ネタバレ

進撃の巨人133話ネタバレ最新確定速報!飛行船VSエレン!アニは後悔しアルミンらが道で邂逅!

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

別冊少年マガジンの人気漫画『進撃の巨人』最新話133話のネタバレと感想、展開考察です!

10月7日(水)『進撃の巨人』133話の確定ネタバレが入りました!

飛行艇の整備をする為にマーレの都市であるオディハへと辿り着いた一行。

それぞれ最後の戦いに向けた準備を進める中でなんとか飛行艇の準備を終えるも、そこで登場してきたフロックによって飛行艇が損傷して修理が必要になってしまう事に

地鳴らしの巨人が押し寄せて窮地に追い込まれる中で、ハンジは自らが巨人に立ち向かう事で時間を稼ぎ、皆はギリギリの所で飛行艇で飛び立つのでした。

皆の力でエレンを止める事が出来るのか!?

 

それでは、気になる『進撃の巨人』最新話133話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『進撃の巨人』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

進撃の巨人最新刊を無料で読む!

『進撃の巨人』32巻を読むなら上記リンク先のU-NEXTがお得です!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

Contents

進撃の巨人133話ネタバレの考察

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

前回の『進撃の巨人』のエピソードでは、貨物船でオディハ港に到着した一行が、調査兵団員を中心とした飛行艇組と、キヨミ・アニらの貨物船組に別れる様子が描かれました。

この動きに対し生きていたフロックの妨害によって、ハンジが犠牲となり足止めを行い、遂に最期を迎えることになりました。

長らく本作の中で主体的な役割を果たしてきたハンジの退場だけに、非常に感慨深い回だと感じられました。

しかし個人的にはハンジがアルミンを次の調査兵団団長に指名したのは、少し疑問が残ります。

今回も超大型巨人を宿すにも関わらず、自分が犠牲になろうとしたアルミンの指向を見れば、客観的なジャンの方が適任に思えるのです。

それでは『進撃の巨人』133話にはどのようにつながっていくのでしょうか?

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ前回からの考察

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

あまりにも厳しすぎる戦いでまた一人頼れる仲間が散っていく事となった前回

非常に辛い展開過ぎて、一体どこまで試練を与えてくるんだよと思ってしまいますよね。

『進撃の巨人』133話と関連する部分を紐解いていきます。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:アニは戦いに参加せず

ようやく飛行艇を整備する為にオディハという都市までやってきた一行。

しかしこの時点で地鳴らしが始まってから相当時間が経過していますし、ここから更に整備に時間がかかる訳です。

こうしている間にもどんどん地鳴らしが続いていく訳で、エレンの元にたどり着くのが何よりも難しいというのが本当に辛いです。

 

しかしここへ来てアニは戦いに参加しない事を宣言しました。

前回少しだけアルミンと良い感じの空気になっていましたが、今回はその想いを自覚していましたしミカサにも気づかれていましたね

とはいえここで戦いから離れてそれでアニの役割が終わりとも思えませんし、まだここからアニにも一波乱あるような気がします。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:復活したリヴァイの役割は??

本当に最後の戦いが迫る中、ようやく立ち上がってきたリヴァイ。

とはいえ満身創痍なのは変わりませんし、正直立っているのが精一杯という感じでもあります。

 

指も失っていて、今のリヴァイに出来る事なんて本当に少しのはず。

しかしそれでも生きてこの場所にいる以上、リヴァイには間違いなく何かやるべき事が残っているのでしょう。

今回の最後には長年の相棒とも言えるハンジとの別れもありましたし、きっと今後の戦いで何か見せてくれるのだと思います。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:フロックの執念

パラディ島の港での戦いで撃破したかに見えていたフロック。

しかしやっぱり生きて船にしがみついてここまでやってきていたようです。

瀕死の状況でありながらここまでやるんだから、敵となってはいるものの認めてあげたくなりますよね

 

彼はあくまでもエレンの考えを信じ、パラディ島を守ろうとしていただけ。

その為にどこまでも必死だっただけで、死ぬ最後の瞬間まで島の事を想い続けていたのがグッと来てしまいました

もちろん本当は彼にも救われて欲しかった所ですよね

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ前回振り返り:あまりにも大きいハンジの犠牲

フロックの邪魔もあり、地鳴らしから逃れるのが難しくなってしまいました。

どうしても誰かが足止めをする必要が出てきて、そこで立候補したのがハンジ

 

