船=壊された=突き刺された、と考えることができなくはないでしょうか?

もともと刃武港にあった船が多いかもしれませんし、その場所ではなく廃船が集まっている場所に変更になったよ、というメッセージなのかもしれないですね。

 

あとは、故事成語で『蛇足』という話があります。

昔、中国で蛇の絵を早く描く競争をした際に、最初に描きあげた者がつい足までつけてしまったため負けたというもの。

ここから蛇足とは「付け加える必要のないもの」「無駄なもの」を意味します。

 

つまり、この足は付け加える必要がないもの=集合場所に変更はない??

 

ただ、新しい場所を示したと康イエは言っているので、この予想は外れているかもですが…。

 

スポンサードリンク

ローの不自然な行動

麦わらの一味には自分が捕まったことを知らせるなというローの動き。

かなり不自然だし、引っかかる点が多いです。

 

元々麦わらたちにはツッコみまくっていたロー。

お前らそれでも海賊か?!みたいな仲良しなところ、イイ人そうなところや、ちゃんと役目をはたしていないゾロにキレたりと、ローは散々麦わらの一味に引っ掻き回されてはいました。

そんなところにしのぶが、ローの仲間を侮辱するような発言をしてしまったため、今までの鬱憤が爆発してしまった…とも考えられます。

 

950話の時点では、拷問されていたように見えるローはまだ麦わらの一味の行動などは話していないようでしたね。

951話でホーキンスと何らかの取引があったのはその拷問シーンより前の出来事。

ですので、自分が捕まったことを言うな、といっているにもかかわらず何も白状していないというのも、ローの不自然な行動です。

 

更に気になったのは、ホーキンスの言葉。

「未来に“希望”を抱かない」というのは、単にローの性格のことを言ったようにも思えましたが、ローが捕まったということでカイドウにはやはり敵わない、と思わされたのでしょうか…。

ホーキンス自体も、ローを捕まえたからといってベポたちの命として捕縛していた藁人形をみすみす手放してしまうのも、何か甘い行動ですよね。

 

ロー、そしてホーキンスも含めてですが、これからのカギを握る行動を起こして生きそうです。

 

ベポたちはまだ捜索されている?

不思議だったのは、解放されたはずのベポ、シャチ、ペンギンの人相書きが麦わらの一味のものと一緒に貼りだされていたこと。

これはちょっとおかしな話です。

ベポたちが解放されたというのは、上層部には伝わっていないのでしょうか?

それとも、ホーキンスの行動は嘘八百であり、ローを捕まえる代わりに解放したと見せかけて実はベポたちも引き続き捕まえるつもり満々なのでは??

 

もしローが何かしらの行動をすると考えているにしても、ホーキンスかなり邪道ですね…まぁこれこそが海賊という生き様なのかもしれませんが。

あるいはホーキンスとローの取引というのは完全にホーキンスの独自行動なのかもしれません。

オロチたちには一応捕まえたとは伝えておくものの、ローと共に何かをしでかそうとしているのかも…。

 

ビッグマムの手中にない種族がいる

これもまた重要な伏線になりそうですが、ビッグ・マムが自分の家族の中にはまだいない種族が、キングの種族含めて3種類いると言い放ちました。

そしてそのうち1種類は「歴史の彼方に消えた」といわれるほどの存在なのだとも。

 

キングの種族も気になるところですが、この「歴史の彼方に消えた」種族が今後の展開に非常に重要になってくるのではと考えています。

歴史の彼方、という言い方からして、空白の100年にあった「巨大王国」にいた種族の可能性も!

 

「Dの一族」のことかもしれませんが、まぁこれは種族という感じではないのでちょっと違いますよね。人間、とか魚人、とかそういう分類。

エネルが月で見つけた、羽の生えた種族のことだったりするのでしょうか?

 

そもそもこの空白の100年とは―――巨大な王国の存在を、世界政府が隠そうとしているというところから、かなりの因縁があることが分かります。

世界政府としてはこの巨大な王国のことが未来永劫知られてしまっては困ることがあるのでしょう。

その理由の一つが、「歴史の彼方に消えた」種族が関係してくることなのかもしれません。

 

キングはその種族ではないにしても、「歴史の彼方に消えた」種族に近いほどの稀な存在。

もしかしたらキングも空白の100年に関してかなり重要な位置に立つ存在なのかもしれません!

 

そろそろおでんの過去編に?

