タイムパラドクスゴーストライター

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ感想!藍野の言葉で佐々木が正解の絵に辿り着く!?

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ最新確定!藍野の言葉で佐々木が正解の絵に辿り着く!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『タイムパラドクスゴーストライター』最新話5話のネタバレと感想、展開考察です!

 

「ホワイトナイト」の連載に向けてアシスタントを紹介して貰った佐々木でしたが、その中には何故かアイノイツキの姿が

真相を明かしたい気持ちがありつつも、佐々木は彼女を受け入れて最高の「ホワイトナイト」を完成させる事だけに集中します

 

一度は原稿を描き上げたものの納得がいかずに描き直した佐々木でしたが、藍野の表情で駄目だと悟ったのか原稿を破ってしまうのでした

佐々木は原稿を完成させられるのか!?

 

それでは、気になる『タイムパラドクスゴーストライター』最新話5話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ

タイムパラドクスゴーストライター最新話5話ネタバレ

 

『タイムパラドクスゴーストライター』5話

「本物の偽物」のネタバレが下記となります!

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ:本物を奪ってしまった責任

〆切までのこり9日しかないというのに描き直した原稿を破り捨ててしまった佐々木

皆が描き直した原稿のクオリティに満足していただけに、アシスタントからも驚きの声があがります。

ダメなんだ・・・こんな・・・こんな絵じゃ・・・!

 

藍野の言った完璧という言葉を信じれなかった佐々木。

改めて藍野に掴みかかって尋ねます。

正直に言ってくれ・・・!この原稿はダメなんだろ!?俺には・・・・!

 

一人暴走する佐々木の中にあったのは、描き始めてしまった事への責任。

この世界から本物を奪ってしまった責任が・・・!

それだけに本当の事を藍野に言って貰えなければ佐々木は進めない状態になっていました。

 

必死すぎる佐々木に対して、そこで藍野は吹っ切れたように口を開きます。

いや~バレちゃいました?嘘下手ですかね私?

藍野は佐々木も自分の事を同類だと認めてくれていたと明るく嬉しそうにつぶやきます。

 

そこで作業部屋へとやって来た担当編集の宗岡。

描き直しの原稿が何とか間に合いそうという事で、差し入れを片手にテンション高めでの登場となりましたが、ビリビリにされた原稿を見て表情を一変させる事に

佐々木君!?これどういう事!?

 

時間が残り少ないだけに本気で焦る宗岡に対して、佐々木は改めて強くお願いするのでした。

描き直させて下さい!!キャラ絵全部もう一度!!

 

 

やっぱりそれなりにリアルな作風だというのに、アシスタントの女子高生に詰め寄る佐々木はやっぱりヤバい奴ですよね。

他のアシスタントからしてみれば、この二人の関係がどういうものなのかめちゃめちゃ気になってしまうでしょうし。

そもそも責任を偉そうに語る佐々木ですが、目の前にいる藍野の作品を現在進行系で奪い続けている訳で、正直コイツ何を言ってるんだと思ってしまいます

 

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ:佐々木のホワイトナイト

〆切まで時間がないだけに、当然佐々木の言うことを聞くわけにはいかない宗岡。

それでも佐々木は絶対に諦めないとばかりに頭を下げます

そんな佐々木に仕方なく折れる事にした宗岡。

 

しかし朝までに何かを掴めなければ残っている一回目の原稿で妥協して仕上げるようにと約束させます。

宗岡はそれを保険としてしっかりと確保し、アシスタントの皆と共に一度帰っていく事に。

 

そこで佐々木がやったのは本当の最終手段。

未来のジャンプをコピーしてそれをトレースするという出来ればやりたくなかった方法

完全に佐々木の絵ではなくなってしまうものの、大事なのは読者に少しでも本物に近い「ホワイトナイト」を届ける事だと割り切って、必死に本物の絵をなぞる事に。

 

しかしトレースしても線の筆致までは再現する事が出来ず、キャラに魂がこもっていない偽物にしかなりません

本当に追い詰められて焦りまくる佐々木でしたが、そんなタイミングで藍野が部屋にやって来ます。

夜中だというのに現れた藍野は、佐々木の事を「鳥」なのだと語ります

 

当然ながら意味が理解出来ない佐々木を残して、すぐに去っていこうとする藍野。

そこで佐々木は藍野に対して直球の質問をします。

教えて欲しいんだ!今のホワイトナイトに何が足りないのか・・・!

 

必死の佐々木の問いかけでしたが、藍野からすれば何故自分に聞くのか疑問でしかありません。

佐々木はその理由を、藍野が偶然同じ作品を描いていた事やネームも良かった事、そして自分も藍野を同類だと思っているからだと伝えます。

自分を認めてくれたような佐々木の言葉に少しだけ喜ぶ藍野でしたが、少しだけ困ったような表情で質問の答えを返します。

 

私の中に答えなんかありませんよ。だって佐々木先生のホワイトナイトなんですから

藍野のそんな言葉に佐々木はハッとさせられるのでした。

 

 

相変わらず盗作である事に対してはスルーして、勝手に責任感だけを強めていく非常に面倒くさい佐々木

それでいて最終手段として丸写しをしようとしてしまうんだから、なんだかんだもう取り返しがつかないような気もします。

これだけの事をやってしまえば、この先どれだけ上手く行ったとしても、あの時丸写ししたからなぁって思ってしまいますし

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ:俺の絵で俺なりのホワイトナイトを!!!