相手は超大型巨人の群れな訳で、少しでも時間を稼ごうと思ったら巨人の力を持った誰かにお願いしたい所でしょう。

しかしそれでも普通の人間であるハンジが頑張ったというのが素晴らしいですよね。

 

正直誰しもが絶望的な気持ちに覆われていて、ライナーなんかも自分が立候補したのは死に場所を求めている感じもありました。

ハンジにもそういう一面はあったと思いますし、死んでいった仲間達の為にも自分の命を少しでも意味ある形で使わなくてはと考えていたのかもしれません。

 

しかしどんな想いだったとしても、ハンジによって希望が繋がった事には変わりないでしょう

巨人に踏み潰されたハンジが、最期はエルヴィン達と再会出来るという演出はある意味では残酷な物語を描く『進撃の巨人』らしくないようにも思えました。

とはいえハンジというキャラクターだからこそこの展開も許されるのかなぁという気持ちもあったりするんですよね。

 

あまりにも大きな犠牲によって飛び立つことになったアルミン達。

後はエレンの元に辿り着いて、一体何が出来るのかという所だけが問題になってきます

辛いことが多すぎただけに、最後くらいは幸せな展開を迎えてもらいたいですよね!

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

ここからは、『進撃の巨人』最新話133話、そして134話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:飛行艇内の作戦会議

ハンジの死を悼みながらイェレナから得た情報に従い、マーレ南部のスラトア要塞を目指す飛行艇。

その内部では新たに調査兵団団長に指名されたアルミンを中心に、今後の作戦会議が行われると予想します。

 

現時点で判明しているアイテムに今回廃棄せず積んだ爆薬があるため、これを使用した作戦になるのではないでしょうか?

 

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:貨物船からの脱走

ガビとファルコはアニの監視の元、貨物船内の一室に閉じ込められています。

しかしどうしても故郷のマーレ国レベリオの現状を確認したいと願うファルコは、ガビを連れて脱走を企図すると考えます。

 

ここでファルコの顎の巨人が鳥のような外観であったことが意味を持ち、自力飛行してレベリオに向かうのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:ジークの現状

エレンとの接触による「地鳴らし」発動以後、その生死も含めよくわからない状態なのがジークです。

今は無きハンジの予想ではエレンに取り込まれているとされていましたが、「道」での描写を含みジークの現状が描写されると予想します。

 

外的な攻撃によるエレン巨人の阻止ではなく、内的にエレンと「地鳴らし」を止める事の出来る可能性がここにあると考えます。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:ジークがエレンを一時的に止める事に!?

既に地鳴らしがマーレにまで到達してしまっているものの、ミカサ達はまだまだエレンに追いつけそうにはありません。

しかしこのままだと本当に地鳴らしが世界を踏み潰してしまいそうです。

それだけに、地鳴らしが一時的に止められるような展開はあるのかもしれません。

 

もしもそんな可能性があるとすれば、しばらく登場していないジークくらいでしょうか。

信じた弟に裏切られ、始祖の力も持っていかれてと可哀想なくらいのジーク。

おそらくエレンの体に取り込まれているんじゃないかと思います。

 

もしもエレンの邪魔をする事が出来るのだとすればジークだけな気もしますし、エレンの内部でエレンに抵抗するような展開はあるかもしれません。

生き残っているリヴァイの狙いもジークですし、まだ登場してくる事は間違いないと思います。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:エレンを止める鍵を握るのはアルミン!?

どうやっても取り返しがつかない所まで来てしまっている感じのエレン。

すでに大量の人間を殺してしまっている以上、どう考えてもバッドエンドにしかなり得ない気がしてしまいます。

とはいえだからと言って止めない訳にはいきませんけどね。

 

現状まだまだアルミン達はエレンの所に到着出来ないでしょうし、普通にやっていてはどんどん地鳴らしによって被害者が出るだけ

それだけにどうにか早い段階でエレンにアプローチがしたい所。

 

今回僅かではありましたが、アルミンはエレンと座標の空間で出会う事となりました

意図的にこの空間で繋がる事が出来れば、もしかしたら離れた場所であってもエレンを説得出来たりするのかもしれませんね。

一番可能性がありそうなのはアルミンですが、ミカサでも可能性はありそうです。

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:アルミンが考える作戦とは!?

