進撃の巨人

進撃の巨人133話ネタバレと感想!飛行船VSエレン!アニは後悔しアルミンらが道で邂逅!

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

別冊少年マガジンの人気漫画『進撃の巨人』最新話133話のネタバレと感想、展開考察です!

10月7日(水)『進撃の巨人』133話の確定ネタバレが入りました!

飛行艇の整備をする為にマーレの都市であるオディハへと辿り着いた一行。

それぞれ最後の戦いに向けた準備を進める中でなんとか飛行艇の準備を終えるも、そこで登場してきたフロックによって飛行艇が損傷して修理が必要になってしまう事に

地鳴らしの巨人が押し寄せて窮地に追い込まれる中で、ハンジは自らが巨人に立ち向かう事で時間を稼ぎ、皆はギリギリの所で飛行艇で飛び立つのでした。

皆の力でエレンを止める事が出来るのか!?

 

それでは、気になる『進撃の巨人』最新話133話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『進撃の巨人』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

進撃の巨人最新刊を無料で読む!

『進撃の巨人』32巻を読むなら上記リンク先のU-NEXTがお得です!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

進撃の巨人133話ネタバレの考察

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

前回の『進撃の巨人』のエピソードでは、貨物船でオディハ港に到着した一行が、調査兵団員を中心とした飛行艇組と、キヨミ・アニらの貨物船組に別れる様子が描かれました。

この動きに対し生きていたフロックの妨害によって、ハンジが犠牲となり足止めを行い、遂に最期を迎えることになりました。

長らく本作の中で主体的な役割を果たしてきたハンジの退場だけに、非常に感慨深い回だと感じられました。

しかし個人的にはハンジがアルミンを次の調査兵団団長に指名したのは、少し疑問が残ります。

今回も超大型巨人を宿すにも関わらず、自分が犠牲になろうとしたアルミンの指向を見れば、客観的なジャンの方が適任に思えるのです。

それでは『進撃の巨人』133話にはどのようにつながっていくのでしょうか?

 

進撃の巨人133話ネタバレ前回からの考察

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

あまりにも厳しすぎる戦いでまた一人頼れる仲間が散っていく事となった前回

非常に辛い展開過ぎて、一体どこまで試練を与えてくるんだよと思ってしまいますよね。

『進撃の巨人』133話と関連する部分を紐解いていきます。

 

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:アニは戦いに参加せず

ようやく飛行艇を整備する為にオディハという都市までやってきた一行。

しかしこの時点で地鳴らしが始まってから相当時間が経過していますし、ここから更に整備に時間がかかる訳です。

こうしている間にもどんどん地鳴らしが続いていく訳で、エレンの元にたどり着くのが何よりも難しいというのが本当に辛いです。

 

しかしここへ来てアニは戦いに参加しない事を宣言しました。

前回少しだけアルミンと良い感じの空気になっていましたが、今回はその想いを自覚していましたしミカサにも気づかれていましたね

とはいえここで戦いから離れてそれでアニの役割が終わりとも思えませんし、まだここからアニにも一波乱あるような気がします。

 

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:復活したリヴァイの役割は??

本当に最後の戦いが迫る中、ようやく立ち上がってきたリヴァイ。

とはいえ満身創痍なのは変わりませんし、正直立っているのが精一杯という感じでもあります。

 

指も失っていて、今のリヴァイに出来る事なんて本当に少しのはず。

しかしそれでも生きてこの場所にいる以上、リヴァイには間違いなく何かやるべき事が残っているのでしょう。

今回の最後には長年の相棒とも言えるハンジとの別れもありましたし、きっと今後の戦いで何か見せてくれるのだと思います。

 

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:フロックの執念

パラディ島の港での戦いで撃破したかに見えていたフロック。

しかしやっぱり生きて船にしがみついてここまでやってきていたようです。

瀕死の状況でありながらここまでやるんだから、敵となってはいるものの認めてあげたくなりますよね

 