最初はアシスタントとして自分がアドバイスすればもっと良い「ホワイトナイト」が出来るのではと思っていた藍野

しかし佐々木が本気で「ホワイトナイト」と向き合っているのを見て、藍野は「ホワイトナイト」が佐々木のものなのだと改めて思い知らされていたのでした。

佐々木先生はホワイトナイトを自由に描いて下さい!そしたらきっと読切の時みたいなホワイトナイトが描けますよ!

 

そんな言葉で完全に吹っ切れた佐々木は改めて本気で原稿に向き合います。

アイノイツキの絵を完璧に再現出来ればと思っていたものの、真似しても偽物感が出るのは当たり前

何故なら自分はアイノイツキではなく佐々木哲平だから。

 

だからもしこれ以上の原稿を描けるとしたら・・それはきっと俺の絵で・・!俺なりのホワイトナイトを・・!!

そんな思いだけで必死に原稿と向き合い続けた佐々木。

そして9日後の〆切当日、完成した原稿に宗岡は涙していました

 

描き直した3度目の原稿はアシスタントからも大好評。

読切の時の画風に戻した事でキャラに血が通った感じがするのだと宗岡は評価します。

「大変だったけど良い1話が出来て良かったね!」

 

そこで改めて迷惑をかけた皆に謝罪する佐々木。

しかし完成した原稿に皆は満足して文句一つ言うことはありません

ただ一人藍野は自分にはまだ及ばないと強気な態度を崩しませんでした。

 

そんな藍野に対して改めて感想を聞く佐々木。

勿論全然完璧では無いです。でもとっても良いと思います!サイコーですね!こりゃ

そんな偉そうではあるものの心からの言葉を聞いて、佐々木はようやく救われたような気持ちになるのでした

 

 

なんだか綺麗にまとまった感じでしたが、どうしてもこれで良いのか感が拭えません。

アシスタントは勿論担当の宗岡も妙に優しいですし、佐々木に対して誰も厳しい事を言いません

1話目の現実的なリアリティのある感じはどこへ行ってしまったのでしょうか?

 

 

 

―――次回6話に続く!

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレの感想考察

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ

 

苦戦しながらもなんとか1話目を完成させる事になった今回。

ようやく一つの答えに辿り着いた形となりましたが、やっぱり色々と疑問を感じる展開です。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

佐々木が何をしたいのかわからない件

本物の「ホワイトナイト」を奪ってしまった佐々木。

だからこそ完璧に近い形で「ホワイトナイト」を再現したい

その責任が自分にはある。

 

そんな事を言ってますが、目の前には本物の作者がいる訳ですし今後も奪い続ける訳なんですよね

責任とは言いながらも、実際には自分が納得したいだけにしか思えませんし、だからこそ藍野に判断を迫っているんですよね。

 

それでいて散々周りに迷惑をかけながらも、本物のトレースまでしてしまう。

自分の気持ちなんてどうでもいいから、少しでも本物に近い「ホワイトナイト」を読者に届けたい

とはいえそれだとキャラクターに魂がこもってないから偽物だ。

 

いやいや、それって完全に自分の気持ちが入ってますよね?

自分の気持ちがどうでもいいのであれば、トレースしたものが一番なのではないでしょうか?

そもそもオリジナルの作品では結果を全く残せなかった佐々木が、作品の良し悪しをどれだけ判断出来るのでしょうか。

 

結局は自分が納得出来るかどうかでしかなく、しかもそれが正しい事のように描かれているのが非常に辛いです。

良いやつ風に佐々木が描かれているのも違和感の原因となっていて、正直どれだけ良いやつとして描かれたとしても盗作している事の罪は消えないんですよね。

なので正直この設定の時点でかなりどうしようもない状態になっている気がしてしまいます。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

皆が佐々木に優しい世界

原稿を破られても文句を言わないアシスタント達。

初連載だというのにわがままばかりの佐々木に対して大した文句を言わない担当

いざ原稿が出来上がると何故か泣き始めるアシスタントと担当。

 

なんなんでしょうか、この優しい世界は。

1話目のリアリティのある厳しい世界観はどこへ行ってしまったのでしょうか?

こんなに優しい世界だったら佐々木ももっと普通に頑張れたと思ってしまいますよね

 

誰一人として佐々木に厳しい言葉をかけない。

それでいて主人公は中途半端に良いやつという事もあり、読んでいてモヤモヤが半端じゃないです。

盗作されている藍野に至ってはどんどん佐々木の事を尊敬していく感じですし、これは結構気持ちの悪い展開なんですよね・・・。

 

で、何が変わったのだろうか?

