アンデッドアンラック

アンデッドアンラック50話ネタバレ感想!UMAオータムの脅威がアンディ達を襲う!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話50話のネタバレと感想、展開考察です!

 

安野雲の助けを借りて本来は風子を殺すはずだった不可視の否定者を撃破したアンディ

そのままリップと謎の否定者バニーとの戦いになるも、風子はリップに対して共闘を持ちかける事に

ラトラの妹を救えずにアークの力でやり直そうと考えていたリップは、ラトラと共にアンディ達よりも先にオータムを捕獲しようとするのでした。

アンディ達はこの戦いに勝利出来るのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話50話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アンデッドアンラック最新話50話ネタバレ
2020年6月に『アンデッドアンラック』2巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

 

アンデッドアンラック50話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話50話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』50話

「任せたよ」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック50話ネタバレ:オータムとの戦いと炸裂するアンディの新技

アンディと風子の強化に加えてヴィクトルとの和解。

更には不可視による風子の暗殺阻止まで成功させた安野雲

両腕を失った彼にはもう一つやるべき事が残されていました。

 

一方でリップ達と共にオータムに挑んでいたアンディと風子。

しかし目の前にやってきたオータムは以前よりも更に大きく成長していて、それはつまりアンディが本になっている間に人を喰っていたという事。

 

それだけに早く止めないといけないと焦る風子でしたが、大きくなったという事は更に強くなったという事でもある。

前は守りに入られれば攻撃も通用しなかったと戸惑う風子に対して、過去の旅の中で大きく成長したアンディは自信満々に言い放ちます

現在ならばいけるのだと

 

繰り出したのは再生抜刀(リペアブースト)血刃纏(ブラッディエンチャント)からの紅蓮三日月

進化したアンディの大技はオータムの顔面に大きな傷跡を残します。

 

これでいけると風子が喜ぶも、次の瞬間にはその傷が再生してしまうオータム

再生する相手ならば不治の出番だと、アンディを踏みつけながらオータムに攻撃するリップ。

 

しかしリップの古代遺物であってもオータムには傷一つつけられません

怒るオータムからの反撃はラトラの力で回避するも、攻撃が通じなかった事でリップとラトラは揉め始めるのでした。

 

 

本の中で大きく成長した事で、刀を使っての技も進化していたのが良かったですね。

攻撃力は確実に上がっているようで、この戦いにおいては最低限オータムに傷をつけるだけの攻撃力が必要だったのでしょう。

一方でリップの古代遺物での攻撃は通じず、アンディの新技の威力の高さを感じさせますね。

 

アンデッドアンラック50話ネタバレ:最強の古代遺物と安野雲の不思議な人生

アンディやリップがオータムと戦う中で、安野雲は両者に対して叫びます。

自分がこれからオータム捕獲の為の最強の古代遺物を描くから、それまで時間を稼いでくれないかと

 

これが決まれば確実にオータムを捕獲出来るという安野雲の発言にうさんくさいと感じるリップと、逆にノータイムでいいねと答えるアンディ

リップはラトラの絶対に当たらない占いの力で安野雲の言葉が本当である事を確認

攻撃が通じない事もあり、安野雲の作戦に乗っかって漁夫の利を狙う事にするのでした。

 

そんな彼らを前にして、口にGライナーを咥えながら安野雲は静かにつぶやきます。

なんだか不思議な人生だったなぁと

 

ふとした瞬間にGライナーで描いたものが実体化出来るのだと気づいたいつかの九能明。

彼はそのまま作家としての名前で利用している安野雲をキャラクターとして生み出します

自らが生み出したキャラクターであれば他の人からも認識出来ると知った彼は即座に母のいる病院へと急ぐも、その想いを伝えられる事なく母は亡くなってしまっていました

 

そんあ悲しい過去を思い出しながら、安野雲は目の前で戦う仲間達の事を今は亡き母へと伝えていきます。

不死で見た目は怖いものの風子の為なら何だって出来るアンディ

不運の能力で辛い目にあってきたもののアンディと出会ってからは勇気を出して戦っている風子

 