彼はあくまでもエレンの考えを信じ、パラディ島を守ろうとしていただけ。

その為にどこまでも必死だっただけで、死ぬ最後の瞬間まで島の事を想い続けていたのがグッと来てしまいました

もちろん本当は彼にも救われて欲しかった所ですよね

 

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:あまりにも大きいハンジの犠牲

フロックの邪魔もあり、地鳴らしから逃れるのが難しくなってしまいました。

どうしても誰かが足止めをする必要が出てきて、そこで立候補したのがハンジ

 

相手は超大型巨人の群れな訳で、少しでも時間を稼ごうと思ったら巨人の力を持った誰かにお願いしたい所でしょう。

しかしそれでも普通の人間であるハンジが頑張ったというのが素晴らしいですよね。

 

正直誰しもが絶望的な気持ちに覆われていて、ライナーなんかも自分が立候補したのは死に場所を求めている感じもありました。

ハンジにもそういう一面はあったと思いますし、死んでいった仲間達の為にも自分の命を少しでも意味ある形で使わなくてはと考えていたのかもしれません。

 

しかしどんな想いだったとしても、ハンジによって希望が繋がった事には変わりないでしょう

巨人に踏み潰されたハンジが、最期はエルヴィン達と再会出来るという演出はある意味では残酷な物語を描く『進撃の巨人』らしくないようにも思えました。

とはいえハンジというキャラクターだからこそこの展開も許されるのかなぁという気持ちもあったりするんですよね。

 

あまりにも大きな犠牲によって飛び立つことになったアルミン達。

後はエレンの元に辿り着いて、一体何が出来るのかという所だけが問題になってきます

辛いことが多すぎただけに、最後くらいは幸せな展開を迎えてもらいたいですよね!

 

進撃の巨人133話への読者の声

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

『進撃の巨人』最新話133話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

進撃の巨人133話ネタバレ「罪人達」

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

『進撃の巨人』133話

「罪人達」のネタバレが下記となります!

 

進撃の巨人133話ネタバレ:地鳴らしを止める為の作戦を!!

ハンジの犠牲によってなんとか飛び立つ事が出来たアルミン達。

しかしあまりにも大きな犠牲によって飛行艇の中は重たい空気に包まれていました。

 

慌てて飛び立つ事になったせいもあり燃料も半分程度しか入れられておらず、目的地となるスラトア要塞まで持つかどうかも微妙な所。

そんな状況でも飛行艇を運転するオニャンコポンは、絶対に辿り着いてみせると断言します

 

ハンジが命を懸けて紡いでくれたこの飛行艇は人類にとって本当に最後の望み。

必ず基地まで届けるからこそ、アルミン達には絶対に地鳴らしを止めるようにとオニャンコポンはお願いするのでした。

そんなオニャンコポンの期待を受けて、アルミンは仲間達とエレンを止める為の作戦を話し合う事に。

 

始祖の巨人はバカでかい骨の塊が虫のように動いている状態。

普通であれば頭部のうなじにエレンがいると考えられるものの、そこにいるという保証はない

とはいえどこにいるかはわからなくても、アルミンが超大型巨人の力を使えばまとめて吹き飛ばす事は出来るだろうと指摘するピーク。

 

アルミンはその意見を一番有効なやり方だと認めた上で、それをするのはエレンとの対話を尽くしてからの最終手段だと言い切ります。

それに対して静かにうなずくミカサ。

 

そこでリヴァイはエレンがジークを介して始祖の巨人を支配している事を指摘します。

そうであれば、先にジークを殺してしまえば地鳴らしも止められるのではないかと

 

今まで考えていなかった意見に納得する一行でしたが、それもやはりジークの居場所を見つける事が必要。

しかしリヴァイは見つけるしかないのだと言い切ります。

その上で自分がジークを仕留めるから力を貸してくれと、仲間達に協力を求めるのでした。

 

 

あまりにも大きな犠牲を払いなんとか飛行艇で飛び出したものの、まだまだ先が見えない状況は続いています。

しかしリヴァイの意見はなるほどな意見で、これによってリヴァイとジークが戦うという構図が生まれていきそうですね。

 

進撃の巨人133話ネタバレ:エレンの本当の思いとは!?

