タイムパラドクスゴーストライター

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ感想!佐々木の名作で藍野を救う!?

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ最新確定!佐々木の名作で藍野を救う!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『タイムパラドクスゴーストライター』最新話13話のネタバレと感想、展開考察です!

 

冷蔵庫の扉から佐々木が連れていかれたのは時空の狭間。

佐々木はそこで未来人から藍野の死を止められない理由や藍野と佐々木の関係などを知る事に

 

藍野を守る為に時間を止めようとする未来人でしたが、佐々木は藍野を救うために時の止まった空間で漫画を描き始める道を選ぶのでした

佐々木がここで描く漫画とは!?

 

それでは、気になる『タイムパラドクスゴーストライター』最新話13話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

タイムパラドクスゴーストライター最新話13話ネタバレ

タイムパラドクスゴーストライター最新話13話ネタバレ

 

『タイムパラドクスゴーストライター』13話

「Writer」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ:止まった世界と無限の時間

止まった時の中で漫画を描き始めていた佐々木。

未来人と対話した佐々木は、時が止まった世界で自分だけが活動出来るようにお願いしていました

 

全人類から愛される漫画を目指していた藍野を超えるのは当然ながら簡単ではない事。

もしかしたら永遠の時の中を過ごす事になるかもしれないだけに、未来人も佐々木を心配しながら送り出していました。

 

そんな中で止まった世界にやってきた佐々木は、まずは自分のオリジナル部分となる「ホワイトナイト」の46話以降を描き直す事に。

一度は勝てなかった藍野にも無限の時間があったなら勝てるのではないか

そんな風に佐々木は考えていました。

 

時が止まったこの世界では完全に佐々木だけが動けている状態。

お腹が空く事も無ければ喉も渇かず、眠くなる事さえもない

活動している以上は代謝もしているはずなのに何も消費していないという、佐々木にとってはありがたすぎる環境となっていました。

 

そんな最高の環境で描いてはボツにしてを繰り返し続けた佐々木。

796日もの時間をかけて「ホワイトナイト」のネームを全194話分完成させたものの、それでも藍野には遠く及ばないと感じていました

自分の実力の伸びにも限界があり、これ以上成長する為にはインプットが必要だと考え直すのでした

 

 

佐々木にとってあまりにも優しい世界で漫画を描く事になりましたが、腹も減らずに眠らずにも済むというのはちょっとイージーモードなのでは?

食糧問題もなくて眠らずにも済むんじゃ苦しみも無い気がしてしまいます。

しかもそれなのに2年以上もインプットの必要性を考えていない辺り、佐々木ってやっぱりちょっとどこかおかしいと思ってしまいます。

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ:ホワイトナイトを超える作品を

漫画喫茶でありとあらゆる漫画を読み漁り、図書館でも膨大で様々なジャンルの本を読み、自分の中にインプットしていく佐々木。

最初に「ホワイトナイト」を完成させてから更に2年以上の時間をその作業に没頭していました。

 

それだけのものを自分に取り入れてから再び「ホワイトナイト」を完成させようと動き出します。

この世界にやって来てから2411日目、ようやく佐々木は満足のいくレベルの「ホワイトナイト」を完成させるのでした。

 

これが・・・究極のホワイトナイトだ!!これ以上はない・・・!!

これなら藍野の「ANIMA」にも勝てると思って佐々木が向かったのは自らの部屋。

崩れかけたフューチャー君人形の前で未来人との会話を思い出します

 

フューチャー君人形に触れれば再び時間が動き出し、そうなればこの世界に戻ってくる事は出来ない

それだけに慎重にと言われていた佐々木は、改めてまだ出来る事があるんじゃないのかと思い直します。

その上で再び作業場の机へと向かう佐々木。

 

3175日目を迎え、通算5度目の「ホワイトナイト」を完結させ、ようやく満足したかのように次のステップへと進んでいきます

佐々木の中にあったのは、ホワイトナイトを超える作品を描くという想いだけでした

 

 

正直漫画喫茶と図書館で色々と取り入れたら最高の作品が描けるんだろうかという疑問しかありませんよね。

それこそ漫画や本以外にも取り入れるべきものなんてこの世の中には溢れてますし、ゲームやアニメ、映画やテレビ、旅をしたっていいだろうと思うのですが、佐々木はどこまでも想像力がないんだなぁと思ってしまいます。

その上で何回も描き直していますが、何が変わったのか読者に全く伝わらないのも厳しい所ですし、究極の「ホワイトナイト」と言われても全く響いてきません

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ:君に伝えたいことがある!!!