次々と頼れる仲間達が死んでいき、遂には調査兵団の団長という役割を任される事になったアルミン

どうしようもない状況で強引な形ではあったものの、託されてしまえばやるしかないんですよね。

 

それだけにアルミンにはこのどうしようもない状況を変えるような作戦を出して欲しい所。

とはいえ正直既にアルミン自身が追い詰められていて、まともに思考が働くような状態とも思えないんですよね。

 

いざという時の発想力なんかはあっても、決して決断力があるタイプではないアルミン。

まずはとりあえずアルミンに気合いを注入するような展開になるのかもしれません。

メンバーの中で同期じゃないのはリヴァイだけですし、ここはリヴァイがアルミンを戦闘モードに切り替える役割を果たしていくのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:アニやファルコの役割とは!?

巨人に追われる形で飛び立った飛行艇。

そして船の方にアニやファルコ、ガビが残る事になりましたが、流石にここで彼らの役割が終わったとは思えませんよね。

違う乗り物に乗っているとはいえ、エレンの元に向かう以上はきっと何かあるはず。

 

アニはアルミンへの想いを自覚していましたし、アルミンがピンチになったら自然と助けに向かうような可能性は高いでしょう。

ファルコは顎の巨人の力を継承していますし、この力の使い所がきっとこの先待っているはず。

顎の巨人には僅かに羽が生えているように見えましたし、最終的に空を飛ぶなんて事もあり得るのかも

 

そしてファルコが戦おうとすれば、ガビも黙ってはいないでしょう。

飛行艇組の最後の戦いの際にきっと皆に出番が待っているのだと思います。

 

進撃の巨人133話ネタバレ展開考察:ジークもそろそろ目覚める!?

アルミン達が飛行艇で飛び出した事で、そろそろ本当に最後の戦いが始まっていく事になるでしょう。

しかしここで気になるのが、長らく動きが描かれていないジーク。

おそらくエレンの体に取り込まれているのだとは思いますが、このまま終わってしまうはずもないでしょう。

 

リヴァイは自分の目的をジークを殺す事だと言っていますし、両者の対決の構図にはなっていくはず

とはいえジークが単純にリヴァイにやられるというのも微妙な気もしますし、ジークとしてもエレンに何かしら影響を与える役割があるのかもしれません。

とりあえずは展開的にもそろそろ目覚めるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話への読者の声

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

『進撃の巨人』最新話133話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報日本語バレ「罪人達」

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

では、『進撃の巨人』最新話133話

「罪人達」のネタバレです!

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:オニャンコポンと団長アルミン

無事に離陸した飛行艇。

しかし、ハンジを失ってしまったミカサ、ジャン、コニー、ライナーらは茫然とした目で虚な状態になっている。

そんな彼らをいつもの調子で見ているピークと、珍しくリヴァイも、やはり動揺はある様子。

オニャンコポンは気持ちを切り替え飛行艇の操縦に全力を注いでいた。

時間が無くて燃料は半分しか入れられなかったため、目指すスラトア要塞まで辿り着けるかは微妙なところだという。

しかしハンジが紡いでくれた最後の望みだから、俺が必ず全員を基地まで届けると決意したオニャンコポン。

そして、必ず地鳴らしを止めてくれとアルミンに対しつぶやく。

アルミンがその様子を確認し、オニャンコポンに全てを託すかのように肩に手をポンと置き、皆の所に戻る。

その言葉はまるでエルヴィンやハンジそのものだった。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:アルミンらの話し合い

アルミンも気丈にふるまってはいるが動揺はある。

しかし団長職を請け負った以上、作戦を指揮しなければならない。

リヴァイやピークの証言から判明したエレン巨人を横から見た図を、飛行艇の床に描くアルミン。

普通に考えれば巨人だから、頭部のうなじに本体がいるはず。

しかし戦槌のようにそれ以外の場所に潜んでいる確率もあり、絶対ではないため、エレンがどこにいるかは現時点で分からないという。

ピークはアルミンの超大型巨人であれば、レベリオ軍港を跡形もなく破壊した時のように、エレンの場所は特定できなくともまとめて吹き飛ばすことはできるのではと提案。

アルミンの意見は、確かにそれは有効な手段だと。

しかしエレンを対話で止めることができなかった時、それでもほかにエレンを止める手段がない時の最終手段だと考えていたことを聞いてミカサは頷く。

リヴァイはそれに対し意見を言う。

最終手段があるに越したことはないが、エレンはジークを介して始祖の巨人を支配しているため、先にジークを殺せば地鳴らしは止まるのではないかと別の観点から話した。

確かにそうかもしれないと考えるアルミン。

ハンジがそのように予想したというが、ただジークもエレン同様居場所を特定できていない。

しかしリヴァイはもう決めていた。

絶対に自分が仕留めると。

あの骨の中から獣のくそ野郎を意地でも探し出すから、力を貸してくれと願い出る。

リヴァイもまた、自分ひとりだけではどうにもならないことを理解もしていた。

ジャンはリヴァイに同意する。

この飛行艇を飛ばすために多くの仲間達を殺してしまったこと、それは殺戮ともいえること、殺戮を無駄にはしないために、地鳴らしを止めるためには何だってやってやると。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:コニーとライナーの意思が伝わる