ワノ国編を通じて一番と言ってもいいほど、未だに語られていないキャラクターを挙げるとなると、光月トキや傳ジロ―、丑三つ小僧などもいますが、一番の重要人物はやはり、光月おでん。

おでんの生涯は一体どのようなものだったのか。

何故ここまでワノ国の民衆たちに慕われているのか、想いが受け継がれているのか。

 

そのあたりが光月おでんの過去編として描かれることになるでしょう。

なんとなく、空島編のモンブラン・クリケットの時のように長めに描かれる気がしています。

ですので、今のワノ国編第二幕が終わって、世界情勢がある程度描かれてからになるかとは思いますが、そろそろこの部分、詳細が見えてくるのではないでしょうか!

 

ワノ国編と今後の日本が絡む?

ワノ国編は言わずもがな、昔の日本がモチーフになっています。

国の貧困層や汚染、政治の問題などを取り上げる一方、この時代を変えようと動いている者たちも。

ある意味、今の日本を見ているともいえるかもしれません…。

 

それに、ルフィは兎丼でババヌキを倒す際、奴隷の日々を日常だと思い込んでいた侍たちを鼓舞し、このままじゃいけないと必死に伝えていました。

もしかしたらワノ国編は、ただルフィたちが活躍するのではなく、民衆に立ち上がろうというメッセージを込めているのかもしれませんね。

それが、もしかしたら今の日本にもつながるメッセージになっていくのかも。。。

 

また、1年後の2020年には、日本では東京オリンピックが開催されます。

火祭りの夜に向けて盛り上がるワノ国ではあるものの、同時に色々な問題点が影で浮き彫りになっている事実もあります。

この辺りも、オリンピックに向けての不安な点を解消していく、というメッセージがこれからも描かれていく、という表れなのかもしれませんね。

 

映画スタンピードSTAMPEDEとの関連性

そして、今期初日興行収入No.1を記録している大ヒット映画、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』。

この映画にもワノ国編との関連性があるのではと考えると、やはりワノ国での決戦でも「共闘」がカギを握ることになるでしょう。

 

映画スタンピードでは、ルフィはロー、サボ、ハンコック、バギー、スモーカー、ルッチ、そして映画本編で初めて分かりますがクロコダイルも含めた精鋭でバレットとの最終対決に臨んでいました。

やはりたった一人では太刀打ちできない相手だったバレット。

最悪の世代全員でかかっても全く敵わず、ルフィがギア4スネイクマンを発動しても余裕のバレットでした。

 

そのため、立場や所属、敵対関係なども超えて、協力してバレットという強大な相手に立ち向かい、何とか勝てたわけです。

 

ですので、カイドウ戦でもこれと同様のことが起こると予想します!

ルフィ一人では全く歯が立たなかったカイドウ。

ギア4バウンドマンでも、棍棒のたったの一振りでルフィは気絶してしまうくらいでした。

 

そのためワノ国編でのラストバトルでも、ルフィたちは協力して立ち向かうことになるでしょう!

 

カイドウへの共闘として考えられるのは、ルフィ、ロー、キッド、ゾロ、サンジ、錦えもん、アシュラ童子、イヌアラシ、ネコマムシ、そしてまだ見ぬ赤鞘九人男の傳ジロ―、などでしょうか。

他にも麦わらの一味、ハートの海賊団、ミンク族、赤鞘九人男、そしてワノ国の侍たちもいますが、敵対するのはカイドウだけではなく、百獣海賊団の大看板、飛六胞、真打ち、オロチ勢、さらにビッグ・マム海賊団までいます。

鬼ヶ島だけでなくワノ国全土に広がるほどの大乱戦が予想されますね!!

 

ルフィは一度カイドウに負けてはいるものの、これだけの仲間がいれば、仲間を想う力で二度、三度立ち上がって何度でもカイドウに立ち向かっていくでしょう。

流桜を駆使して必ずやカイドウを討ち取ってほしい!!

 

スポンサードリンク

ワンピース952ネタバレ最新話確定速報のまとめ

ワンピース952ネタバレ最新話確定速報

 

『ワンピース』最新話952話も、かなり注目すべき展開がありますね!

カイドウとビッグ・マムの戦いはどんな終結となるのか?

ルフィたちの今後の動き、ゾロが取り戻そうとしている秋水関連、ローの取引や助けようとしているベポたち、牛鬼丸と河松の関係などなど、気になる展開ばかりです!

そろそろワノ国編第二幕も終盤なのかなとも思いますし、ここからの展開がますます楽しみですね!!

 

『ワンピース』次回の953話も楽しみに待ちましょう!

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。