オリジナル長編作品の執筆に没頭していた佐々木は、12472日が経過した所で18作目を完結させます

山のように積み上げられた原稿の前で時計の電池が止まった事に気づいた佐々木。

時間を計る事が心の支えになっていたものの、膨大な時間を過ごしていく中でもう必要ないと考えていました。

 

強い決意を固めていた佐々木。

今までずっと自分にしか描けないものや読者に伝えたい事も無かったものの、今は違うと心から言えるようになっていました

藍野への強い想いによって永遠とも言える時間の全てを漫画に注いできた佐々木

 

改めて自分の作品を読み返すと、再びフューチャー君の所へ急ぎます。

その途中、佐々木はアイスを落としそうになった所で止まっていた少年に気づき、そのアイスを少年の手元に戻してあげるのでした。

 

 

なんか色々と言ってますが、佐々木にとって藍野がそこまでして助けなければならない人間とも思えないんですよね。

もちろん「ホワイトナイト」という作品で影響を受けたのでしょうが、だったら漫画家を目指したきっかけとなる人だっている訳ですからね。

漫画で伝えたいとか言ってますけど、アシスタントをやってもらっていた時も何も伝えられていませんし、そもそも盗作した事を伝えなきゃって思ってしまう以上、あんまり期待出来ません。

 

 

―――次回14話に続く!

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレの感想考察

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ

 

時間の止まった世界での佐々木の奮闘が描かれた今回。

しかし相変わらず佐々木にはがっかりさせられる部分が多かったですね。

 

そもそも時間が止まった世界に行くような場合、そこは本当に何もないパターンが多いですよね?

何もないし誰とも会話が出来ず、無限の時間を一人で過ごす事で苦しい・・・みたいな

 

しかし本作の場合は、お腹が空く事もなければ眠くなる事もなく、漫画や本も好き放題に読める

やろうと思えば世界を旅する事だって出来るでしょうし、孤独である事以外は至って自由なんですよね。

正直あんまりストイックに漫画に取り組む感じでもありませんし、佐々木に対して優しく都合の良い世界だなぁと思ってしまいます。

 

自分に何かが足りないからインプットしなければと思うのも圧倒的に遅く、2年以上何やってんだよとがっかりです。

しかも漫画と本を取り入れただけで究極の作品が描けるというなら、もっと世界には究極の作品が溢れかえっているでしょう。

そもそも延々と時間はあるのに、ネームだけで満足して究極だと言っているのも馬鹿らしいなぁと思ってしまったり

 

特に苦しんだ様子もなく勝手に達観していく佐々木。

全く感情移入出来ませんし、藍野への思い入れがないだけに頑張っている事自体の意味もわかりません

マジで物語開始直後とあんまり変わっていない様に思えますし、中身空っぽのままなんじゃないだろうかと感じてしまいます

 

こんな描写しかされないままで、藍野を納得させるような作品が出来ましたと言われても微妙ですよね。

せめて作中作である「ホワイトナイト」の凄さや、どういう変化をしたのかという部分くらいは描いて欲しかったです。

びっくりするくらいに応援出来ない佐々木ですが、彼がどこに辿り着いたのか気にはなりますね。

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレ展開考察

タイムパラドクスゴーストライター最新話13話ネタバレ

 

ここからは、『タイムパラドクスゴーストライター』最新話13話、そして14話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

時間の止まった中で名作を描きあげる!?

佐々木が未来人とどういう選択肢を選んだのかわかりません。

しかし最後の描写的には佐々木が止まった世界の中に一人動ける状態になっていたようです。

そしてペンを握っていた以上、佐々木はこの空間の中で漫画を描き続ける事になるのでしょう。

 

この状態で何を描くのかと言えば、藍野を助ける為のものであるのは間違いないはず

週刊連載の中では藍野に負け続けた佐々木ですが、止まった時間の中で延々と時間があるのなら、膨大な時間をかけて名作を生み出す事も出来るかもしれません。

まあ止まった時間の中で新たなものをインプット出来ない状況で新たな名作を生み出せるとも思いづらいんですけどね・・・。

 

スポンサードリンク

藍野が救われる結末に!?

時間は止まっていますが、とりあえず藍野が死ぬ前には戻っているようです。

ここで佐々木が藍野に大きく影響を与えるような作品を生み出し、それによって未来が変わっていく事になるのでしょう。

 

しかし問題になるのは、ただ単に凄い作品を生み出しただけでは藍野の夢を壊してしまうという事

なので藍野を納得させるような作品でないといけないんですよね。

 

藍野が考えていたのは全世界の人に愛されるような透明な傑作

その考えを否定するような、個性的で自分にしか描けないような作品を佐々木が藍野に届ける事で、藍野の考え方そのものを変化させて救う事になっていくのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話への読者の声

タイムパラドクスゴーストライター最新話13話ネタバレ

 

『タイムパラドクスゴーストライター』最新話13話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

スポンサードリンク

タイムパラドクスゴーストライター13話ネタバレまとめ

タイムパラドクスゴーストライター最新話13話ネタバレ

 

完全に巻きに入っている感じのあった今回

謎の空間でどんどんと真実が明かされる事になりましたが、あんまり納得出来ない展開だったのは残念な所

 

どうしても佐々木の盗作問題をなかったようにしているようにしか思えません

あれだけブチ切れていたのに、あっさり未来人とわかり合っている感じなのも違和感しか感じませんでしたし。

 

なんだか既に物語の最終盤へと差し掛かっている感じですね。

時間が止まった世界で佐々木が何を生み出すのか注目です。

 

次回の『タイムパラドクスゴーストライター』第14話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。