コニーは今尚、サムエルとダズを殺してしまったことを後悔していた。

知っている顔だったのに、裏切り者って言われても世界を救うためだと言い聞かせて殺してしまったんだと。

そしてコニーはライナーに言う。

お前やベルトルト、アニの気持ちが分かると。

お前たち辛かったよな…と辛そうな表情で言うコニー。

ライナーは、同じように青ざめた表情を見せながらも、もうどうやっても償うことなどできないし、残りの人類を救ったって一生自分を許すことはない、と言いながらも、だからこそ残りの人類だけでも救おう、とコニーも、そして自分をも励ますように言い、コニーの肩に手を置く。

コニーは同意した。

どうせ贖うことができなくても、とにかくやるしかないんだと。

そしてジャンもまた、同じように考えていた。

皆同じだと。お前を責める資格なんてない、人を救うために人殺しになってしまったと。

ライナーはここで同意しながらも、エレンが潜入した当時のことを思い出していた。

レベリオ襲撃の時にエレンにも同じことを言われたと。

今のライナーは、エレンの考えていることが少しわかる気がするという。

エレンは自分たちに地鳴らしを止めてほしいと思っているのではないかと持論を伝えた。

 

状況が分からないミカサは疑問だらけだが、アルミンもこのことは疑問に思っていたと口に出す。

今のエレンは、全ての巨人とエルディア人に影響を与えることができるはず。

しかしアルミン達は今もまだ、変わりなく巨人の力を使えているのだ。

ピークも気づく、エレンが意図的に自分たちを放任しているのではないかと。

エレンは自由にやらせている、アルミン達がどうするのかを試しているように見えると、アルミン自身は考えていた。

 

ライナーは、エレンもつらいはずだと考えていた。

人類をすべて殺すなんてライナー自身であれば耐えられないと。

ライナーがその立場なら、始祖の力を誰かに任せたいと願うだろうと。

それができないなら、別の誰かにもう終わりにしてもらうように願うのではと。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:道で出会うアルミンらとエレン

すると、突然全員が座標に!

リヴァイだけは冷静なようだが、他の全員は道が開かれたことに戸惑っている様子。

何だ…聞いていたのかよ、とリヴァイは、エレンが自分たちの会話を聞いていたと推測した。

するとアルミンは大声でエレンに向かって叫ぶ!

エレン!!聞いてくれ!!

もうこれで十分やったと、何百年先にだってパラディ島には誰も手が出せないと、これほどの恐怖と破壊を体験したからこそ、エルディア人以外の民族と国々とは今なら不可侵条約を結んで終わりにすることだってできる、これ以上誰かを殺すなんてもう必要はない、島はもう大丈夫だと、涙をこらえて叫んでいた。

そして、僕たちが悪かったんだ、エレンをここまで追い込んだのは僕たち自身だとも、目をつぶってさらに大きな声で叫ぶ。

ジャンもまた、エレンに声をかける。

あとは自分たちで何とかするから、もう自分たちのために人を殺すことなんてしなくていいんだと。

コニーも涙を流して同意する。

サシャのことではエレンを憎んだが、本当はエレンだって悲しかったんだろうと、それなのにお前の立場にならなくて…と謝罪した。

そしてミカサも。

エレンの罪を一緒に背負う。

エレンと同じ罪が自分たちにもある。

だから自分たちをもう遠ざけないで欲しい。

お願いだから帰ってきて欲しいと。

リヴァイもまた、今ならケツに蹴りを入れるだけで勘弁してやると、リヴァイにしてはかなり多めに見ていた。

全員が全員、エレンに帰ってきて欲しいと願っていた。

 

しかし…

 

沈黙を破ってエレンが話し始める。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:エレンの固い意志

地鳴らしはもう止まることはない、パラディ島の未来を運に任せて放棄することもない、オレは進み続ける、と声が伝わる。

信じられない様子のアルミンだったが、リヴァイが道のところを指さすと、エレンらしき人物が立っていた。

エレン!!とすぐさま駆け出すミカサ、アルミン、ジャン、コニー。

しかし駆けていくときに気が付くジャン。

エレンのあの姿は子供の時のまま?