そしてもう一人、安野雲が一番母親に教えてあげたいと思っていたのがリップ

優しくて格好良いのに大切な人を失ってからは自分を殺して生きている彼。

大人になったらもっと格好良いと語る安野雲は、その姿を見せるべくタイマーのようなものを描いて実体化させるのでした。

 

 

安野雲に死亡フラグっぽいのが立っているのが物凄く不穏ですよね。

しかしさらっと描かれた彼の過去のパートがめちゃめちゃ重要かつ泣けてしまいます。

安野雲というキャラクターを生み出す事で認知される方法はわかったものの、母が生きている内には会えなかったんですよね・・・・

 

アンデッドアンラック50話ネタバレ:格好良いヒーロー達へ

実体化させたタイマーのようなものにリップ15年経過と言い放つ安野雲

タイマーから放たれた光がリップへと直撃し、次の瞬間リップの体は子供になる前の姿へと戻っていました

 

驚きながらも、その力が仲間であるファンが自分を治す為に使った時間操作の古代遺物だと気づいたリップ。

それを描いて使ったと判ると焦った様子で安野雲の元へと飛んでいきます。

なぜならその古代遺物を使ってしまえば、操作した時間の10倍も老いてしまうから

 

駆け寄った安野雲の姿は完全に老化しきっていてもはや消えてしまう一歩手前

それだけにリップは安野雲が使った古代遺物で助けようとするも、また独りになるだけだと安野雲は断ってしまいます

 

オータムを捕獲する為にはリップの力がどうしても必要

そう語る安野雲は、リップに会えて話せた事が嬉しかったのだと感謝します。

そして古代遺物の魂の口径と折れてしまったGライナーを遺し、安野雲は自分にとってのカッコイイヒーロー達に後の事を任せて消えていくのでした。

 

 

いやいや、これはちょっと辛すぎる展開ですよね。

敵であるリップも安野雲にとってはヒーローであり、彼の力を取り戻す為に全ての力を使うなんて。

しかしこれは安野雲の死であり、九能明はまだどこかで誰からも気づかれないまま生きているんだとすればあまりにも悲しすぎる最期ですよね。

 

 

―――次回51話に続く!

 

アンデッドアンラック50話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック50話ネタバレ

 

安野雲というキャラクターの壮絶な最期が描かれた今回。

相変わらず1話の中に物凄い情報量が詰まっていましたね!

 

アンディの新技とリップの古代遺物での攻撃

遂に本格的にオータムとの戦いが始まった今回。

アンディ達が成長したのと同じようにオータムも成長しているというのが厄介でしたね。

 

とはいえアンディは本の中での出来事をしっかりと自分にフィードバック出来ていて、刀を使っての技の威力も上がっていました。

とはいえオータムは自動再生能力持ちというインチキ性能

 

だからこそ不治の力を持つリップの攻撃が突破口になるかと思いきや、子供状態のリップでは火力が足りずに傷をつけられないという状態に。

古代遺物を使っての攻撃でしたが、やはりこの辺りにも子供の姿になっている事の影響が出ているのかもしれません。

攻撃が効かない事をラトラから突っ込まれ、子供だからしょうがないと言い訳するリップはちょっと面白かったですけどね

 

九能明が生み出した安野雲

オータム捕獲の為に最強の古代遺物を描くと言い出した安野雲。

この時点で物凄く死亡フラグっぽいものが漂っていた気がしますよね。

そしてここで九能明が安野雲という存在を生み出した流れも描かれていました。

 

作家としてのペンネームとしてだけの存在だった安野雲。

しかしGライナーで描いたものが実体化すると知った事で、実際に安野雲という人間を描いて実体化させていたんですね。

 

その実体化させた姿であれば周りに認識される訳で、これが安野雲にとって唯一世界と繋がれる方法だったのでしょう。

名前だけの存在ではなく、確かにそこにいて存在が認められる。

 