結局2話に渡って「ホワイトナイト」の1話目の話が続いていました。

非常に時間的に辛い中で、3つの1話目が完成していた訳ですよね。

 

で、気になるのはそれぞれの違いの部分です。

結局何が変わって、何が良くなったのでしょうか?

漫画だというのに言葉で説明されただけではわかりませんよね。

 

せめてそれぞれの画風の違いを少しでも良いから見せて貰いたいです。

ただでさえ「ホワイトナイト」という作中作の面白さが伝わって来ないのに、違いが全くわからない画風の話を延々されてもちょっと困ってしまいますから

 

正直この感じで良いのであれば、もうこれで大団円を迎えても良いんじゃないかと思ってしまいます。

それだけに、ここから何かしら驚きの展開が待っていないと厳しいです。

この後もひたすら佐々木が頑張るだけだったらかなり苦痛を感じる事になりそうな気がします。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレ展開考察

タイムパラドクスゴーストライター最新話5話ネタバレ

 

ここからは、『タイムパラドクスゴーストライター』最新話5話、そして6話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

大ピンチの状況で藍野は何を思う!?

やはり今回気になってしまったのは藍野の表情の部分。

佐々木が描き上げた原稿に納得がいかずに描き直している場面では、何か思う所があるような表情となっていました。

普通に考えると佐々木の漫画への情熱に対して驚いているという感じだと思いますが、もしかするとそうではない可能性もあるかもしれません。

 

そしてもう一つが描き直した原稿に対して、本音での感想を言わなかった場面。

おそらく本当は言いたい事があったものの、精一杯頑張っている佐々木の為に気を使ったという感じでしたよね。

 

その辺りの事を踏まえて考えると、藍野は佐々木の問題点に気づいているのかもしれませんね。

佐々木が今どうにか10年後のアイノイツキの絵に似せようとしている事が間違いである

それを藍野が佐々木に分からせるような展開が待っているのではないでしょうか。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

佐々木本来の画風で!?

完全に10年後の「ホワイトナイト」に近い絵を描く事だけで頭が一杯になっている佐々木

集中力やら熱量なんかは佐々木の良い所だと思いますが、色々な意味で迷惑な奴になっていますよね。

 

そもそも本当は盗作なんてしたくないはずなのに、絵まで本物に似せようとしているのもちょっとヤバい気がしますよね。

もちろんそれだけ10年後の「ホワイトナイト」が完璧な作品だという事なんでしょうが。

 

いずれにしてもきっと問題はその部分で、現在の時点では存在していない作品の絵に似せようとしていること事態がかなり失敗なのではないかと思います。

ストーリーや設定なんかはともかく佐々木には佐々木の絵があるはずで、それを捨てて似せようとばかりこだわっている事が上手くいかない原因なのではないでしょうか。

限界まで追い詰められた所でようやく気づいて絵柄を自分のものに戻すみたいな展開もあるかもしれません。

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

タイムパラドクスゴーストライター5話への読者の声

タイムパラドクスゴーストライター最新話5話ネタバレ

 

『タイムパラドクスゴーストライター』最新話5話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

--------------------------------------------------
--------------------------------------------------

タイムパラドクスゴーストライター5話ネタバレまとめ

タイムパラドクスゴーストライター最新話5話ネタバレ

 

本格的に「ホワイトナイト」の1話目に取り組む事になった今回。

個性的なアシスタントの登場なんかもありましたが、やはり藍野がアシスタントとして再登場してきた事はインパクトがありましたね

とはいえこれによってどんどん佐々木の罪が重くなっていくような気がしてしまいますが。

 

佐々木は間違いなく基本的には良い人間のはず。

しかしそのせいでどんどん底なし沼から抜け出せなくなっているような印象も

物語としても佐々木が救われるような未来が見えないだけに不安ですが、次の展開がどうなっていくのか見守りたいですね。

 

次回の『タイムパラドクスゴーストライター』第6話を楽しみに待ちましょう!

 

今すぐお得に漫画やアニメを楽しみたいなら
U-NEXTがオススメ!

 

  • お得に漫画やアニメを楽しみたい…
  • 過去の漫画やアニメを一気に見たい…
  • 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい…

 

このような悩みをあなたは持っていませんか?

かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

しかし!U-NEXTとの出会いでこの悩みは全て解決!

最近の人気漫画も、もちろんあなたの好きな漫画も!

最近の新作や人気アニメも、もちろんあなたが見たいアニメも!

見放題作品であれば確実に無料で、ポイント作品であっても登録初月付与のポイントでお得に無料で見ることができます!

さらに、U-NEXTはいつ解約してもOKで、登録日から31日間の間で解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は是非U-NEXTをオススメします!

↓【無料】今すぐお得に漫画やアニメを楽しむ↓

U-NEXTで今すぐ無料で楽しもう!

↑好きな漫画やアニメを今すぐ楽しむ【無料】↑

※本ページの情報は2020年1月時点のものですので、最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内でご確認ください。

テキストのコピーはできません。