でもエレンであることには変わりない!とアルミンが言い、エレンのところへ急いで走る!

何故ダメなんだ?俺たちが信用できないのか?

どうして巨人の力を使えるままにしたんだ?!

ここなら話せるんだから話してくれ!僕らはずっと一緒なんだからもうこれ以上遠くへ行くのはやめてくれ!!

エレン!!

叫びながら走り続ける4人だったが、エレンは抗う。

 

オレは自由を手に入れるために世界から自由を奪う。

だがお前らからは何も奪わない、お前たちは自由だ。

その声が聞こえると、走っていたミカサたちの目の前に人影が3人見えてくる。

 

なんとそこにいたのは、リヴァイ、ピーク、ライナーだった。

エレンの方へと走っていったはずのミカサたちがなぜか後ろからやってきたことに驚くライナートピーク。

自分たちがエレンのところへと走っていったつもりが、その距離は少しも縮まらず、遠ざかるばかりで、アルミン達は延々と届くことはないと痛感するのだった。

再びエレンが声を発する。

お前らが世界の自由を守るのも自由。

オレが進み続けるのも自由。

互いに曲げられぬ信念がある限り、オレ達は衝突する。

そう言ったエレンの隣に現れたのは始祖ユミル。

 

オレ達がやることはただ一つ。

 

戦え。

 

自分たちの想いが全く届かないことに絶望するアルミン。

なんて自分たちをここに呼んだんだと問うと、エレンは答えた。

 

話し合いは必要ないと、話すためだと。

自分を止めたいなら息の根を止めてみせるんだ、お前たちは自由だ、とかなり上から目線でまるでラスボスのような発言をするエレン。

 

ガタン!と急に後ろで音がし、前方で操縦していたオニャンコポンが振り返ると、リヴァイを除く全員が汗だくでうつむいていた。

ライナーは、自分の予想は当たっていたんだ、とつぶやく。

エレンは、皆に自分を殺すように伝えたのだ。

地ならしを止める唯一の方法は、エレンを殺すことしかないのだと。

 

どうしてもダメなのか…と頭を抱えるジャン。

交渉の望みは潰えたらしい、どうする団長、とリヴァイがアルミンに問う。

エレンは話し合いすらする気がなかった…。

涙を流すかのように顔を伏せるミカサと、それでも何か方法はないのかと必死に考えているようにも見えるアルミン…。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:キヨミの罪

一方船組のアニは甲板でキヨミと話していた。

これからどこに行くのかとアニが問うとキヨミは、数日かけてヒィズル国に行くという。

国としては立ち行かない状況にはあると思うが、今はミカサ様たちが地鳴らしを止めることを信じると。

しばらくは魚しか食べられないか…と残念がるアニに、ヒィズルの魚料理は絶品だと、なんとかフォローするように伝えるキヨミ。

 

そしてキヨミはアニに謝罪するかのように言う。

ジークとエレンを結び付けたのは自分。

この大殺戮を招いた罪をどう贖うのか、その方法は存在さえしないと。

もしやり直せるならエルディア人に干渉することはしないのかと問うアニ。

キヨミは、時が遡ることはないが、後悔も絶えないという。

エルディア人の生きる道を模索しつくしたとは言えない状況で、自分は一族の利益と家名を守ることだけを最優先したと、そこに罪があるという。

どうして失う前に気づけないのか、ただ損得も何もなく他社を尊敬することができたらどんなに良かったのかと、涙を流す。

その中でアニが思い出すのは、つい最近まで父親が大切で、昔の仲間が大切だったはずが、今は104期たちとの思い出や、そしてアルミンのことだった。

それでも今さら戻れるわけがない、もう遅い、とつぶやくアニの後ろにはガビとファルコがいた。

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:翼の巨人にファルコが!?

夢を見たことをアニに話し出すファルコ。

それはジークの夢、記憶であり、女型の巨人は他の巨人の一部を取り入れることで他の巨人の能力が発現するのでは?と聞くファルコとガビ。

確かに発言しやすいからいろいろ飲まされたと言うアニだったが、急にガビとファルコのテンションが上がる。

もしかしたら…何とかなるかも!!