そうやってもう一人の自分を生み出した九能明が最初にやろうとしたのが母親に会いに行く事だったのが泣かせますよね

しかしその想いが届く事もなかったというのが悲しすぎますが

 

安野雲の最期とリップ仲間入りの可能性

完全に安野雲の目線では、アンディと風子とリップが同列の存在という感じでした。

彼にとってはリップがお気に入りのキャラであり、母親にその姿を見せてあげたいと思っていたんですね。

前回少しだけ過去が描かれていた事や、安野雲の自分を殺して生きているという発言などから、リップが仲間入りするルートが見えてきました

 

自らの全てを使いリップを元の姿に戻してあげた安野雲。

リップにとっては元に戻れて嬉しいはずでしたが、安野雲を助けようとしていた辺りにリップの素の部分が見えていた気がします。

先程までは安野雲を殺そうとしていたリップですが、自分の為に命を使われる事は医者だった事もあり許せないのでしょうね

 

老いてしまって最期を迎えた安野雲ですが、それはあくまでも安野雲であり九能明ではないのでしょう。

だからこそ独りに戻るだけだと言い残した訳ですが、持っていたGライナーも劣化して折れてしまっています

つまりもう二度と何かを実体化させる事も出来ないはずであり、寿命がどうなのかはわかりませんが、後はずっと誰からも気づかれない孤独の中で生きていくしかないのでしょう。

 

最期までアンディ達の未来の為に自分の命を使った安野雲。

自分にとってのヒーロー達に後の事を任せた彼の壮絶な最期にはグッと来てしまいました

それだけにリップとはこの先争う展開にはなって欲しくないですよね。

 

アンデッドアンラック50話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話50話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話50話、そして51話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

オータムの力がアンディ達を襲う!?

アンディの過去や安野雲の過去などが続いた事で忘れてしまいそうになりましたが、そもそもこの場へとやって来たのはオータムの捕獲が目的

とはいえ今回になってもリップとラトラの問題があったりして、むしろ彼らとアンディと風子のどちらが先にオータムを捕獲出来るのかの勝負という感じになっていました。

 

しかしそもそもオータムは成長前のアンディの攻撃が全く通じないような超強敵

触れられるだけで本にさせられてしまうという厄介な能力持ちである以上、リップ達と争いながら簡単にどうにか出来る存在ではないでしょう。

 

流石にここからはオータムの驚異的な能力なんかが描かれてくるかもしれませんし、UMAにはフェーズ2という姿もあったりします

アンディと風子が進化した強さを見せながらも、オータムもこれまでの敵とは違う強さを見せてきたりするのではないでしょうか。

 

リップ達との共闘展開になる!?

これまでは完全に敵同士という感じだったリップとラトラ。

しかし今回彼らの悲しい過去が描かれた事もあり、なんとなく共闘していく展開も考えられるような気がしました

安野雲がアークに乗れないという未来を教えていましたし、リップとしてもラトラまで失う展開は望まないでしょうしね。

 

しかしいずれにしてもまずは強大な敵であるオータムの捕獲が最優先。

まずはそれぞれが挑んでいく展開となるでしょうが、オータムもそう簡単にやられるとは思えません

それだけに強敵を前にして、アンディ達とリップ達がお互いの否定の力でサポートしあいながら共闘するという可能性もあるのかもしれませんね

 

アンデッドアンラック50話への読者の声

アンデッドアンラック最新話50話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話50話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック50話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話50話ネタバレ

 

リップやラトラの悲しい過去の部分が描かれていた今回。

やはり否定者はもれなく辛い形での能力が発現してしまっているという事なのでしょうね。

 

新キャラも登場となりましたが、そちらは完全に謎だらけのキャラクター。

しかしこんな明るそうなキャラにも悲しい過去がありそうなのが恐ろしい所なんですよね。

 

とはいえリップやラトラの過去も知れた事で、共闘出来る可能性も出てきたと言えるでしょう。

その為にもオータムの捕獲をどう進めていくのかも重要になるでしょうし、久しぶりのUMAとの戦いがどう繰り広げられていくのか注目ですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第51話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
ガジライフ
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。