これまで仲間達を大勢殺してきた事を無意味には出来ないと、リヴァイの意見を受け入れるジャン。

地鳴らしを止める為なら何だってやるというジャンの言葉に、サムエルやダズを殺して裏切り者扱いされたコニーは辛そうな表情を浮かべたままでライナーに語りかけます。

裏切り者だと言われながらも、世界を救う為だと言い聞かせて戦ってきたのは辛かっただろうと

 

しかしそんな言葉に対しても、自分の罪は何をしても贖う事は出来ないのだと答えるライナー。

だからこそせめて残りの人類を救おうというライナーの言葉に、皆がなんとも言えない表情になっていきます。

 

そんな状況で覚悟を決めたかのようにジャンはライナーに向けて語りかけます。

自分達もライナー達も同じであり、人を救う為に人を殺した自分にはライナーを攻める資格なんてなかったのだと

 

しかしライナーにとってその言葉は、レベリオ襲撃の夜にエレンに言われたのと同じもの。

それだけに少しだけエレンの気持ちがわかるような気がしていたライナー

ライナーは、もしかしたらエレンは自分達に止めてもらいたがっているのではないかと考えていました。

 

そんなライナーの言葉にピンとこないミカサでしたが、一方でアルミンは気になっていた事を語りだします。

今のエレンは全ての巨人とエルディア人に影響を与えられるはずで、それなのに何故か巨人の力を持つ仲間達は変わらずに巨人の力を使えている

それだけにエレンは皆をわざわざ自由にしていて、まるで皆の行動を試しているかのようだと。

 

エレンだって本当は辛いはずで、人類虐殺なんて耐えられるはずがない事。

自分だったら始祖の力を誰かに任せてしまいたいし、それが出来ないなら誰かに終わりにしてほしい

そう語るライナーの視線はミカサへと向けられるのでした。

 

しかしその瞬間、一行は突然座標へと移動してしまいます

一行はこの状況に動揺しながらも、こちらの話を聞いていたかのようなエレンに対して大声で語りかけるのでした。

 

 

ずっと微妙な感じだったライナーの気持ちに仲間達が同調するというのが悲しいような、少しだけ救いになっているような複雑な気分になってしまいました。

やっぱりエレンの気持ちに一番近いのはライナーだったんですよね。

エレンが止めて欲しがっているという可能性が出てきたのは嬉しくもありますが、それに応えるように座標に連れてこられたのは不穏です。

 

進撃の巨人133話ネタバレ:仲間達の叫びとエレンからの答え

既に誰もパラディ島に手を出せない程の恐怖と破壊の限りは尽くされている。

今なら不可侵条約を結んで終わりに出来るはずで、これ以上は誰も殺さなくてもいいし、島もきっと大丈夫なはず

 

その上で、エレンをここまで追い込んだのは自分達なのだと謝るアルミン

それに続いてジャンやコニーも、エレンの立場になろうともしなかったと涙ながらに訴えかけます。

そしてミカサは、エレンの罪を背負いたいとした上で帰ってきて欲しいと懇願するのでした。

 

しかしそんな皆からの呼びかけに対しても無反応のエレン。

業を煮やしたアルミンが再び口を開こうとするも、そこでエレンからの回答が届きます。

地鳴らしは止まらず、パラディ島の未来を放棄する事もなく自分は進み続けるのだと

 

まさかの言葉に絶句しながらも、一行は座標の中心にエレンらしき姿を発見。

その姿は何故か子供の頃のエレンながらも、皆はエレンの元へと駆け出していくのでした。

 

