ランウェイで笑って

ランウェイで笑って102話ネタバレ!藤戸社長から育人へのお願いとは

週刊少年マガジンの人気漫画『ランウェイで笑って』最新話102話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

相澤が持ってきた悪い知らせとは、ミルネージュがなくなるという知らせでした。

藤戸はミネルージュがなくなる前に千雪をパリの舞台に立たせたいと考え、柳田の元に頼みに行きますが激昂され殴られます。

最後に頼ったのは育人でした。

 

藤戸の願いは叶うのでしょうか?

 

それでは、気になる『ランウェイで笑って』最新話102話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

前回の『ランウェイで笑って』はこちら!

 

 

ランウェイで笑って102話ネタバレ:前回101話感想考察

ランウェイで笑って最新話102話ネタバレ

 

悪い知らせがなかなか明かされないなーと思っていましたが、ついに明かされました。

ミルネージュがなくなってしまうなんて衝撃展開です。

 

いつもは飄々としている千雪の父藤戸が必死になっていて切なかったです。

柳田も見ていて辛かったから殴ったのだと思います。

 

タイトルである「か細い糸」とは、人と人とをつなぐ「縁」とか「絆」、「希望」というような意味だったのでしょうね。

展開的には単純に「頼みの綱」ともいえますね。

 

育人は藤戸の頼みの綱になれるのでしょうか。

「か細い」って言われてますしね。

 

スポンサードリンク

ランウェイで笑って102話ネタバレ

ランウェイで笑って最新話102話ネタバレ

 

『ランウェイで笑って』102話

「親バカ」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

親バカの勘違い

会社の名前を娘の名を冠した「ミルネージュ」にする。

その夢を熱く語るのは若かりし藤戸社長。

 

成長した千雪がミルネージュからモデルとしてパリコレに出たいと夢を語れば、その夜、枕に涙のあとを残すほどに喜ぶ父の姿は、まさに親バカでした。

 

娘の夢を叶えてやりたいと強く願った藤戸社長のもとへ、綾野麻衣のブランド「アプロ」が子供服コレクションを開くという情報が舞い込みます。

 

それを聞いた藤戸社長は、綾野麻衣との接触を試みます。

 

藤戸社長の確信は、パリへの扉を見せてしまいます。

 

スポンサードリンク

非常識な行動

綾野麻衣も参加する、関係者が集まる社交会の場に訪れ、彼女に接触をはかる藤戸社長。

 

綾野麻衣は、次のショーに出るモデルの子供を連れていました。

その子と千雪を比べ、やはり千雪の方がいいモデルだと思う藤戸社長は、千雪の資料を出し、仕事の話を始めます。

 

それは社交界の場にそぐわぬ、非常識な行動でした。

 

スポンサードリンク

藤戸社長の自信

次のコレクションへ千雪の起用を提案する藤戸社長の言葉を通訳から聞くオリヴィア。

 

藤戸社長の写真と名前の割り出しを指示したオリヴィアは、藤戸社長が提示する千雪の資料を手にし、しばらく眺めたあと千雪を「小物、不出来」と称しました。

 

それに腹を立てた藤戸社長はオリヴィアに食ってかかりますが、一蹴されて傍にいた子と千雪の優劣を問われます。

 

一瞬その少女のオーラにおののきますが、負けじと答える藤戸社長。

 

スポンサードリンク

少女の正体

少女は持っていた飲み物をわざと自分のドレスにこぼすと帰ることをオリヴィアに告げます。

 

オリヴィアを「お祖母様」と呼ぶ少女は、孫のシャルロットだったのです。

 

彼女のお披露目会である社交会に「あり得ない行動」だと、孫、そして藤戸社長に怒りを隠さないオリヴィアでした。

 

スポンサードリンク

育人へのお願い

藤戸社長から呼び出された育人は、過去にそんな事情があったことを聞かされます。

 

パリコレのブランド選定権を持ち、ファッション界に影響力のある重鎮・オリヴィアを敵に回したことにより、ミルネージュの倒産の危機に追いやられているのです。

 

この日のために育人へ恩を売ってきたと思いながらも、育人を利用する言葉を口にできない藤戸社長。

 

ですが、助けようとしてくれる育人に、藤戸社長は祈るように頭を下げるのでした。

 

 

スポンサードリンク

ランウェイで笑って102話ネタバレ展開予想

ランウェイで笑って最新話102話ネタバレ

 

ここからは、『ランウェイで笑って』最新話102話、そして103話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

見どころは3つ!

今後の見どころは3つあると思います。

藤戸から育人への話、会長の圧力、藤戸と綾野麻衣です。

具体的にどういったことになるのか考えてみました。

 

スポンサードリンク

藤戸から育人への話

藤戸が育人へ電話して「話があるんだ」と言って終わりました。

そのため『ランウェイで笑って』102話は育人への話がメインになると考えられます。

話の内容は千雪についてだと思います。

 

ただ柳田と違って、育人はまだ綾野麻衣に少し顔を覚えてもらった程度の新人デザイナーです。

今すぐパリに千雪を連れて行くという力はありません。

 

藤戸の願いは、ミルネージュがある内に千雪をパリコレに出してやりたいということだと思います。

そのため、育人へは「いずれ千雪をパリコレに連れて行ってくれ」と頼むと予想します。

 

スポンサードリンク

会長の圧力

柳田は藤戸に向かって、「お前が気にしている会長の圧力なんて俺は知らん」と言っていました。

会長とは誰のことでしょうか。

 

最近出てきた会長といえばOcelotの初代編集長であり、現在はその出版元の会長であるオリヴィア・キャリーです。

たしかカプセルコレクション後に現れた藤戸に柳田は、オリヴィアがいるから帰れと言っていました。

 

ファッション界の大物と、日本の小さな事務所の社長である藤戸の間に、何があったのでしょうか。

ミルネージュはそれほど大きな事務所ではありませんが、パリコレに雫というモデルを出演させた実績があります。

 

そして相澤との話をしているときに藤戸は「俺の不祥事で経営が傾いた」とも言っていました。

これらのことも関連しているのかもしれません。

今後はそのへんが明らかになっていくと予想します。

 

スポンサードリンク

藤戸と麻衣

藤戸は柳田に「綾野麻衣へのコネクションを繋いでくれ」と言って殴られてしまいました。

一見藤戸の要求にたいしてNOと思わせる行動です。

しかし柳田には意外と義理堅い面もあります。

 

そのため「話をするだけしてみろ」といって、コネクションを繋ぐということも考えられます。

 

ただ麻衣に頼んだとしても、前述したオリヴィアと藤戸の間に諍いがあるようなら断るんじゃないでしょうか。

麻衣はカプセルコレクションのとき、オリヴィアに緊張していました。

かなり立場に差があるように思えます。

 

スポンサードリンク

ランウェイで笑って102話ネタバレまとめ

ランウェイで笑って最新話102話ネタバレ

悪い知らせはミルネージュが潰れるという話でした。

諦めきれない藤戸は柳田に懇願しますが殴られ、最後に育人の元に電話をしました。

 

今後は藤戸が育人に千雪のことを頼んだり、柳田が麻衣との間にコネクションを繋いだりするといった展開だと考えます。

 

次回の『ランウェイで笑って』第103話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与の600ポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年12月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。