うるさいな!!とアニは一喝するものの、ファルコが言っていた、ジークの記憶を見た、というのが気になった。

 

ファルコが言うには、ジークの脊髄液で巨人になったため、獣の巨人の特徴が発現しているという。

そして顎の巨人を継承して一番よく見る記憶は雲の上を飛んでいた記憶だという。

それが自分にもできるような予感がすると。

つまりは、過去には羽の生えた獣の巨人がいたこと、ガリア―ドの顎の巨人とは全然違い鳥のようになっていることを告げる。

そのため、ガビとファルコは決意していた。

飛行艇で行ったみんなのもとに行くと。

 

アニは即座に反対した!

ここで巨人化をしたら船が耐えられなかった場合沈没するかもしれない、そうすれば全員死んでしまう。

何よりも全く巨人の力を制御できなかったファルコが何でそんなことをできると思うのかと。

失ったものは戻ってはこないんだ!!もう二度と!!

そう自分に言い聞かせるように叫ぶアニだったが、キヨミが凛とした表情で言う。

船は、沈んでも構わない。

これ以上、後悔を増やすことになるくらいなら。

 

アニ、ガビ、そしてファルコが再び戦場へ行くかもしれない!

父親の元へ行きたい思い、そしてアルミンの元へも行きたい思い。

いろいろな複雑な感情が絡む中、アニはどう決断するのか。

それにしても「ファルコ」という名前、もしかしたら翼を持つ巨人になるという予定がすでにあったからこそ、「ファルコン」からきているのかも??

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報:スラトア要塞VSエレン

一方、スラトア要塞に向かう列車に乗っているのはアニの父親。

銃を持って操縦士の背後にいる。

本当にお前らエルディア人が飛行船を奪えると思っているのか??と疑問に思う操縦士。

しかしアニの父親は銃を向ける。

口に気をつけろよマーレ人、お前がまだ踏みつぶされていないのは誰のおかげだったんだ?

飛行船しか生き延びる方法はない。

望みが低くても必ず生き残るんだ、と銃を構える。

エルディアの同胞たちとこの機を掴んで逃げようとしていた!

 

列車内にはライナーの母親、カリナ・ブラウンの姿も。

ガビの親族やピークの親族もいる?

しかし、スラトア要塞につくのがもう少しだったその時、地鳴らしが列車に追いついてしまう!

ただ、地鳴らしを止めるために巨大飛行船が十台ほど出撃。

迎え撃つは地上を練り歩く地鳴らし巨人、そしてエレンの進撃の巨人。

巨人の手が届かない上空から爆撃を仕掛けようとする!

遂に始まる総力戦!!

>>>【進撃の巨人133話】地鳴らしに飛行船の攻撃は効く??

 

 

『進撃の巨人』最新話133話は、10月9日の別冊少年マガジンに掲載となります!

ネタバレ情報が判明次第掲載していきますので、楽しみにお待ちください!

 

スポンサードリンク

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報まとめ

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 

非常に厳しい物語が続いている『進撃の巨人』ですが、その中でも今回はかなりキツい内容となっていましたね。

物語の初期から登場している頼れる存在であるハンジが最期を迎えてしまうというのはやはりショッキングでした

しかし仲間を先に進ませる為に自分の命を使うというのは、これまでの調査兵団がやってきた事でもあると言えそうです。

最期にエルヴィン達と再会出来たというのは演出だとしてもなんだか救いがありました

 

地鳴らしが始まってからタイムリミットが発生していた訳ですが、今回遂に飛行艇に乗った事で本格的に最後の戦いが迫ってきた感じがしましたね

果たしてエレンを止める事が出来るのか、その方法についても注目です!

 

>>>【進撃の巨人133話】地鳴らしに飛行船の攻撃は効く??

>>>【進撃の巨人133話】ミカサとアニはどちらが強い?

>>>【進撃の巨人133話】アニは今後どう行動する!?

>>>九つの巨人の特性まとめ!

>>>地ならしが発動!3つの壁の正体とは

>>>女型の巨人の結晶化を解く鍵とは?

>>>エレンの目的と暴走に見える理由は?

>>>始祖の巨人が誕生した巨木の正体は?

 

次回の『進撃の巨人』第134話を楽しみに待ちましょう!

楽しみに待つ間に…U-NEXTでこれまでの復習も!

『進撃の巨人』最新刊は
U-NEXTで今すぐ無料!

進撃の巨人最新話133話ネタバレ確定速報

 ↑【無料】進撃の巨人を楽しむ!↑

U-NEXTなら『進撃の巨人』最新刊が初回登録時なら無料で読めます!

エレンらは世界の救世主になるのか答えは出ないまま…。

U-NEXTで無料で今すぐ読む!

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2020年10月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。