 

自分から座標に招いておいて、改めて地鳴らしは止めないと宣言したエレン

なんだか余計にショックが大きいというか、希望を感じた途端に落とされた感じがあります。

仲間達の言葉にはグッときてしまいますしミカサがちゃんとヒロインしてたのも良かったです。

 

進撃の巨人133話ネタバレ:自由と信念の衝突

エレンが巨人の力を使えるままにしてくれていた事の理由を必死に問いかけるアルミン。

自分達はずっと一緒なのだからこれ以上遠くへ行かないでと必死に叫びます

しかしそれに対するエレンの回答は残酷すぎるもの。

 

自分は自由を手に入れる為に世界から自由を奪う

しかしアルミン達からは何も奪わず自由のまま。

 

アルミン達が世界の自由を守るのも自由であり、自分が進撃を続けるのも自由

お互いに曲げられない信念があるのなら衝突するしかなく、やるべきことは戦う事だけ

そう語りかけるエレンの隣にはユミルの姿も。

 

そんな残酷すぎるエレンの言葉に、何故自分達を座標に呼んだのかと辛うじて問いかけるアルミン。

それに対してエレンは、話し合いをする必要がないと伝える為だと言い切ります。

自分を止めたいのであれば息の根を止めればよいのだと。

 

あくまでもアルミン達の事を自由だと言い切ったエレンは、座標から皆を戻します。

エレンの言葉で絶望した表情で戻ってきた一行は本当に追い詰められてしまっていました

 

辛そうに天を仰ぐジャンや涙を流すミカサ。

交渉の望みが潰えた事を指摘するリヴァイ。

団長となったアルミンは最後の判断を任される事になるのでした

 

 

エレンが重要視しているのは自由である事だけ

ある意味では昔から考えも一貫している訳ですが、この状況で自由なんて言われても全く自由なんてありませんよね。

せっかく対話出来たのにどん底まで突き落とされた一行は本当に絶望的な状況に追い込まれてしまいました。

 

進撃の巨人133話ネタバレ:空を飛ぶ記憶と後悔しない選択

アルミン達とは違い船に乗ってヒィズル国へと向かっていたアニやキヨミ様達。

彼女達からすればミカサ達が地鳴らしを食い止めてくれると信じる事しか出来ない状況

 

しかしキヨミ様は、ジークとエレンを結びつけた事の責任を感じて押しつぶされそうになっていました。

この後悔が絶える事はなく、何故失う前に他者を尊ぶ気持ちに気づけなかったのかと

そんな言葉にアニも自分の人生のこれまでを思い出していました。

 

様々なかつての映像に続いて最後に浮かんできたのはアルミンの姿

しかしもう既に全てが遅いと寂しげにつぶやくアニ。

 

そんなアニに対して、ファルコはガビと共に自分が見た夢の話を始めます。

ジークの記憶を見たというファルコは、女型の巨人が他の巨人の一部を取り入れる事で他の巨人の能力が発現するという事をアニに確認

それが事実だと知ると二人は何故かはしゃぎ始めます。

 

ファルコはジークの脊髄液で巨人になった為、獣の巨人の特徴も発現しているとの事。

そしてそんなファルコが一番よく見る記憶は雲の上を飛んでいた記憶で、ファルコはそれが自分にも出来るのだと感じていました

 

過去に羽の生えた獣の巨人がいたはずで、ファルコの巨人はガリアードの顎とは違い、鳥っぽい形をしていた。

ファルコとガビはその力を信じて、空を飛ぶ事で皆の元へと向かおうと考えていたのです。

しかしここで巨人化して失敗してしまえば、船が耐えられずに沈没して全員死んでしまうかもしれない。

 

そもそもファルコは巨人の力を全く制御出来ていなかった事もあり、失ったものは戻ってこないと強く語りかけるアニ

しかしそんな3人の間にキヨミは割って入り強く言い切るのでした。

これ以上後悔を増やすくらいなら船が沈んでもかまわないと

 

