ワンピース

光月おでんの手紙の内容とは?トキに宛てた遺書は今後の巨大な戦や主役たちを予想?

人気漫画『ONE PIECE ワンピース』の光月おでんが残した手紙について考察します!

 

自分の死を覚悟していたおでんは、あらかじめ妻のトキに向けて手紙を残していました。

そこには20年先の未来について書いてありました。

『ワンピース』973話はワノ国過去編のラストとなるでしょうからおそらくその内容も描かれるでしょうが、一体どんな内容が書いてあったのでしょうか!?

 

それでは、漫画『ONE PIECE ワンピース』の光月おでんが残した手紙について考察します!

 

おでんの手紙の中身とは!?

光月おでんの手紙の内容とは?トキに宛てた遺書は今後の巨大な戦や主役たちを予想

 

では、おでんがトキへ残した手紙の内容について考えていきたいと思います!

 

おでんからトキへ残した手紙

『ONE PIECE ワンピース』最新話972話の最後に、死を覚悟したおでんからの手紙をトキが読むシーンが描かれました。

その内容とは自分がもう限界であり、自分が今打ち取れなければ、今後しばらくカイドウを倒すことができるものが現れない、というものでした。

 

さらに20年以上先、世界では大海を分つほどの大きな戦が起きると予言しています。

この辺りはラフテルで知った未来のことでしょう。

そして20年後には、その巨大な戦の主役たちが新世界に押し寄せるのです。

 

トキに力を使ってほしい、自分が死んだら、という所より先はトキが手紙を破いてしまったので、読者は知ることができません。

ただ、このあたりは20年後に現れる主役たちの力になってやってほしいと、必ずその人物がワノ国を良い方向へ導く、などとトキを勇気づける内容だったかもしれませんね。

それを実現するべく、手紙のままで残してはオロチたちに知られてはマズいと考え、敢えて破り捨てたのでしょう…。

 

カイドウを討ち取るものはしばらく現れない!?

おでんは自分が失敗したら、カイドウを討ち取る者はしばらく現れないと断言していました。

その言葉通り、カイドウは現代もワノ国を裏側から支配し続けていますね。

 

これもラフテルで知った未来だったのでしょうか。

もしくは今後ワノ国が鎖国し続ける限り、自分より強い者が現れないとおでんが考えたのかもしれません。

 

しかしワノ国といえば、海楼石があります。

カイドウは何度も捕まったりと、決して無敵なわけでもありません。

隙をついて海楼石で弱体化して倒す、ということはできなかったのでしょうか!?

 

残っていた者たちではそれすらできないほどカイドウが強かった、とも考えられます。

または、カイドウが能力者ではなく元々龍であったという説も見かけました。

それならば海楼石も無意味ですよね。

 

どちらにしろ、カイドウを倒す者はこの20年で現れませんでした。

おでんの手紙には真実が書かれていたわけですね。

 

おでんが言う20年以上先に起こる巨大な戦とは!?

光月おでんの手紙の内容とは?トキに宛てた遺書は今後の巨大な戦や主役たちを予想

 

おでんの手紙に書いてある、一番気になる記述が巨大な戦です。

これはかつて白ひげが頂上決戦の時に言っていた、巨大な戦いのことと同じでしょう。

 

白ひげもロジャーからDの一族について聞かされていました。

この時、巨大な戦いが起こることも知ったと思われます。

 

大海を分つほどの巨大な戦ということは、世界政府や天竜人、Dの一族、さらに他の様々な国がそれぞれの勢力に別れるものとなるのでしょう。

そして20年という断定的な数字が何度も登場していたことから、これらのことはラフテルで知り得た予言にあったことでしょうね。

タイミング的にも、ジョイボーイが現れたことで起こる戦いになるのかもしれません。

 

おでんが言う巨大な戦の主役たちとは!?

光月おでんの手紙の内容とは?トキに宛てた遺書は今後の巨大な戦や主役たちを予想

 

おでんが手紙に残した、20年後に現れる者たち。

それはルフィやロー、キッドの世代でしょう。

 

ただ、彼らは一人ではカイドウに勝てなかった。

今後全員で力を合わせて戦う流れもあり得るのでしょうか!?

 

それとも流桜を習得したルフィが、カイドウの硬い体の内部へ攻撃するのか。

ゾロやモモの助の持つ、おでんの愛刀たちも気になりますよね。

 

おでんの予言した20年後は今です。

大きな戦いはもう始まろうとしているのかもしれませんね。

 

光月おでんの手紙の内容とは?トキに宛てた遺書は今後の巨大な戦や主役たちを予想のまとめ

光月おでんの手紙の内容とは?トキに宛てた遺書は今後の巨大な戦や主役たちを予想

 

漫画『ONE PIECE ワンピース』の光月おでんが残した手紙について考察しました。

 

『ONE PIECE ワンピース』972話では、死を覚悟したおでんがトキへ手紙を残していました。

そこには今自分が打ち取れなければ、しばらくカイドウを倒す者は現れないと書いてありました。

 

さらに、20年後に巨大な戦が起こるのです。

その主役たちがカイドウを倒すと言っていましたね。

おそらくこの主役たちを助けてほしいと、おでんはトキに伝えていたのではないでしょうか。

 

その主役たちとは、ルフィたちのことでしょう。

『ワンピース』973話でトキは未来の主役たちに何かメッセージを残すのか?それこそが辞世の句?

今後、20年後の現在で勃発するカイドウとの戦いがどうなるのか、注目ですね!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。