 

ここへ来てファルコの巨人が空を飛べそうな形をしている意味が出てきました。

やっぱり巨人の力を持つメンバーが全員エレンの所に集まらないと駄目ですもんね

 

進撃の巨人133話ネタバレ:生き残っていたアニの父と最後の希望

アルミン達も目指していたスラトア要塞。

そこへと続く列車の中では、生きていたアニの父が運転手を脅してスラトア要塞まで急がせていました。

 

その目的はスラトア要塞にあるはずの飛行艇を手に入れる事

飛行艇が駄目であれば結局は全員が死ぬ訳で、皆が生き残る為にはスラトア要塞で飛行艇を手に入れる方法しかありませんでした。

 

列車の中には他にもライナーの母やガビやファルコの両親などの姿も

皆が絶望しながらも、僅かな希望を抱いてこの時間を過ごしていました。

 

そんな中で目的地のスラトア要塞からは次々と飛行艇が飛び出していきます。

間に合わなかったと感じながらも、一機だけでも残っていればいいのだとそれでも要塞へと急ぐ一行。

しかしそんな希望を打ち砕くかのように見えてきたのは地鳴らしが作り出した土煙

 

遂に追いつかれたかと余計に焦る一行でしたが、飛び出してきた飛行艇の進路を見て少しだけ元気を取り戻します。

飛行艇が向かっていたのは今まさに迫ってきた大量の巨人達の方向

スラトア要塞から飛び出した無数の飛行艇は、巨人の手が届かない空からの爆撃を仕掛けようとしていました

 

 

とっくに死んでしまったかに思われたアニの父でしたが、いち早く地鳴らしが来るのを知っていたからかなんとか無事でしたね

しかも結局は皆がスラトア要塞に集まる事になりそうで、ここが本当に最後の決戦の舞台となりそうです

空中からの爆撃がどれほど地鳴らしに影響を与えるのか注目ですね!

>>>【進撃の巨人133話】地鳴らしに飛行船の攻撃は効く??

 

>>>進撃の巨人次回134話へ!

 

進撃の巨人134話ネタバレまとめ

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

非常に厳しい物語が続いている『進撃の巨人』ですが、その中でも今回はかなりキツい内容となっていましたね。

物語の初期から登場している頼れる存在であるハンジが最期を迎えてしまうというのはやはりショッキングでした

しかし仲間を先に進ませる為に自分の命を使うというのは、これまでの調査兵団がやってきた事でもあると言えそうです。

最期にエルヴィン達と再会出来たというのは演出だとしてもなんだか救いがありました

 

地鳴らしが始まってからタイムリミットが発生していた訳ですが、今回遂に飛行艇に乗った事で本格的に最後の戦いが迫ってきた感じがしましたね

果たしてエレンを止める事が出来るのか、その方法についても注目です!

 

>>>【進撃の巨人133話】地鳴らしに飛行船の攻撃は効く??

>>>【進撃の巨人133話】ミカサとアニはどちらが強い?

>>>【進撃の巨人133話】アニは今後どう行動する!?

>>>九つの巨人の特性まとめ!

>>>地ならしが発動!3つの壁の正体とは

>>>女型の巨人の結晶化を解く鍵とは?

>>>エレンの目的と暴走に見える理由は?

>>>始祖の巨人が誕生した巨木の正体は?

 

次回の『進撃の巨人』第134話を楽しみに待ちましょう!

楽しみに待つ間に…U-NEXTでこれまでの復習も!

『進撃の巨人』最新刊は
U-NEXTで今すぐ無料!

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 ↑【無料】進撃の巨人を楽しむ!↑

U-NEXTなら『進撃の巨人』最新刊が初回登録時なら無料で読めます!

エレンらは世界の救世主になるのか答えは出ないまま…。

U-NEXTで無料で今すぐ読む!

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2020年10月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。